« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

4/28/20’:ヴァーチャル名車再生!? ジムニー

 明日から連休という方も一部いらっしゃると思います。私も今年は明日から5/6まで連休です。元々GWは混雑するし、宿は高いので遠出しませんが、今年は近距離でも出かけ難く、家にこもっている他ありません。そこで、名車再生に倣って、私ならこの車をこう再生する!というのをヴァーチャルにやってみたいと思います。
 ただし、ヴァーチャルとはいえ、何でもありという訳ではありません。まず我が家の駐車場は全てうまっていますが、Mくん入院中だけ1台分空いています。ですので、Mくんが帰ってまで、主に連休中に作業が終えることを想定します。その上で、以下の条件で候補を選びます。

1.近隣で販売されている車
 COVID-19のせいで実際に見に行って買ってくる訳にはいきませんが、そうでなければ見に行ける距離内で実際に販売されている車を対象にします。

2.販売価格が安価な車
 現実に購入して修理、整備に必要な部材を購入及び作業を依頼(外注)することが出来る車を対象にします。予算は3000ポンド・・・じゃない50万円としておきます。

3.私のスキル/道具+α程度で修理出来る車
 現実には私のスキルではほとんど出来ることはないので、少し下駄を履かせます。まあ、数十%増し程度にとどめておきます。また、工具類も現実よりも多少多めにしておきます。現在所有していないものの、購入出来る程度のものはあるとします。エンジンクレーンとか溶接機なんかは無理なので無しです。スプリングコンプレッサーとかインパクトドライバー程度は揃っていることにします。
 当然ながらエンジンを落としてOHとか、ミッション下ろして修理とか、全塗装とか、そういうことは出来ません。私はエドでもアントでもないですから。

4.高性能過ぎない車
 2.や3.とも関連しますが、仮に購入出来る金額でもパワーがあり過ぎたり複雑過ぎる車は対象外にします。手に負えませんし、当然、部品も高いですからね。なので、激安E46 M3があったとしても対象にしません。比較的小型軽量な車が中心になるでしょう。
 実際に見に行くことは出来ないので、写真が多い売り物の中から選びます。

 さて、第一回目は、ジムニーです。1998年式、JA22。走行距離13.1万km。車輌本体価格は25.8万円!車検整備付きで総額38.1万円と表示されている車です。本物の名車再生なら、現状渡しで引き取って(勿論、更に値切って、20万位で購入かな?)、自分整備して車検通して・・・ですが、それはハードル高いので、今回は38.1万円で車検2年付きで購入し、その後、出来ることをやる、としましょう。
 写真を見ると外装は綺麗そうです。ホイールはノーマルではありませんが、リフトアップされて必要以上に大きなものんはなっていません。マフラーもノーマルじゃないかな?リアのスペアタイヤが見当たりません。ルーフキャリアがついていますが、これは要らないので外しましょう。
 給油口の内側に若干の錆が見えます。ライトカバーはくすんでいますね。
 内装シートは概ね綺麗ですが、天井が若干痛んでいるかな?樹脂部品は若干傷があるようですが、まあ、年式考えたら悪くはないでしょう。
 エンジンルームはまずまずですが、インタークーラーのフィンが結構曲がっているかな?クラッチ新品、ミッションOH済みと書かれています。どこまで信用出来るかはわかりませんが、当座は大丈夫かな?
 下回りの写真は少ないので、はっきりしませんが、22年前の車にしては悪くない感じです。ただ、リアのデフケースに溶接した跡があるような?開けて直しただけかもしれませんが。

 さて、問題点は余りなく、とりあえずはこのまま普通に乗れそうです。やるべきところが余りありません(笑)。やるべき作業は以下の通りです。

・ライトカバー
 磨くか交換するか?部品があるなら交換でしょう。そう高額な部品ではありません。精々1万円位?ただ、JA22は谷間で部品が無くなりつつあるらしいので、もし、入手出来ないなら磨きましょう。

