クルマ

ピー三郎のお山散歩

 先日、休暇をとって久しぶりにピー三郎をお山に散歩に連れてきました。お天気が良く富士山が綺麗に見えていました。
170420p3
山の上にはまだ桜も咲いていて楽しめました。
 さて、久しぶりのお山ですが、まあ、ピー三郎は変わりません。温まった後のブレーキの振動と音もやはり出ます。なんだろうなあ、これ。制動そのものにはまったく問題はないのですけれど。エンジン音は踏めば良いです。ただ、まあ、踏まないでだらだらと回した時の音はそれほどは良くないですね。ま、ポルシェのエンジンは987もそうでした。踏んだ時の音は987よりもずっと演出が上手になって良くなりましたが。
 しばらく走っていたら・・・気持ち悪くなってしまいました(苦笑)。うーん、冬の間、まともに走っていなかったので体がなまっていたようです。でも、今までは平気だったのですけどね。久しぶりでしたし、どちらかと言えば、ペースは年末にいったときなどと比べると速くはなかったのですが・・・。体力低下か?って、前にもありましたね(笑)。まあ、多分、なまっているだけなんでしょう。
 もし、TTだったらどうでしょうね。トルクとギヤ比で速さだけ見れば、少なくとも立ち上がりや直線の加速はTTの方が速いでしょうが、元々速さは追及していません。音はTTはほとんど排気音っぽいです。981は吸気音でしょう。どちらも踏んだ時じゃないとあまり音はしませんが。コーナーは・・・まあ、私の腕とお山では差は出ないでしょうね。どちらも役不足で車の性能が余っていると思います。しょぼくみえるブレーキもまあサーキットで全開走行、でなければ問題はないでしょう。
 やはりMTが・・・と言いたいのですが、982は事実上、2速に入れたままで変速動作はありませんから、MTもATも関係ありません(苦笑)。シートヒーターとシートベンチレーションにより、空調の快適さは981が上かもしれません。もっとも、とまった車の中にいると暑くなってきますが(笑)。これはTTにはないでしょうね。こだわりを捨てればTTいいのかもしれないなあ。FFでいいのか、やはり4WDかな悩ましいですが、FFだと7速だから、シフトチェンジは楽しめそうですね・・・あ、パドルで、だけど。挙動はどうでしょうね。やはり前輪だけよりは後輪も駆動して欲しいです。まあ、1.8のエンジン音が駄目なら、自動的に1.8は無くなりますけれど。

 まあ、でも、やっぱりTTは無理かなあ。うーん、NA+MTとなれば、お山だけ考えれば、NDでほぼ決まりなんですが、街中は良いとして高速巡航がねえ。エンジンは踏んで回していれば結構良い音がしてくれますが・・・・。つまり、それってお山にいかないと981と大差ないのですよねえ。サイドブレーキがついていること位?逆にシートは981の方が良いし。お山なら非力なエンジンと低いギヤ比により回して楽しめますので、NDの方が良いですが。街乗り・高速巡航ならTTかなあ?高速巡航は実際やってみないとわかりませんけれど。空調はまあエンジンが前だからTTでも大丈夫でしょうね。

 うーん、今回に限って、文句を言いつつ、981が勝負に勝って居座りそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念な記事

