クルマ

ピー三郎、山形へ:8000km到達

 また間が開いてしまいました。(^^;山形にいる相方の知人に会いに行くために小旅行してきました。知人というが4月まで同じ職場にいた人で車好きの20歳代男性。で、辞めた時にそのうちぴーで遊びに行くからと約束していたので今回小旅行を兼ねて、ピー三郎で行ってきました。
 考えてみたら長距離巡航は久しぶりです。最近、ほぼ、お山の戦闘機になっていましたから(苦笑)。三泊四日の旅行でしたが、二人分の荷物+お土産は楽に搭載出来ます。これはポルシェの良さですね。もっとも前後ともトランクの中は相応に暑くなってしまいますが。エリーゼのトランクよりはましな位??
 片道約400km、現地での移動だなんだで合計約1000km走行し、帰ってきたらちょうど走行距離が8000kmに到達しました。
8000k
ほぼちょうど2年ですので、年4000km。ま、四日で3、4ヶ月分走行したと言えなくもないですが。
 長距離巡航の感想は・・・ダメじゃないけど、最適とは言えず、やはりクーガの方が良いです。乗り心地の印象は変わらず、いまいち。動きが大きいのですよね。幸い、987と違ってドラポジはあっているので脚や腰は痛くはなりませんが、何故か左上腕と肩が痛くなってしまいました。クーガのように300kmを一気に走行というのは無理で、精々2時間走るのが限界です。
 給油1回で足りるかなと思って、初日に高速降りた後に給油しましたが、セルフでなく、ぎりぎりまで入れられてしまったので誤差が大きくなっています(それまで自動でとまったところまでしか入れていなかったので、通常よりも多めにいれられた)。一応、満タン法で12.1km/L。渋滞もあったのですが、車載燃費計の表示は13.4km/Lでしたから、実際にはもう少し良かったと思います。
 知人を乗せてしばらくワインディングを走り回ったため(そのためにピーで行ったので)、給油せずに帰りのは不安を覚えて帰りに高速乗る前に再度給油。今度はセルフでしたので自動停止まで。9.66km/Lでした。こっちは多めに入っていたので実際にはもう少し悪いでしょう。戻りは事故渋滞の情報もありのんびり走って帰ったので、燃費は良かったと思いますがまだ給油していません。981の燃費やなんやらのデータは2セットあるものの、一つは数時間すると勝手にリセットされる不思議仕様で、給油前にデータも混じっていてよくわかりません。まあ、リセットしないと消えない方を通算データとしてずっと残しているせいでもありますが。しかし、何故、両方、ユーザーがリセットするまでリセットされないように設定しないのだろう?不思議です。
 蔵王にもいってきました。有料道路を上って駐車場まで。ついた時は霧(というか雲か)がかかっていましたが帰る頃には晴れました。
170908p3
この辺はなかなか良いワインディングなんですが、相方が乗っていたので楽しめず。仕方ないですが。
 知人は親族の介護のために職場を辞めて実家へ帰っています。色々事情があり大変です。彼は今時の若者にしては珍しく?スポーツカーが好きで、いつかR35に乗るのが夢だそうです。ただし、AT限定免許。親が許してくれなかったとか。まあ、GT-Rなら乗れますね。2ペダルだから。
 ちなみに今の彼の愛車は親族から40万で買った2012年式ゴルフ6バリアント梅。ちょっと後席に乗せてもらいましたが・・・・ゴルフ6はやはりいいですね。7と大違い。ワゴンにもかかわらず後席の乗り心地良好です。タイヤはそろそろ交換した方が良さそうですが。3人のっても動力性能に不満なし。いや、親族価格とはいえ、これが40万はお買い得です。走行距離もまだ4万に届いていませんし。東京にいる時には日常的には運転していなかったので、まずはそれで練習。GT-Rはそれからだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロードスターRF RS:相方試乗

 ちょっと忙しくて間が開きました。先週末、出かけた帰りに相方が寝ていてかつまだ時間があったのでマツダに連れて行って相方にロードスターを見せました。RFを見た相方は色が白だったこともあり、トヨタ2000GTみたいで恰好が良いと言います。なるほど、リアは横から見るとそう見えなくもないですね。まあ、昔懐かしいFRクーペのデザインですから。
 座ってもらうとシートリフターがないと。相方がチビなのでいつも気にします。86で運転席にあるのに助手席に無いため怒っていましたが、今回は運転席にもありません(苦笑)。まあ、シート前縁だけ確度を変えられますが。ただ、相方が座っても無事に外は見えました。86だと潜り込んで外がろくに見えないのでダメだと言われましたが、これだとちゃんと見えるのでリフターなくても大丈夫です。。シートそのものは、容易に予想出来ましたが、RSのレカロが良いとのこと。幌のファブリックシートはちょっと座って座面が柔らかすぎてダメとのこと。まあ、相方の好みだとそうなるでしょうね。内装などはとりあえず問題ないようです。グローブボックスが無いのには驚いていましたが。
 最初、営業氏が運転席側を開けて相方を座らせたのですが、左側の床の張り出しが気になってこれで運転できるのと言われました。なので、ポジションを合わせてもらうと・・・大丈夫だと。そう、確かにかなり床が盛り上がっていますが、ちゃんとドラポジ合わせれば気になりません。
 さて、試乗ですが、営業氏が先導するので二人で後からついてきて欲しいと。なので運転は私、助手席に相方です。さて、発進。最初、相方は乗り心地が良いねと。ただ、しばらく走ると、ちょっとコツコツくるかなあとも。長時間乗るとどうだろうと少し硬さを感じたようです。
 エンジン音は特に不満はないようです。エアコンの効きは良好。走っていて、相方が車が軽いと言い出しました。軽い?ふむ、幌と比べると軽快さは薄いのですが、まあ、絶対的に見れば重たい車ではないし、これだけ乗れば、「軽い」と感じるのは不思議ないです。そういう私も前回よりは軽く感じたのも事実です。まあ、前回、RFに試乗した際にはAWで行ったのでRFの方が重たいですが、今回はフィエスタなのでRFの方がある程度軽いです。なので、これは乗り手の感覚による違いでしょう。それとフィエスタは車格、車重よりもどっしり感じる車だということもあります。
 先導する営業氏が結構踏んでくれるので、こちらも踏んでおいかけていく羽目に(笑)。結果、前回よりもエンジン回して乗りましたが、これはこれで悪くないかなあ?2000回転も回らずに走らせることも出来ますが。
 全体的に見てRFは相方の印象は良く、楽しい車で乗ってみたい(所有して乗るという意味)と思うということでした。まあ、ND系だと幌じゃなくRFを選ぶよなあ。シートの違いもありますけれど、脚も相方は硬めが好きですし。反面、7500回転!というのは興味ありません(笑)。
 シートと脚は幌のRSでも良いのかもしれませんが、RFで、コツコツくるといっているので、幌だと厳しいでしょうね。カタログを見ていてVSの内装もいいねと言っていました。ノーマルのMTの乗り心地がどうかわからないのですけれど、相方の好みから言えば、それもまたありでしょうね。それとボディカラーはマシーングレーも良いねと。まあ、これも予想通り。それと年取ったらボケないようにMT運転出来るようにするのもいいかなと言っているので、相方がMTの練習するなら低速トルクがあるRFの方が良いでしょう。クラッチもステアリングも重たくありませんし。幌でも大丈夫じゃないかとは思いますが、やはりエンストしにくいのはRFでしょう。