・インタークーラー
 交換が必要なほど痛んでいるようには思えませんので、清掃して、曲がっているフィンを起こす程度にしておきます。

・細かい錆の手当
 錆チェンジャーを塗った後、タッチアップする位で十分でしょう。

・タイヤとホイール
 そのままでも問題はなさそうですが、好みと違うので交換しましょう。タイヤとホイールのセットでもよほど高価なホールを選ばない限り、10万円もしません。スペアタイヤとカバーはヤフオクなどを見ると合わせて1万円もせずに入手出来そうです。

・ルーフキャリア取り外し
 不用なので外します。外した跡を綺麗にする必要があるかもしれません。これは捨てずに取っておきましょう。車を手放す時に次のオーナーが必要なら付けられるように。

・エアクリーナーとプラグ交換
 状態が不明ですが、新しい車ではないですし、確認して新しくなければ交換しましょう。

・内外装、エンジンルーム磨き
 基本的には大きな問題はないので、後はひたすら掃除して磨ける部分は磨きましょう。

 必要な部品は大雑把に言えば、10万円もしません。車の購入費用38.1万円と合わせて、予算内の50万円には収まりそうです。今回、想定した作業は、リアルな私に出来ます。時間も連休中で事足ります。

 では、転売して利益が得られるか?これはどう考えても無理です。何故か?付加価値がないからです。総額50万円弱で仕上げたとしても売値は30万円位でしょう(苦笑)。ヤフオクなで売ればうまくいけばもう少し高くなるかもしれませんね。車検がほぼ2年残っていますし。

 利益を出すためにはやはり現状渡しで値切って20万円位で買ってきて、自分で必要な整備をして、車検を通して、総額30万円程度に抑えないと駄目でしょう。更に実物を見て、乗ればもっと色々なトラブルが出てくる可能性はあります。ダンパーやブッシュが駄目かもしれません。実はオイル漏れがあるかもしれません。そうすると経費はかさみます。マイクとエド/アントは偉大ですね。

 ヴァーチャル名車再生!?1回目は赤字になりそうです!(^^;;

 と、まあ、一度やってみましたが、やはり実物を見て可能なら試乗して、駄目でも、エンジンかけたり色々操作してみないと状態はわかりませんから難しいですね。果たして2回目はあるか(苦笑)。

| | コメント (0)

4/26/20’:白爺の絆創膏を剥がしたら

 錆チェンジャーを塗ったで、次はパテ埋めして・・・いや、やはり絆創膏が気になりますので、剥がしてみました。あう、やっぱり錆びていますした。仕方ないので片っ端から引きはがしました。作業のために防護ゴーグルも買ってきました。COVID-19が悪化して、危ないエリアに行くことになったらこれで目も守れます!?

 パテを取り除いたらかなり錆びは進んでいてあちこち穴が相手しまいました。

  2004260

ともかくぐさぐさの部分は取り除き、ワイヤーブラシかけて、最後に樹脂ブラシをかけて、錆びチェンジャーを塗れるだけ塗りました。

2004261

さて、この後どうしましょう。錆びの程度から言えば、切り取って新しい鉄板を溶接すべきでしょう。でも、そんな高等な作業は出来ないので、ともかく何かつめてパテもってみます。少なくとも当座はこれでしのげるでしょう。
 問題は何をどうつめるか?全部パテでも良いのですけど、かなりの量が必要になりますね。少し考えましょう。

| | コメント (0)

4/24/20’:クーガ車検終了

 ずっとテレワークで自宅にいるのでお昼に引き取ってきました。もっとも明日は土曜日だったので今日慌てて引き取らなくても良かったなと帰りに思いました。少し曜日の感覚が狂ってきていますね(苦笑)。
 特に追加はなく、予定通り。一緒にタッチペンを頼んだのですが、それはまだ来ていないとのこと。このご時世だと仕方ないですね。
 気温はそれなりですが、日差しが強く、車の中が暑く感じました。エアコンをオートでつけたのですが・・・・余り涼しくないです・・・・あれ?壊れた?・・・・大丈夫でした。温度設定を下げたらちゃんと冷たい風がでました。ふー。しかし、この程度の日差しでこれは(苦笑)。

