クルマ

やっぱりロータスが!?

 またまたころっと言うことを変えてしまいますが(笑)。色々な理由により、FXをFXらしく走らせることが出来るのは概ね後4年です。それですぱっと車趣味が終わりという訳ではありませんが、今と同じ乗り方が出来るのはそれ位だと考えられます。
 エリーゼ系に乗れるのは今度が最後のチャンスでしょうから、やはりロータスを選びたいです。ロードスターやトゥインゴGTなどは、その後でも乗れます。トゥインゴGTはいつまで日本で販売されるかはわかりませんが、ロードスターは多分、まだNDが売られていると思います。その時はRFが最良かもしれません。RSではなく、VSで。

 05の111Rを見てきました。気になる点がいくつかあり見送りました。最大の問題はやはりブレーキペダルの感触。私にやはりこれは合いません。運転し悪い車は長続きしないので、せっかくの2ZZ NAのエリーゼですが、断念しました。ついでにS3の2ZZ SCも見てきました。こちらの方が05の111Rよりも良かったです。もちろん、SCさえ忘れれば、ですが。色も青系で好みですし。スポーツパックがついているので硬めの脚です。それが良い方向にでるか悪い方向に出るかは乗ってみないとわかりません。ただ、コスト的にはエキシージを若干ですが上回ります。うーん、S3とはいえ、中身はS2のSCとほぼ同じですからね。だったら、より安くなるS2のSCでも良いような気もします。もちろん、年式が新しいというのはあるのですが、何せエリーゼなので、単なる年式だけでよしあしは判断できません。乗られ方、保管や整備状況の方に大きく影響されます。無論、S3の2ZZ SCの状態が悪いということではありませんが、価格差がかなりありますので悩みます。

 結局、エリーゼ系だと
本命:エキシージ 2ZZ NA
対抗:S2 18K
大穴:S2 2ZZ SC
この三択です。ただし、いずれも純粋お山の戦闘機なので、快適性は捨てる必要がありますし、そうなると981との比較で優位性があるのは、楽しさ(特に回せる)点だけです。街中の乗り心地では981に勝りますが、高速巡航は段差乗り越えでいつものように、ガシャン、ガシャンと言うのはどれも同じでしょう。981は、ドタン、バタンですが。

 快適性をとればエヴォーラという手があるのですが、ドラポジが合わないこと、以前試乗した際に乗り心地が好みと違ったこと、それから幅が広くて2+2なのでドアがながく、我が家の狭い車庫では乗り降りが厳しいことから難しいです。V6エキシージ?乗り心地は良いかもしれませんが、速過ぎて踏めません。それなら981で良いです。

 ただし、コスト、というのも考慮すべきでしょう。981に乗り続けたとして、今後4年間(981で車検2回分)に想定されるコストよりも、大幅に低ければ(買い替え時のコストも含んで)、コスト重視でエリーゼという考え方です。
 エリーゼ系の今後4年間のコストは、車検のタイミングを除けば、大差ありません。エキシージはラジエータが未交換なので今後4年でほぼ間違いなく漏れるでしょう。

本命:エキシージ 2ZZ NA
 車検1回(車検切れなので購入金額に1回分含まれる)、点検2回、ラジエーター交換

対抗:S2 18K
 車検2回、点検1回、タイヤ交換1回(溝はあるが古いので購入直後に要交換)

大穴:S2 2ZZ SC
 車検1回(車検切れなので購入金額に1回分含まれる)、点検2回、タイヤ交換1回(2年目以降に恐らく要交換)

です。エキシージ以外はラジエーターは交換済みなのでとりあえず考えなくて良いはずです。反面、エキシージはタイヤはまだ新しく持ちそうです。それに加えて、いずれも足回りのリフレッシュが必要になるかもしれませんが、これはしばらく乗ってみないとわかりません。

 981は
 車検2回、点検1回、タイヤ交換2回、フロントブレーキパッド交換1回
は最低必要です。もしかするとパッド交換は前が2回、後ろが1回かもしれません。その場合、前はディスクも交換必要になるかもしれません。まあ、4年目で終わりとすれば、なんとかタイヤとブレーキパッドは1回ずつで持ちこたえるかもしれませんが。ただし、981には空気圧センサーという地雷がうまっています。これが結構高そうです。

 また、車検点検には油脂類の交換も含まれますが、オイルの使用量の違いも含めて、981がかなり高いです。

 購入金額も考えると、大雑把な推定ですが、とりあえず足回りのリフレッシュは別にして、981のコストと比べると

本命:エキシージ 2ZZ NA  -40万
対抗:S2 18K              -200万
大穴:S2 2ZZ SC        -90万

位の差があります。一応、エキシージでも981に乗り続けるよりは安い計算にはなっています。ただし、途中でリフレッシュしたら内容にもよりますが、その差はかなり減るでしょう。
 コストで優位に立つのはやはり18K。軽いし、安いし、動力性能そのものは十分だし、S2 18Kが一番良さそうですが・・・問題はやはりまわらないこと。8000回転回せる車とそうでない車。どちらを選ぶべきかは明白です。それとローバーエンジンには「壊す」リスクが。確かに維持費含めてコストは一番安いのですが、壊したら一発でアウトです。

 後は4年後どうするか?です。お山にいかなくなったとして、エリーゼから乗り換えないといけない、という訳ではありませんが、さすがにエキシージでは厳しいでしょう。オープンカーですらありませんから。完全にいつもの宝の持ち腐れ状態になって手放すでしょうね。エリーゼ、特に18Kならその後でも乗って辛くならない限りはまだ付き合えるかもしれません。2ZZ SCは、多分、やはり宝の持ち腐れだと思うでしょうね。

 エリーゼ系は3台のじゃんけん状態

 エキシージ:エンジン回せるが、速さ過剰、後ろが見えない、オープンに出来ない、相対的に高い
 S2 18K:オープンに出来る、軽い、相対的に安いが、エンジン回せない、壊すかもしれない
 S2 2ZZ SC:オープンに出来る、エンジン回せるが、やはり速さ過剰、SCとエアバッグが余計

  オープンに出来ない、エンジン回らない、SCとエアバッグが余計。それぞれ問題点があり、この三台の中でどれか選ぼうとしても選び切れません。
 どれに一番乗ってみたいかといわれると、軽いS2 18Kです。ただ、壊すかもしれないというのとやはり回せないのが嫌になりそうで、踏み切れません。
 エキシージはまあ体力させもてば実際には問題はないのでしょうし、これも乗ってみたいとは思います。エリーゼRとの違いには今日もがあります。
 弱点が少ないのは2ZZ SCですが、NAじゃないというのが・・・。 それにこの中で言えば、無難、であって、積極的にそれが良いという訳ではないのですよね。

 うーん、やはり06か07でエアバッグ無しRの出物が出ない限り、エリーゼには踏み切れないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お山専用で無い場合

 朝令暮改ではないですが、FXはお山の軽戦闘機として検討していると述べたばかりですが、果たして本当にそれで良いのでしょうか?そもそも111Rがお山の戦闘機としてしか使えず(三ケ日まで相方を乗せて往復したこともあるけれど)、体がついていけず、お手軽オープンカーのつもりで、ZZWを買ったら、結局、お山の戦闘機になってしまい、NAエンジン最後というのもあるにはありましたが、快適性も求めて981ボクスターにしたら、これまたお山の戦闘機になってしまいました。ZZWも981も街中・高速巡航時の乗り心地が悪いせいで、お山の戦闘機にしか使えなかった訳ですが、本来はFXは快適性も備えていてしかるべきです。少なくとも普通に相方も乗れる車であるべきでしょう。
 もちろん、パワーがあって重いとお山で消耗するので困るのですが、快適性が981を上回り、消耗が同等以下であれば、検討すべきではないかと思い直しました。
 NAエンジンは候補は少ないので、過給器も受け入れることにします。基本条件はFXと同じですが、以下を追加します。