 という訳で、相方に選ばせれば、RFのRSかVSになりそうです。幌にも一度乗ってもらって比べてもらう必要はあると思いますが、それはまだ先の話かな。それとそもそも981vsNDの結論が出てからでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガ vs マカン

 お山遊びが終わった後、相方を迎えに行く前に、ちゃんとした試乗をし損ねていたマカンに試乗させてもらってきました。いったら、GT3のカップカーが展示されていましたが、やはり凄いですね。
072417gt3
それからマフラーをスピーカーにしたもの?が展示されていました。
072417mfsp
面白いけど、狭い我が家にはおけません(苦笑)。
 さて、マカンです。Sでもターボでもない2L 直4のベースモデル。
072417macan
タイヤはハンコック。ventus S1evo2 SUVで、サイズ235/60R18と大人しいものです。
072417macanrt072417macant
 さて、オプションは余り細かく見ていませんが、スポーツクロノ、シートメモリーなどがついていました。運転席に座ってポジション調整・・・・うーん、あれ?この車ってそうだっけ?ペダルが全体的に右寄りで、左側に余裕がありません。まるでフロントミッドシップのFRのように大きく張り出しています。フットレストもありますが、余り意味がありません。
072417macanpedal
アクセルとブレーキにペダルを合わせればフットレストに足が届きません(苦笑)。ステアリングを調整すると下半身が右へねじれます。
レブリミットは7000回転。
072417macanmeter
 さて、発進。乗り心地は良好。滑らかで姿勢変化が少ないです。街中ではとても乗り心地は良いと思います。発進時にもう少しトルク感が欲しい気がしますが、不満がある訳ではありません。踏んだ時の速さを比べると出足だけが期待ほどではないというだけです。それより低回転(概ね2000回転未満)でエンジン音が変です。変というか好みでないというべきでしょうか。ヒューヒューというかそんな音がします。タービンの音ではないと思いますが・・・。なお、高いギアでは聞こえませんでしたが、これは速度が上がっているのでロードノイズや風切音などにより聞こえなくなっただけかもしれません。
 エンジンは踏めば速いですし、特にSport/SportPlusにすると期待よりもずっと速いです。ただ、回しても音は良いとは言えません。まあ、実用車のそれ、という感じです。音を望むならマカンS(V6)にしろ、ということかもしれません。
 ステアフィールはこのクラスとしてはまずまず。ただ、このクラスの車にしては珍しいですが、少し振動を感じます。特にアイドリング中や低速走行中に感じます。ブレーキは特に不満、違和感は普通に走っていてありません。
 マニュアルモードでパドルで操作していましたが、これも良好です。なお、マニュアルモードだと自動的にシフトアップせず、リミッターが作動します。ポルシェも色々かわりますね。昔はPSMを解除しないとSportPlusですら自動的にシフトアップしましたが。不便と思う人もいるかもしれませんが、私はマニュアルモードはかくあるべきだと思います。ま、マカンの場合にはある意味ではどうでも良い話ですが。普通に乗っていてリミッターが作動することはないでしょう。あくまで1速で試しに引っ張ってみたらそうなったというだけです。
 アイドリングストップがついていてホールド機能もあります。ただ、再始動する時の振動がやや大きめです。それとSportPlusだとアイドリングストップは機能しません。ま、これもそういうものでしょう。
 試乗そのものは首都高(C1)から湾岸へ出てみようと乗ったら・・・大渋滞。結局、試乗時間の3/4は渋滞の中にいました(苦笑)。ペダルが右へオフセット(私の感覚)しているせいで、次第に腰が痛くなり、結構きつかったです。うーん、短時間だと平気でしたが・・・。
 それとナビ。もうこれはどうしようもないですね。世界共通のナビに変更されていますが、高速道路モードはなく、色が少し違うのですが、どこが首都高でどこが一般道が分かりにくく、渋滞情報も表示はされていますが、首都高のどの辺が渋滞しているかが最初わからず、渋滞に突入してしまいました。画面をタッチしてもスクロールしないので先の状況を見ることも出来ません。ナビにセットして誘導してもらうだけなら良いかもしれませんが、道路と渋滞情報表示装置として使う私には使いにくいどころかまったく使えません。仮にマカンを買ったとしたらせっかくナビは標準ですが、ポータルブルナビか何かをつけないとストレスたまって仕方ありません。
 高速走行時の乗り心地もまずまずだと思いますが、湾岸にやっと抜けた段階で残り時間が半分切っていたのですぐ戻らないといけなかったため、ちょっとだけしか高速巡航出来ませんでした。なのでイヴォークのように腕が疲れたりするかどうかはわかりません。後から考えたら、3号線から逆に東名へでて川崎か青葉までいって引き返してくれば良かったと思います。そのコースなら往復でも1時間かからなかったでしょう。ま、仕方ありません。
  C1へ戻ってきて流れているとジョイントを乗り越えた際に、大げさに言えば、ぐしゃっとします。これは60タイヤがたわんでいるのかなあ?素人にはわかりません。乗り心地で気になったのはそういう大きな入力を受けた時だけでした。
 それからちょっと曲がっているところで踏んでみましたが、そうすると外にはらんでいく感じがします。あくまで「感じ」です。クーガだとそういう時には後輪にも駆動力がかかって回り込んでいく感じがするのですが・・・。アンダーステアというよりも前後外側に引っ張られていく感じです。
 ああ、後、とまるとナビの画面がカメラに切り替わるのですが、最初はおもしろかったのですが、段々いらいらしてきました。
072417macannavi
 戻ってきてエンジン切ってキーを抜こうとして抜けず、しばらく苦戦した後、この車はキーレスエントリーがついていたのでキーを差し込んでいた訳ではないことに気が付きました。
キー本体は物入れの中にいました(苦笑)。ポルシェはスタートボタンではなく、ひねってエンジンかけるので、キーがささっていると勘違いました。(^^;なお、渋滞ばかり走って燃費は8.6km/Lでした。まあ、悪くはないかな??
072417macannenpi

 さて、クーガと比較してどうでしょう?乗り心地、装備(オプション代は支払わないといけないけれど)、静粛性などなど、ほぼマカン圧勝ですが、前述の通りナビは駄目です。が、クーガも後付けなのでこれは勝負の対象外。ステアフィールはいつものようにクーガ圧勝。ハンドリングは微妙です。今回の試乗ではマカンはそれを評価出来ませんが、感触ではクーガの方が好みにあっていると思います。エンジン音はクーガの方が好きですが、動力性能はマカン圧勝でしょう。
 が、ドラポジ問題で勝負になりません。マカンで旅行・長距離巡航は不可能です。20分程度で腰が痛くなってしまいましたから。なので、今回はクーガ圧勝です。折角試乗させてくれた営業氏には悪いですが、マカンを選ぶことはありません。V6でもドラポジは同じでしょう。弱点はそこだけなのですが・・・。
 ナビのことはとりあえず忘れて(車の本質とは関係ないので)、この車でドラポジが合う人なら、良い車だと思います。が、私は致命的にそこが合わないので無理です。

