« 5/22/20’:F-2後継機は飛ぶのか? | トップページ | 5/26/20’:国内航空産業を維持するためには? »

5/25/20’:リアル名車再生!?白爺:ようやく少しわかってきた

 マツダから連絡があり、Mくんが今週末にようやく退院してきます。また、緊急事態宣言も解除されました。が、しかし、白爺の作業はまだ終わっていません(苦笑)。Mくんが帰ってくるまでになんとか左側を終わらせないといけないのですが・・・・。
 何故終わらないのか?それは同じ箇所を何度も繰り返し作業しているからです。前回述べたように失敗してやりなおしたているからです。もう一つは最初は時間を考えて、今回は作業はしない、この程度で妥協しようと思っていた部分が気になって結局手をつけてしったからです。結局、それを含めてやり直し。

 やり方がまずくて、パテ盛りしてでこぼこなので削ったらへこんでいて再度塗って削ったら削り過ぎてと(苦笑)。
 昔タッチアップした箇所を削ろうとすると妙に硬くてそこだけ残って周りが先に削れたり。今回もタッチアップですませようとして塗って削ったら傷に塗料が入り込んでいなくて傷だけ残ったり。もうへろへろです。
 
 わかったこと。

・くぼんでいる部分は塗料じゃ埋められない
 タッチアップしてもうまくいかないので、周囲ごと削って塗り直さないと駄目ですね。中途半端に削ると失敗、大胆に広めに削って塗り直ししないと。または、薄付けパテを盛ってから塗らないとうまくいかない。

・厚付けパテは難しい
 柔らかいので沢山つけると垂れますし、へらではなかなか平坦になりません。へらについて髭が出来たり。なので、大きな穴は固形のパテで埋めて、飛び出さないようにして、少しくぼんだ程度までならして、後から薄付けパテを盛って整形すれば私でもなんとか出来ます。

・塗るならスプレー
 素人に筆塗りは無理です。小さい傷で鉄部分が露出したのを隠すならタッチアップですが、綺麗に塗るのは難しいです。また、傷が小さすぎると筆では塗料が入りません。多分、薄めればもう少しうまくいくかも。

 何度もやり直してようやくそれなりに出来るようになりました。え?大事なAWで練習しているようなものだ?そうです。いいんですよ、練習で。AWは手放す気はないので、素人修理しても問題ありません。どうせいつか、外装をフルレストアするのですから!

 終わったのは

・ピラーのつや消し黒塗装
 最初はタッチアップして削ってみましたが駄目でスプレーで全部塗って・・・最初のタッチアップした部分の凹凸が残って削ってやり直し。塗り直してようやく完成。まあ、じっとみるといまいちですが、今回はこれで終わりです。

・リアバンパーの留め具
 錆チェンジャーをかけてその上から塗ったので表面が荒れたままででこぼこですが、まあ、ここはつけてしまえば見えないのでよしとします。ねじ切れたボルトはなんとか取れないかとやってみましたが、ほとんど外に出ていなくてドリルでもんで取るしかありません。ですが、今回はそこまでやる暇はないですし、まあ、一本無くてもなんとかなるのでそのままとめました。

以上終わりです。え?たったそれだけ?それだけです(苦笑)。リアマッドガードは終わったはずでしたが、使った塗料が古くなっていたせいか、垂れまくってやり直し中です。

 外は

・後は本塗り
 フロント、左ドア、左リアフェンダーの前側

・薄付けパテ整形後、下塗り
 左リアフェンダー後側、左フロントフェンダー後側

・下地からやり直し
 左リアマッドガード

・未着手
 フロントスポイラー
 
 という状況です。フロントスポイラーはMくんが帰ってきてからでも作業は出来るので後回しです。マッドガードも外してあるので後から作業出来ます。ともかく、それ以外をなんとか終わらせないと。ただ、本塗り用の缶スプレーを買ってこないと。手持ちのは未使用品でしたが前述の通り古くてうまく塗れませんでしたので・・・。

|

« 5/22/20’:F-2後継機は飛ぶのか? | トップページ | 5/26/20’:国内航空産業を維持するためには? »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/22/20’:F-2後継機は飛ぶのか? | トップページ | 5/26/20’:国内航空産業を維持するためには? »