 オートカーは紙媒体の時から愛読していて他の車雑誌よりは印象良かったのですが・・・今回の以下のMR2(AW)の記事は極めて残念でした。
https://www.autocar.jp/column/2017/04/23/217649/
 きちんと、前に荷重移動しないとアンダーステアが出るのは電子制御が普及する前のMRに共通する挙動でしょう。そうでない車が無かったとは言いませんが、それは気を許すとオーバーステアが出る車でしょう。運転したことはないので、伝聞に過ぎませんが、ランチャ・ストラトスはそういう車だと思います。電子制御が入っていない最後の世代(厳密のはその後も少数生産車にはありますが)はエリーゼでしょうが、そのエリーゼにしてもアンダーは出ます。ニュートラルよりでちらちらオーバーが顔を覗かせはしますが。
 「それを更に無理矢理こじってしまえば、スピンアウトが待っていた。」AWに関して言えば、アンダー出た後にこじったらスピンって、いったいどういう運転をしたのでしょうね?そもそもちゃんと運転したことあるのでしょうか?著者は私よりも年上なのでAWが販売されていた当時に運転していてもおかしくはありませんが、自分で運転した経験を元にこの記事を書いているのか非常に疑問です。「無理矢理にえいやっとコーナーを曲がるスタイル」という運転をすれば、電子制御が普及した今の車ならともかく、その前の世代の車なら、MRだろうとFFだろうとFRだろうと4WDだろうとまともに走らないでしょう。 
 「本当にミドシップらしいコーナリング・マシンになるには、次のSW20型、それも後期型まで待たないといけない」と思うとしていますが、著者はAWとSWにちゃんと乗って比較しているのでしょうか?SWはエンジンが後軸上に傾けられており、MRと言いながらRRよりの車です(RRと呼ばれている現行トゥインゴと大差ありません)。重心も高く、素性はそれほど良くありません。1型に試乗したことはないので、本当のところどれだけ1型が酷かったかはわかりませんが、まあ、トヨタが改良していったのは間違いないでしょう。我が家にいたのは4型で足回りは熟成されていたと言っても良いとは思います。確かにAWほど荷重移動に気を遣わなくても入口でのアンダーは出にくいです。が、アンダーステアに陥れば車全体がアウト側へ膨らんでいきます。AWはそうはなりません。アンダーが出てもそこからまだ舵が効きます。切り増せば車は曲がっていきます。
 またAWは運転者を中心に曲がっていく実にMRらしい挙動を味わせますが、SWではその感覚が得られません。重心は後ろよりにあります。また、車が重たいこともあるでしょうが、タイヤの依存性が高いです。また、ダンパーがへたってくるとSWは街乗りでも怖い位挙動が乱れますが、AWは平気です。これは素性の違いでしょう?車が軽く、横置きMRとして重量配分も良く(極端にリアが重たくない)、また重心も低いと宣伝された86よりも低いのです。素性が悪い車をタイヤの力も含めてなんとか走らせるように仕立てたというのがSWでしょう。SWはABSはありますが、姿勢制御はついていない時代です。それを考えるとトヨタは良い仕事をしたとは思います。
 AWは時代的に前後同サイズなのが問題だという人もいますが、私は公道からミニサーキットでならこのままで不満はありませんし、問題も感じません。SCならリアを太くしたいかもしれませんが、NAならこれで十分です。
 SWがAWに勝っているのは動力性能とブレーキでしょうね。スポーツABSは今でも素晴らしかったと思います。あの時代のABSであの出来はなかなかのものです。当然、NAでも排気量が大きく、馬力トルクとも勝っていたので、速さはSWが圧倒しています。日光サーキットで私が運転してSWはAWよりも2秒から3秒速いですから。40秒台のラップタイムでの2秒3秒差は非常に大きいでしょう。
 でも、ある意味、速いだけ。AWほど楽しくはありません。何せ、4AGEと3SGというエンジンの違いがあります。性能は良くても音とフィーリングでは4AGの敵ではありません。ステアフィールもAWの圧勝でしょう。
 だからAWはまだ我が家にいて、SWは旅立っていったのです。

 そういえば、AWには確かロータスというふりかけがかけられていましたよね。安定志向にすべしと言ったものロータスじゃなかったかな?ま、公式発表している話ではないのでいいのですけどね。

 この記事そのものはAWをけなしている訳ではないのですが、事実誤認、見識不足に我慢が出来ませんでした。既に指摘あったようで訂正されている恥ずかしいミスもありましたが、訂正済みなのでそれについては触れません。まあ、時々そういう恥ずかしいミスをしている編集者や自動車評論家はいますけれど(苦笑)。そういえば、最近、現行X1をFRだからうんぬんと書いている人がいたなあ(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日もAWでお出かけ

 相方にどれで出かける?と聞いたらAWが良いと。何故?それはフルバケで寝やすいからです(笑)今日はエンジンはご機嫌よろしく、無事に普通にかかりました。三浦半島方面へ行って野菜を買ってお昼を食べて帰ってきただけですが、150km弱ほど走行。ぼたん桜が綺麗に咲いていました。
170423aw
最近のAWにしては長めに入った方です。高速巡航で速度を上げると相変わらず振動が出るので、速度は必然的に控えめ。大きな段差を超えると少々ボディがきつそうですが、それを除けば、へたったタイヤでも乗り心地はまずまず。内装のびびり音を気にしなければ、あんまりポンコツ感はないんですよね。この古さでこの位で済んでいるのは立派なものです。
 お天気が良かったので暑くなり、エアコンつけました。ガラスを通して日差しはきついです。まあ、素ガラスですからね。エアコンはオートモードでもちゃんと作動。我が家で一番まともにオートエアコンが動作する車です。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AWの充電兼用散歩

 週末、雨が多かったこともあり、またしばらく乗っていたかったので、充電を兼ねて買い物に行ってきました。エンジンは無事にかかりました(笑)。やはりAWはいいなあ。アクセル踏んで良い音がする車が結構ありますが(ピー三郎もそう)、AWのようにアクセル放した時にも良い音がする車はそうそうありません、
 乗り心地も年式考えたら悪くはないです。タイヤは要交換で、出かけたついでに頼んできました。185/60R14というサイズは昔はありふれたもので、店頭に在庫されていましたが、今では頼まないとありませんから(苦笑)。また、選択肢も余りありません。結局、ダンロップのルマン4かファルケンのジークスZE914Fのどちらかにすることに。価格はジークスが1本当たり千円ほど安いです。昔はずっとファルケンだったので久しぶりにファルケンにしようかなとも思ったのですが、前回ルマンが良かったので結局、ルマンにしました。
 ついていたタイヤは2008年48週製造なので、8年半程度経過しています(苦笑)。
170422awt2
溝はまあまだそれなりに残っているのでつい交換が遅くなってしまいました。
170422awt
さて、どうかな?同じルマンといっても世代がかなり違いますからね。
 一度帰ってきて荷物を下ろして、再度出かけようとしたら・・・エンジン始動失敗。ありゃ?再度。また失敗。病気が出たようです(苦笑)。三度目はアクセル踏みつつ・・・はい、かかりました。従来は寒い時期にこの病気出ていたのですが、4月に出るとは思いませんでした。(^^;さて、どうするかな。もう少し様子を見ないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Audi TT 2.0 TFSI quattro試乗