 しかし、このポルシェのナビ、ずっとこれなのかなあ?来年位から評判悪くて、日本は別のナビにならないかなあ??まあ、マカンが合わなかったから、718の音が劇的に改善されない限り、ポルシェの新車を買うことはもうまずないので、関係ないと言えば関係ないですが・・・。え?GT4?まあ、買えれば欲しいですね!もっとも、991も含めて、981で性能持て余しているのでそれはないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピー三郎、夏のお山へ

 雨がろくに降らずに梅雨明けしてしまいました(苦笑)。暑いので少しは涼しいことを期待していつものお山へ行ってきました。夏休みに入ったせいか子供連れが多かったです。お山に上がると富士山は雲の向こう。部分的に雲というか霧がかかっていました。夏ですねえ。
0724171
 暑い中遊んできました。最初はオープンにしてエアコンとめていましたが、暑い!気温そのものは平地よりも低く、日陰にいると風が涼しいのですけれど、日差しを受けているとやはり暑いです(苦笑)。なので、途中から幌を閉めてエアコンつけて走っていました。シートベンチレーションは暑い時にやはり便利ですん。オプション台の価値はあったと思えます。エアコンつけるとやはり少し馬力を喰われている気がしますが、まあ、他の車(私のこれまでの趣味車)と比べれば余裕あります。AWじゃ無理です(苦笑)。
 タイヤは・・・まあ、やはり暑いのでで。後で見るとタイヤカス拾っていました(笑)。
0724174
路面温度も高かったでしょうしね。それよりも人間の集中力が続かなくなってきました(苦笑)。
 とめて休んでいた時に隣にかなり手を加えていたMR-Sがいましたが、3人連れがきて2.7L?と声をかけられしばらく会話。その中の1人がMR-Sの乗り手でした。2ZZ+ターボに換装しているとか。
07241720724173
ほへえ。凄いね、いくらかけたんだろう。でも、凄かったの最初に話かけてきた男性。F40と73カレラRSも所有しているとか。でも、F40が2000万、73カレラRSが400万だったとか。いやあ、お金があってタイミング良く買えたんですねえ。73カレラRSは30年位乗っているそうですが。お金持ちのようですが、なかなか品の良い方々でした。
 その後、都内へ。最後、相方を迎えにいって帰ってきました。300kmほど走行。ふー、さすがに疲れました。

 先日試乗したND系と乗り心地を改めて比較してみると、なかなか難しく、双方得手不得手があるようです。大ざっぱに言えば小さい入力だと981が良くて、中位だとND、大きな入力はどっちがと言われると981か?、という感じです。お山で遊んでいると981はとても良いのですが、街中や高速道路でギャップを超えた時動きはちょっと。やはりぐしゃっとした感じが・・・。高速でも動きは大きいし。NDも高速の動きはいまいちなんですけど、大きな入力受けた時の差が少ない気がします。実際にはもっと複雑で、例えば、西湘バイパスのジョイント連続はNDダメで、981はましです。まあ、981もケイマンだと良いのでしょうけど(もちろん、911も)。同じコースを同じ日に乗らないと正確な比較にはならないでしょうが、一長一短あるのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダ ロードスター RSとS試乗

 幌のRSがRFと比べてどうなのか?それを確認するためにRSに試乗させてもらってきました。また違うところです。走行距離はまだ900km台でした。乗り込むとRFも幌も同じ・・・はずなんですが、何故か、シートはこっちの方がいまいちというか、しっくりきません。はて?エンジンをかけるとステアリングとシートに振動を感じます。もちろん、シフトレバーも揺れています。
 クラッチつないで発進・・・エンストしかけました。あれ?前に幌はクラッチだけで発進できたと思ったのだけどな。まあ、出来るのですけど、ちょっと気を遣います。
 敷地から道路に出たら・・・なんか硬い。いや、硬いというか、路面の凹凸をやたら拾って車が揺れます。RFのRSも似ている部分はありますが、それよりも盛大に揺れます。ボディもかなり緩く感じられます(あくまで、「感じ」ですが)。うーん、ちょっとこれだときついかも?タイヤは195/50R16のADVAN SPORTのままですから、RFよりは厚いのですが、RF RSの方が乗り心地は良く感じられます。ボディの違いでしょうか・・・。勿論、場所が違うので路面状況が違うので、RF RSで同じ道を走らせないと正確な比較は出来ませんが・・・。
 RSなのでサウンドエンハンサーがついていますが、この演出は過剰というか、わざとらしくて、個人的な好みから言えば、1.5Lのこのエンジンにはついていない方が良いと思えます。うーん、なんかそれにトルク感はないし、妙に遅く感じられます。むろん、スペックからいってそんな速い車ではありませんが、過去、ND(幌)で遅いと感じたことはなかったのですが・・・・。エンジンの吹け上がりもにぶいような?
 ステアリングがやや軽いのは同じですが、変な感触も。何だろうこれ?うまく表現できませんが、過去のNDと比べて、感触が良くないです。更にやっぱりシートいまいちで腰の辺りが変です。うーん、良いところがありません(苦笑)。ボディが緩く感じられ、エンジンもなんか元気がなく、車が重たく感じられます。通常、乗れば幌 MTは、軽く感じられるはずなのですが、これは重たく感じられます。何故でしょう?S Specialに対して+10kgですから、素人が感じられる重量差ではないのですけれど・・・・。
 試乗コースは短くてすぐ戻ってきて終わり。短時間の試乗ですが、良かった部分がありません。ND系MTで過去最悪の印象です(ATはRFも幌ももっと印象悪いですが)。
 理由はいくつか考えられます。路面との相性が悪かった、個体差、まだ走行距離が少なくこなれていない、などなど。が、もしかするとこの時はボクスターで行ったせいかもしれません。トルクが無いように感じられるのはボクスターとの差があるからでしょう。ボディが緩い、乗り心地が悪いもボクスターとの比較でそう感じられるのかもしれません。
 試乗を終えて帰りにボクスターで試乗コースを走ってみました。いやあ、ボクスターいい車だわ(笑)。今度は逆でRSとの比較で悪い部分が見当たりません。どうした!?コツコツ動かなくて落ち着いているし、下からトルクが出ているし、速いし、回しても音は良いし。いやあ、こんなに良かったかなあ、と思う位。残念ながら幌(RS)は駄目ですね。私の好みから言えば、脚がボディに負けている感じです。ならRSじゃない普通の脚の方が良いと思えます。街中では、ですが。高速巡航はRSの方が良いかもしれません。
 以前、ND(S Special)を一日借りた時には高速巡航やお山でももう少し減衰力が高いと良いなと感じたのでRSは良いのではないかと期待したのですが、少なくとも今回のこの個体は期待外れでした。時々おかしな個体に遭遇することがあるので、これもそうだと思いたいです。

