« 7/26/20’:クーガとフィエスタの乗味が落ちている・・・ | トップページ | 7/28/20’:フィエスタvsスイスポ:補足 »

7/27/20’:スイフトスポーツ試乗

 ステアリングが異形なので候補から外していましたが、Bセグで、フィエスタに対向出来ると思われる車はほとんどなく、数少ない候補がスイスポであるため、まあ、ともかく一度見に行ってきました。なお、途中でSDカードが不調になったため、写真はほとんど撮れていません。
 試乗車はMT。タイヤはタイヤは194/45R17のContinentalのContiSportsContact5。

200725ss1

うーん、コンチかあ。隙間からすると16インチでも入りそうです。個人的には16インチに交換したいですが・・・。
 乗ってみるとシートは意外と普通な感じだです。ドラポジは問題なし。後方視界は意外と悪いですね。ガラスが狭いです。エンジンをかけるとタコメーターとスピードメーターの間に平均燃費、トリップ、ODOが表示されます。タコ、スピード、水温、燃料は今どき珍しく針が動くアナログのメーターです。

200725ss2

これがいいんですよ!エンジンはアイドリングだと静か。まあ、今どきの車ですからね。
 シフトレバーはちょっと遠いです。私の手が短いから(苦笑)。ペダル回りは問題ありません。さて、発進。クラッチだけで楽々発進出来ます。敷地から出る時にブレーキを踏んだら妙に効きました。あれ?何故だろう?道路にでて走り出すと乗り心地はまずまずですが、やはりタイヤが好みに合いません。いつものコンチらしい硬いというかなんというか。ざらざらした感じもありますし、ロードノイズも相応に聞こえます。まあ、スイスポなので静粛性の優先順位は低いですから、これは仕方ないでしょう。
 ブレーキはやはり普通に踏むと私が思うよりも制動力が出てしまいます。慣れないとブレーキを踏む度につんのめります。スポーツ走行には良いかもしれませんが、街乗りだとちょっと私には合わない感じでした。
 ステアフィールは少し薄い感じです。アシスト量も少し多め=軽い感じ。個人的にはもう少し、がっちりした感じが良いですが。まあ、電動パワステとして悪くはないです。異形ステアリングは・・・やはり気になります。交差点を曲がる時につかむ場所がへこんでいるのは嫌です。なんでこんなステアリングにしちゃうかなあ。
 シフトフィールは期待ほどではなく、ちょっと軽い感じです。まあ、でも、FFならこんなものかな?操作性は良いです。ただし、前述の通り、私のポジションだとちょっとレバーが遠いですが。
 エンジンは普通。発進は楽ですし、普通に入る限りトルクは不足ありません。2000回転シフトアップで、するすると走れませす。ただ、音は普通ですし、余りスポーティなエンジンには感じません。もっとも街中試乗ですし、それほど上まで回してはいませんし、アクセルも余り踏んではいませんが。まあ、正直なところ、踏みたくなる感じがしなかった、のもあります。
 脚は街乗りには少し硬め。路面の凹凸を拾って車が動き続けるということはないですし、大きな入力を受けても突き上げはそれほど強くありませんし、ドタバタはしません。トーションビームっぽい動きもほとんど感じられません。ただし、前述の通り、タイヤの感触は好みにあいません。違うタイヤにしたらもっと良くなるのではないかと思います。
 試乗コースで上りで少し踏めるコーナーがあり、そこだけちょっと踏んで入ってみました。車の動きは押さえられていてなかなか良い感じです。ただし、ボディ剛性感は期待したほどではないです。まあ、1t切っている軽い車ですから、こんなものかな?
 シートは悪くはないですが、取り立ててスポーティーな感じとか、良いシートという感じではありません。普通です。まあ、「走る」人はシートは買えちゃうでしょうから、まあ、いいのかな。昔はレカロのオプションがあったりしましたが。
 戻ってからメーターを確認。INFOのスイッチを押すと「瞬間燃費、平均燃費、走行可能距離」「平均速度、走行時間」「時計」「モーション表示(Gボール)」「パワートルク表示」「アクセル/ブレーキ表示」「ブースト/油温」「デジタル速度」と表示を切り替えることが出来ます。上に温度、下にODOとトリップは常に表示されていますから、私の希望に合致しています。ただし、エンジンを切ると全て消えてしまいます。その際に一度走行時間、走行距離、走行可能距離が表示されますが、写真も撮れない位すぐに消えてしまいます。意味ないですよ、これは。しばらくは表示したままにするとか、キーをロックすると消えるとかにしてくれないと。続けて、走行G履歴表示が表示され、これまた直ぐに消えます。設定すると表示方法が変えられるのかはわかりませんでした。フォードはオフしてもODOとトリップは表示され続けるのですが・・・・。エンジンを切ると一気にオフされるので、距離などをメモするのはNDと同じく二度オンしないといけません。一度では表示されません。クラッチを踏んでいれば、一度でエンジンが掛かって表示はされますが、ガソリンの無駄です(だからエンジン切るので)。距離をメモするような人間は私以外には滅多にいないのでしょう(苦笑)。でも、スタートボタンでなければ、キーを一度ひねれば表示されて、更に回すとエンジンがかかるものですが・・・・。
 荷物室は全長3.89mのBセグなので広くはないですが、幅は1mはあり、奥行きは0.56mから0.65m位ありますから、フィエスタとほぼ同じです。我が家でファミリーカーとして使うには少し狭いですが、フィエスタで旅行に行った実績はあります。床板をめくるとパンク修理キットがあります。特にボードはないので、シートを倒すと大きな段差が出来ます。これは昔の欧州車の用です(笑)。
 後部座席は全長を考えると十分な空間があります。シートは少し柔らかい感じですので、後に数時間乗るのは辛いかもしれません。まあ、普通そういう使われ方はしない車ですし、例えば、義父を乗せてお墓参りに行ってお昼食べて帰る位なら問題ないでしょう。