 しばらく前に教祖様(福野礼一郎氏)が718ケイマンSとTTSを比較して、TTSの方を高く評価していた記事を読んでからずっと気になっていたのですが、ターボの2ペダルなので、趣味車にはならないよなあと思って実際には見に行っていませんでした。が、どうにも気になるので、ともかく見るだけ見てこようと思って、相方が用事で不在の時に行ってきました。
 試乗車は意外にも1.8のFFと2.0の4WDの二モデル用意されていました。また、2.0のS lineパッケージの展示車もありました。実際には1.8で十分だとは思うのですけれど、やはりFFはねえ。せめてリアも駆動して欲しいので2.0を試乗させてもらうことにしました。
 準備が出来るまで、今までまともに見たことが無かったので、展示車を見せてもらいました。先代のイメージを残しつつ、今時のアウディらしいデザインですね。
170411tt
タイヤは245/40R18で、ContiSportContact5。
170411tttire
18インチはどれもこれだそうです(1.8は17インチ)。うーん、コンチネンタルかあ。S lineパッケージなのでレザーとアルカンタラのコンビシートです。
170411ttsheetsl
大ざっぱに言えば、ポルシェの標準シートのようなもの。サイズはやや大きめです。そうだ、2+2なのでドアが長いんですね。ロードスターだと2シーターですが。
 独立したナビは無く、運転席前にLCDパネルがあって、そこに色々な情報を切り替えて表示出来ます。通常はナビとメーターの画面でしょう。内装の質感はアウディらしくまずまず。丸い空調の出口とそこに操作スイッチがついているのはは好みが分かれるかもしれません。
 準備が出来たので試乗へ。試乗車は2.0 TFSI quattroのパッケージなしで、シートはファブリックです。このシートそのものは良いのですが、見た目が地味です。
170411ttsheet
S lineパッケージの装着率は高いですという営業氏に言葉は肯けます。もっともシートヒーターがつく訳ではないので、我が家では、このファブリックシートで良いです。
 電動式パーキングブレーキですが、まだホールド機能はついていません。オプションで「アウディホールドアシスト」というのあり、これがホールド機能のようにも思えますが、「発進時に作動する電子制御式パーキングブレーキ。ボタン一つでスムーズな走行をサポートします。」と書かれていていまいちはっきりしません。電動式パーキングブレーキの車は全てブレーキホールドは標準でいいと思いますが、何故か、VWと比べてアウディは遅れています。スイッチは中央部にあるのでポルシェよりはずっと使い易いです。ステアリングは真円ではなくD型。アウディの場合、もうこれは仕方ないです。理解は出来ませんが、ここはVWやアウディではもう我慢するしかないのでしょう。パドルはもちろんついています。
 エンジンをかけても静か。ま、当たり前ですね。スポーツカーに属するといってもFFベースの車ですから。若干、振動を感じますが。マニュアルモードにして発進。敷地から段差を乗り越えて道路へ。あー、なるほど。乗り心地は良さそうです。嫌いなコンチネンタルですが、タイヤの薄さ硬さは余り感じません。路面が大きく荒れていると相応に跳ねますが、それは仕方ないでしょう。それ以外は動きは少なく、快適です。高速巡航はわかりませんが、同じ道路を981で走ったらもっとドタドタ車が動きます。少なくともこの試乗コースで直接比較すれば(当日は981で行った訳ではないですが、同じ道を走ったことは過去にある)、乗り心地はTTが上です。ボディ剛性感も高く、我が家の981ボクスターよりもずっと良いです。ケイマンだと?先日、試乗した718(982)ケイマンと比べるとTTの方が良いように思います。ただ、同じ場所で比べていないので断言は出来ませんが。同じ試乗コースで同じように走らせないとフェアな比較にはなりませんが、過去の経験(所有と試乗)を踏まえれば、これを超えるボクスターはないです。ケイマンも981のデビュー当時に試乗した個体は良かったですが、それ以外ならTTの方がずっと良いです。にわかに信じられません。屋根無しのボクスターは仕方ありませんが、ケイマンを軽く超えるってどういうことでしょう??ともかく、評価出来ていない高速巡航はわかりませんが、街乗りなら、ボクスター・ケイマンよりもずっと良いです。
 エンジンは2Lターボで230馬力、370Nmです。馬力は981/982がはるかに勝っています。トルクはNAの981よりはずっと大きく、ターボの982と同程度(982は380Nm)。車重も同程度なので、全力加速すれば伸びは981/982が勝るでしょうが、4WDもあり、中間まではいい勝負でしょうね。と、まあ、ここは数字の話です。実際に乗ってみたら?街中なので全力加速なんて到底出来ませんが、最大370Nmもあるエンジンかなあという感じ。
 モードが
エフィシエンシ
コンフォート
オート
ダイナミック
カスタム
と切り替えられるのですが、ダンパーは固定なので、スロットルやらパワステやらの制御が変わりだけです。ダイナミックにすると排気音が大きくなり、パワステのアシスト量が減り、同じようにアクセルペダルを踏んでもより多くガソリンを噴射するようになるようです。ただ、普通に乗っていると、それほど、速い感じはしません。まあ、ターボですからね。それを言えば、982ケイマンもなんか思ったよりも速く感じませんでした。ボクスターはちゃんと速かったのですけれど。音はなかなか良いです。上手な演出をしています。スポーツカーらしいです。勿論、NAの981と比べればずっと劣ります(好みから外れる)が、ターボの982よりずっと良いです。あれはうるさいだけなので(あくまで私の好みで評価した話です)。
 まあ、ともかく、ターボエンジンは難しいです。アクセルの踏み具合というか過給のかかり方で随分違いますから。所謂、ダウンサイジングターボだと常時過給かかっている感じですが、スポーツカー系だとどれも違います。正直、カタログスペックの最大トルクよりも体感的な速さは感じません。きちんと、アクセルを床まで踏み続ければスペック通りの化け物じみた速さを発揮するのでしょうけれど(でも、982ケイマンはなあ・・・)。もっとも、低馬力な車ばかり乗っていた私も最近、多少大馬力、大トルクに慣れてきたというのもあるかもしれません。
 トランスミッションはVW系の湿式6速DSG。まあ、お馴染みのミッションです。ただ、これ従来はシフトダウン時に空走感が出ることがあったのですが、今回は感じませんでした。ただし、エンジンを上まで回すために一度引っ張ってシフトアップしてアクセル話すと変なエンジンブレーキ感がしました。まあ、これは試乗だけでしか起きないでしょう。普通に走ればそんなことはまずしませんから。
 変な形のステアリングですが、パドルはステアリング側についているのは好みにあっています。ステアフィールは普通です。ステアリングインフォメーションは希薄ですが、まあ、今時の電動パワステとしてはまずまずかな?これに関しては981/982の方が上ですね。まあ、前輪を駆動するしないの差もあるとは思います。ブレーキは少しオーバーサーボ気味。もう少しじんわり効いて欲しいです。それと見た目が寂しいです(苦笑)。BMWもそうなんですが、実際に性能とは別にスポーツカーとして見た時にキャリパーが寂しいです。86ですらオプションで立派なブレンボつけられるのに・・・・。その点は981/982はベースグレードでもなかなか立派なのがついています。
 タイヤのせいかもしれませんが、路面によってはロードノイズがかなり大きく響きました。まあ、スポーツカーなので仕方ありません。でも、981/982よりも響きやすいような??
 見た目は地味なファブリックシートは私にあっていてこれは長時間乗っても疲れなさそうです。腰も圧迫されませんし。ポルシェのシートよりもずっと好きです(合っています)。見た目は地味ですが、やはりファブリックにすべきでしょう。
 ナビは正直使いにくいです。なんかぐるぐる回ってよくわかりません。また、結局、横長なので画面の広さが活かせません。また、私は地図を触って移動させて進行方向の道路や渋滞情報を良く見ているのですが、このナビはタッチパネルではなく、中央のスイッチで操作するやり方でした(BMWやレクサスと同じ)ので場所はここでも良いですが。ただ、画面が結果的に広く感じないことには変わりません。アイデアとしては良いのですが、もう少しパネルを大きくして欲しいです。縦の解像度がもっと欲しいです。いらいらした挙句にポータブルナビつけてしまうかも・・・・。
 それから一般的に見れば、些細な問題でしょうが、ODOとトリップの表示がナビと両立出来ません。見るためには表示を切り替えないといけません。もしかするとどこかで設定できるのかもしれませんが。普段良く見るのでナビと本当に同時に表示出来ないとしたら、私にはこれは致命的な問題です。いくら走行性能が良くてもイライラするでしょう。
 アイドリングストップはついていますが、マニュアルモードだと作動しません。なので、もし、私が買って乗れば、私は運転している限り、アイドリングストップしません(笑)。

