« 5/17/20’:リアル名車再生!?白爺:失敗とやり直しの連続 | トップページ | 5/22/20’:F-2後継機は飛ぶのか? »

5/20/20’:銀英伝 自由惑星同盟軍に将官、士官はどれ位いるのか?

 さて、銀英伝の新作アニメが放送されていますが、ふと思ったのですが、同盟軍の将官、士官はどれ位いるんでしょう?その手始めにまず、同盟国の艦隊がどういう編制になっているかを考えてみました。軽い気持ちで始めたのですが・・・・酷く手間(時間)がかかってしまいました。(^^;

 アニメ版も参照しますが、基本的には小説版を元に得られる情報から考えます。わかっていることをまず列挙します。
・艦隊司令官は中将
・艦隊には少なくとも以下がいる
 副司令官:少将
 主席幕僚:少将
 分艦隊指揮官:少将や准将
 次席幕僚:准将
 幕僚:佐官
・戦艦の艦長は中佐だが、大佐の場合もある
・戦艦の副長は少佐
・巡航艦と駆逐艦の艦長は少佐
・1個艦隊は約15000隻、兵員約150から200万?

 最後の兵員数ですが、第13艦隊が編制されたは1隻平均約130人なので、15000隻だと200万弱。ただ、アムリッツァ会戦の動員兵力だと1隻平均約100人なので15000隻だと150万です。前者は相対的に大型艦の割合が高かったと理解します今回の想定は編制での「定数」で1個艦隊は約15000隻、兵員約160万人としました。実際には定数を満たしていない場合も多いでしょう。士官が不足して兼任していることもあります。
 
 編制は艦隊の下にいくつかの分艦隊がある、ということしかわかりません。ただ、15000隻160万の大組織で、分艦隊の下が個艦というのはありえないでしょう。管理しきれません。もっと階層構造があるはずです。その分艦隊も例えば、1個艦隊は3個分艦隊から成るのか、臨時に艦隊の一部を別行動させる際に分艦隊を編成するのかはよくわかりません。

 銀英伝世界の艦隊戦は、誰もが思うように普通の宇宙戦というよりも1隻を兵員1人に見立てた陸戦と受け取るべきでしょう。概ねナポレオン時代以前の皆が自分の足で移動していた時代の陸戦です。1個艦隊は1個軍団で、複数の師団からなると考える方が良さそうです。師団=DIVISION=分艦隊です。師団は複数の連隊からなります。とはいえ、師団長=艦隊司令官が中将の同盟軍はちょっとおかしい気がしますが・・・・。階級から言えば、旧帝国陸軍の師団に相当します。

 悩ましいのですが、記述と矛盾しなように以下の編制としました。

 艦隊:15000隻、約160万人:司令官中将
  分艦隊:約4500隻、約50万人:司令官少将 x3:うち1個は副司令官、2個は分艦隊司令官が率いる
    戦隊:約1000隻、約12万人:司令官准将 x4
     群:約40-100隻、約1万人:司令大佐 x10
      複数の戦艦、宇宙母艦、巡航隊、駆逐隊、支援隊からなる
       巡航隊、駆逐隊、支援隊:司令中佐

 艦隊旗艦(戦艦)、宇宙母艦:艦長大佐、副長中佐
 戦艦:艦長中佐、副長少佐
 巡航艦、駆逐艦、支援艦:艦長少佐、副長大尉
 
 なお、支援艦は、補給系を中心とする色々な後方支援艦の総称です。実際には色々な種類があるでしょうし、艦内の編制や人数も異なると思いますが、ここでは、そこまで決めきれないので、それの平均的な支援艦を表しているとします。また、駆逐艦以外の小型戦闘艦もあるようですが、面倒なので、駆逐艦も同様の平均的な小型戦闘艦を表しているとします。

 これだけの数だともっと階層が欲しいのですが、いかんせん、艦隊司令官が中将で、戦艦の艦長が中佐だとどうにもなりません。まあ、帝国陸軍の軍司令官も師団長も中将という風にすれば階層は増やせますが、作中それを示す描写はありません。なので、仕方なく上記の階層しました。名称は適当です。
 なお、作品中では分艦隊の司令官は少将だったり准将だったりしますし、数も2000隻程度である場合が多いのですが、准将率いるあの分艦隊は編制上の分艦隊ではなく、臨時編成の分遣隊という意味の分艦隊だと解釈します。つまり、1個戦隊を中核に他の部隊から派遣されたものを含めて戦隊司令官の准将が率いる、という訳です。

 艦長が少佐の艦は軍艦ではなく、複数で隊を編制し、隊司令が大型艦の艦長と同格という旧帝国海軍式を採用しています。宇宙母艦はほとんど登場せず(存在しているのは記述されていますが)、搭載機数なども不明ですが、まあ、大型だろうということで、艦長は大佐にしました。艦隊旗艦は艦隊と分艦隊司令官が座乗し、この艦長は原則大佐とします。司令部機能を有しています。
 もう一つ悩ましいのがスパルタニアンです。どうやらヒューベリオンにはポプランら4人の大尉が乗艦していたようです。ですが、搭載機数はわかりません。宇宙母艦よりは当然少ないでしょう。仕方ないので勝手に決めました。
 飛行戦隊:隊長少佐:48機
  飛行隊:隊長大尉:12機
   飛行小隊:隊長中尉:4機

