« 3/13/20’:エリーゼSCがやってきた時の顛末 | トップページ | 3/19/20’:NR-A第一印象 »

3/15/20’:史上最硬

 エリーゼSCの後継車は納車されました。

候補は元々ほとんどありません。エリーゼSCで過給器に乗ってしまいましたので、過給器無し=NAは絶対条件から外して
・右ハンドルのMT
・後輪駆動
・車庫に収まる
・ステアリングは真円
・サイドブレーキがある(2ペダルを受け入れる時は別)
・新車で買えるか中古でも比較的新しい(5年落ち以内)
・エアコンが機能する
を絶対条件として
・MR
・7500程度は回せる
・NA
は可能ならとしました。また他の条件が全て満たせるならFFも受け入れても良いとは思います。

 が、しかし、過去に何度も検討したように全ての条件を満たす車はありません。エアバッグ無し2ZZのエリーゼなら「新しい」以外は全て満たせますが(笑)。ですが、「新しい」は重要です。お山車は古いのは色々と差し障りがあります。というか、エリーゼSCが無理なのにRなら問題ないとは言えないでしょう(爆)。
 ピー太郎で一度2ペダル勝っているので、MRを優先し、ターボと2ペダルは受け入れられても、ステアリングでA110や4Cは候補になれません。トゥインゴGTとS660もステアリングで脱落。ステアリングの問題を除けば、トゥインゴGTでもいいかと結構思ったんですけどね。遅いですが、まあ、その方が良いかもしれません。ルーテシアRS(先代)もFFということを除けば満たせる・・・のですが、「新しい」に引っかかることに気がつきました。もう古い車の範疇です。
 ZENOSは空調以外は実は満たせていたりします。ああ、エンジンが微妙かな?7500まではいけないか?でも、ありえませんね。屋根もドアもない、空調の無い車は。Z34もNISMOならぎりぎり満たしますが、重たいし、馬力がありすぎてそれならエリーゼSCや中古の981ケイマンのMTの方がましです。

 結局、現実的な選択肢はいつもと変わらず、NDと86・BRZだけです。NDは、1.5幌、2.0RF、1.4ターボのアバルトの三種類に分けられますが。

 で、結局どうなったんか?決め手は前に後で述べるといったエリーゼSCを手放した理由の一つです。それは「人」です。マツダの担当営業氏が良い人だというのは以前少し述べました。車好きで、マツダ愛にあふれた新人くんです。相方も気に入って、次に車を買うなら彼から買いたいと言っていました。ただし、一つだけ問題がありました。それは彼は販売店の新人ではなく、マツダ本社の新人で半年間の営業研修にやってきていたのです。3月半ばには研修を終えて戻ってしまいます。だから、彼から車を買うならその前、出来れば彼が居る間に納車を済ませたいです。という訳で、今回は、この我が家お気に入りの新人くんから車を買って居る間に納車を済ませる、ことが第一目標になりました。
 当初はクーガ後継でCX-30またはCX-5も考えていましたが、車だけならやはりQ2が上ですし、クーガのステアフィールと高速巡航性能を失うのに堪えられません。なので、エリーゼSCをNDに乗り換えることにしました。

 NDのどれか?アバルトは彼から買えないので除外(旧ルノー担当営業氏から買えるメリットはあるのですが。後、実質在庫限りらしいので色が選べない模様)。2Lか、1.5Lか?RFの恰好は好きですし、マイナーチェンジでエンジンも良くなりました。過去に述べた通り、RF選ぶと一番高いRSです。だったらとついブレンボもつけたくなります。そうすると総額400万を軽く越えて、エリーゼSCの下取りだけでは足りません(苦笑)。それに、まだ、お山を諦めた訳でもないです。普通に乗るならRFですが。

 ベースのSもなかなか魅力的です。現代のクルマですが、乗ると懐かしの80年代っぽい雰囲気。結構楽しいです。ただ、ちょっと色々と柔らかい感じがします。S Special Packageは駄目じゃないんですが、乗り心地がいまいち。以前、一日(正確には半日か)借りて乗って、お山はまずまずでしたが高速巡航が動きが大きく、始終落ち着かない感じで快適とは言えませんでした。

 という訳で後継車は二番目に安いNDです!

20022712002273


ま、NR-Aなんですけどね(笑)。だって、一番割安ですよ。価格は以下の通り。

S 260万
NR-A 275.5万
S Special Package 281.8万
RS 333.4万

 SとNR-Aの快適系装備は同じ。Sだと付けられるオプションがNR-Aだとつけられないというのはあるにはありますが。でも、ライトはLEDだし、オートライトどころかハイビームコントロールもついています。自動ブレーキ、ブラインド・スポット・モニターなどの安全装備も標準。シフトノブとサイドブレーキがSは革巻きでNR-Aはウレタンという位(実はカタログを見直すまで気がつかなかった・・・という位どうでもいい差)。

 Special Packageとの差は、LCDが小さく、ナビにはなりません。エアコンもマニュアル。ボンネットのインシュレーターが無く、アドバンストキーレスエントリーがありません。スピーカーも少なく、サイドエアバッグがなく、自動防眩ルームミラーがなく、カップホルダーが1個。Bluetoothやハンズフリーマイクなどもありません。でも、まあ、無くても良い装備ですね(笑)。カップホルダーは2個あった方が良いですが後から買えるでしょう。
 
 その代わりNR-Aは、スタビ、LSD 大口径ブレーキ、車高調整式ビルシュタインダンパー、フロントタワーバー、トンネルブレスバーがついています。走りの装備はほRSと同等。更に2Lと同じ駆動系とPPF。大型ラジエター。更に明記されていませんが、何かボディにも手が加えられていると思われるのは以前述べた通り(PPFやブレスバーだけでこれだけ違うか疑問)。パワステも違います。
 仮にSを買って、NR-A相当にチューンするとしたら、17.5万円では収まらないでしょう。というか、PPFの交換は無理ですね。NR-Aはもう激安といっていいです。RSは333.4万円もします。豪華装備の違いもありますが、シートの違いを除けば走りの装備はNR-Aが上でかつ価格差は約58万円もあります。シートを交換してもまだお釣りが出ます。また、以前試乗した結果から言えば、RSは脚の硬さとボディのバランスが取れていません。

 という訳で、NDならNA-R以外の選択肢はないでしょう。

 納車されたばかりでまだ少ししか走っていないので、感想はある程度走ってから述べますが、現状、言えるのは、「硬い!」です。やっぱり脚は硬いです。我が家史上最硬です(苦笑)。タイヤがまともなエリーゼの方が乗り心地は良いかも・・・・。ただ、相方はとりあえず問題ないと言っていますから、シートも含めるとエリーゼに優っている?

 なお、導入の経緯から、我が家でNR-Aは、新人くんの名前で呼ばれています(笑)。なので、このブログではMくんとこれから呼ぶことにします。マツダくんじゃないです、念のため。さて、どうでしょう?ぴかぴかのタイヤはいつ限界に達するでしょうか?

左後

2002276lfrea

右後

2002276rtrea

左前

2002276rtfrt

右前

2002276lffrt

特に左リア。15000kmはもって欲しいなあ。

|

« 3/13/20’:エリーゼSCがやってきた時の顛末 | トップページ | 3/19/20’:NR-A第一印象 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/13/20’:エリーゼSCがやってきた時の顛末 | トップページ | 3/19/20’:NR-A第一印象 »