 という訳で、クーガも7歳です。この調子だと、まあ、9歳までは我が家にいるでしょうね、何か事件/事故が無ければ。

 クーガで気になるのはサイドウインドウ下側につけられている金属製モールのくすみ。

2004242

まあ、最近くすんできたのではなく、一年程度でこの状態でした。これだから輸入車は、です(苦笑)。GWですが遠出することは難しいので、磨いてみようと思っています。アルミなのかな?クリア塗装していないのかも?クロームメッキのフィエスタはまったく問題ないですからね。うまく外せれば磨いてクリア塗装してみましょう。クロームメッキするのはハードル高いので。壊さずに外すのが難しいそうだならマスキングして磨くだけ磨きましょう。まずは、ピカールの出番だ!

| | コメント (0)

4/22/20’:白爺の錆

 名車再生に感化された・・・というか、Mくん不在で車庫の中にAWだけなので作業が出来るので見ていたのですが、左後の錆がまた酷くなっているのがわかりました。この車は我が家に来る前に左側を当てて補修しているのですが、その補修のレベルがかなり酷いものでした。購入してまもなくリアフェンダー周りがさびてきていました。一応手当したのですが、結局、そのままちゃんと専門業者に修理を依頼せずそのまま乗ってました。その部分でまた錆が進行していました。

2004181
 表面をこすったらぼろぼろ崩れてかなり酷い有様。

  2004182

走行に支障はありませんが、ともかく、再度応急手当しました。錆を削り落とせるだけ落として、後は錆チェンジャーを塗りました。

2004183

この後どうするかですが、表面保護のためにパテもって、スプレーで塗装する予定です。あくまで応急手当です。他も小傷がそのままになっているので、そろそろしばらく入院して一気にまとめて直してもらいたいです。ただ、Mくんが帰ってきて、COVID-19が落ちついてからかなあ?
 まあ、錆はこの左後だけで、後は酷くないのが幸いです。なお、中央のクリーム色っぽい丸は昔の応急手当した時の絆創膏の残りです(苦笑)。

| | コメント (0)

4/21/20’:昔からあこがれています

 名車再生を見ていると自分でもやりたくなると書きましたが、若い頃から、自分で色々とやりたいとは思っています。車友達の中には自分で重整備までやっている人もいて、いいなあ、と思います。自分で出来る人、することに昔からあこがれています。 
 まあ、名車再生レベルだとリフトがないと無理ですし、色々な工具も必要です。溶接器どころか、コンプレッサーも我が家にはありません。何より問題なのは・・・・適性がないことです(苦笑)。一般家庭よりは工具類もありますし、一部AW用のSSTもあります。オートメカニックの類いを買って読んだり、CARBOYのチューニング記事を読んだり、くるまにあなどの教祖様の中古車を仕上げる記事を読んだり、トヨタ車は整備書買っています。ある程度は出来ますし、挑戦もしました。でも、やっぱり無理なんです。基本的に不器用なので難しいことは出来ません。
 センスがないんですよね。過去に挑戦して大騒ぎになって、結果的に入院させたことも(苦笑)。勿論、毎回大失敗という訳でもないですし、走っている途中でブレーキパッドが無くなって、出先で交換して、無事に帰ってきたこともあります。
 教祖様の記事を参考に内装のクリーニングくらいなら出来る・・・時間はかかりますが・・・のですが、車は新車があれば新車を買いますし、中古車を買う時は内装重視なので、やる必要がありません。AWは外装はかなり酷いですが、内装は年齢の割には綺麗なので、これも普通の掃除程度です。