1.良好な街中での乗り心地
2.高速巡航に適している
3.2人分の小旅行の荷物が積める
4.真夏や真冬でも十分な空調性能を有する、出来たらシートヒーターやベンチレーションを備えること
5.普通に音楽が聴ける

 981は3,4,5は問題ありませんが、1はかなり悪く、2もいまいちです。981を買うときにケイマンにしておけばよかったのですが、やはりオープンがすきですし、お花見車としての仕事もあるので仕方ありません。上記5点で総合的に見て981よりも優れている車はあるでしょうか?候補を考えて見ます。

・718ケイマン
 981の乗り心地を改善するとなれば、981のケイマンやPASM付の981という選択肢もありますが、タマがありません。右MTでGooなどを見るとほとんどがGT4やGTSやら凄いのばかりで普通の981ケイマンの右MTは見つかりません。ベースモデルのMTって、余り買う人いないのかも?
  であれば、718を選ばざるを得ないでしょう。コストは嵩みますが、乗り心地は大幅に改善されます(そのはずです)。ボクスターでも981よりはましかもしれませんが、安全策でケイマンにします。
 もちろん、爆音マフラーが問題です。サイドブレーキはありませんが、ブレーキホールドがついたのでかなりましです。新車で買うのならシートベンチレーションも選べます。最大の問題はコスト。981よりもかなり高くなってしまいます(ベースの価格が上がっているので)。

・M2
 街中での乗り心地は718に劣る場合もあるとは思います。高速巡航は不明です。2+2でトランクもあるので荷物は問題ありません。シートベンチレーションはありませんが、ヒーターはありますし、まあ、空調は大丈夫でしょう。もちろん、オーディオも。
 そしてあの色!あのブルーは良いですね。色だけで欲しくなります。

 問題はエンジンが回らないことですが、音はさすが直6でなかなか良くて、718に圧勝します。981と比べると・・・?うーん、981の方が良いかなあ。まあ、音質が違うので一概には言えませんが。パワートルクは718すらぶっちぎりますし、19インチでタイヤ高そう。車も重いのでブレーキパッドも減りますね。
 コストはこれまた嵩みますが、ポルシェと違って、基本全部乗っているので総額で見ると718よりも安いかも?「安い」といってもあくまで相対的な話で、絶対的には高いですが(苦笑)。ただし、中古はポルシェよりも安いので、コストを考えれば中古という選択肢もあります。色さえあの色ならば。

 なお、M240iにすればだいぶ安くはなりますが、きがついたら700万弱にまで寝あがっているので中途半端に思います。昔の235みたいに500万円台だったらまだ選び理由もありますが。エンジンはM2の方がまだ回りますしね。

・M3:E46
 いつも候補になりつつも一度も我が家にやってきたことのないE46のM3ももちろん、候補です。エンジンは最高!981もぶっちぎります。これを超えるのは4AGだけでしょう。ただし、重たいし、NAとはいえパワーはあるし、もうかなり古いしで、お山車として使うとコストが嵩みそうです。出物があれば、購入するだけなら、981の下取りでおつりがきますが。
 ただ、短い期間でも良いから一度乗りたい車であるのは確かです。過去の試乗経験から言えば、乗り心地は問題ないはずです。空調は・・・・夏がちょっと不安かな?まあ、エリーゼ系よりははるかにましですが。ほかは条件を満たすはずです。
 問題はやはり程度の良い出物があるか、ですね。何せもう重量税が割り増しされるクルマばかりですから。

・NRA
 試乗するのは困難ですので、あくまで、ベースからの想像です。ベースモデルは路面によって981に勝ったり負けたりします。総合的にみて乗り心地は街中は981に負けることはないでしょう。高速巡航はなんとも言えません。シートヒーターやベンチレーションはありませんが、国産車です。エアコンはちゃんと効きます。夏は寒い位に効きます(笑)。レザーシートじゃないのでベンチレーションは多分要りません。NRAといってもオーディオは普通についていますし、トランクは小さめですが、なんとか容量は足りるでしょう。どちらかといえば、室内に荷物などを置く空間が少ないことが問題かもしれません。
 お山クルマとしての性能は必要にして十分ですし、軽量でパワーもないので、コストは低いです。

・RF RS
 NRAと乗り心地はどちらが良いかは、実際に乗り比べないとわかりませんが、981との比較だと路面によります。大きな入力を受けた時はRF、小さい入力が連続する時は981が勝ります。高速巡航はわかりません。ベースモデルよりも良さそうな気がしますが、実際に乗ってみないとなんとも。シートヒーターはついていますので、NRAよりは総合的に見て上です。
 お山クルマとしては、NRAよりは消耗するでしょうが、まあ、300馬力だなんだというのを比べれば誤差の範囲内でしょう。相方は気に入っていますし、格好はNRAよりも好きです。

・トゥインゴGT
 街中なら乗り心地は981よりもずっと良いです。高速巡航も良いのではと期待しますが、成り立ちを考えると微妙。シートヒーターはあります。981に負けているのはシートベンチレーションがないことだけでしょう。レザーシートじゃないので多分要りません。小回りは出来ますし、街中性能なら飛びぬけて優れています。荷物室は小さめですが、何、BMWを除けばほかも小さいです。更に2+2ではないので、人だって普通に積めます(笑)。
 お山クルマとしては、消耗度合いはNRA並み。もしかするとタイヤの消耗は激しいかもしれませんし、このサイズで17インチでかつ専用タイヤしかないのでNRAよりはコストはかかるかもしれません。 購入コストは一番低いですから、まあ、総合的に見れば、コストは一番低いでしょう。

 残念ながら快適性を求めるとロータスはほぼ全滅です。待ち乗りだけならエリーゼは981よりも優れていることがあるのですが、高速巡航は一長一短。更に音やら空調やら荷物搭載力やら考えると総合的には勝負になりません。エヴォーラはましだと思いますが、車庫に入りません(2+2が基本なのでドアが長すぎて乗り降りできない)。ああ、S660はModuloXなら改善はされそうですが、とても高速巡航で快適な車とはいえそうにありません。荷物も積めません。

  2ペダルを受け入れれば、TTやアルピーヌも候補に入ってきますが、さすがにそれらはお山車としての適性に欠けるので今回は含めません。

 うーん、余り変わらないですね。ロータスの代わりに718が入ってきたくらい。出物があれば981ケイマンも、ですが、ボクスターからケイマンだと987の時と同じだ(苦笑)。コストも考えると結局、
 本命:ロードスターRF RS
 対抗:ロードスター NRA
 大穴:トゥインゴGT
でしょうか。718はやはり高すぎます。そうするとロータスはあきらめて、NDのどちらかが無難でしょう。とはいえ、乗り心地の勝負も微妙。NRAは試乗車がないからギャンブルと言えばギャンブル。RFは音が問題ですが、試乗車はそろそろ入ってくるかなあ??評論家先生のレビューだと低音重視になっていて前の方が音が良かったというのも見かけましたが・・・。

 うーん、総合的に見たら981が逃げ切ってしまうかも?981ケイマンの出物があれば、乗り心地はそっちが上かなあ?でも、オープンに出来るメリットはありますね。それも「快適性」の一部でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FX計画

 最近書いていた981後継計画についてのまとめです。

 従来はAWが主力戦闘機であり、他はすべて支援戦闘機だと言っていましたが、AWは現役引退したので(予備役として時々応集して走っていますが)、次期主力戦闘機選定計画です。繰り返し述べているように981は、お山車として使うにはパワーがあり過ぎてかつ重たく、ブレーキとタイヤの消耗が激しくコストがかかり過ぎます。乗り心地が悪いとかサイドブレーキがないとかギヤ比があわないとかそういう問題もありますが。なので、車検を通すのか乗り換えるのかをそろそろまじめに検討しなければなりません。