 総じて快適性は高いです。高速巡航はやってみないと断言は出来ませんが、雰囲気よさそうです。週末に相方を乗せて出かける車には最適でしょう。981はそれも期待していましたがダメでしたから。ただ、趣味車とすると?うーん、どうかなあ。動力源としては優れているし、音も悪くはありませんが、とはいえ、2000回転でシフトアップして走るような車、です。アクセル踏んで、上までエンジン回して、横Gかけて走りたい、という気分にはなれません。車としては良く出来ていますし、性能も高いとは思います。ですが、Fun to Driveかというと・・・・。まあ、それも実際にやってみないとわからないと言えば分らないですが・・・。981だって街中走っていたら別に楽しい訳ではありませんからね。AWはどこでも楽しいですが。

 戻ってきて営業氏と会話。え?幅が1830もあるの!?う、小さく見えたけど、それは全長だけか・・・。2+2でドアが長いことと合わせて、これは我が家の狭い車庫に入れたら乗り降り出来ないでしょう。ハッチバックならそこからでいるする手もありますが・・とかいっていたら、営業氏がハッチバックですよと開けて見せてくれました。
170411ttrear
えー!そうだっけ!!ボディ剛性感が高かったのでてっきり違うと思っていました。まあ、なら、最悪リアハッチから出入りすることは出来ますね。車庫に入れる前にハッチを開かないといけませんが。幸い、車庫は幅は狭いものの天井は無駄に高いので大丈夫です!

