« 4/26/20’:白爺の絆創膏を剥がしたら | トップページ | 5/1/20’:ヴァーチャル名車再生!?難しい »

4/28/20’:ヴァーチャル名車再生!? ジムニー

 明日から連休という方も一部いらっしゃると思います。私も今年は明日から5/6まで連休です。元々GWは混雑するし、宿は高いので遠出しませんが、今年は近距離でも出かけ難く、家にこもっている他ありません。そこで、名車再生に倣って、私ならこの車をこう再生する!というのをヴァーチャルにやってみたいと思います。
 ただし、ヴァーチャルとはいえ、何でもありという訳ではありません。まず我が家の駐車場は全てうまっていますが、Mくん入院中だけ1台分空いています。ですので、Mくんが帰ってまで、主に連休中に作業が終えることを想定します。その上で、以下の条件で候補を選びます。

1.近隣で販売されている車
 COVID-19のせいで実際に見に行って買ってくる訳にはいきませんが、そうでなければ見に行ける距離内で実際に販売されている車を対象にします。

2.販売価格が安価な車
 現実に購入して修理、整備に必要な部材を購入及び作業を依頼(外注)することが出来る車を対象にします。予算は3000ポンド・・・じゃない50万円としておきます。

3.私のスキル/道具+α程度で修理出来る車
 現実には私のスキルではほとんど出来ることはないので、少し下駄を履かせます。まあ、数十%増し程度にとどめておきます。また、工具類も現実よりも多少多めにしておきます。現在所有していないものの、購入出来る程度のものはあるとします。エンジンクレーンとか溶接機なんかは無理なので無しです。スプリングコンプレッサーとかインパクトドライバー程度は揃っていることにします。
 当然ながらエンジンを落としてOHとか、ミッション下ろして修理とか、全塗装とか、そういうことは出来ません。私はエドでもアントでもないですから。

4.高性能過ぎない車
 2.や3.とも関連しますが、仮に購入出来る金額でもパワーがあり過ぎたり複雑過ぎる車は対象外にします。手に負えませんし、当然、部品も高いですからね。なので、激安E46 M3があったとしても対象にしません。比較的小型軽量な車が中心になるでしょう。
 実際に見に行くことは出来ないので、写真が多い売り物の中から選びます。

 さて、第一回目は、ジムニーです。1998年式、JA22。走行距離13.1万km。車輌本体価格は25.8万円!車検整備付きで総額38.1万円と表示されている車です。本物の名車再生なら、現状渡しで引き取って(勿論、更に値切って、20万位で購入かな?)、自分整備して車検通して・・・ですが、それはハードル高いので、今回は38.1万円で車検2年付きで購入し、その後、出来ることをやる、としましょう。
 写真を見ると外装は綺麗そうです。ホイールはノーマルではありませんが、リフトアップされて必要以上に大きなものんはなっていません。マフラーもノーマルじゃないかな?リアのスペアタイヤが見当たりません。ルーフキャリアがついていますが、これは要らないので外しましょう。
 給油口の内側に若干の錆が見えます。ライトカバーはくすんでいますね。
 内装シートは概ね綺麗ですが、天井が若干痛んでいるかな?樹脂部品は若干傷があるようですが、まあ、年式考えたら悪くはないでしょう。
 エンジンルームはまずまずですが、インタークーラーのフィンが結構曲がっているかな?クラッチ新品、ミッションOH済みと書かれています。どこまで信用出来るかはわかりませんが、当座は大丈夫かな?
 下回りの写真は少ないので、はっきりしませんが、22年前の車にしては悪くない感じです。ただ、リアのデフケースに溶接した跡があるような?開けて直しただけかもしれませんが。

 さて、問題点は余りなく、とりあえずはこのまま普通に乗れそうです。やるべきところが余りありません(笑)。やるべき作業は以下の通りです。

・ライトカバー
 磨くか交換するか?部品があるなら交換でしょう。そう高額な部品ではありません。精々1万円位?ただ、JA22は谷間で部品が無くなりつつあるらしいので、もし、入手出来ないなら磨きましょう。

・インタークーラー
 交換が必要なほど痛んでいるようには思えませんので、清掃して、曲がっているフィンを起こす程度にしておきます。

・細かい錆の手当
 錆チェンジャーを塗った後、タッチアップする位で十分でしょう。

・タイヤとホイール
 そのままでも問題はなさそうですが、好みと違うので交換しましょう。タイヤとホイールのセットでもよほど高価なホールを選ばない限り、10万円もしません。スペアタイヤとカバーはヤフオクなどを見ると合わせて1万円もせずに入手出来そうです。

・ルーフキャリア取り外し
 不用なので外します。外した跡を綺麗にする必要があるかもしれません。これは捨てずに取っておきましょう。車を手放す時に次のオーナーが必要なら付けられるように。

・エアクリーナーとプラグ交換
 状態が不明ですが、新しい車ではないですし、確認して新しくなければ交換しましょう。

・内外装、エンジンルーム磨き
 基本的には大きな問題はないので、後はひたすら掃除して磨ける部分は磨きましょう。

 必要な部品は大雑把に言えば、10万円もしません。車の購入費用38.1万円と合わせて、予算内の50万円には収まりそうです。今回、想定した作業は、リアルな私に出来ます。時間も連休中で事足ります。

 では、転売して利益が得られるか?これはどう考えても無理です。何故か?付加価値がないからです。総額50万円弱で仕上げたとしても売値は30万円位でしょう(苦笑)。ヤフオクなで売ればうまくいけばもう少し高くなるかもしれませんね。車検がほぼ2年残っていますし。

 利益を出すためにはやはり現状渡しで値切って20万円位で買ってきて、自分で必要な整備をして、車検を通して、総額30万円程度に抑えないと駄目でしょう。更に実物を見て、乗ればもっと色々なトラブルが出てくる可能性はあります。ダンパーやブッシュが駄目かもしれません。実はオイル漏れがあるかもしれません。そうすると経費はかさみます。マイクとエド/アントは偉大ですね。

 ヴァーチャル名車再生!?1回目は赤字になりそうです!(^^;;

 と、まあ、一度やってみましたが、やはり実物を見て可能なら試乗して、駄目でも、エンジンかけたり色々操作してみないと状態はわかりませんから難しいですね。果たして2回目はあるか(苦笑)。

|

« 4/26/20’:白爺の絆創膏を剥がしたら | トップページ | 5/1/20’:ヴァーチャル名車再生!?難しい »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/26/20’:白爺の絆創膏を剥がしたら | トップページ | 5/1/20’:ヴァーチャル名車再生!?難しい »