 乗り換える場合、候補はそう多くはありません。まず大前提は981よりもパワーがなく、軽い車です。そうでなければ乗り換える意味がありません。そのまま981を乗り続ける方が良いです。なので、一度は乗ってみたいE46のM3は対象になりませんし、ターボを受け入れてもM2も駄目です。乗り心地改善なら981ケイマンという手もありますがこれも駄目(エンジンには魅力を感じますが)。お金があってもGT4も当然無理ですし、718も候補から外れます。ただ、ケイマンにはいまだ惹かれるものはあります。981は上がボクスターよりも伸びるはずですし、乗り心地も良いはずです。また、718も乗り心地は良いはずですし(今度はPASMをつける)、相方受けもします。問題は音ですが・・・・・。ただ、車検とって乗り続けるのと比較して追加コストがどれであれ多いというのは厳しいです。

 その上で、右MT、高回転型NAエンジンで、前輪を駆動せず、出来たらMRという、大きくなく車庫に入り、サイドブレーキがあって、出来たらオープンといういつもの条件を考えると先日も述べたように今新車で購入出来る車の中で最適なのはNDです。どのグレードにするかという悩みはありますが、マイナーチェンジで7500まで回せるようになったRFにも惹かれますが、総合的に見れば1.5Lの幌モデルが最適です。オープンですし、エリーゼなどと違って相方も乗れます。

 対抗は本来は86/BRZですが、エンジン音が好みに合わないのと乗り心地がいまいち。2+2の2ドアでドアが長いのでこれ無理です。86GRは乗り心地は良さそうですけれど・・・でも、あのエンジンはやはり無理。高回転型NAエンジンで現実的に買える価格・大きさの車は他にありませんから。先日と同じようなことを繰り返し述べることになってしまいますが、セブン系はエンジンが高回転まで回せません(凄いのは別にして)し、操縦特性が余りに違って無理です。無論、S1のエリーゼと比べてどっちがましだ?という快適性の問題もあります。ZENOSは更に快適性に欠け、ヒーターすらありません。また、アイドリングの振動に耐えられません。エンジンも7000位でおしまいですね。あの乗り心地は素晴らしいのですけれど。
 そもそもは前輪を駆動しないMTの高回転型NAエンジンの車は「981よりもパワーがなく、軽い車」という前提を外しても他にほとんどありません。Z34がNA+MTでFRですが、NISMOでないと高回転まで回るとは言いがたいです。そのNISMOは高いし、Z34は大きくて重たいのは981以上。まあ、コストはある程度安いでしょうが意味がないですね。だったら981のまま頑張った方が良いでしょう。
 それ以外は思いつきません。買えないけどランボルギーニもいまや4WDですし、フェラーリもターボ。そして、MTがありません。R8のRWDは限定車扱いででましたがMTはなし。世界中探せば、ベーシックな(実用車)NAのFRが新車で売られている国があるかもしれませんけれど。
 FF/4WDを受けいれれば、高回転型NAエンジン+MTの車の選択肢が増えるのか?増えません。前輪を駆動するNAの高回転型エンジンの車はまったく見当たりません。それらのスポーツモデルは過給器付です。もう高回転型NAエンジンは絶滅危惧種になってしまっています。Z34のNISOMも含めて7500回転位回せるMTのスポーツカーが3種(RFを別車と数えれば4種)ある日本は実はとても恵まれています。FFの方が先に死滅していました(苦笑)。今、KA20、B18やB16のFF車に乗っている人はもう車を乗り換えられませんね(とっくの昔にその状態でしょうが)。

 そうするとターボやSCと言った過給器を受け入れたり、高回転まで回ることを捨てる他ありません。その場合、前日の試乗以来気になっているトゥインゴGT。各ギアの守備速度が低いこととややエンジンのレスポンスが悪いことを除けば不満ありません。それとS660。乗り心地が問題ですが、3000kmくらい走りるとよくなってくるという話もありますし、タイヤを変える手もあるでしょう。余り回しても意味がないという話はありますが、一応7700回転まで回せます。また、先日マイナーチェンジして、ModuloXというのが登場しました。足回りが変わっており、またS660の弱点と聞くフロントブレーキも強化されています。エンジンは変わらないようですが。
 エリーゼ スポーツ220も候補に入ってきますし、スポーツIの在庫も少しまだあります。ただ、これらは値段がね。条件を我慢して更に値段が高いというのはちょっと。スポーツ220が高回転まで回せるのなら高くても頑張って買おうと思いますが。
 ターボ+前輪駆動を受け入れたとしたら?そうすれば一応候補は増えます。国産勢でもスイスポがありますし、ヴィッツGRMNも981よりは軽いです。VW系にはMTが残っています。ただ、981よりも軽い車という条件があるので、まだ未導入のポロGTi以下でないと駄目でしょう。ポロGTiも2Lターボですし、軽さを優先すればUp GTi位かも。S1は決して軽くはありません。MT条件だと後は208GTiやミニ位です。意外とないんですよね。それにこれらならトゥインゴGTの方が良いでしょう。どれもトゥインゴGTには総合的に見て負けます。

 中古車だと選択肢は一気に広がりますが、役割を考えると余り古い車は選べません。という訳でいつものように実質的には2ZZ-GE搭載のエリーゼ系(エキシージ含む)が中心です。既に検討したようにそれ以外だと1ZZかKが候補です。MR-S(ZZW)は7000回転までなのと程度が良さそうなものは値段が以前よりも上がっていて割高です。フィエスタのおかげでFFでも楽しめることは一応分かりましたが、ルーテシアRS(先代)位しか候補はなく、だったら、NDの方が良いではないかと思います。

 結局、本命ND、対抗エリーゼ系、大穴トゥインゴGTとS660 ModuloXです。大穴の二台が大穴なのはどちらもターボだからです。趣味車でターボに踏み切れるか。エリーゼ系はまたそれかい!ですし、そして、きっとまた体がついていかなくなって手放す未来が見えます(苦笑)。とはいえ、体力的には今が最後の機会でもあります。NDならもっと歳を取ってからも乗れますし、お山にいかなくなっても普通に乗れることでしょう。

 コストを考えるとNDとトゥインゴGT、ModuloX、Kや1ZZのエリーゼならは下取りでおつりがきますが、2ZZのエリーゼ系だとある程度追加金額が必要になってきます。

 NDはどれを選ぶかというとこれが悩ましいです。エンジンが変わるのでRFが候補に入ってきてしまいましたから。まず幌から絞込みます。RSは除外します。乗り心地が悪かったですし、RSのレカロシートは座面が標準のシートよりも高くいまいちです。相方は好きですが。S Leather Packageも除外します。レザーシートならベンチレーション欲しいですし、あえて選ぶ理由がありません。SかS SpecialPackage(長いので以降SSPと略します)か、NR-Aのいずれかですが、試乗車で比較すればSの方がSSPよりも良かったのですが、オートライトがありません。それとお山でSSPを走らせた時の感じからするとSだと更に動きが大きいかもしれません。それはそれで良い場合もありますが、高速巡航の乗り心地も気になります。ただ、唯一の車重990kgというのは魅力です。値段も一番安いですしね。SSPは無難は無難ですが。で、今回は従来と違って、最初からお山車選びなので(従来はお山にもいけるし、普段も乗れる車として選んだはずが、結果的にお山専用になっていた)、それを考えれば、やはりNR-Aが最有力です。サイドエアバッグがないのでシート交換はやりやすいですし、乗り心地は一番良いことが期待出来ます。フロントブレーキディスクが大きいの魅力です。パワーは無いとは言え、下りではブレーキは相応に酷使されます。色々考えるとやはりNR-Aでしょう。マイナーチェンジでオートライトもつきました。
 RFはほ幌と同じ理由でVSは除外したいところですが・・・車の本来の性格から言えば、VSが最適なのかもしれません。ただ、まあ、やはりお山車なのでVSはなしでしょう。NR-Aは存在しないので、標準かRSかですが・・・やはりブレンボが欲しいです。普通、こういう「名前」にはひかれないのですが、RFは実際、フィーリングが良かったです。幌ではブレンボは選べません。ですから、RFを選ぶのなら、ブレンボを選びたいです。なので、RFならRSです。