 なお、試乗させてもらったのはやや離れた場所にあるディーラーですが、近所のディーラーと同じ会社です。では、対応はどうだったかというと・・・・近所のお店だけの問題ではなく、会社の体質なのでしょう、とだけ述べておきます(苦笑)。

 余りにRSの印象が悪く、納得できなくて、まだ時間があったので帰りに先日RFに試乗させてもらったお店に寄りました。ここにはSの試乗車もあります。過去、ノーマルのシートの印象は余り良くないのですが、久しぶりに乗ってどうでしょう?ポジションはいつも通りなので省略。クッションは厚めに感じられます。お尻がかなり沈み込む感じ。もう少し表面が硬いというかこしが欲しい気はします。エンジンかけるとさっきのRSより振動は少ない気がします。
 さて、またまたクラッチだけで発進。あれ?普通に出来ました。その後も、平坦な路面だとほぼ問題なく出来ました。なんだろう?RSと比べると30kg軽いは軽いですが。敷地から道路に出ると・・・うん?うーん?なんか先日のRF RSと似た感じです。結構、コツコツ来ますし、小刻みに揺れます。さっき試乗したRSとも似ています。ただ、RSの方が少し角が立っている感じ。ボディのゆるさは似たようなものですが、さっきのRSよりはましな気もします。うーん、同じ試乗コースで比較すると、乗り心地はRF RSの方が良いように思います。この試乗コースは路面が思ったよりもずっと悪かったのですね。
 ステアリングの印象は同じ。これはND系どれも同じです。軽く手ごたえ薄め(さきほどのRSよりはましです)。シートはND系のノーマルシートの中では一番印象が良いです。ふむ、これも不思議。これならRSのレカロ要らないかなあ?まあ、長距離・長時間乗ったらダメなんでしょうけど(2015年に一日借りた時にそうでした)。
 で、エンジン。サウンドエンハンサーがないことを除けば、RSと同じなのですが・・・いやあ、これはいいわ。つい低いギヤでぶん回してしまいました(笑)。これこれ、これだよ。RFのエンジンも思ったより良かったのですが、エンジンはやはりこっちが良いです。過去のNDの中でエンジンはこれが一番良いです。そうして乗っていると、やはり、私はこっちの世界の人間なのだなあと思います。
 少々踏んで回って乗っていると乗り心地まで良くなった気がしますが、多分、その辺は、道路の幅が広がっていたので、路面が良かったのでしょう(笑)。ボディ剛性の低さは感じられますし、全体的に少々、懐かしい感じがします。走行距離は2000km台に過ぎませんが、誇張して悪く言えば、古くなってきた中古車っぽい感じ。ただ、嫌だとか駄目という訳ではなく、今時の車っぽくない感じというべきでしょうか?RFは今時の車という感じがするのに対して、Sは、若かりし頃のスポーツカーという感じです。

 戻ってRSの話やらRFとの違いやらを色々会話しました。幌だとSが良い気がしますがLSDがありません。LSD無しのFRはね。それとオートライトだけ欲しいです。日本はトンネルが多いのでオートライトは便利です。営業氏からNR-Aが良いのではないかと勧められました。確かに値段考えるとNR-Aが一番コストパフォーマンスが高いです。オートライトはありませんが・・・。シートが駄目でも、NR-AとSならエアバッグ内蔵ではないので交換出来ますし、ディーラーオプションのバケットシートもあります。ただ、RSの印象からすると、硬めの脚は幌と合わない気はします。NR-AはRSと同じではないので実際に乗ってみれば印象は違う可能性はありますが。

 まあ、次は相方に乗ってもらわないとなんとも言えませんね。RF RSとSとどちらの方が良いというか、どちらも駄目というか。

 なお、RSの試乗にいってやはり対応が悪かった話をしたら、実は彼のお客さんの一人が私の近所の人で、問題の販売店ディーラーの対応が悪いからこっちにきたといっているそうです。なんだ私だけじゃないんだ(苦笑)。

 帰りに試乗コースをボクスターで走ってみました。乗り心地はボクスターが圧勝です。ボクスターの方が落ち着いています。NDのようにコツコツと小刻みに路面変化を拾って揺れません。路面悪くないじゃないかと思える位です。が、しかし、何カ所かある大きな入力が加えられる場所では、ぐしゃっというかなんかそんな感じがして不快に揺れます。NDはRF/幌いずれもそれはありませんでした。重さの違いかもしれませんし、タイヤの太さが影響しているのかもしれません。特に後ろ側で感じられましたので。いずれにしても路面との組み合わせで印象が変わります。近所でSやS Specialを試乗させてもらった時にはもっと乗り心地が良く、ボクスターにも勝っていました。日本の高速道路での高速巡航だとS Specialでの経験から言えば、ボクスターの方がましですが、ボクスターも褒められたものではありません。ただし、RS系は落ち着く可能性はありますし、RFのSももしかしたら良いかもしれません。RFのSの試乗車は近場では見当たりませんでしたが。

 エンジンも踏んで回せばボクスターの勝ち。ただ、余り踏まずに普通に走ってちょっと回転を上げる位だとNDの1.5もなかなか良いと思います。ただそれは、RS(とりあえず、今回試乗した固体限定)は除きます。HWとして比較するとボクスターがほぼ全ての面で優れています。ステアフィールは圧勝、ブレーキ性能も圧勝(RFのブレンボでまじめに踏んだらどうかはわからないですが)。速さは言うまでもなく、ハンドリングも当然勝ります。
 装備はそれぞれ優位点がありますが。ボクスターはシートベンチレーション。夏はこれがあると涼しいです。NDはS/NR-Aを除けば、後方警戒装置があります(つけられる)し、アクティブフロントライティングはハイビームコントロール(オートマチックハイビーム:30km/h以上で機能)含めて優れているでしょう。981のオートママチックハイビームはせっかくつけたのに事実上使えません。

 ボクスターからの乗り換えとなると性能が使い切れるという点を除けば、ボクスターが勝っているので、厳しいです。1.5Lのエンジンが良いとはいえ、981のエンジンも良いですから。MR対FRというのも私にとっては重要です。ボクスターよりもロードスターの方が良いから乗り換えというのは、無い、です。ただ、ボクスターを持て余しているのも事実で、その点から、何かに乗り換えるとすると、ほぼNDで決まりでしょう。86はエンジン、乗り心地が好みではありませんし、2+2でドアも長いです。そして軽いといっても100kgちょっと(グレードによる)ほど軽いだけです。NDならRFですら、250kg軽いですから。同じFRなら完全2シーター(ドアが短い)でより軽いNDを選びます。
 なんにしても、981を置き換えられる車で現実的な価格で新車が買える車はほとんどありません。エリーゼ系か、86か、NDか。ほぼその3択です。エリーゼ系はどれもエンジンが回せないという問題があります。その代りMR。86とNDは7500位回せるもののFR。981はMRでエンジン7500以上回せますが、これは今度は回す場所がありません(苦笑)。どれも一長一短ありますが、981を置き換えるなら、ほぼNDで決まりでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダ ロードスターRF RS試乗