 まあ、でも、それでもやってみたいと思います。例えば、1.9LのE46 318iのMTなんか買ってきて仕上げて見たいなあと思います。タマは少ないですが、数十万円で買えます。
 例えば
https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700050420430190226001.html
これとか。4万kmしか走っていないのが気になりますが(年式考えると少な過ぎる)、写真で見ると内装は綺麗。ホイールが社外品ですが、純正のアルミを調達して(ヤフオクで見るとE46のがワンセットありました。318のノーマルはスチールホイール+ホイールキャップだったと思いますが。)交換するとか。

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/14/962020012009031158002.html
こっちはホイールがノーマルのスチールホイール。これも4万kmだけど(苦笑)。長野だし、写真でスタッドレス履いているので下回りの錆が気になりますけれど。
 
 何故1900の?それは新車当時試乗した記憶から言えば、2000よりも音が良かったからです。SOHCなんですけどね。どうも、SOHCの方が音が良いと感じることがあります。価格が安いというのもあります。パワーはないですけれど。

 走行距離は短くても、サスペンション周りは駄目でしょうから、全部交換でしょうね。エンジンには手が出なくても、サスペンションなら頑張って時間をかければなんとか・・・・ならないかなあ?それならスプリングコンプレッサーを買ってくれば後の工具はあります。
 って、まあ、現実、置き場がないので、ヴァーチャル「名車再生」ですけどね(苦笑)。ああ、Mくんが帰ってくるまでの間なら場所はあるか。ふむ、とりあえず現状渡しで買ってきて、一ヶ月だけ保険切り替えて、直して、Mくんが帰ってくることに転売!出来たらいいね。
 工具とスキルがあれば、Mくんが居ない間にやってみてもいいですね。GWで時間はあるし。私には無理ですが・・・。まあ、GWは白爺の世話かな?ちょっと問題も発覚しているし(苦笑)。その話はまた後で。

| | コメント (0)

4/20/20’:名車再生!クラシックカー・ディーラーズ

 Mくんは当分帰ってこないし、世間はCOVID-19で外出自粛だし、気が滅入るので、D-playで「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」ちょこちょこ見ています。予算内でベース車を買って、修理して、転売するとという番組です。以前は無料で見られましたが、有料化されてしまいました。面白いので、有料会員になってみています。
 最初は見たい車だけ見ていたので気がつきませんでしたが、シーズン1は予算1000ポンド、シーズン2は予算2000、と増えていくシリーズだったんですね・・・と思ったのですが、5000が上限のようです。シーズン7でも予算は5000。もっとも、その後は予算はなし崩し的になくなっていきましたが。また、シーズン6まで前後編にわかれていましたが、シーズン7から1話完結・・・といっても時間は同じなので従来の前後編を同時に放送しているだけですね。

 最初は英国内でやってましたが、次第に大陸に買いに行くこともあり、その後、場所を米国へ移して、またシーズン14からメカニックがエドからアントに交代しています。
 車も様々。英国車が多いですが、日本車もしばらく前に取り上げたAWの他にSW、NA、SAとか結構取り上げられています。