 エリーゼ系はどの個体を選ぶかによっても違いますが、今のところ現実的に見えているのは以下です。

・S2 エキシージ:2ZZ-GE NA
・S2 エリーゼ:2ZZ-GE NA
・S2 エリーゼ:2ZZ-GE SC
・S3 エリーゼ:2ZZ-GE SC
・S2 エリーゼ:18K

 S2 2ZZ-GE NAは、以前、我が家にいたのと同じです。ぐるっと回って元に戻ることになってしまいます(苦笑)。これまで、S1、S2と乗ったので、次はS3、と行きたいのですが、
・エアバッグがついている
・過去、S3は試乗した車はどれもステアフィールに違和感を覚えた(程度の差は別にして)
・S3の2ZZ-GE NAはタマが少ない
ということもあり、S2になる可能性が高いですSC付だと何故か、S3で2台出物がありますが、S2のSC含めて、SCは、ね。要らないものがついていて高くなるという問題があります。2ZZならNAでも十分過ぎる位速いですから。

 条件で選べば、NAでかつエアバッグがないエキシージでほぼ決まりですが、出来たらオープンにしたいというのと、エキシージは後ろが良く見えないという難点があります。NA+エアバッグ無しを重視するか、オープン+後方視界を重視するか。極めて悩ましいです。S2でエアバッグつきを選ぶなら、S1/S2と乗ったのでS3にしてみるのも良いかと思いますが、まあ、2ZZだとS3とっても顔の違うS2に等しいですが(苦笑)。
 また、S2エキシージとS3エリーゼ(SC)だと追加費用が実は981の次回の車検費用と同じかもう少し必要です。S2のSCは少し安いのでそこまで追加費用はかからないでしょう。NAならおつりがもらえます。

 Kは軽さと導入コスト(後からお金かかるかもしれないけれど、それは2ZZも同じ)が魅力です。回らないのは気になりますが、1ZZと違って、本当に回らないのと、2速6000回転で100kmくらいのギヤ比率なので、1ZZのように上まで回す必要はないので結果的には問題ないかもしれません。が、やはり短期間で嫌になるかもしれません。それとやはり信頼性が・・・・。ノーマルで6000回転程度までしか回さなければ大丈夫だとは思いますが、やはりトヨタエンジンほど気軽に踏めません。また、もし、壊した時に色々と面倒です。それでもS1に近い軽さは魅力です。S2の2ZZでも、Gをかけるとエンジンの重さが気になりましたから。

 うーん、今、見えている出物で言えば、やはり2ZZのエキシージか、最近浮上してきたS2のKのどちらかでしょう。

  トゥインゴGTは試乗だと楽しかったですが、まじめに走ったらあのギヤ比ではいらいらして嫌になるかもしれません。シミュレーションのためにフィエスタで走った時にはそうでした。それとターボ、ターボ。更にフィエスタとキャラがかなりかぶっています。MTとDCT、MRとFFの違いはありますが、かなり似た車です。相方号のフィエスタがいるのに似た車をMTだからといって趣味車に選ぶのか?ちょっと違う気がします。反面、運転して楽しいのも事実です。
 S660はModuloXに試乗出来ないと乗り心地がなんともいえませんが、それさえ改善されればありえます。まあ、小さいエリーゼみたいな車なのとD型のステアリング、それとアジャイルハンドリングだっけ?が好みにあうかが気になりますが。後、エリーゼよりも荷物が積めないのも(苦笑)。

 以上を踏まえると選択肢は

1.NR-A
2.RF RS
3.中古のS2 エキシージ:2ZZ-GE NA
5.中古のS2 エリーゼ:2ZZ-GE NA
4.中古のS2 エリーゼ:K
5.トゥインゴGT
6.S660 ModuloX
7.ボクスターの車検を今回は通す

 エキシージは車検切れなので、次回の車検までの2年間のコストはどれだけリフレッシュが必要になるか次第です。タイヤはまだ新しいのですが、RE71Rなんてのがついているので出来たらもう少し大人しいのに交換したいです。後、まさかのオリジナルラジエーターだったのでそう遠くない未来に交換は必要でしょう。足回りはそう遠くない将来に一式リフレッシュが必要なると思われます。まあ、コストを抑えようと思えば、RE71Rを我慢すれば、ラジエーターさえ元気なら当座は追加必要はかかりません。
 エリーゼのS2 2ZZ-GE NAは、候補にしている出物は111Rなので、ブレーキが気になります。電制スロットルでないのは、フィーリング的には良いかもしれませんが。

 S2のKは、ラジエーターは交換済みでした。タイヤはなんとオリジナルのままだったので交換必須。もっともひび割れたりはしていないので、乗ろうと思えば当分乗れますが。そこがエリーゼの恐ろしいところ(苦笑)。車検は来年ですが、購入してからの2年間(981を車検通すとして、その次の車検までの間)のコストはそれなりにかかりますが、リフレッシュしなければ、981よりも大幅に安いです。足回りのリフレッシュは年式的には必要ですが、それは乗ってからかなあ?

 981の車検などはディーラーで全部やればえらいことになりますが、消耗品の交換は専門店に依頼すればある程度費用は抑えられます。極端に言えば、ディーラーには24ヶ月点検と車検を通すことだけ依頼する手もあります。それなら総額は相応に抑えられます(とはいえ、半分になったりしませんが)。その後はそろそろコード更新も余りなくなるでしょうから、12ヶ月点検含めて専門店に依頼する手もあります。普通はディーラーが一番安心できるのですがが、あそこのサービスはコストのわりに信頼出来ないので・・・。まあ、車検も別のディーラーに依頼すべきかもしれません。整備は信頼第一です。
 タイヤも今と同じ認証タイヤに交換するとかなり高価ですが、サイズがあるタイヤをネット通販で買ってそこらで交換すればコストは抑えられます。ただ、265/45R18というリアタイヤは選択肢がほとんどありませんでした(苦笑)。唯一前後を同じ銘柄でそろえられそうなのはADVAN SPORTだけでした。

 もう一つ出来たら次の車検は2019年か21年であって欲しいです。というのは今は遇数年数年(今年です)に車検を迎える車がAW、クーガ、981と3台あるので、出来たら、一台は奇数年にしたいです。新車なら2021年になりますし、中古車も可能なら来年まで車検が残っている方がうれしいです。S2のKだと車検の年がずれるので今後助かります。

 候補の内、中古車はもたもたしていると売れてしまう可能性がありますが、新車は車検ぎりぎりまで選択を遅らせることも出来ます。そうすればマイナーチェンジ後のRFの試乗することも出来るでしょう。やはり、RFの改良型エンジンを実際に試してみてから最終的な決断を下すことになるかなあ?でも、それまでにタイヤとブレーキが持つかしら(苦笑)。タイヤとブレーキパッド交換してしまったら自動的に今回は車検を通ることになりますね!そういうオチあるかもしれません。981の不満は延々言い続けていますが、987の時と違って致命的ではありませんし、エンジンそのものは気に入っていますからね。もう2年981というのはありえる話です。