 ATを試乗して印象が悪かったRFですが、MTを試乗することが出来ました。しかもRSです。更に言えば、ブレンボブレーキ+BBSホイールのセットオプション付きです。嬉しいことにBBSだからといって18インチになったりはせず、205/45R17のままです。ブレンボは4ポットの立派な赤いキャリパーがフロントについています。リアは赤く塗られただけでキャリパーはかわりませんが、まあ、軽量なFRなので問題はないでしょう。
170708rfft170708rfrt
 RSと標準グレードとの違いは、ビルシュタインのダンパー(バネは?)、大口径ブレーキディスク、レカロシート、サウンドエンハンサーです。ダンパーとシートの違いにより、乗り心地は違うでしょう。
 レカロシートはTMS2015で幌の車で座ったことはありますが、実際に走るのは初めてです。ドラポジはいつものND。バックレストを寝かさないとうまくあいません。NDはこれがね。これまたRFに限らない話ですが、アクセルブレーキが右より(ただし、これはMR馬鹿の私が悪いだけ。MRが左よりの車がほとんどなので。)。
 メーターを見ると6500からゼブラ、7000からレッドゾーンのようです。エンジンをかけるとFRなのでシフトレバーは振動していますが、音、振動ともにまずまず静かです。さて、発進。クラッチだけじわっとつないで発進出来ます。まあ、1.5Lでも出来るので2Lなら当然・・・と、ここで同乗の営業氏から、多分、3速に入っていると思いますと指摘が。え?あ、本当だ。(^^;あれ?ってことは、3速でアクセル踏まずに発進出来たということですね。(^O^)
 走り出すと低速トルクは豊富です。幌より重たいとは言え1100kgなので、86よりはずっと軽く、NCと似たようなものですから、今時のスポーツカーとしては軽いでしょう。回さなくてもするすると走ります。音もATと比べると何故かかなりましです。踏み込むとサウンドエンハンサーによるそれなりに良い音がします。1速で引っ張ってみましたが、うん、まずまずでしょう。1.5Lの方が音は良いと思いますが、4000回転位まではこっちの方が良いかもしれません。ATと大違いです。むろん、エンジン本体は基本同じですから、演出の違いなんでしょうが。
 乗り心地は悪くありません。そこらの一般道なので、路面は必ずしも平滑ではなく、細かい凹凸や段差がありますので、終始、コツコツとした感じはあります。が、不快ではありません。以前試乗したATだと、ゴツゴツしていて、車が動いたのと比べるとずっと車の動きは落ち着いています。硬い柔らかいで言えば硬めですが、ボディも屋根があるおかげか(暑かったのでオープンにはしていません)、ボディ剛性感もまずまずです。何故かATよりも高い気もします。それとATは車が重たく感じましたが、MTだとそうでもありません。むろん、幌のような軽快感はありませんが、ATよりもずっと印象は良いです。アバルト124スパイダーに近い感じですね。
 ブレンボのブレーキは・・・普通に街中走っている限りでは特に印象に残った点はありません。違和感などもありませんが。まあ、これは熱が入るような走り方をしないと違いはわからないでしょう。BBSの鍛造ホイールは乗り心地に影響している可能性がありますが、これはオプション無しの普通のRSを試乗しないとわかりません。
 シートはレカロといってもまったく別物ではないのですが、標準のシートよりは良い感じです。とりあえず腰の裏は痛くはなりませんでした。レカロシートは標準のよりも高い(位置が)という話がありましたが、とりあえず気になりませんでした。
 ステアリングは幌と比べると何故かやや軽く感じます。ただ、試乗コースが違うので同じ条件で比較しないとわかりません。RSなのでかなり硬くて乗り心地がいまいちかなと思いましたが、問題ありませんでした。エンジンもATよりはずっと良い印象です。これなら乗れます。うん、なかなか良いです。ATとMTの違いか、標準とRSの違いかはわかりませんが、RFだったら、RSの方が良さそうです。ブレンボは要らないかなあと思いますが、BBSはあった方が良いかもしれませんね。見た目はもちろん、ブレンボです!総合的に見て予想よりもはるかに良かったです。

 しかし、幌もそうでしたがND系はATとMTで随分印象が違いますね。まあ、RFはRSだったというのも影響しているとは思いますが・・・。RFの本来の性格を考えたら、AT+標準かVSがあっていると思いますが・・・。

 RFはRSなら良かったです。RFは何と言っても恰好良いです。が、しかし、RS+ブレンボ・BBSオプションだと約400万。うーむ、結構高いです。勿論、エリーゼとかTTとかと比べるとずっと安いのですが、幌と比べるとざっと100万高いです。幌だとエンジンは7500位回せますし、踏んで回した時の音は良いです。どちらが良いか?悩ましいですね。幌のRSだとボディとの相性がどうかなあ。幌のRSにも試乗させてもらうしかないでしょうね。もう少し離れたディーラーにあるにはあるようなので。
 営業氏と色々会話していたら、NR-Aという手もありますよと言われました。シートは標準のですがと。NR-Aかあ、なるほどなあ。でも、それだとまたまたお山車決定ですね(苦笑)。まあ、NR-Aでシートをレカロのバケットに変更するという手もありますね。相方が乗らないなら運転席だけでもいいし。NR-Aでもタイヤは16インチのままです。装備は貧弱ですが、ナビはポータブルをつければ良いですし、オートライトがない点位かなあ?
 ただ、幌だと恰好がね。問題はそこなんですよね。そうするとRFか?うーん、でも、やはり7000しか回らないとなると、ならエリーゼでもいいじゃないかという声が・・・・。NDの優位点は7500回るエンジンですからね。うーん・・・・。

 なお、自宅から道路が空いていれば20分位の初めて行くディーラーだったのですが、マツダ車を買うとしたらここで買うことにしました。近所(車だと5分位)のディーラーと比べて対応が素晴らしく良かったです。更に対応してくれた営業氏も良い人でした。奇しくも付き合いの長いネッツの営業氏と同姓。この方の対応は全部良かったのですが、一番良かったことがあります。この時、散歩をかねてAWで行ったのですが、RFを見ている間に何故かちらちらAWを見てます。そして、「あの車から乗り換えですか。」と聞いてきました。「いや、乗り換えるとしたら別の車です。」と答えると、「あー、良かった、あれから乗り換えならもったいないと思ったんです。」と。帰り際にも「ずっと大切にしてあげてください。」と言ってくれました。マツダ車ではなく、他社の車ですよ。この方、クルマ好きなんだなあと思いました。セールストークではなく、本当にそう思っているのだと感じました。これで、ころっと落ちますよ(笑)。という訳で、仮にND系を買わないにしても、クーガの後継など何かマツダ車を買うとしたらここで買うことに決めました。久しぶりにこの人から車を買いたいと思うマツダの営業と出会えました。何せ前回は・・・NA8CEを買った時です(苦笑)。車は悪くないのですが、何故か、良い営業との出会いがマツダではありませんでした。

 なんにしてもすぐにどうこうは正直ありません。来年の車検までにどうするかが決まることでしょう。エンジンだけなら981が上ですから(更に言えば、ケイマンだったらもっと良かったのですけど)、すんなりNDとは行きません。まあ、ともかく、NDが欲しいと思ってもこれまでは買えるところがなかったので、買えるディーラー・人が見つかったので良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディTT 1.8試乗:人の感覚はあてにならない?