 カタログ見ていたら、装備は意外と充実していないことがわかりました。さすがにポルシェみたいに電動格納ドアミラーがオプションということはありませんが、自動ブレーキなども標準ではついていません。クルコンもなく、必要ならセットオプションのレーダー追従式になってしまいます。バックカメラやバックソナーもついていません。まあ、スポーツカー、だということなのでしょうけど、この値段でそれはちょっと・・・。まるでポルシェ!
 2.0だと589万円!と意外に高いです。1.8は469万円ですから、その差120万円。若干、装備は違うもののエンジン出力の差と4WD化でこの差は大きいです。
 色はメタリックで通常8.5万円とポルシェよりもずっと安いです。ただし、青メタ位しか選べません。黄色はロードスターはいいのですけど、クーペはなんか違う気がします。Audi Exclusiveというのが35万であって、それだとかなり自由に選べるらしいですが。
 クルコンが欲しければアシスタントパッケージ24万円が必要です。これには他に前後パーキングソナー、バックカメラ、ブレーキホールドが含まれます。電気式パーキングブレーキなら、ブレーキホールドは必須ですし、まあ、これはつけないと仕方ないでしょう。
 シートヒーターはオプションで設定されますが、電動スポーツレザーシートとセットで60万もしますからパスです。
 まあ、なので、621.5万。ほぼ718ケイマンのMTと同じ価格です。こちらはベースで装備はさみしいですが。これをどう評価するかは人により異なるでしょう。酷評?したケイマンですが、サーキットやワインディングを本気で走らせるのなら、多分、TTよりも良いとは思います。ただ、日々使って、時々スポーティに走らせる(私だ)のならTTの方が良いようにも思います。

 ナビとメーター、それとステアリングの形状を除けば、気に入りました。記事を読んだ時にはそんな馬鹿なと思いましたが、実際に試乗するとその通りでした。出来たら、1日借りて色々な場所で乗ってみたいと思います。趣味車としてよりも実用車として気に入った、というのが正直なところです。車庫の中には別の楽しめるMT(ほぼ、MR-Sということになるでしょう)を入れて、クーガをTTで置き換えて週末乗る車にしたいです。相方は同意しないでしょうが・・・・。また、その時は安い1.8のFFで十分でしょう。ボディは同じですから。タイヤも厚くなるし(225/50R17)。どういう風に入れ替えるかは別にして、今度は相方を連れて1.8のFFにも試乗させてもらおうかな?マニュアルを見せてもらえば、ナビの画面でODOとトリップを表示させる方法が見つかるかもしれませんし。

 なお、ロードスターはどうか?これは試乗車がないので何とも言えません。987含めてボクスターとケイマンの差を考えるとクーペが良くてもロードスターも同様に良いとは言えないでしょう。ロードスターだと2ドアでドアも狭いし、幌を開けられますから、我が家の狭い車庫でも乗り降り出来るかもしれませんが。ああ、ただ、50km/h以下なら走りながら開け閉め出来ますが(ボクスターと同じ)、リモコンで開け閉め出来ないそうです。珍しく機能装備でポルシェが勝っています(笑)。なので、降りたら開けたままになりそう。まあ、車庫の中なのでその上からかるくシートをかぶせておけば良いかもしれませんが。とはいえ、さすがにオープンならボクスターが勝つかなあ??試乗出来れば一番いいのですが。その時はボクスターで行って同じ試乗コースを走って比較したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガvsCX-5 XD