 ふむ、人間とは面白いものです。先日、ボクスターでお山に行った時にはもう駄目だ、乗り換えるぞ!と思ったのに色々検討していたら車検費用がえらい見積もりになったにもかかわらず、車検を通すことも再び考え出しています。やはりエンジンの魅力かな。エンジンだけ見て、購入可能な車の中であれを越えられそうなのは、4AGは別にすると、E46のS54位しかおもいつきません。マセラッティのV8も音は良いですが、高回転まで回すエンジンではないし、ホンダのVTEC系も音は私の好みからいうと少し違う(B18C 96SpecRはなかなか良い音ですが)。E46のM3じゃ、981よりも更に重くパワーがあって前提から外れますし、もう良い出物はほとんどありません。それは当然の話で、だから、頑張って981を買ったのですから。
 それが最良とは言えませんが、後2年と考えて、極力コストを抑えて車検を通すというのも有力な案だと思えてきました。NR-AやRF、トゥインゴGTはその時でも十分間に合います。エリーゼ系は今度、どんどん古くなっていきますから、もう一度乗るなら今だという気持ちもあります。S660も体力が衰えると厳しいかもしれません。

 さて、どうなる?突然、111S(S1)の出物があり、乱入してきたりして(笑)。昼間しかはしれないので年の半も乗れませんが、やはり再度乗りたい車です。ちなみに古いとはいえ、ビートも条件を満たしますが、万一ビートを買ったらそれこそ手放せなくなり、趣味車が死ぬまで変わらないかもしれません(笑)。まあ、ビートだとFXにはやはりならないか。そこまでもう無理はさせられないでしょうから。でも、ビートもいいよなあ。NSXは981と似た車なので対象外です。一度乗ってみたい気もしますが、値段がやたら高いですし、それなら981で良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに勝った!

 ようやく、ほんとうにようやくトヨタがルマン24時間レースで勝てましたね。
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1128036.html
ライバル不在とか、楽勝だったという声もあるとは思いますが、ルマンでは楽勝はありえないでしょう。確かに競い合っての勝利ではないでしょう。それでも、走りきって勝利を収めるのがこれほど難しいレースはありません。最終ラップの映像を見ても他クラスの遅い車をぬって走っています。それらのどれかに何かが起きたら接触する恐れもあります。そうなると完走出来なくなることもあるのです。
 おめでとう、トヨタ!そして来年はライバルとの真っ向対決を制してくれることを期待します。

 と喜んだ翌日、大阪で震度6弱の地震。うーん、犠牲者も・・・。通勤通学の時間帯だったので大きな影響があり、大変なことに。幸い、私の親戚・知人がいる地域は大きな被害はなかったようですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NDマイナーチェンジ

 随分間が開いてしまいました。色々あってまた沈んでいました。ようやく少し回復してきて久しぶりに書き込みます。

 さて、NDのマイナーチェンジが発表されました。
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201806/180607a.html

 前回ぼやかして書いていましたが最大の変更点はRFのエンジンです。従来の116kW=158馬力/6000回転、200Nm/4600回転から、135kW=184馬力/7000回転、205Nm/4000回転と大幅に性能が向上しています。最高出力発生回転数が1000回転上がったのに最大トルク発生回転数が600回転下がっています。なんでしょう、これ?NAですよ。マイナーチェンジでやる変更じゃないでしょう。そしてなにより、そしてレブリミットが6800回転から7500回転!に上がっています。ということは1.5Lと同じです。マイナーチェンジ前のRFオーナーはぶち切れているのでは、この変更は(苦笑)。
 メーカーの発表では「エンジンサウンドは、高性能エンジンにふさわしい音質を目指し、駆動系からのノイズを排除した上で、サイレンサー内部構造を全て見直し低回転から高回転までリニアで伸び感のある力強い音色を造り込みました。また市街地走行では、アクセル操作に連動するサウンドのフィードバックがより強めに感じられ、車両との一体感を楽しめます。」だそうですから、音も期待出来ます。1.5Lエンジン並の音が期待出来ます。

 その1.5Lエンジンも改良され、96kW=131馬力/7000回転、150Nm/4800回転から、97kW=132馬力/7000回転、152Nm/4500回転とスペック上の向上はわずかですが、最大トルク発生回転数が300回転下がっていますから、恐らく、実用領域でのトルクは増えていると思われます。

 そして、装備面でも大幅に改善されています。サポカーS・ワイドに対応させるため、ベースモデルのSやNRAでも、以下が装備されました。

 リアパーキングセンサー
 ハイ・ビーム・コントロールシステム
 アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
 スマート・シティ・ブレーキ・サポート(後退時)
 ブラインド・スポット・モニタリングシステム
 車線逸脱警報システム
 レインセンサーワイパー(フロント)感度調整式
 オートライト

 従来、上位モデルでも付いていなかった自動ブレーキもベースモデルについてしまいました。リアパーキングセンサーもディーラーオプションだったのにが標準になってしまいました。その分価格は6万円ほど上がりました。けれど、リアパーキングセンサーは従来3.7万円でしたし、十分元は取れます。

 という訳で、NRAでも待望のオートライトがつきました。ついでにハイビームアシストもついたし、欲しい装備でついていないのはシートヒーターとシートベンチレーションだけ。NRAならシートは交換出来るのでやろうと思えば、出来ます。

 ああ、ついでにテレスコもつきました。が、私の場合、NDだとステアリングが近すぎるのでバックレストを倒さざるを得なかったので、余りメリットはないです。もし、テレスコがついたのでもっとも縮めた時に従来よりも前に行ってくれるのなら話は違いますが。

 という訳で、RFの問題点だったレブリミット、NRAの問題点だったオートライトがついたので、どちらも解消されました。ですので、どちらを選ぶかが非常に悩ましくなってしまいました。ただ、RFの音を実際に聞いてみないと。音は好みがあるので、本当に1.5並に好みの音になっているかどうかは試乗しないとわかりません。という訳で、RFの試乗車が用意されるまで、選択は延期です。発売は7月26日なのでまだかなり先かな?少なくとも新車に乗り換える場合はRFに試乗してからですね。他に中古車で出会いがあれば話は違いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他のエリーゼ

 エリーゼ系はこれまで対象を基本的には2ZZ-GE搭載車に絞りこんでいましたが(例外はS1の111S)、本当に他のエリーゼ系(エキシージを含む)では駄目でしょうか?再度考えて見ます。

 まず、V6系は981よりも軽いものの排気量は大きく、馬力トルクともに上ですから、やはり消耗は激しいでしょう。まあ、軽いのでブレーキはましかもしれませんが、タイヤは減りそうです。当然ながら981よりも更に速いですからもてあまします。街中で乗るのなら楽ですが、それではこの車に乗る意味はないでしょう。サーキット専用車なら良いでしょうが、それでも日光サーキットなどのミニサーキットではもてあましそうです。そして最大の問題は航続距離。3.5Lエンジンなのに、ガソリンタンクの容量は直4と同じですから、お山で遊んでいるとビート並みに途中で給油にいかないと駄目でしょう。しかし、乗り心地は良さそうですし、高速巡航もエリーゼ系の中では良さそうです(エヴォーラには負けるでしょうが)。現行エリーゼ系の中では音も一番良いですし、格好も良いと思います。乗って見たいという気持ちはありますが、導入含めて981車検よりもコストがかかるというのは難しいです。冷静に考えれば、これなら981の方が良いと思います。
 いつものあり得ない話ですが、2.5L NA搭載の廉価版が出て、燃料タンクも形状を工夫して50L位入るようにしてくれたら欲しいですし、それなら乗り換えられます。ま、燃料タンクは別にして、2.5L NAなんて私以外誰も欲しがらないでしょうが。せめてSCなしを・・・やっぱ無理か(苦笑)。