  しばらく前にたまたま試乗車が留守で2.0のクワトロと比較出来なかった1.8のFFに試乗させてもらいました。
170625tt
 タイヤは2.0よりも厚い225/50R17で、銘柄は2.0と同じContinetalのSportContact5でした。
170625tttire
 シートは同じくファブリックですが、電動ではなく、手動です。運転席に座るとなんか変です。2.0と違ってうまくポジションが合わせられません。シートをもっと下げたいのですが、既に最低の位置になっています。シートの前縁が妙に高いです。この座面の角度などは変えられません。ステアリングの位置も調整してもうまくあいません。下げて伸ばしてなんとか妥協しましたが、やはり変です。更にバックレストを倒してようやく運転出来そうな姿勢になりました。おかしいですね、2.0だと問題なく、すっと合わせられたのですが。電動と手動で可動範囲が異なるのでしょうか?
170625tttsheet
 エンジンかけると何故か、音と振動が大きい気がします。確かにエンジンは違うのですが、ここまで違うでしょうか?まあ、ともかく発進・・・って、なんじゃこれ!?2.0と別物です。え?何故?何故?だって、タイヤは同じメーカー、同じ銘柄で一回り厚いのですから、ハンドリングうんぬんは別にして街中走れば乗り心地は良くなるはずです。が、2.0と比べると極端に悪いです。どたんばたんして車がゆすぶられます。何故にこんなに違うのでしょう?ボディ剛性まで低く感じられます。同じ車のグレード違いにはとても思えません。また、ステアリングも妙に軽く、フィーリングも希薄です。全体的に一昔前のアウディみたいです(苦笑)。
 馬力、トルクは下がっていますが、FFになったおかげもあり、100kg軽いですから、動力性能には不満はありません。数値を見ても

1.8:1270kg 132kW=180PS:7.1PS/kg 250Nm:5.1Nm/kg 
2.0:1370kg 169kW=230PS:5.9PS/kg 370Nm:3.7Nm/kg

と2.0クワトロと比較すると動力性能は低いですが、絶対的には悪くはありません。音も普通に走っていると2.0の方がスポーティでしたが、ダイナミックを選択して踏んだらそれなりの音はします。
 前回、2.0で路面が悪くてタイヤの硬さが気になった場所、Q2で妙に振動が伝わった場所を通過すると車は盛大に揺れて酷い有様。本当にこれはいったいどうなっているのでしょう?
 2.0との違いはタイヤサイズ、エンジン、FFと4WD、というところで、ここまで極端に変わるとは思いません。確かに重たい方が乗り心地は良くなることはありますが、何故、ボディ剛性まで低く感じてしまうのでしょう?前回、剛性感が高く感動したボディはどこにいってしまったのでしょう?あれは実はタイヤのおかげだったのでしょうか?そんなことありえるのでしょうか?さっぱりわかりません・・・・。

 タイヤに関しては、欧州車では最近、大きなホイール=薄いタイヤが流行っていることもあり、同じメーカー、同じ銘柄でも、厚いタイヤの方が良くないことがあると教祖様=福野礼一郎氏が書いていましたが、TTもそうなんでしょうか??

 なお、シートは形状そのものが2.0と異なっていることが判明しました。何はどうあれ、TTなら2.0を選ぶべきです。安いということを除けば、1.8に良いところは一つもありません。むろん、ワインディングに行ったら今度は100kg軽いのが生きるかもしれませんが、エリーゼやZZWなどではないのですから、街乗りが駄目なら駄目でしょう。

 また、真円でないD型のステアリングはやはり使いにくいですね。交差点で右左折する時に持ち替えようとしたらちょうどそのへこんでいる部分になって持ち難いです。シートやステアリングが低く、乗り降りする時にぶつかるというのでない限りはステアリングは真円であるべきでしょう。

 しかし、本当に何故?この個体だけ駄目なのかなあ??不思議だ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダ アクセラスポーツ 15XD

 九州北部では豪雨が続いており、朝倉や日田で大きな被害がでてしまいました。幸い、親戚関係に直接の被害はありませんでしたが・・・早く雨が上がり、復旧して欲しいですが・・・・。