 修理の度合いは様々。徹底的にやっていることもあれば、え?それでいいのと思うこともあります。全塗装したのにシートは一部破れたままとか。メカは壊れていないと余り修理しておらず、外装と内装中心ですね。バネダンパーは交換してもブッシュは交換しないとか。一部だけブッシュ交換しても全部はやらないとか。サスペンション系交換してもアライメント取らないなあと思ったら取っている回もあったり。
 基本的にはDIYの手本を見せる番組なので、初期には部分的にスプレー缶で塗装したこともありますが、途中からは下処理までで後は業者に出すようになっていますね。それでもハードトップだけならスプレー缶で塗装する時も。専門業者に依頼するとXXXかかりますが、というも多いです。とはいえ、それは自分で出来ないだろうということも多いですけれど。廃棄は自治体の指示西多賀ってという台詞もしばしばあります。
 改造されていたのをオリジナルに戻すこともあれば、前期型はださいからと後期型の顔にしてしまったり、はちゃめちゃに改造したり、色々です。
 ただ、オリジナルの綺麗な布シートの車をださいとかいってレザーにわざわざ変えてしまう時があるのが個人的には悲しいです。もったいない・・・。英国人はレザー内装が好きなのか?しかも黒も。
 SSTが必要な場合には工具作ってしまうのが凄いですね。まあ、設備があるおかげではありますが。初期はまだDIYっぽかったですが、次第に凄くなって、今では、さすがに英米でもこのレベルをDIYで出来る人は少ないでしょうね。
 それと作業に応じて保護眼鏡やらマスクなどをちゃんとしています。
 DIYということになっているせいか、売却時に経費として人件費は計上されていません。最近は何時間かかったかが表示されるようになってきました。なので、結果的には割安です。50時間かかった場合時間工賃5千円としたら25万ですからね。

 驚いたのはともかく値切ること(苦笑)。ベース車輌の購入はとにかく値切ります。その車、その価格でも安いじゃないと思ってもまだ値切ります。その代わり、売る時も値切られます。英米ではそういうものなんでしょうね。だから、最後の転売時にも利益が余り出ない時もあります。赤字は滅多にないですが。

 車の価格は時代の違い(十年くらいはやっているのかな?)もありますが、全般的に日本よりも安く感じます。100万円を越える売値の車は英国時代にはほとんどありません。え?それがその値段!ということもしばしば。でも、1000ポンド未満(13、14万円位)で買える車は酷いのしかないですが。
 中古車の価値は欧米の方が高い、日本は安過ぎるといっている人もいますが、どうでしょうね?日本の方がまだ高いような気もします。

 余談ながら、英国はスポーツカーの保険がかなり高くて大変なようです。反面、古いとクラシックカー保険に入れてこれだと格安だそうです。日本は新車だとそれほど高くはないのですが、古いと車輌保険に入れないことも多いですね。一応クラシックカー保険もあったと思いますが。
 見ていて楽しいですし、安いベース車を買ってきて自分でやりたくなりますね。え?おまえのところには買ってこなくてもポンコツが一台あるだろうから、まずそれをやれって(笑)。

 無料登録で各シーズン1話は見れますし、BS11でも毎週(今は土曜日の2100から)放送していますので、有料はちょっとと思ったらまずはそれをどうぞ。気に入って有料会員になるかも(笑)。

| | コメント (0)

4/18/20’:我が家に車、現在2台だけ

 Mくんは依然入院中。特に連絡なく、いつ退院か不明。一週間経過して連絡無しはちょっとねえ。仕方ないからメールしたら・・・COVID-19のせいで部品が揃わず、GW前どころか、5月中旬になりそうと・・・あう・・・そんな・・・。後一ヶ月!?ありえない・・・。
 結局、置き換えられる車がなく、クーガは車検で入庫しました。今回もオイル交換以外は、リアワイパーの交換だけ依頼しました。見積もりという点検の後、フロントブレーキパッドは残り7mmで交換不要ですが、リアは4mmなので交換推奨ということで依頼しました。7年で初交換。高速巡航主体ですからね。ただ、リアが先に減ったということはリアブレーキを積極的に制御に使っているのでしょうか?昔の車ではありえませんね。後はエアコンフィルターの交換。まあ、普通の車検です。

 という訳で、現在、我が家は4台中2台が入院中です。白爺は車庫を占有しています。作業する空間が空いてたのでちょっと触ってみるようかな。

 

| | コメント (0)

4/15/20’:BRZ販売終了?