 2ZRのSCは、やはり速過ぎます。まあ、そういっても踏めない程速い訳ではないですが、981よりも遅いのが良いのでやはり今回は難しいです。それに2ZRを選ぶなら最新のSport220IIにしたいですが、そうなると価格もかなり高く中古V6系並です。爆音マフラーもちょっとね。中古なら値段は下がりますが、だったら、2ZZのSCの方が回せてよいでしょう。2ZRは220IIを選べるというのが最大の長所ですから。最後のエリーゼ(名前はともかく、今のエリーゼ系列の)でしょうから(最後の最後に限定車的なのは出るかもしれませんが)、一度は新車で乗ってみたいという気持ちは強くあります。現行モデルでは最良の選択肢だと思いますが、これまたコストを考えると981の車検を通す方が安上がりですので、厳しいです。
 これまたあり得ない話ですが、Sport220IIのエンジンがNAで7500回転回れば、お金のことは別にして(頑張って)乗り換えますが、SC付で7000回転で終わりというのは、コストを支払うのを躊躇してしまいます。単体で見れば良い車だとは思いますが・・・・。爆音マフラーは交換してしまえばよいですし(220I以前のに)。

 1ZRはSportIIの製造は終わりましたが、SportIの在庫は少しまだあるようです。ただ、SportIを買うとしてもシートが違う程度なので、なら、それよりも前のもう少し安いのでも良いでしょう。しかし、相対的に新しいことと元々エリーゼは値落ちが少ないので、400万円台からになってしまいます。だとすれば在庫のSportI(一応新車)の方が良いかもしれません。3年から6年落ちで新車の100万マイナス程度ですから。SportIIでないのなら、1ZRを選ぶ動機が薄れます。相対的に新しいというのはありますが。まあ、一応NAのエリーゼを新車(在庫車)で買える最後の機会なので、長く乗れなくてもともかく一度買ってみる手はあるにはありますが。981の車検を通す方が当然安上がりですが、下取り価格(条件)次第ではコストの差はそれほどないかもしれません。ただ、エリーゼということを除くと、981に負けている部分が多いのですよね。相方視点で見ればなおさら。追加コストを支払ってそれはどうよ?といわれそう。
 ますますあり得ない話ですが、SportIIのシャシーにNDの1.5Lエンジンが搭載されれば、試乗せずに予約しますが・・・・。物理的には不可能ではないと思いますが(元々横置きエンジンですし)、モデル末期にわざわざ新エンジン搭載はないでしょうね。

 1ZZのS2は意外と良いようにも思います。リアタイヤの外径がZZWよりも少し大きいせいで、2速の守備範囲が少し上へずれてます。ZZWのもう一声!の部分が結果的に解消されるかもしれません。ただ、やっぱり7000弱しか回らないので、ZZWと同様にそこに不満を覚える可能性はあります。やっぱり2ZZにしておけばよかった、そう思う可能性は高いでしょう。それと意外と出物がありません。例えば、gooなどで検索しても、全国でそれほど数はありません。実物を見てみないと程度はよくわかりませんが、出物があれば300万円台では購入出来るようです。変な言い方ですが、ZZWの代わりにお山車として乗るには良いかもしれません。値段は倍以上しますが(苦笑)。

 KのS2はどうでしょう?VVCのつかないKはエンジンが回らない(リミッターの作動回転数は不明だけれど、最高出力発生回転数から考えると6000回転程度)ので対象から外していましたが、ギヤ比から計算すると2速6000回転で100km/h程度と2速の守備範囲はちょうど良さそうです。もちろん、エンジン音、フィーリングなどは好みに合うとは言えませんが、エアコンがついているエリーゼとしては軽量です。ただし、2ZZよりも基本的に古い車になってしまいます。お山車として乗るとどうでしょう?色々と手がかかるかもしれません。まあ、エリーゼなので、そこは余り深く考えなくても良いかもしれません。どうせ全身消耗品なので(笑)。それに981よりは何かあっても安いでしょう。
 そういえばSport135(某氏が乗っていたグレードだよな、確か)だったら7000位回せるのかな?関東近辺で1台掲載されていましたが。

 S2のVVC?出物はほとんどないですね。あればスペック的には悪くはないですが、正直、S2でVVCを選ぶなら2ZZを選びます。軽いのはわかりますが、お山でぶん回すと怖いです(苦笑)。さすがにエンジン壊すと高いですし、VVCはそろそろ部品が。

 S1は・・・・さすがに無理ですね。エアコン無しというか床暖房は。今の生活だと出かけられるのは昼間ですから、半年間は乗れなくなってしまいます。もちろん、111Sの良い出物があれば欲しいですが・・・もう一台別の趣味車が必要になってしまいます。でも、S2のKだったらS1という重いもあります。オリジナルエリーゼですからね。うーん、置き場の話を別にすればS1+トゥインゴGTが最良かも!?でも、さすがにもう1台はおけません。まあ、相方が何らかの理由でフィエスタをトゥインゴGT(DCT)に乗り換えてしまったら、S1もありかな?夏場はトゥインゴGT、秋から春はS1で。ただ、そもそもまともな出物はもうほとんどありませんね。いつぞやの黄色の111Sはエアコンついていることを除けば良かったのですけれど、あれが最後の機会だったかも?

 コストは無視できませんので、総合的に考えると、軽さでS2のVVC付ではないK、または1ZZのどちらかは対象として考慮すべき車に思えます。Kのエリーゼは近隣に出物があり、一台見てきました。程度は良かったのですが、余り走っていない車で、いきなりお山で走らせると倒れそうです(苦笑)。何せ、新車装着タイヤがそのままついていましたから(笑)。いくらエリーゼが大人しく乗っていればタイヤが減らないとはいえ、13年前のタイヤがついているとは思いませんでした。車の性格と状況からからして車庫保管だったと思われ、ひび割れなどもなく、溝も当然のようにまだ十分あるので、普通に乗れば乗れるのかもしれませんし、そうして交換していないのでしょうが・・・さすがに賞味期限切れでしょう。(^^;まあ、基本的には痛みは少ない車でしたから、悪くない選択だとは思います。値段もまずまずでしたし。ただ、やはり6000回転で終わりというエンジンがね。1ZZ-FEの7000弱でも不満は出ましたから・・・・。エンジン馬鹿なんだよなあ、結局。
 まあ、でも、エンジンだけが問題なら、手を入れるという方法もあるにはあるのですよね。ベースの価格は安いので、エンジンチューニングにコストをかけてもまだ981+車検よりも安いです。とはいえ7500回転常用はきついかな?
 レブリミットが知りたいのでぐぐっていたら・・・・自分の書いていた文章にたどり着きました(笑)。111Sを買う前にデビューしたばかりのS2をディーラー(LCIではない、前のあそこ)で話を聞いていて、レブリミットは7000回転だが6500から上は回しても意味はない、と書いています。すっかり忘れていました(笑)。そうか、回すだけならKでも7000は回せるんだ。なるほど。まあ、2速でもそこまで回すことはないでしょうが、1ZZ並みに回すことだけなら出来るのですね。まあ、1ZZはリミッターが作動するまで軽々と回りますが(リミッターなければ軽く7500まで回りそうな勢いで)、18Kだと頭打ちになるのでしょうけど。
 それとS2でもKだとブレーキのサーボはないのですね。当然ABSも!ふむ、ABS無しはどうでしょう?さすがにつらいかなあ??あ、AWにもなかった(笑)。そうか、ABS無しの車には慣れていますね。

 色々と考えると、2ZZでないエリーゼだとS2のK、はありに思えてきました。1ZZと違って、上は回らないのですが、それ故に回そうという気にもならないでしょう。1ZZは回りそうなのに回せないというのがストレスを生んでいましたから(あくまでZZWの話)。トヨタエンジンよりもエアコンの効きは悪いという話も聞いたことがありますが、S1よりは乗れる期間は長いでしょう。どうせ、真夏はどのエリーゼでも無理でしょう。K、ありだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わぬ伏兵が・・・