 さて、相方サービスのため、ちょっと早い夏休みで旅行に行っていました。久しぶりに車ではなく、飛行機+レンタカーです。出来たら、自分の車で行きたいのですが、何せ目的地は北海道。自走にしてもフェリーにしても往復に時間を取られ過ぎるので断念しました。
 レンタカーはタイムズでクリーンディーゼルクラスというのがあり、事前予約+車種指定無しなら安かったのでそれにしました。むろん、コンパクトカークラスよりも高いのですが、そっちはデミオを指名しないとCVTの車が来てしまう可能性があります。ディーゼルなら指名しなくてもデミオがくるはずです。
 が、空港でレンタカーを受け取る時にアクセラと言われて、え?そんなはずは?ディーゼルのはずですがというとアクセラのディーゼルですと。な、なるほど、そういうことですか。デミオのつもりだったので戸惑ってしまいました(苦笑)。まあ、同じ料金でCセグになったのでラッキーはラッキーです。
17siretokoa1
 15XD、6ATの1.5Lディーゼルです。まだ4000kmちょっとしか走っていない、レンタカーとしては新車同然です!
17siretokoa3meter
ただし、小傷はついていますし、特に運転席のサイドシルは皆が乱暴に乗り降りしたのか傷だらけ・・・。
17siretokoa5side
これは車がかわいそう。もっとも、マツダの塗装弱すぎ、樹脂でいいから保護プレートつければ、とも思いますが。タイヤはBSのエコピア。205/60R16。
17siretokoa2t
どうでしょう?距離が出ていないのでタイヤもまずまず新しいです。
 シートの形状は良好ですが、ちょっと柔らか過ぎるように感じます。
17siretokoa4sheet
ポジションは問題ありません。残念ながらパドルはついていませんが、マツダなので引いてシフトアップの正しい方式です。
17siretokoa6inte
エアコンは左右独立です。メーターは中央が速度で左にやや小さいタコメーター。オンボードコンピューターの表示は普通に燃費や速度、航続距離などです。残念なのはトリップがAとBの二つあるものの、ODOと切り替え式。最近、余り使われないのでしょうか?
 さて、エンジンをかけても振動や音は余り感じません。マニュアルモードで1速を選択して発進。うーん、普通に発進はしますが、1360kg(車検証重量)に対して、77kW=105馬力、270Nmなので、まあ、こんなものでしょうか?デミオは250Nmでしたが、低速トルクはだいぶ向上しており、3000回転回さないとたるいということはありません。ただ、2000回転回さないとシフトアップ出来ません。ディーゼルなので1500回転位でシフトアップしたいところですが。CX-3と基本同じエンジンですが、うるささはBセグとCセグの違いか、アクセラの方がかなり改善されています。ただ、踏んで回した時の音はCX-3の方が良い気がしましたし、デミオはもっと良かったです。それとデミオほどは上が回らない印象です。ああ、つまり、デミオと比べるとまともなディーゼルエンジンになったということなので、悪いことではありません。デミオのディーゼルはほぼガソリンエンジンでしたから(笑)。
 乗り心地は総じて良好です。やや柔らかいですが、車の動きはまずまず落ち着いており、段差乗り越え後の収まりも悪くはなりません。速度が高いとさすがに段差を乗り越えた後の動きは大きいですが。一般的に見ても乗り心地は良いと言えると思いますし、我が家基準(好み)でもまずまず良好です。ただ、路面が悪い時、ややばたばたする感じはありますが。合計で508km走りましたが、疲労感は余りなく、少し不安だった柔らか目のシートも結局、腰が痛くなったりはしませんでした。
 パワステはやや軽めでステアフィールもやや希薄ですが、許容範囲内です。ブレーキまずまず。エアコンも普通に効きました(当たり前)。気になったのはヘアピンが続くような道だとAピラーが邪魔で斜め前が良くみえませんでした。ドラポジとの兼ね合いもあるとは思いますが。
 走りに行った訳ではないですが、移動の都合で峠越えを何度かしました。ハンドリングはなかなか良かったです。むちゃしない範囲内でペースを上げても車はちゃんとついてきます。安定感もあります。若干アンダー気味ですが、FFでディーゼルエンジンで頭が重たいことを考えれば上々でしょう。Gベクタリングコントロールがついているそうですが、その効果は良くわかりません。まあ、効果はあったと考えておきましょう。5ドアハッチバックというかショートワゴンですが、その割にはボディ剛性感もまずまずでした。実用車としてみれば上々でしょう。
 動力性能も上りでも不満はありません。踏めばちゃんと加速してくれます。音は前述の通り、余り良いとは言えませんが、ディーゼルエンジンということを考えればそう悪くはないでしょう。
 レンタカーを返して、そこから空港まで送ってもらったのですが、その際に後席に乗ってみました。歩けなくもない位の距離なので短時間ですが、残念ながら乗り心地はいまいちでした。前席と比べるとややバタバタする感じがしました。デミオやCX-3と異なり、リアはマルチリンクなのですが。
 高速道路は走っていませんが、何せ行ったのが北海道です。信号が少なく、制限速度と対面通行ということを除けば、ほぼ高速道路みたいな道が多かったせいもあり(数十km信号無しも珍しくない)、通算で、オンボードコンピューターの表示で20.8km/L、満タン法で19.3km/Lでした。ちなみにJC08は21.6km/Lです。純粋な高速巡航だけではなく、街中や峠の上りも含んでいることを考えればなかなか良い数値だと思います。
  全体的に見てなかなか良い車だと思います。シートがもう少し硬い方がいいとか、タイヤもうちょっととかそういう細かい不満はありますが、気になったのはAピラーに視界を妨げられることがあること位です。パドルも欲しいですが、上位グレードにはついています。また、相方はシートはこの表皮だとレザーの方が良いといっていましたが、それならXD15 L Packageで解決です。
 が、しかし、今の我が家にはこのクラスの車の需要がありません。クーガの代わりにはなりませんし、フィエスタの後継にしては大きすぎます。まあ、でも、安心して乗れる車でした。またレンタカーを借りることがあれば、タイムズレンタカーのクリーンディーゼルクラスにしましょう。え?今度はデミオかも?まあ、それはそれで良いかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸悪の根源は信玄

 角川選書 平山 優著、「武田氏滅亡」の感想です。

 分厚い本で読むのに時間がかかりました。現状、読書時間のほとんどは通勤中なので、片手で持つのが厳しいこの本は当初は無理だと思って自宅で呼んでいましたが、時間が取れず、結局、電車で頑張って読み終わりました。腕がかなり疲れましたが(苦笑)。

 概ね長篠の合戦前から武田氏滅亡までの期間について記述されており、分量も多いので、逐次感想を書いているとえらく長くなるので短めに。

・結局、悪いのは信玄
 後世の人間から見れば、信玄が状況判断を誤り、対織田戦を開始したことが武田氏滅亡の主因という他ないでしょう。おまけにその直後に本人は死亡して、代替わりが生じます。通常であれば、問題なく勝頼に引き継がれるはずですが、これまた信玄が中途半端なことをして勝頼が後継だけど、本命は孫の信勝だよとしてしまったので、統制に問題が生じます。信玄には信玄の事情や考えもあったでしょうが、勝頼を信xに改名させて明確に後継者と位置付けておけばよかったと思えます。むろん、信義が健在であれば一番良かったのでしょうが。または、自分の死後は信勝に家督を継がせ、勝頼はその後見人とせよと、明言しておいても良かったかもしれません。いずれにしても、戦略を誤り、後継者問題を生じさせたのは信玄です。勝頼は犠牲者と言えるでしょう。家督をあやふやな形で継いだ段階で、大きな負債を抱えてしまったのですから。

・不運な勝頼
 高天神城が陥落した後の滅亡寸前でも、勢力圏は最大版図からそれほど減っていないのに、織田に攻められたらぞろぞろ寝返られてあっというまに滅亡してしまいました。長篠の合戦と御館の乱への介入の仕方は彼の判断ミスと言えますがそれ以外は直接の失策はほとんどありません。過半は信玄がまいた種によるものです。著者が心情的に武田よりというのもあるにはありますが、勝頼と比べれば氏政の方がより多くの判断ミスをおかしていますから、もうこれは不運という他ありません。とはいえ、運も実力の内、ではありますが。

・幸運な景勝
 上杉氏には余り興味が無かったので、御館の乱の詳細は気にしていませんでしたが、今回、初めてその細かい経緯を知ったのですが・・・・その前半段階では、何故これで景虎が負けて、景勝が勝利出来たのか不思議な位、景勝が不利です。勝頼は結果的に景勝に味方して景虎と敵対した訳ではなく、両者の和睦をはかろうとした程度ですから、結局、これは北条氏の支援が不適切だったということになるでしょう。
 更にラッキーだったのは武田氏滅亡の後、本来なら上杉氏も滅亡していたはずなのですが、信長が横死したために助かりました。更に言えば、その後も、関ヶ原の戦い後も滅亡することなく、領土は減らされたものの生き残ってます。もう、ラッキーというしかないですね(笑)。

・優柔不断すぎた氏政
 弟景虎を支援した際にも色々考えて悩んで、思い切った支援が出来ず、結局、見殺しにしてしまいました。氏政には氏政の事情や都合はあるとはいえ、ここは思い切って大戦力を投入すべきだったでしょう。
 武田氏滅亡の際はもはや滑稽ですらあります。武田氏が滅亡しつつあるという情報に対して何度も、嘘だろう?ちゃんと確認しろよと聞き返しています。結局、滅亡する勢力の指導者はそういうものなのでしょうね。ここで、チャンス!と戦力を突っ込めれば色々と違ったことでしょう。駿河に手を出さず(徳川へ渡し)、上野を制圧し、信濃(佐久、小県)へ侵攻(天正壬午の乱の時のように)して占領していれば、信長に邪見にされずに済んだことでしょうし、その過程で真田を滅ぼしていれば、それこそ北条氏そのものも秀吉に滅ぼされずに済んだかもしれません。大げさに言えば、家康の天下取りにも影響したやもしれません。