 同僚から以下を教えてもらいました。
https://bestcarweb.jp/news/142969
 BRZが7月20日で受注終了というニュースです。彼はこれを見て発注することに決めたそうです。ただ、不思議なことにこれは12日のニュースですが、いまだスバル自身は何も発表していません。記事にある東京スバルのサイトを今みても
https://www.tokyo-subaru.co.jp/
それらしいものがありません。

 ぐぐると
https://bfaction.exblog.jp/31123599/
 かの有名な中津スバルのブログに4月3日の記事で販売終了と書かれてます。

 この情報そのものは正しいのでしょうね。ただ、東京スバルはフライングで削除されたかな?

 まあ、ドイツでファイナルエディションがでて、86もブラックリミテッドが出たことを考えるとそろそろ終わりだとは思われます。当初私は来年の東京モーターショーで新型お披露目、2022年の2月頃発売かと思っていましたがそれよりも一年早まりそうです。

 BRZの次期モデルは国内販売はないという話も出ていましたが、BRZが先に販売終了だとそれは本当かもしれませんね。スバリストは今買うべきかも?

| | コメント (0)

4/14/20’:35歳の白爺散歩

 先週末、AWを散歩させました。家から乗ってでてひたすら走って一度も降りずそのまま帰ってきたので地球には優しくないでしょうが、COVID-19の感染拡大防止には影響しないでしょう。
 暖かくなってきたので調子は上々です。普通に走れます。先月車検終了し満35歳です。何度か書いていますが、ポンコツで年齢を感じさせますが、乗っていて「旧さ」は感じません。「古い」だけです。何が言いたいのか?性能・乗り味にはまったく問題はなく、ただ、老朽化しているだけです。
 現実にはあり得ませんが、もし、トヨタがAW11をそのまま復刻生産してくれたら、普通にガンガン乗れます。または、内外装含めて全ての部品供給がされているのなら、やはり普通にガンガン乗れます。今、新しい車、例えば、ND、のようにAWをガンガン乗れないのは、古いからというよりも壊れたら直せないかもしれないから、です。
 何か起きても直せる(一号車の様にボディそのものが駄目になった場合は別にして)状況なら白爺でお山遊びも出来ます。ABSが無いのでその点だけ注意は必要ですが、後は何ら問題ありませんから。エアコンだってちゃんと聞くし。

 考えたらお散歩程度とはいえ、35歳の車で普通に走れることはそれはそれで凄いことですね。私が一号車を買って運転を始めたのは1989年です。その時に35歳の車は1954年式ですよ。カローラどころか、パブリカもありません。クラウンですら1955年から。ダルマセリカですらまだ20年経過していません。プリンス(日産じゃない)・スカイラインもありません。
 エランのS1でもまだ30年経過しておらず、エリートセブンも35年前にはありません。ヨーロッパなんかまだ20年落ち前後。概ね今のローバーエンジン搭載のエリーゼくらいです。1954年生産だとすると・・・マーク6ですよ!!!
 他で見るとジャガーのXK140が1954年生産開始。ポルシェは356が絶賛生産中。アルファロメオは初代ジュリエッタ。フェラーリは250。

 車そのものの進化の度合いはある意味遅くなっているので当時の35年前と今の35年前を同一視することは出来ませんが、それ位古い車になってしまっています。まあ、でも、ポルシェは凄いと言えるかな?今日でもエアコンは別にすればちゃんと整備すれば356は普通に乗れそうだし、修理も出来ます。
 また、ちゃんと整備されていれば普通に走れるのはAWに限ったことではありませんね。1980年代の車なら基本的にはどれでも走れます。もうこの頃には自動車は十分熟成されていたと言えるでしょう。その後の進化は、安全性や燃費、装備の向上が主であり、走行性能は非日常的な領域は別にすると余り変わらないと思います。

 

| | コメント (0)

4/9/20’:Mくん入院

・我が家での車たちの会話

Mくん(ND):傷がじくじく痛いよー。

白爺(AW):大丈夫じゃ、わしが突っ込まれた時は走って帰れんかと思った位酷い怪我じゃったが走って帰ったし、ちゃんと治った。お前さんの傷はかすり傷じゃ、すぐ治る。

Mくん(ND):とっても痛いんだもん。えーん、えーん。

白爺(AW):その位で泣くな!若いんだからすぐ治る。

Mくん(ND):びえーん。

キャンディくん(フィエスタ):白爺!子供をいじめちゃ駄目でしょう!