 まだ正式発表前であり、ネットに書き込むなと言われたので詳細は書きませんが、既に噂が流れているようにロードスターRFのエンジンが変わることがわかりました。噂通り、180馬力位にパワーアップされます。2LのNAエンジンでパワーアップするということは?はい、最高出力が発揮される回転数が上がるということです。最大トルクはそう変わりませんから。ということは?はい、レブリミットも従来よりも高くなるということです。ということは?はい、RFも候補になるということです。

 いやいや参りました。NR-Aの見積もりをもらいにいったら、マイナーチェンジしますと教えてくれました。今から発注すれば納車はマイナーチェンジ後になるとのこと。そういう人がいるかどうかはわかりませんが、現行モデルが欲しくても基本的にはもう買えないようです(展示車やディーラーによっては多少在庫を持っているかもしれませんが)。

 RFの魅力はなんといってもスタイリングです。横から後ろ、特に斜め後ろから見ると、かっこいい!おじさん世代に突き刺さるスタイリングです。以前も述べたように相方もRFは好きで、街で見かけると、かっこいいねといいます。バケット好きの相方は当然のようにRSがお気に入りです。幌と違ってRSでも乗り心地は許容範囲内です(むしろ、RFに関しては標準モデルよりも良いかもしれない)。一応、ルーフも電動で開きます。シートヒーターもついています。

 しかし、唯一の難点がエンジン。動力性能に不満はありませんが、7000回転位しか回せません(実際にリミッターを作動させたことはないので、もしかしたら6500回転位で作動するかも?)。ですので、候補から外していました。そのエンジンが変わります。音やフィーリングは実際に試乗でもしてみないとわかりませんが、スペック的には問題はなくなります。

 相方にはまだ伝えていませんが、知れば、乗り換えるのならRFのRSにしろというのは明白です。それはそれでもちろん良いのですが・・・・問題が一つ。高いんです。いや、S3や2ZZ系のエリーゼよりは安いですよ。ですが、見積もりもらったら500万弱になってしまいました(苦笑)。RSだからとブレンボ+BBSホイールのセットオプションつけたせいもありますし、もう少し細かく削れるものもあります。値引きというほどではなくても、多少のおまけはしてくれるでしょう。ですが、400万にはなりません。

 NR-Aだと300万ちょっと(とりあえずバケットシートやロールバーなしで)。ナビがつかないし、バックカメラもつけないなどつけるものが少ないせいですが、ともかく、中古の1ZZやKのエリーゼよりも安いです。お山車として使うのならNR-Aが最適でしょう。相方が文句を言えば、純正オプションのバケットシートをつければよいでしょう。とりあえず運転席だけつけてみて相方に座らせて気に入れば助手席も交換するという手もあります。NR-Aはサイドエアバッグがないのでシートは交換可能ですが、車とのマッチングでいえばオプションのが最適でしょう。そもそもレース用なのですから、ドラポジなども問題はないはずです。

 私自身はどちらが良いのか?お山車として選ぶのなら、NR-Aです。速さなら100kg近く重たいとはいえパワー・トルクで勝るRFですし、ブレンボのフィーリングも良いです。ですが、繰り返し述べているように速さは要りません。軽さを取りたいです。現状ではエンジンも1.5Lがはるかに良いです。

 その一方で、RFのスタイリングにも魅力を感じます。当初981で想定していた使い方がRFなら出来るでしょう。今後次第に歳を取っていけば、また体力は落ちていきますし、そうなるとNR-AよりもRF RSの方がより良いでしょう。

 当然ながらマイナーチェンジ前の車ですが、再度試乗させてもらいました。前回は気がつかなかったことが色々とわかりました。まず、ブレンボのフィーリングはやはり良いです。性能的には標準のブレーキでもなんら問題ないでしょうが、カチっとした踏み応えはやはり良いものです。それからオープンにするとやはり挙動が変わりますね。乱暴に言えば、幌に似た感じになり、路面からの入力に対する動きが増えます。まあ、これは当たり前ですね。それと意外だったのはルーフが後ろへ格納されるので前後重量配分は後ろ寄りになるはずですが、何故か、ステアリングの手ごたえが増えました。はて?少しとはいえ前が軽くなるので、荷重が減って軽く感じるのならわかりますが・・・・まさか、パワステのアシスト量を変えている?電動ならあり得るのかなあ?どうなんでしょう??お山で開けた状態と閉めた状態で乗り比べればもっとはっきりするでしょうが。なお、10km/hまでなら走りつつ開け閉め出来ることになっていますが、実際にはとまっていないと駄目ですね。そこは981とは違います。まあ、信号で止まってすぐに開け閉めすれば信号が変わる前に完了しますが。

 RSのバケットは幌と比べると座面が明らかに高いです。2cm位は違いそうです。ただ、ドラポジを調整すればどちらも一応、問題はありません。例によって好みよりもバックレストを寝かさないと駄目ですが。

 悩ましい、実に悩ましい。もう数ヶ月前に選択するのであれば、RFはエンジンで対象外でしたが・・・・。ああ、幌も同時にマイナーチェンジされます。RFと違って小改良ですが、個人的には重要な変更があります。自粛して詳細はまだ書きませんが、NR-Aの問題点が減ります、とだけ書いておきます。まあ、「だったらよかったのにね」というのが解消する程度の話ですが。ただ、NR-Aもマイナーチェンジで魅力が増しますから、NDはどちらにすべきかは更に悩ましくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥインゴGT再試乗

 カジャーを試乗した後、再度、トゥインゴGTを試乗させてもらいました。今度は相方は乗らず、営業氏と2人だけです。
 前回、左足がちとつらかったのですが、よく考えるとZENのMTを試乗した時には問題を感じませんでした。それでポジションを調整しなおしたら、うまい位置を見つけることが出来ました。クラッチペダルの手前にかかとをつけておいておけば大丈夫です。高速巡航の際にはペダルの下にでもつま先を入れておけばよいでしょう。
 さて、発進。最初に乗り心地が良いと思っても、二度目の試乗ではさほど良いとは感じなくなることもあるのですが、今回は問題なく、やはり乗り心地は良いです。ロードノイズも少なく、直前に乗ったカジャーよりもずっと静かで快適です。本来は逆であるべきですよね。
 さて、再試乗の目的は前回うまく出来なかったシフトダウンが本当に難しいのかどうかを確認することです。いつものNAエンジンのつもりでアクセルペダルを踏んだら回転の上がり方が遅くてうまく回転が合いませんでした。今回は意識してやってみましたが・・・出来ました!タコメーターがないのでどのくらい回転が上がっているかわかりませんが、何度かやってうまくシフトダウン出来るようになりました。慣れれば問題はなさそうです。
 営業氏の同意を得て、1速で引っ張ってレブリミッターが作動する速度を調べてみました。すると45km/h位で作動しました。ギヤ比から計算するとやはり6000回転位。アナログ表示の速度計から読み取っていることと誤差があることからぴたり何回転とは言えませんが、6000-6200回転位でレブリミッターが作動するようです。
 で、やっぱりこうして試乗しているだけでも楽しいです。前回気にしていなかったブレーキですが、感触を確かめつつ踏んでみましたが特に問題は感じません。ステアフィールも問題なし。ちょっと突っ込ませてもやはり良い感じ。楽しい。うん、楽しい。いいなこれ。