 相方と出かけた帰りに試乗させてもらってきました。都合により写真ありません。ディーゼルのFF(ファブリックシート)とガソリンの4WD(レザーシート)の2台あり、両方見せてもらいました。タイヤはどちらも同じトーヨーのPROXES R46の225/55R19でした。19インチ!まあ、55なので厚みは相応にありますが。まずはディーゼル(XD Proactive 2WD)から。後席はバックレストが寝すぎています。ただ、少し前に出すことが出来たのでそれならまずまずです。シートの高さはクーガほどではありませんが、一応、前よりは高くなっています。シートそのものはちょっと柔らかく、我が家の好みに合いません。前席に座ってみました。たまたま相方が運転席、私は助手席。HUDのデモのために営業氏がエンジンをかけるように指示。相方はHUDは初体験ですが、良くみえなかったようです。今の車は静かだなあと思っていてふとメーターを横から覗き込んで、タコメーターの5000回転から赤くなっています・・・・あ、これディーゼルだった。へー。CX-3よりもずっと静かです。シートは前席もやはり柔らかすぎる感じがします。運転席は電動ですが、助手席は手動。
 次にレザーシートのガソリン(25S L-Package)。うーん、シートはこっちがいいかなあ。少し後席は滑る気がしますが、前席はレザーの方が良い感じです。こちらは両方電動。メモリーもついています。内装の質感はまずまずですが、CX-3がかなり良くなっていたのと比べるとCX-5は少しさみしいというか、もう少し質感上がっても良いのではないかと思わなくもありません。が、一番安いグレードの価格差を考えるとあまりないのでこんなものかもしれません(エンジンの差はあるものの、CX-5:約246万、CX-3:約238万)。後席のアームレストにはカップフォルダーやらUSBのコネクターなど内蔵されています。テーブルはありませんが、後席に座ってお弁当は食べらえそうです。
 ディーゼルのFFを試乗させてもらいました。運転は私。ポジションはとりあえずOK。視界もSUVですし、良好です。後ろも見えます。残念ながらパドルはありません。電動式パーキングブレーキで、ブレーキホールド機能付き!マツダも導入が進んできました。良いことです。
 あれ?エンジンをかけると今度はさっきよりも明確にディーゼルエンジンが存在感を示す音を立てています。何故だろう?助手席の方が静か?同乗の営業氏に言うと、さっきは表道路に面した場所にとまっていて通る車の音で外がうるさかったからではないかと。なるほど。確かに奥へ一度移動してから乗り込みましたからね。まあ、後は振動かな?ステアリングやペダルなどから若干振動を感じます。
 さて、発進。乗り心地は良好です。敷地から外に出てた際の段差も良い感じです。段差凹凸を乗り越えた時の当たりは柔らかいです。SUVなので動きはやや大きめですが、先代よりはずっと良くなっています。高速巡航はわかりませんが、少なくとも街乗りでは良いです。ボディ剛性感もなかなか良いと思います。相方も乗り心地は良いと高評価です。ああ、試乗した範囲内ではロードノイズも静かでした。
 エンジンは2000回転位まではディーゼルっぽいです。まさか、温まるとうるさいということなんてあるのでしょうか?ただ、アクセルの踏み方によっても結構違い、静かな時もあります。また、2000回転超えるとなかなか良い音がします。低いギヤで引っ張ってみたら5000回転超えて回って、あれ!?リミッターが作動しない!と思ってしまいましたが、良く見ると5000から点線で昔風に言えばイエローゾーンだったようです。高回転でも勢いが衰えず軽快に回るのでつい回してしまいました。(^^;音、フィーリング共に1.5Lのディーゼルと似ています。2000回転位までうるさいのはCX-3と同じですが、クラスの違いか、CX-5の方がましです。巡航なら恐らく平気でしょう。これなら耐えられるかな?
 少し踏んでみると・・・速い速い!何これ!X1よりもずっと速く、X3にも勝っているかもしれません。後でカタログを確認すると最大トルクは420Nmも出ていました。速いはずです。クーガよりも100Nm。X1(18d)よりも90Nmも多く、X3よりも40Nmも大きいです。まあ、2.2Lなので、その点、X1/X3よりも有利ですけれど。

X1 18d:1660kg、150馬力、330Nm:11.1馬力/kg、5.0Nm/kg
X3 20d:1840kg、184馬力、380Nm:10.0馬力/kgv、4.8Nm/kg
クーガ::1670kg、200馬力、320Nm:8.4馬力/kg、5.2Nm/kg
CX-5:(XD:2WD):1620kg、175馬力、420Nm:9.3馬力/kg、3.9Nm/kg

 ブレーキは普通です。積極的にアイドリングストップします。とまると当然静かですが、反面、再始動した時にややうるさく感じます。ブレーキホールドがあるので足を話してもエンジンはかかりません。信号などでとまった時に前に少し近づくと自動ブレーキが警告してくれます。

 とここまで褒めていますが難点もあります。最近気になって仕方ないステアフィールはいまいち。アシスト量がやや多く、軽すぎます。酷い訳ではありませんが。シートが柔らかく合いません。少々腰の裏がいなくなってきました。後は、見た目、特に顔がちょっと。(^^;好みの問題ですけれど。

 グレードオプションによって装備は異なりますが、ステアリングヒーターもつけられます。標準グレードはタイヤが225/65R17で、上のグレードでも17インチに変更出来そうです。なお、19インチだと17インチよりも20kg車重が重いです。17インチにしない理由はありませんね!安くなるし!。普通はProactiveが選ばれるでしょうが、XDの2WDで300万。まあ、装備を考えれば安いでしょう。
 強いて言うのなら、2.2Lなので自動車税が高くなることかなあ。これだけトルク出ているのなら2Lで、380-370Nmのエンジンで十分だったのでは?とも思います。我が家の場合、通常はレザーシートは嫌いですが、CX-5のファブリックシートは柔らかすぎるのでL Packageを選ばざるを得ません。2WDで約330万、4WDで約353万。420Nmという最大トルクを考えると燃費には不利でも4WDを選びたくなりますね。シートに不満が無ければ実際には300万のProactive 2WDでも十分でしょう。
 試乗していませんが、ガソリンエンジンでも悪くはないと思います。2Lだと余裕はないでしょうが、
CX-5:(XD:2WD):1620kg、175馬力、420Nm:9.3馬力/kg、3.9Nm/kg
CX-5:(XD:4WD):1680kg、175馬力、420Nm:9.6馬力/kg、4Nm/kg
CX-5:(20S:2WD):1510kg、155馬力、200Nm:9.7馬力/kg、7.6Nm/kg
CX-5:(25S:2WD):1550kg、190馬力、251Nm:8.2馬力/kg、6.2Nm/kg
なので、そう酷い動力性能ではありません。
 ただ、シートの都合でL Packageが欲しいのでそうなると25Sです。だったら、ディーゼルの方が良いでしょう。価格は25Sの方が安いですが。