白爺(AW):いじめるって、励まそうとしただけじゃ・・・・・。

キャンディくん(フィエスタ):Mくんはまだ小さい子供なんだから、そういう言い方をしちゃ駄目です。Mくん、よしよし、痛いよね。さすさす。

くーちゃん(クーガ):Mくん、入院の準備が終わったから、病院行こうね。病院行けばすぐに良くなるよ。

Mくん(ND):くーちゃん、本当?

くーちゃん(クーガ):本当、本当。さあ、いこうね。

という訳で入院しました。

 なお、各車、相方がこのように呼んでおります。キャンディくんは、ボディカラーがキャンディブルーだからです。

 こんな時に何バカなことを書いている?こんな時だからですよ。そうでもしないと気分が落ち込んでしまいます。

 入院させる時に見るとタイヤに傷が見つかりました。

2004093

若干空気圧が下がっているような感触もしました。更にサイドステップにも傷が・・・。

2004091

上から見ていてドアの傷ばかり目に入って気がつきませんでした。ざっと見てもらい、バンパー、右フロントタイヤとホイール、右フロントフェンダー、右ドア、右サイドステップ交換ですねと言われてしまいました・・・そりゃ保険だから気軽にやるだろうけど・・・・可哀想に。

| | コメント (0)

4/8/20’:Mくん負傷

 ぶつけられました・・・・。のんびりオープンにして桜を見つつお山を走ってました。

200407nd3

そうしたら、左コーナー(相手方から見て)を立ち上がってきたバイクが何らかの理由で転けて(本人は何かで滑ったと言っていましたが)、私から見て右前方から滑って突っ込んで来ました。ブレーキ踏みつつぎりぎり左へ避けたものの右フロントバンパーをかすめて右ドアをこすっていきました。

200407nd2200407nd1

とめた後でみると右フロントフェンダーのドア側にも傷があり、右フロントタイヤとホイールにも黒い跡があります。これはバイクのタイヤが当たっただけかもしれません。走行には支障ありませんでした。ただ、写真を拡大するとホイールにも傷が少しついているし、タイヤも一部裂けているように見えますね。これで走って帰ってきたのか・・・今、ぞっとしました。空気は漏れていないと思いますが。
200407nd4_20200408225901

という訳で納車後約一ヶ月で入院です。はぁーーーー。
 まあ、まだ慣らし中なので本当にのんびり走っていたのでぶつかった段階でこちらの運動エネルギーは減少していたし、相手も転けた後滑ってきたので路面との摩擦で相応に運動エネルギーは減少していたのでこの程度で済んだとも言えます。
 また、相手方が全面的に非を認めており、事故処理に来た警官も相手側の物損事故として処理しました。自分(相手側)の怪我で人身にすると色々面倒だから、物損が良いよとアドバイスしていましたが・・・・。既に相手方の保険屋とも会話は済んでおり、修理はあちら側負担で行えるはずです。ディーラーに入庫させた後は、ディーラー担当者と保険屋で話が進むはずです。
 相手の運転者の怪我は大したことはなかったようだったのも幸いです。私が悪くなくても、例えば、相手が酷い怪我で意識を失っていたりしたら、事故状況を説明してくれませんし、責任も認めてくれません。まあ、状況から相手方が悪いことは警察も理解してくれるとは思いますが・・・。後述のように事故の際のドラレコ画像が残っていませんでした。

