« 7/19/20’:今日はMくんがファミリーカー | トップページ | 7/24/20’:大多喜城趾へ »

7/20/20’:ND ロードスター:エアコンフィルター取り付け。が、謎が!?

 知人にNDロードスターにはエアコンフィルターがついていないと教えてもらいましたが、暑くなってエアコンの使用頻度が高まってきたので、諸先輩型にならってエアコンフィルターの取り付けに洗車した後に挑戦してみました。
 ぐぐると先駆者の情報が得られます。素晴らしい!
 外気取り入れ口につけている場合と
https://lifelog.heplib.com/archives/1907
https://ascii.jp/elem/000/004/000/4000308/
https://ascii.jp/elem/000/004/000/4000308/2/
 
 中の網のようなフィルターに追加している場合と
https://mihiro.sakura.ne.jp/shimoken/nd_roadster-038.htm

 その両方をやっている場合がありますが、
https://minkara.carview.co.jp/userid/197318/car/1993338/3813245/note.aspx
https://lifelog.heplib.com/archives/1907

 私は外だけつけました。理由は
1.室内側はかなり手間が掛かる
2.花粉症でもないし、入り口につければ十分
だからです。

 フィルターも高級なものを用意する暇がなかったので、100均で売っていた安いものをとりあえず使いました。

200719ac13

半年後位に確認してその状況に応じてアップグレードするか同じものを使うか決めます。

 蓋を外してねじを外しましたが、持っていたピッキングツールセット(自動車用)に含まれていたものを使うと簡単に取れました。

200719ac1

 次にウェザースリップのクリップですが、下から見ると爪を押し込めば外れるようなので、これは指で押し込んで外せました。青いのと白いのがあります。

200719ac2

次にカバーが二カ所爪でとまっていますが、これは前方向へ押せば簡単に外れました。

200719ac4

カバーも外せるようですが、面倒なのでそのまま作業しました(笑)。
 次に謎のフィルターカバーのような部分を外します。左右のプラのピンでとめられていますが、赤丸の溝にピッキングツールを突っ込んでひねったら簡単にとれました。

200719ac6
 ところが、中を見て、あれ?なんか変です。以下を見ると
https://minkara.carview.co.jp/userid/197318/car/1993338/3813245/8/note.aspx#title
https://minkara.carview.co.jp/userid/197318/car/1993338/3813260/1/note.aspx#title
網状のフィルターが見えていますが、我が家のMくんはカバーがあって見えません。

200719ac8
 斜めからみても穴らしきものがありません。

200719ac9200719ac10

はて?どういうこと?変更されているのでしょうか??それとも見えない隙間があってそこから空気が取り込まれるのでしょうか??

以下は30th Anniversary Editionですが、やはり網は見えています。
http://blog.livedoor.jp/nabe_masa07082/archives/52313137.html
ということは
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201911/191114a.html
の時に変更されたということでしょうか?トヨタみたいに新型車解説書と整備書が購入出来れば一発解決なんですが・・・。

 まあ、ともかく、ここまできたのでフィルターはつけました。

200719ac7

車体側にマジックテープや両面テープでつけている方が多いようですが、ひねくれ者なので外したカバーにつけてみました。最初はほぼ同じ大きさにしたのですが吸い込まれると嫌なので大きめにしてはみ出した部分をテープでとめました。

200719ac12

テープは・・・マスキングテープが目に入ったのでとりあえずこれでいいや。見た目が汚いですが(苦笑)。

200719ac11

 後は戻して、エアコンを外気導入して動かしてみましたが特に問題はないようです。異音などはしません。ただ、そもっそも意味があったのかは?です。しばらくして確認しましょう。意味があるのなら、フィルターは汚れているはずです。もし、汚れていなかったら?設計変更があり、もはやここからは空気を吸っていないのでしょう。ただ、だったらこのカバーは明らかに不要ですから、何故ついているのでしょうね?何十円の部品かは知りませんが、取り付ける手間も含まればコスト削減出来ますし、gの単位ですが軽量化出来ます。

 現行モデルは別にしても、そもそもこの部品はなんでしょう?メーカーが意味なく部品をつけることはありません。業種は違いますが私も製造メーカーの人間です。要らなくなれば外します。地域により仕様が異なることはよくあります。仮にここにフィルターを付ける仕様があるとしても、付けない仕様ならこの部品はつけません。裏側にボディ側と密着するように柔らかい、謂わばガスケットがとりつけられていますから、意味がある部品でしょう。

200719ac14

手抜きで外側のカバーを外さないで作業しましたが、そちらに導風路があり、そことあわせて特定方向から空気を取り入れるようにしているのでしょうか?次回フィルターを確認する時にはカバーも外して裏を確認してみます。その時に再度中も見てみます。さて、半年後につけたフィルターはちゃんと?汚れているでしょうか?

 ああ、そうか、室内側をばらして見て見れば構造に変化があったのかどうかがわかりますね。時間が出来たらやってみます。

 なお、この作業をして、AWにもなんか外付けした方が良いなと思い当たりました。35歳になってまさに今更ですが(苦笑)。こっちは修理書があるので構造はわかりますから、つけるならどこかはわかります・・・と思ってみたら、エアコンの項目がありません。あれ?ヒーターはしかないです。オプションだから?でも、オプションのサンルーフの項目はありますが・・・・。エアコンは別冊だった!?謎です。

|

« 7/19/20’:今日はMくんがファミリーカー | トップページ | 7/24/20’:大多喜城趾へ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

恐らく、内気循環モードになっているので、外気導入モードにして、もう一度見てみれば、フィルターが見えると思います。(・ω・)

投稿: | 2020年7月23日 (木) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/19/20’:今日はMくんがファミリーカー | トップページ | 7/24/20’:大多喜城趾へ »