 レブリミットが6000から6200回転位だとするとそこまで回した時の速度をギヤ比から計算すると
1速:45km/h前後
2速:70km/h前後
3速:110km/h前後
です。5速MTと6速DCTの違いはありますが、1速から3速まではフィエスタとほぼ同じと思われます。レブリミットが違うので単純な比較は出来ませんが、守備範囲で言えば、2速で981の1速と同じ守備範囲(苦笑)。3速でも981の2速以下、AWやZZWと比べてもかなり低くいです。ビートよりは高いですが(3速で約100km/h)、全体的に低いです。色々な要素を考えると2速レブリミットで100km/h前後のギヤ比率だと乗りやすいのですが、これだとほぼ3速主体で走ることになるでしょう。フィエスタと同じですね。MTなのでシフトダウンを受け付けないということはありませんが、気をつけないとオーバーレブさせてしまうかもしれません。また、シフトダウンしてもまたすぐシフトアップすることになりそうです。そうするとやはり基本3速で、タイトコーナーなどでそれだと回転が下がりすぎて立ち上がりが遅い時だけ2速に落とす運転になりそう。
 もちろん、例えば、日光サーキットを攻めるという場合なら2速3速をきっちり使って、バックストレートでは4速に入るという走りになるでしょうが、普通に走っているとほぼ3速でしょうね。それが楽しいのかどうか?微妙。
 トルクはあるからもう少しファイナル下げても良いと思いますが・・・そう簡単にはいかないので、リアタイヤの外径を大きくすること位しか出来ません。それもODO/TRIP、速度が狂いますから、ちと面倒です。

 もう一つ。205/40R17というリアタイヤは良いのですが、185/45R17というフロントタイヤは特殊で調べた限り見つかりません。S2以降のエリーゼのフロントタイヤ、175/55R16も特殊ですが、横浜で調べるとNeova AD07が新車装着タイヤとして出てきますが、新車装着タイヤとしても出てきません。うーん、タイヤの選択肢がまたまたありません。まあ、フロントなので、多少違っても問題は少ないですが。しかし、SWのリアといい981のリアといい、特殊サイズの車が多いです(苦笑)。まあ、リアだと外径が変わると面倒ですが、不幸中の幸いなのはフロントということですが。いっそ、16インチか15インチにインチダウンしてしまう方が良いかもしれません。リアの外径さえ合わせればいいでしょう。このクラスで17インチは無茶区茶ですよ。

 トゥインゴGTの問題はターボを受け入れれば、その2点かな?タイヤは当座は純正タイヤが供給されるので問題はないでしょうから、低すぎる2速の守備範囲が実際に問題なければなんとか。まあ、MTだからなあ。

 ただ、本来は次期相方号であるべき車なんですよね。オープンに出来ないからお花見車にはならないし。まあ、それはクーガのグラスルーフで代用できますが。DCTの試乗車を見つけて乗ってみるべきかなあ?それでDCTでも楽しければ、次期相方号としてやってくるのを楽しみにするべきか?もっともフィエスタは事故か酷い故障で修復不能にならない限りは乗っていないのでそれもまた難しい。うーむ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィエスタでお山へ

 昨日も行きましたが今日も相方は仕事なので行ってきました。ただし、車や人が多かったので、今日は相方号のフィエスタで。
「180502-fiesta.jpg」をダウンロード
一度、真面目に走らせたらどうなるかを試したかったのと・・・もう一つ、トゥインゴGTのシミュレーションをしてみたかったのです。車重は100kgほど重く、エンジンは似ており、3速以下のギヤ比もほぼ同じです。レブリミットが低く、ややローギヤードなトゥインゴGTでいつものコースを走るとどんな感じになるのかの参考になると考えました。
 今日もやはり車、バイク、自転車は多かったです。珍しい車はそれほどいませんでしたが箱スカとか、古いゴルフGTiとかいました。
180502hakosuka180502gti
後はNDがぞろぞろと。やはりここには多いですね。下り坂でしたが富士山は見えていました。
180502mtfuji
 さて、ピー三郎よりも車が遅いのでそれなりに走れました。結論から言えば、やはりギヤ比は低すぎて、3速主体で走らざるを得ません。タイトコーナーで2速に落としますが後はほぼ3速。まあ、高回転型エンジンではなく中低速のトルクは厚いので、それが適してはいますが、好みの走り方ではありません。悩ましい。
 またフィエスタはAT(DCT)なので運転者の思い通りに変速操作を受け付けません。どうやらシフトダウン後5000回転位になるような場合には受け付けないようです。なので、コーナーでブレーキを踏んで、シフトダウンして・・・も実際には下がらず3速のまま。逆に勝手にシフトアップもされます。そのため、かなり走り難いです。
 無論、MTであれば問題はないですが、とはいえ、オーバーレブさせる訳にはいきませんので、自由度はやはり下がります。結果、MTであっても3速主体で走ることに変わりはありません。ちょっと厳しいかなあ。うーん・・・。
 動力性能は上が伸びないことを除けば、フィエスタでも不満はありません。これで速さは十分。トゥインゴGTならこれよりも速いです。コーナーは・・・さすがフォード!いやいや、これで十分というか、結構速いです。ドノーマルの街乗り車の走りじゃないでしょう。まあ、日本仕様はRS/ST以外で一番スポーティーな仕様で入っていて、タイヤもスポーツよりなものがついているというのも大きいとは思いますが。ハンコックタイヤ、なかなか良いです。ちゃんとグリップしているし、フィーリングも良いです。
 前輪を駆動しないことをずっと条件にしていましたが、フィエスタをある程度真面目に走らせて、別にFFでも良いかと思えました。ただ、ヘアピン見たなかなりきつい下りコーナーでブレーキ踏みつつ切り込んで行った時にはちょっと厳しいですね。まあ、AWでもそういうところは厳しいし、FFだからフィエスタだからという訳でもないかな?ふむ、ルーテシアRSの出物があれば、趣味車に出来るかも!?
 トランスミッション以外で気になったのはブレーキ。フェードしたり感触がおかしくなったりした訳ではないのですが、真面目に踏んでいると途中で効き方がかわる感じがします。踏むと結構ガツンと効いて、そこから途中甘い感じがしてまた急に効き出すそうな、そんな感じ。全体的に思ったよりも効いてしまうことが多かったです。まあ、この辺は慣れもあるかな?
 シートは思ったよりもずっと良くて身体が極端に動くこともありませんでした。なかなか良かったです。総じて、お山のフィエスタ、ブレーキがやや気になったものの問題点はミッションだけです。MTでもう少しハイギヤードまたはもっと上まで回せると良いのですが。タコメーター上は6500からレッドの表示ですが、実際には6000回転せシフトアップされます。これが額面通り6500、出来たら7000回せれば。
 そしてその問題はトゥインゴGTも持っているのですよね。MTなので勝手に変速はされませんが・・・。やはり3速主体になってしまいます。そこがストレスになるかもしれません。ハンドリングやブレーキは実際に走らせてみないとわかりませんが、100kg重たい普通の街乗り車が平気なので大丈夫でしょう・・・多分。欧州フォードなのでちょっと別の意味で怖いですが(苦笑)。まあ、MTだともっとペースが上げられてその結果、ブレーキがきつくなるかもしれませんが。やはりギヤ比がなあ。うーん、難しいかなあ。
 ああ、そうそう、帰りにフィエスタが20000kmに到達しました。1年目よりもペース落ちています。180502fiesta2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10000km到達

 相方は仕事ですが、私は会社が休みなのでお山に行ってきました。谷間とはいえGWなので半休日モードで、車、バイク、自転車が多かったです。仕方ないですが。そこそこ。色々な車がいましたがロータスは少なめ。ポルシェは多かったですね。それと元気なNCとNBのコンビに遭遇。
180501ncnb
ノーマルではなかったものの、コーナー速かったです!NBからNCに乗り換えてまだ一ヶ月位だそうですが、しっかり乗りこなしていました。若くて元気でうらやましかったです。(^^)今や珍しいスタリオンにも遭遇。
180501stron
 途中、10000kmに到達しました。
180501p310k
えっと、約二年半。概ね、年4000kmペースです。で、左リヤタイヤはかなり減ってしまいました。
180501p3lrear
右よりも左が厳しいですし,前よりも後が減りますね。うーん、後半年持たないかも(苦笑)。ブレーキパットも前はそろそろ。感触もちょっとおかしくなってきました。
 車検を通すのならタイヤとフロントブレーキパッドは先に交換かな?うーん、さて、どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