 問題は色かなあ。我が家の好きな色が少なく、どちらかというと「高級」っぽいメタリック系が多いです。まあ、デザイン考えたら、明るいオレンジとかグリーンは似合わないのでそれで正解なんでしょうけれど。相方の好みも加味すれば「チタニウムフラッシュマイカ」でほぼ決まりでしょう。「エターナルブルーマイカ」は良い色だと思いますが、CX-5だとちょっと違う気がします。

 さて、クーガと比較してどうでしょう?対象はXD Proactive L-Package(4WD)にしておきます(一番高いの)。最新の安全装備含めて、装備はCX-5が圧勝ですね。ステアリングヒーターまでついていますから。クーガにあってCX-5にないのは後席のテーブルとサイドブレーキ(笑)位。ああ、サンルーフはオプションでつけられますが、クーガのような広いグラスルーフではないですね。まあ、本質的な問題ではありませんが。動力性能は馬力荷重だけはクーガが勝りますが、後はCX-5の勝ち。体感的な動力性能だとトルクの差でぶっちっています。クーガも決して遅い訳ではないのですが。燃費も当然CX-5。乗り心地は同等かなあ。空調は恐らくCX-5の圧勝でしょうね。今回は暑くもなく寒くもない日でしたので実際には試せませんでしたが、国産車ですからね。
 CX-5がクーガに負けているのは後席の快適性。シートそのものの出来と視界はクーガが上です。反面、乗り降りはCX-5の方がやりやすいでしょう。ハンドリングうんぬんは今回の試乗では比較できないので保留します。クーガが圧勝するのはいつものようにいつものごとくステアフィール。
 相方は評価なら総合的に見ればCX-5の勝ちでしょう。長時間乗った時にシートがどうか?という疑問は残りますが。私の方かは?僅差、だと思います。確かにステアフィールはクーガが勝っていますが(もう今の車で勝てる車はないと思います。XD3ですら勝てないのですから。)、それ以外はCX-5優勢です。ただ、イヴォークがそうであったように数時間の連続高速巡航をした時にどうでしょう?シートの不安を覚えます。今回は街乗りだけなら、引き分け、と判定しておきます。その時が来たら平日に高速道路をしばらく走らせてもらう必要はあるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガタイヤ交換完了

 午前中にクーガのタイヤをスタッドレスからサマータイヤに交換しました。だいぶ慣れてきたので準備と後片付け含めて1時間半ちょっとで完了。外したタイヤを見ると溝はたっぷりありますが、内側のブロックに劣化が見られます。
17041601704161
3シーズン目終了ですが、さていつまで使えるかな?来シーズンは問題ないとして、5シーズンはさすがにゴムが劣化して性能が低下しそうです。
 タイヤ交換後、フィエスタのライトを見てもらいに行きました。先に相方に行ってもらって、給油してからクーガで追いかけていったら、ランプユニット(よく知りませんが、バラストというのですね)はテスト用のと交換しても点灯せず、制御回路(バーナーというそうで)の不良と思われるものの部品を取り寄せないといけないそうです。なので、部品が届いたら交換に持って行くことにして一度帰りました。まあ、昼間はまったく不具合はありませんし。ただ、気になるのは時々両方点灯しない原因が何か、です。HIDが両側壊れるとは考え難く、バーナーは左右独立しているということなので、左側が点灯しないことと原因は別にありそうです。こちらは間欠的にしか出ないのでなかなか難しいですが・・・。
 その後、バッテリー充電のためにクーガで出かけました。宮ヶ瀬方面へいったら渋滞。工事でもしているのかと思ったら、オギンパン渋滞。せめて週末は右折での出入りを止めさせて欲しいです。駐車場の中の交通整理ではなく、出入りをちゃんと人に見させてくれないと。(--;
 サマータイヤに交換するとやはり手応えが増えますね。スタッドレスはやはり軽いです。乗り心地は余り変わりません。とはいえ、このタイヤもそろそろなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガ12ヶ月点検騒動とフィエスタ片目