 勿論、もう少し速く走っていたら、すれ違った後に後方でバイクが転けた音を聞くことになったでしょう。もっと遅く・または発進がもう少し遅ければ、前方で転けたバイクを発見することになったでしょう。ちょうどすれ違う際に転倒してぶつかってきたので、「偶然」としか言いようがありません。今回の場合、交機のパトカーでも誰でも回避は不可能でしょう。予知能力でもない限りは。すれ違う直前に突然こっちに斜め前から滑ってきたのですから。加速して避けられませんし、減速しても無理。勿論、ステアリング操作でも。
 でも、もう少しずれていたら真正面からバイクに衝突していたでしょう。もし、乗り上げたりしたら自走不能になっていました。それを考えれば、被害が少ないぶつかり方ではありました。
 何よりも幸運だったのは滑ってぶつかってきたのはバイクだけだったことです。バイクではなく、運転者が滑ってぶつかってきたら?もしまともに正面からぶつかったら?その時は、事故原因そのものは100%バイクが悪いにせよ、轢いてしまったらこちらが悪くなってしまいます。
 もう少し(数秒)後に現場にさしかかった時も酷いことになっています。こちらの車線にこけたバイク、対向車線に倒れた運転者がいたので、止まれることを祈りつつ、そのままバイクに向けてフル制動しつつ突っ込んで行くしかありませんから。対向車線へ逃げると倒れている運転者を轢いてしまいますから。

 どの位入院かなあ。保険屋がすんなり見積もりを受け入れてくれれば修理そのものは一週間程度だと思いますが・・・。バンパー周りは交換、フェンダーは引っ張ってパテで慣らして塗装でしょう。問題はドア。開閉にはまったく問題はありませんが、閉めるとなんか変な音がしています。保険屋の提携工場に入れたら、パテ埋めして塗装して終わりかな。別に交換して欲しい訳ではないですが、極力引っ張ってパテはお化粧程度にして欲しいですが。

 なお、今回ドラレコは役に立ちませんでした。ちょうどファイルの切り替わりのタイミングだったようで、何故か事故当時のファイルが残っていませんでした・・・。他のファイルを見ると数秒時計の時刻が飛んでいます。そういうものだったようで・・・。これまた凄い偶然・・・・。でも、このドラレコ駄目だなあ。吸盤式で付け替えてずっと使っていたのですが・・・。現役引退させよう。今まで気がつきませんでした。

 はー、COVID-19といい気が滅入ることばかりです。

| | コメント (0)

4/1/20’:久しぶりに更新しました

 本家のコンテンツを久しぶりに更新しました。いつもながら車が入れ替わらないと更新出来ていません(苦笑)。ブログへのリンクが多いですが、お暇がありましたら、ご覧ください。
http://moy.car.coocan.jp/index.htm

 COVID-19のせいで、私はほとんど毎日テレワークです。通勤不要なのは楽ですし、音楽聞きつつ仕事できるし、コーヒーや紅茶いれて飲みつつできるので良いのですが、体を動かさなくなるのが問題ですね。後、さぼれない(笑)。どういうことかというと、テレワークの時は、上司に仕事開始、終了、その日にやったことを報告しないといけません。サボって何もやっていないと報告で困ります。出勤していれば、暇なら一日遊んでいても何ら問題ないのですが(笑)。
 さらに裁量制が正しく機能しているので時差出勤は以前から当たり前です。暇なら昼に出勤して、夕方前に帰っても何ら問題もありません。テレワークも電話会議ももうずいぶん前から普通に行われています。更に言えば、休暇も普通に特別な理由なしに取れます。それもフルフル。というか、未消化があると怒られます(笑)。しかし、それは普通ではなかったのですね。これを気にテレワーク可能な職種ならそれが当たり前になると良いです。今回のCOVID-19の良い置き土産になりますように。せめて何か良いことがないとねえ。

 なお、これはエイプリルフールじゃありません。本当に毎日テレワークですし、今までも、テレワークや時差出勤していましたよ!

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »