日記・コラム・つぶやき

2019年の始めに

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 例年なら元日は義父のところにいくのですが、諸般の事情により、今年は無しです。その代わり、AWの走り初めで宮ヶ瀬に行ってきました。相方を載せているのでのんびりとしたペースですが、やはりAWは楽しいです。年齢相応にびびり音などはしていますが。元日の宮ヶ瀬は余り混雑していませんでした。まあ、お店も閉まっていましたが。それから城山湖へ。昨年、点検のために水抜きしていましたが、もう普通にもどっていました。

 さて、今年の抱負を(年末に少し書いてしまいましたが)。まずは車ですが、AWは例年並みに。お山には行って一回にしておきましょう。楽しいので何度か行きたいですが。
 エリーゼは、トラブルだしをして、後はじっくり走り込みたいですね。どこまで車になれることが出来るか?まあ、そんなことをしているとぴーほどでは無いにせよタイヤとブレーキが消耗しそうですが(苦笑)。クーガは今年こそタイヤ交換!相方号フィエスタもタイヤ交換かな?この2台もまあ例年並みでしょう。

 山歩きは今年もぼちぼち行ってきます。昨年はペースが墜ちましたが、それを維持かな?後、会社携帯が変わって万歩計機能がついたので歩き回っています。7000歩が基準になっていて連続記録更新中なのでそれを途切れることがないようにしたいですね。それと年末にも書いたように中国語勉強に再挑戦したいです。
 仕事はまあいつも通り、クビにならないようにぼちぼちと。

 ライオンズはまさかのリーグ優勝、屈辱のクライマックスシリーズでした。今年は?まあ、その逆にしたいですね。菊池がメジャーに行ったり戦力流出は続きますが(苦笑)。

 では、皆様にとって今年が良い年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年の終わりに

 今年も残りわずかですね。エリーゼの走り納めとして、時々食事に行く大磯のお店へおせち料理の引き取りに行ってきました。電圧は正常・・・というか、むしろやや低い位。やはり気温が上がらないと現象は出ないようです。高速道路の下りは渋滞していたものの、一般道の混雑はそれほどではありませんでした。
 夜はAWの走り納めとして戸塚の義父の家にいてきましたが、寒いので水温が上がらず(苦笑)。ヒーターが効かないので戻りは回転高めにして走って水温あげました(苦笑)。

 今年は災害が多い年でした・・・。事件も色々と。年末になって韓国海軍によるレーダー照射事件が起きてめんどくさいことになっています。それから防衛大綱が発表され、F-35Bの導入といずも型の空母化が決まりました。10年前には現実味が無い話でした。まさか、こうなるとはね。これについては書きかけている文章がありますがまだまとまっていません。

 個人的なことを。仕事はまあ普通。上司問題は変わらず。従来と違う仕事を始めたものの、期待したような内容ではなく、まあ、仕方ないかな。大きな怪我や病気はなく、まあ、普通の一年でした。

 車関係。まずはぴー三郎の交代。車検を通す気力がなく乗り換え決定し、結局、エリーゼ復活です。エアコンが効かなくなったり、ABSが効かなくなり、オルタネーターからの過電圧が疑われる事態に。同時期にAWのオルタネーターも死亡(苦笑)。こっちは無事に復活しましたが。同時期にオルタネーターのトラブルが出るなんてねえ。

 エリーゼは最初はリアの重さを感じたものの慣れたら問題なくなりました。SCは要らないと言えば要らないですが、瞬発力があるのはやはり悪くはありません。乗り心地は良好ですし、ボディ剛性感は高いですし。これでステアリングが真円なら良いのですが。

 AWは走行距離は昨年よりも減少。ただ、年末に昨年同様お山にいってきました。やはりAWは楽しい。オルタネーターの修理が終わって調子も上々です。

 クーガは旅行に大活躍、走行距離も1万弱まで伸びました。2回目の車検も通してまあ後2年は乗り続けることになるでしょう。ただ、タイヤの交換をしそこない、来年こそは交換しなおいと。

 フィエスタはほぼ例年並。ただ、タイヤの味が落ちてきているので、これも来年は交換かな。ライトが時々付かない病は再現性なく完治せず。もうすぐ車検ですがどうなることやら?

走行距離(昨年)
 ピー三郎  2236km(3928km)
 エリーゼ  1405km
 AW    1278km(1643km)
 クーガ   9285km(7397km)
 フィエスタ 7614km(7254km)
 合計   21818km(20222km)

 来年の抱負。うーん、以前挫折した中国語の勉強を再開したいですね。来年はAWでもっと走ろう・・・とは思いません。年齢相応に走らせていきます。会社は・・・まあ、普通にがんばります。

 さて、来年はどういう年になるでしょうか?平穏な一年になって欲しいと毎年のことですがそれを願いします。車の入れ替わりは事件事故がなけれあないはずです。エリーゼの過電圧がいつ再現するか?明確にオルタネーターだと分かればすぐに交換ですが!?
 それでは皆さん、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライオンズ優勝

 だいぶ風が強くなってきました。が、幸い試合は中止にならず、本日優勝決定。

 久しぶりの優勝ですが、1位と2位の両方が負けて優勝はちょっとすっきりしませんが、まあ、先に負けてくれたからいいかなあ。今年優勝するとはまったく思いませんでしたね。投手陣は相変わらずで、弱点の抑えもそのまんま。これで優勝出来るとはね。もちろん、二桁本塁打打者がずらりの強力打線ではありますが。前半戦絶頂だった中村君が夏に復活したのは大きかったですね。まあ、ともかく、優勝したのだからよしとしましょう。でも、2位のチーム!負けるなら昨日負けろよ!もう!!!!

 とまあ、おめでたいのですが、西口が引退してから、なんかこう興味が薄れたというか、熱が入らなくなったというか。負けても前ほど怒らなくなってしまっています)。プロ野球ネタ、今年初かも(苦笑)。更についに稼頭央くんも引退。今年の成績では仕方ありませんが・・・寂しいなあ。まあ、古巣で引退してくれて良かったかな。

 しかし、まだ、これで終わりではありません。CSを勝ち残って日本シリーズに進出し、日本一にならないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛ましい災害が続く

 しばらく相方サービス旅行に行っていました。ちょうどその間に大阪を中心とした近畿地方を台風が襲い、続けて北海道で地震と大きな災害が続けておきました。北海道の地震のせいで、関空以外ほとんど報道されなくなっていますが、まだ、停電が続いている地域も多いようですね。
 北海道は一部を除いて、地震の規模のわりには人的被害は軽くて幸いだったと言えるのかもしれませんが・・・。家族・知人にとっては、かけがえの無い「一人」です。災害をなくすことは出来ないにせよ、もう少し何か出来たのではないと思えます。

 また、復旧にあたっている関係各位の努力には頭が下がります。

 実は当初は北海道、それも札幌に行くことも考えていました。結果的には予定を変更したんですが、もし、当初予定通りにいっていたらちょうど地震に遭遇していました。運が良かったとしかいいようがありません。でも、そのうち北海道にいかないといけませんね。今年は難しいから来年になるかもしれませんが。

 偶然なんでしょうが、今年は災害が多いです。大阪で何か起きた後に別の地域で大きな災害が起きるということが二度もありましたし。今年は災害が多かった年として記憶されるのでしょうね。もう大きな災害が起きないと良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きています

 そろそろ死んだかと思われていたかもしれませんが、生きています(苦笑)。本業がやたら忙しく、また、私生活でも色々忙しく、またストレスがたまることが多く、文章を書いている時間と気力がありませんでした。最大のストレスの元は取り除かれ、仕事も一段落してきました。書きたいネタは色々あるので、時間を見つつ書いていきます。とりあえず、生存報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本白根山の噴火

 昨日の噴火ですが、動画を見るとまるで迫撃砲か何かで攻撃されたかのよう。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011299531000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
 残念ながら12旅の隊員一名(陸曹長)が噴石の直撃を受けて亡くなりました。お悔やみ申し上げます。しかし、よくそれだけにとどまったと思える位です。ちょっと間違えたらもっと多くの犠牲者が出ていても不思議ありません。
 噴火口は鏡池と呼ばれる場所だそうですが、ここは3000年は噴火していないため、監視の対象とされていなかったとか。それを非難する声もあるようですが、日本には非常に多くの活火山がありますから、それら全てで手厚い監視態勢を取ることは予算上不可能です。可能性が高い場所を重点的に監視する他ないでしょう。いかんせん、日本はもはやお金が足りません。やるべきことは山ほどあるのに、出来ることは限られます。
 そうなると出来るのは、もし、噴火したらどうするかという計画を立てておくこと位でしょうね。ハードは無理なのでソフトでなんとか。

 我々は火山ではいつこのようなことが起きるかわからない、起きるかもしれないと考えておく位しか出来ませんが。我が家も山に良く行くので要注意。まあ、火山にはほとんど行ってはいませんが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショックとしかいいようがない

 信じがたいニュース。鶴ひろみさんが亡くなったと。
https://www.oricon.co.jp/news/2100812/full/
 ハザードをつけてとまっていたということは、最後の力を振り絞ってとまったのでしょうか。自分だったら果たして出来るか。運転中に病気などにより意識を失ったりして起きた事故が多いという記事を朝刊で読んだばかり。
 悲しい。私にとっては、鮎川まどか、です。最初から最後まで。いや、真面目な話、改めて出演作を見直したのですけれど、きまぐれオレンジロード以外、実は余り見ていなかったのです。もっと色々な作品で声を聞いていたような気がしたのですが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガでまた小旅行

 北の弾道弾が撃ちあがったようですが、今回は見事に成功したようで。失敗続きのムスダン系列のようですが、改良型は大丈夫なのかな?またまた若旦那の喜色満面の笑み、の写真を見かけました。やっていることはまったく肯定出来ませんが、毎回、本当に嬉しそうに見えるのだよなあ。

 さて、相方サービスで二泊三日の旅行に行っていました。車はクーガです。前から相方が行ってみたいと言っていた新潟の宿へ行ったのですが、うちらしく?急に決まったので二泊目の宿がとれず、どこにするか、家庭内で論争が起きたのですが、結局、変なところにいくよりも実績がある裏磐梯のホテルにしようと押し切りました。高いだなんだ言っていましたが、変なところにとまってストレスかかえるよりも少し高くてもストレスなく過ごせるところにいくべきでしょう。ストレス解消のためなのですから。
 行きは平日なので渋滞は特に無し。4年目のノーマルタイヤですが、いつものようにロードノイズがうるさいことを除けば特に問題ありませんでした。残念ながら雨にも降られましたがなんら問題なく走り切りました。翌日は磐越で会津若松方向へ。ここは対面通行なのですが、途中、反対側で拡張工事していました。交通量からすると片側一車線でも十分には思いますが、安全性の問題があるので片側二車線化するのでしょうか?最初から上下分離で片側一車線、時々追い越し車線という道路で建設していた方が良かったのだと思いますが、将来の二車線化があり得なくなるので反対されるのでしょうね。
 二日目はまずまずのお天気でしたが、三日目は朝から雨。これでは散策も出来ないので、予定を変更して米沢へ行ってみました。山越えで45kmほどですが、交通量は少なく、山を下りるまで時々対向車と出くわす程度で当然信号もなかったので一時間程度で米沢市内に入れました。途中、山にはまだ雪がたくさん残っていました。(^^;
17051311705132
 目的地は上杉博物館。米沢城の隣(というか、城内ですね)。
1705133
常設展は上杉文書館を除けば撮影可能でした。入ったところには米沢へ入部した時の行列のジオラマ。
1705135
ただ、上杉家そものの説明展示は余りなく、「上杉鷹山の戦い」という短い映画を見ましたが、ハイビジョン前の作品なので大きなスクリーンで見ると荒さが目立ちます。で、戦いといっても改革を進めたという話ですが・・・正直いまいち・・・説明不足でよくわかりません。120万石時代の家格を維持しようとする家臣の反対を受けたのですが、お堂にこもって、自分が考える通りにやるべきだと決心したら、何故か、家臣が受け入れて改革が進んだと。いや、実際にはいろいろあったはずなのですけれど?35歳で隠居、しかし改革は推進し続けたと突然言われてもついていけません。これは先代に男子がなく養子に入ったものの、その後先代に男子が生まれて、その義弟に家督を継がせたためなのですけど、ナレーションだけでもいいから説明して欲しいです。改革についてもさらっというだけで余り具体的ではありません。で、終わって、その辺の説明展示があると思っていましたが・・・・結局、ほとんどありません。うーん、よくわからない。上杉博物館なのだから、上杉鷹山で一つの展示室があってもいいと思うのですが・・・・。もしかすると特設展示をやっていない時にはそこでそういう展示があるのかもしれません。
 上杉本洛中洛外図屏風と上杉家文書が展示されていました。
1705134
これらは撮影禁止。原本の屏風はたくさんの人がじっくり見ていて余り見ることが出来ませんでした。
 上杉家文書は中身だけではなく全部そのまま残っているので、どのような折り方をしていたかなどもわかり、貴重なものです。それに絡んで色々なおり方を紹介する展示もありました。火縄銃ゲームもあったのですが、おじさんが子供を押しのけてやる訳にはいかず、横から見ただけでした(笑)。
1705136
 特設展示は、戦国時代展。ここは残念ながら撮影禁止です。少々、テーマがぼやけている印象もありますが、個々の展示は面白かったです。中でも興味深かったのは江戸時代につくられた安芸郡山城の模型。古い形式の山城で建物はありません。当時、そういうものがつくられたのですね。これは写真撮りたかったです。途中で展示の入れ替えもあるそうです。分厚く、高価な装丁の図禄が¥2.5kだったので購入しました。雨だったので米沢城そのものは今回は見ていません。今回は偵察ということで後はまた次回。
 帰りは福島市まで一般道で行ってから東北道へ。といっても市街地を出たら事実上、自動車専用道路でした。対面通行で60km/h規制ですが、信号はなく、時間は余りかかりませんでした。その道にほぼ併走する位置に東北中央道だったかな?高速道路が建造中でした。うーん、いるのかなあ?交通量だけ見れば要らない気もしますが・・・まあ、トラックなどはあった方が良いかもしれませんね。やはりの上り下りは結構ありますし、曲率もきつめですから。
 東北道は最後まで80km/h規制。途中で見ると何故か3号線が三軒茶屋先頭に渋滞していて圏央道から迂回すべきか悩みましたが、結局、解消してそのまま帰ってきました。ただ、トンネルの中で工事が始まったので少し渋滞しましたけれど。 走行距離は約1000kmでした。移動がやや多かったので二泊三日のわりには伸びましたね。でも、クーガなので疲れは最低限度、腕も痛くはありません。やはりいいなあ。でも、空調は・・・。今回も途中で曇がなかなかとれなかったりしました(苦笑)。
 後、雨中走行が多かったのですが、ワイパーを動かすと右側の端にしばしばぶつかるようで音がします。毎回ではないのですけど。うーん、気になる。なんとかなるかなあ?ブレードの位置をすらしてみようかな?タイヤは結局、まだ交換する必要性を感じません。来年の車検前かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原城へ

 GW最終日ですね。朝、高速は渋滞していなかったのでちょっと出かけることにしました。今日はこの連休中遠出していなかったフィエスタで、天守閣がリニューアルされた小田原城へ行ってきました。ちょうど藤が綺麗に咲いていました。
170507odc
さすがに人出は多かったです。
170507odc1
天守閣はパネル展示が中心ですが充実しており、見るのに結構時間がかかりました。
 小田原城は何度か災害に見舞われており、宝永二年にも再建されていますが、その時の書状で惣奉行真田六右衛門尹春という名前が(撮影禁止だと思ってので写真は撮っていません)。もしかして、これって、叔父上こと、真田信尹の子孫では??確証はありませんが。なお、そこには、従四位下侍従藤原朝臣兼加賀守大久保長忠とありました。官途と受領名を両方持つこともあるのですね。
 映像も流していましたが、北条のはちょっと。真田丸の後、考証が甘いのが気になってしかたありません。一般的にわかりやすくということだとは思いますが・・・。
 関東大震災で大きく破損し、その後しばらく放置されていたようですね。石垣を見ると下が古く、上が新しいです。
170507odcishigaki
上のが復元された時のものなのでしょうね。
 帰りは東名は海老名と横浜町田ICの間で渋滞の情報があったので圏央道から迂回して帰りました。ほぼ渋滞無く帰ることが出来ました。
 さて、GWもおしまい。明日からまた仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉が無い

 佐藤大輔氏、死去の報に接し・・・・この気持ちをうまく表せません。なんとか、書けば、絶望。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6234452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