 クーガももうすぐ丸四年終了です。12ヶ月点検のために出かける時に預けて、帰りに引き取るつもり予定にしていました。行こうとしてキーを押しても反応しません。あれ?間違えてフィエスタのをもってきたかな?何せ、見た目がまったく同じです(苦笑)。フィエスタに既に乗っている相方は、先に行っているよと言って行ってしまいました。ああ、間違えたはずはないですね。フィエスタは反応しませんでしたから。電池が切れたかなと思ってスペアキーを持ってきても同じ・・・・あ、バッテリーが上がったんだ(苦笑)。
 クーガの+12Vソケットは常時電気がきています。そこにドラレコをつないでいますが、外していなかったので消耗してしまったようです。仕方ないのでAWで救援。
1704151
普通、クーガでAWを救援だよなあ(笑)。つないでAWのエンジンかけて、しばらく充電しました。10分ほどしてクーガのエンジンをかけたら無事にかかりました。
 ディーラーに預けてフィエスタで出かけました。15時位までに終わっていると都合が良いと伝えて、終わったら電話しますと言われていたのですが、電話がなく、15時過ぎてから電話したら終わっていますと。こういう時がちょっとねえ。前からそうなんだけど・・・。で、相方が二台で行くのはガソリンがもったいない、散歩兼ねて歩いて行くと。まあ、15分かそこらなのでいいのですけど・・・・。
 忙しかったようでしばらく待たされました。で、ようやくやってきて支払い。基本料金25k(税別)とオイル交換(6.5L)合わせて45k(税込み)。意外と高いです。ワイパーが劣化しているので交換すすめられましたが、一つ7k?それはいくらなんでも高すぎないか?これはブレードだけ調達して交換ですね。バッテリーも電圧が低いので交換をと。いや、だから、バッテリー上げて救援したばかりだと言ったじゃない。まあ、そろそろ交換時期ではあるけど、なんだかなあ。とりあえず、見積もりもらって帰りました。
 充電のために走らせないといけないのですが、週末雨が多く、スタッドレスからサマータイヤに交換出来ていなかったので、今日はやめました。これから交換する時間もありませんでしたし。ああ、それを言い忘れたので無駄なタイヤローテーションされてしまいました。次回からタイヤローテーションするなと言わないと。
 帰って、フィエスタで義父のところにでかけました。夜帰ろうとしたら、ライトがつきません。また病気が出ました。オフオンしたらついたのですが、義父が片目だと。相方が降りて確認しましたがやはり左が点灯していません。何度かオフオンしても同じ。とりあえず帰りました。運転席が見ていると普通なんですが・・・・あれ?もしかしてかなり前から片目だった??ちょっとHIDにしては暗いかなあとは思いましたが、左側も照射されているのでてっきりついていると思いました。帰ってきてから見るとやはり片目のまま。
1704152
駄目だ。これはさすがに明日持って行って直してもらわないと。前回のフィエスタの12ヶ月点検の時には再現せず、でしたが・・・。
 うーん、明日は充電かねてクーガで出かけないとなあ。ああ、その前にタイヤを交換しないと・・・。忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがフォード!?

 昼間フィエスタで走っていたら、タコメーターの内側にスパナマークが。
1704082
中央のディスプレイに

 Engine oil change due Service required

 というメッセージが表示されました。

1704081
ふむ、先日、12ヶ月点検でオイルを交換したばかりです。さては、リセット忘れたか?でも、なんか中途半端な距離。11750km位でした。

 念のため持って行って見てもらいました。交換要求が表示されてからでないとリセット出来ないモデルがあるとのこと。で、リセットするようにお願いしましたが、しばらくして、フィエスタの場合、リセットはテスターにつないでプログラムを書き換えないといけないのだけど、副作用でバックモニターのガイド線が消える事象が複数報告されているとのこと。で、どうしますかと。まあ、無視ですね(苦笑)。そのうちバグも治るでしょう。実害はないことはわかったのでそのまま放置することにしました。しかし、なんだかなあ、こういうところはフォード(苦笑)。
 ついでクーガの12ヶ月点検も予約してきました。あ、その前にいい加減スタッドレスからノーマルタイヤに戻さないと。でも、週末雨ばかりで作業出来ていないのですよねえ。桜もせっかく咲いているのにまた雨。本当に残念。これだとピー三郎のお花見ドライブは今年はないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白爺12ヶ月点検やっと完了

 足かけ三ヶ月にわたった(苦笑)点検がやっと完了しました。ただ、色々問題が・・・。まず、余りに距離が出ていなかったのでオイル交換は今回見送りと伝えていたのに始めてから、気がついて、交換してしまったのですがと言われてしまいました。まあ、別に害はないのでそれはそれで仕方ありません。
 前回転院させる時になにやら室内で臭いがするようになっていて、今回それを伝えて消臭をやってもらいましたが、終わって帰ろうと走り出したらもう同じ臭いがして効果ありませんでした。
 更に走っているとオイル臭いです・・・あ、垂らしたな。白煙上がっています(苦笑)。まあ、これはもうしばらくほっとくしかないですね。少し遠回りして帰りました。
 しかし、この臭い。MR-Sと同じような。てっきり、元オーナーのところでついた臭いが消臭効果が薄れて出てきたと思いましたが、ディーラーでついた臭いだった可能性があります。整備中に何かがついてその臭いが私にとってとても嫌な臭いなんでしょう。さて、臭いどうするかなあ??とりあえず自分でやってみるか。後は、再度、ディーラーに行って臭いの元を探させてもらうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