 総合的に見ると、良い車だと思います。ただし、ちょっとA110っぽい感じも。どういうことかというと絶対的には良いと思いますが、期待値ほどではありませんでした。まあ、いつもの通り、コンチが嫌いなのでそれがかなり影響している可能性はあります。ただ、なんというか、街中で試乗程度だと、楽しい!とか走り回りたい!という気持ちにはならず、良く出来たコンパクトカーという印象です。そういう意味では、スイフトスポーツというよりもスイフトGTかも?一つはシフトフィールが期待ほどではなかったこと、もう一つはエンジンが前述の通り「ほら、いくぜ!回せ!」というタイプではないことが理由です。エンジンは好みの問題でしょう。個人的には、この車なら、相方号として、2ペダルの方が良いかもしれません。

 ただし、A110と違うの価格。本体価格は約200万(スズキ セーフティーパッケージ非装着車だと187万円)ですから、走り志向の人はこれをベースに手を加えていけば良いと思います。”GT”として見れば、200万ちょっと結構豪華装備満載です。ACCもありますし。全方位モニターをつけても207万円です。ナビ・オーディオは別ですが、国産車ではこれが普通です。ただし、装備面で一つ問題が。シートヒーターが運転席にしかありません。あいたた。これは相方号として致命的です。なんでそこをけちるかな。オプションでもいいから助手席にもつくようにしてくれないと。
 現在、新車で買える約200万円クラスの車としては、クラス最良級だとは思います。ヤリスのMTは価格は安いですが、取り立ててスポーツグレードではなく、Zにオプションの16インチホイールやBSMをつければ価格は似たようなものです。まあ、マツダ2には15MBという隠し球がありますが。NR-Aと同様に意外と装備充実しています。ただ、絶対的な速さでは所詮1.5L NAですから、スイスポの敵ではないでしょう。それと全長4m越えているのが個人的にはBセグとしては許せません。それと普通のマツダ2(というかデミオ時代ですが)に試乗した経験から言うと乗り心地もスイスポが優ると思います。
 単にBセグといってしまうとルーテシアRS(ぎりぎりまだ買える?)なんてのも乱入してきてしまいますが、価格が違います。ついでにこれまた全長4m越えている3ナンバーなので、個人的にはBセグからはみ出していると思います。まあ、そういうRSとかGTIとかTypeRとか、そういうスポーツグレードを除いて、比較すればBセグで最良級でしょう。まあ、スイスポもそういうスポーツグレードなんですが・・・・うーん、これはやはりGTかな。それらと正面切って戦うのならスイフトスポーツRというべきグレードが欲しいですね。ヘリカルLSD位とよりスポーティーなシートを装着して。まあ、それは個々が好きなようにやってば?ということなんでしょう。
 
 この時はたまたまフィエスタで行ったので、帰りに試乗コースを走って比較してみました。フィエスタの方が脚は柔らかく、車の動きは大きく感じます。まあ、昨日書いたようにヤレが感じられるのでそのせいもあるかもしれません。ですから、乗り心地は微妙。タイヤの差でフィエスタかな?ステアリングはやはり真円が良いですね。ステアフィールもフィエスタが良いかな?トランスミッションはまあ、フィエスタくんのDCTは、DCTの中でも余りお上手ではないので勝負になりません。試乗でちょっと突っ込ませたコーナーでは、良い勝負です。フィエスタの方がややロールは大きく感じますが、どちらも車は安定していますし、不安はありません。
 ここまでミッションの違いは別にするとそれほど大きな差はないのですが、一つだけ大きな差がありました。それはエンジン。音、フィーリング、トルク感、全てフィエスタが上です。勿論、スイスポももっとアクセル踏んで回せは違う印象になると思いますが、普通にはしっているとフィエスタのエコブーストの方が良いですね。排気量は小さいですし、スペック上は非力なんですが・・・。まあ、好みの問題かもしれません。エコブースト3気筒ですが、なかなか良い音をしています。低回転からばーんとトルク出ています。ただ、上は伸びないので、その領域にいけば、スイスポが優るのでしょうね。もっともスイスポも6000ちょっと(メーター上6250位からレッド)がレブリミットですが。
 フィエスタが欧州では当たり前のMTだったら?ちょっとスイスポに勝ち目はないかな?絶対的な乗り心地はスイスポが優るでしょうが(特にタイヤを変えてしまえば)。
 スイスポ、良いのですけれど、帰りにフィエスタの良さを再確認してしまったので・・・フィエスタvsスイスポだとフィエスタの勝ちですね(苦笑)。

|

« 7/26/20’:クーガとフィエスタの乗味が落ちている・・・ | トップページ | 7/28/20’:フィエスタvsスイスポ:補足 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/26/20’:クーガとフィエスタの乗味が落ちている・・・ | トップページ | 7/28/20’:フィエスタvsスイスポ:補足 »