・意外に慎重な信長
 信忠軍がどんどん侵攻していくのを見て、何度も慎重にいけと指示を出す信長は意外ですよね。息子ら(比較的若い武将が多いせいもあるでしょう)が心配なのでしょう。面白いです。

・堅実だがタヌキおやじの片りんを見せる家康
 無理をせず、手堅く武田領を攻め、富士山見物になった信長を手厚くもてなし、堅実に行動した家康ですが、その裏で武田旧臣を匿いまくっています。これが後で役に立ちます。

 読むのは大変ですが、お勧め出来る良書です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガvsQ2

 アウディQ2の試乗車が用意されていたので相方と一緒に行って試乗させてもらってきました。展示車は1.0のSportです。
170611q27
まあ、これが売れ筋でしょうね。なんか低くみえますね。実際、SUVにしては車高は高くありません。タイヤはミシュランのPrimacy3で、215/55R17でした。
170611q28t
 まず後席に座ってみました(義父の位置)。
170611q25_2
あちゃあ、アシストグリップが後席にはありません。うーん、まあ、シートの高さはクーガよりも低いので無くても乗り降りできるかもしれませんが、大きな減点です。視界はまずまずでしょうが、当然、クーガよりは良くありません。シートそのものはまずまずだと思います。あ、レザーではなくファブリックでした。
 前席のシートも一応スポーツシートという名称になっていますが、まあ普通ですね。
170611q24inte
アウディですが、ステアリングは真円です!やった!でも、パドルはありません。がーん。パドルがつくと楕円になるのかなあ??電気式パーキングブレーキでブレーキホールドがあります。TTなど今のアウディらしくメーターパネルはLCDです。
170611q23meter
オプションでここにナビの画面を出すことも出来ます。ナビそのものはオプションで、標準だと中央のLCDパネルに表示されます。我が家的にはその方が良いです。
 エアコンは左右独立。シートヒーターがついています。これは競合車に対する優位点ですね。レザーなら普通ですが、ファブリックでついているのは少ないですから。内装の質感は・・・うーん、微妙。アウディとしては特別質感が高いとは言えず、A3並みかというとどうでしょう?A1とA3の間位?
 リアハッチを開けたら相方は手が届きませんでした。あちゃあ、不合格?と思いましたが、オプションで電動に出来ます。脚振りでは開けられませんが、リモコンで開けられるので良いでしょう。荷物室の空間はまあボディサイズなり。不足はないと思います。
170611q26trunck
 そうこう見ていたら、試乗車が今空いているということなので、試乗させてもらうことにしました。
170611q21
試乗車も1.0のSportsですが、タイヤは異なり、BSのTURANZA T001でした。サイズは同じ215/55R17です。
170611q22t
運転手は私、相方は助手席、後左席に営業氏と義父を乗せた時の配置です。ポジションは問題ありません。相方はシートを上げたら、クーガに近い感じになったとこれまた問題はないそうです。エンジンかけると静かで振動も感じられません。
 メーターパネルの表示を変えたら、ODOとトリップ、それに燃費系データを同時に表示させることが出来ました。よしよし。TTはこれがうまく出来ませんでした。ナビが別LCDパネルの表示されるおかげです。
 さて、いつものようにマニュアルモードで発進。1Lの3気筒ターボですが、発進はスムーズです。トルクが不足する感じはありません。走り出しても全体的に静粛性は高いです。1500だとシフトアップは出来ず、2000回転回す必要はあります。まあ、普通です。7速のDSGでこれまたなめらかです。ただし、押してアップ引いてダウンなので何度か間違えてしまいました。クーガと逆なので。(^^;
 乗り心地は悪くはないです。動きは落ち着いています。硬さは感じませんが・・・でも、これって、世間では硬いと言われるかもしれません。我が家的には良い感じです。エンジンは回すと三気筒らしい音がしますが、回さない、踏まないでそろそろと走っていると静かですし、三気筒っぽくありません。大人しく走っていると乗り心地も良く静かで、なかなか良い感じです。踏んで回すと相応に加速して動力性能は我が家的には不満はありません。
 予想外に良かったのがステアフィールです。アウディらしくなくというと怒られますが、電動パワステにしてはなかなか良い感じです。手ごたえそのものはやや薄めですが、でも、合格です。真円のステアリングと合わせて、ここは余り期待していなかったので良かったです。
 路面が荒れても車の動きは落ち着いているのですが、妙に振動を拾う時があり、上の方でびびり音は出ていました。あくまで振動を感じるだけですが。
 ブレーキの感触も良好です。ホールドがあるのは便利です。ただし、マニュアルモードに入れているとアイドリングストップしません。これは残念。せっかくブレーキホールドあるのに。まあ、致命的な問題ではありませんが。
 全体的に見て、想像していたよりもずっと良かったです。そして、フィエスタに似ています。エンジンが同じ1Lの3気筒ターボというのもありますが、乗り心地やステアフィールもなんか似ています。車高が高いフィエスタという感じ。そのせいか相方はかなり気に入ったようです。動力性能は出力はフィエスタよりも上ですが、200kg位重たいのでフィエスタよりも大人しめです。ただし、不満はありません。
 しかし、問題がありました。それはシートです。試乗した程度で、腰の裏が圧迫されて痛くなってしまいました。最近、出ない車が多かったのですが、でちゃいました。うーん、これだと私は厳しいかなあ。クーガの代わりに長距離巡航は難しそう。相方は問題はないそうです。
 戻ってきてもう少し車を見てから、営業氏と色々会話。4WDは現状、ディーゼルしかないので日本には入らないようです。1.4Lはエンジンしか違わないので不要でしょう。1.0だとやはりSportsですね。364万。色はオレンジかな?青もいいですが、クーガと入れ替えたら青が2台並びんでしまいます。6万。オプションはまあアウディなので、ハイテクセットはつけるべきでしょう。13万円。それとオーマチックテールゲートも要りますね。7万。ナビは・・・・まあ、センターにLCDパネルがあるのでつけるしかないでしょう。35万(わお)。合計425万。う、高い。(^^;装備の違いがあるとはいえ、X1のFFと似たような価格です。うーん、1L3気筒ターボで400万超えはねえ。うーん、さすがアウディです(笑)。

 さて、クーガと比較してどうか?先に言えば、これはクーガと比較したり置き換える車ではないでしょう。どちらかと言えば、フィエスタと比較すべきでしょう。フィエスタと比べると静かでトランスミッションも滑らか(フィエスタみたいにシフトダウンで、バコン、バコンと大きな音を立てないし、すっと発進する)です。反面、動力性能はフィエスタの方が上だと感じます。最低地上高は180mmあるので、まあ、普通の雪ならFFとはいえ問題ないでしょうが。
 そう、フィエスタに何かあって新しい車が必要になったら、その時はクーガとも統合してQ2にするというのは良いと思います。が、クーガとは違う車です。という訳で、不戦勝というよりも、試合が成立しませんでした。Q2そのものは、値段に納得出来れば、とても良い車だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