 搭載数
  宇宙母艦:2個飛行戦隊=8個飛行隊
  旗艦:1個飛行戦隊=4飛行隊
  戦艦:2個飛行隊

 これで大尉が4人ヒューベリオンにいることと整合性がとれます。

 当初は司令官と艦長を決めて、佐官以上の数だけ設定しよう・・・あ、各司令部要員がいる・・・・あ、副長や各科長がいる・・・・駄目だ・・・結局、個々の艦の士官の数までとりあえず設定する羽目になりました。さすがに下士官と兵はそれぞれひとまとめにしましたが。その詳細は余り意味がないので省きます。

 さて、こうして設定した艦隊の将兵はどういう構成でしょうか?以下の通りです。

中将:1人
少将:4人
准将:17人
大佐:803人
中佐:6113人
少佐:27684人
大尉:82536人
中尉:159162人
少尉:224487人
下士官;364639人
兵:738652人
計1604098人

 とんでもない数です。12個艦隊あるので、機動運用される戦力だけで
中将:12人
少将:44人
准将:204人
大佐:9636人
中佐:73356人
少佐:332208人
大尉:990432人
中尉:1909944人
少尉:2693844人
下士官:4375668人
兵:8863824人
計19240176人
です。少佐だけで33万人!自衛隊の定数を超えます(苦笑)。

 そのほか、根拠地の守備隊や警備艦隊、兵站部隊、各種学校・機関(軍政や軍令含む)などを合計して艦隊合計と同じ程度と仮定すると

中将:24人
少将:88人
准将:408人
大佐:19272人
中佐:146712人
少佐:664416人
大尉:1980864人
中尉:3819888人
少尉:5387688人
下士官:8751336人
兵:17727648人
計38498352人

です。もうよくわかりません(苦笑)。
 
 作品中の士官学校の1クラスが何人かは不明ですが、何万人もいるようには思えません。また、士官学校は複数(各星系に)ある可能性もあるにはありますが、それにしても、これだけの数の士官を供給するとなると恐ろしい数の士官学校が必要です。また、士官学校の卒業者が多いと上にいくほどポストは減るので、色々と不都合が生じます。士官学校出身者は日本の官僚でいうところのキャリア組で、大きな失態がなく、生き残れば、原則大佐まで昇進出来るのが普通だと思います。大佐が約2万人、少尉が約540万ですから、単純計算だと270人に1人しか大佐に昇進出来ません。

 となるとROTCや下士官兵からの昇進者などが数の上では過半を占めるのだと思われます。相対的に少数の士官学校卒業者は、恐らく30歳前には少佐まで昇進するが当たり前だと思います。作品中でもヤンやアッテンボローなどなど昇進速度が早い人物が少なくありませんが、これだの高級士官が必要なら当然です。下士官兵からの昇進者でも佐官には普通に昇進出来るでしょうし、大佐位まではいけるのでしょう。将官はさすがに士官学校を出ていないとかなり狭き門なのでしょうが。

 今回の推測は大枠以外は明確な根拠がなく、あくまで私が「こんな感じ」と考えたものですが、膨大な士官が必要になるであろうというのは明白です。恐ろしい世界です。

 しかし、やっぱり艦隊司令官が中将は無理がありますね。艦隊司令官が大将で、分艦隊司令官は中将、戦隊司令官が少将、群が准将、その下に大佐の隊があり、隊は複数の戦艦や空母または巡航隊、駆逐隊、支援隊からなるとした方が妥当に思えます。作品の記述は無視して、 艦隊:15000隻、約160万人であれば、私なら

 艦隊:15000隻、約160万人:司令官大将
  分艦隊:約4500隻、約50万人:司令官中将 x3:うち1個は副司令官、2個は分艦隊司令官が率いる
   戦隊:約1000隻、約12万人:司令官少将 x4
    群:約200隻前後、約2万人:司令官准将 x4
     隊:約20-50隻、約4-5千人:司令大佐 x4
      複数の戦艦、宇宙母艦、巡航隊、駆逐隊、支援隊からなる

にします。
 またが1個艦隊の規模を縮小し、
 艦隊:10000隻、約110万人:司令官中将
  分艦隊:約2000隻、約22万人:司令官少将 x4:うち1個は副司令官、3個は分艦隊司令官が率いる
    戦隊:約450隻、約4.5万人:司令官准将 x4
     群:約40-100隻(艦種による)、約1万人:司令大佐 x4
      複数の戦艦、宇宙母艦、巡航隊、駆逐隊、支援隊からなる
       巡航隊、駆逐隊、支援隊:司令中佐
でも良いと思います。
   
 帝国側は正直よくわかりません。ラインハルトの履歴からすると准将で200隻、少将で1000隻程度を率いていたようで、アスターテでは上級大将で約2万。艦隊司令官は概ね大将か上級大将ですが、中将の場合もあるようです。どうも同盟ほどは画一的な編制がないような印象を受けます。ナポレオン時代よりももっと前、百年戦争位、日本で言えば戦国時代位と同じで、それぞれの将官が自分の手勢(自分の領土で養っている、とは限らないにせよ)を率いている感じがします。上級大将二人で3万隻の場合もありますし、大将二人で1.6万隻とか。「艦隊」といっても1万弱から2万位まで幅があります。編制はばらばらなんじゃないでしょうか?なので、推測のやりようがないので放棄します(笑)。

|

« 5/17/20’:リアル名車再生!?白爺:失敗とやり直しの連続 | トップページ | 5/22/20’:F-2後継機は飛ぶのか? »

戦史・軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/17/20’:リアル名車再生!?白爺:失敗とやり直しの連続 | トップページ | 5/22/20’:F-2後継機は飛ぶのか? »