« 2/6/20’:エリーゼどよどよ | トップページ | 2/14/20’:復活のラングラー サハラ!? »

2/7/20’:クーガvsチェロキー リミテッド

 先日見たチェロキーがわりと良いかなと思ったので試乗させてもらってきました。ただ、先日行ったお店には試乗車が無かったので別のお店です。
 緑のトレイルホークが展示されていました。おお、いいですね、この色。我が家好みです。

02012090201206

ただ、これトレイルホーク専用色です・・・残念。タイヤはヨコハマ GEOLANDAR SUV。245/65R17でした。」

0201207

オフロードよりのタイヤですが、ラングラースポーツのタイヤよりはオンロードにも適していそうです。

0201208

トレイルホークは他グレードよりも最低地上高が高いそうです。乗り降りは少ししにくくなるかな?と思いましたが、まあ、大差ありません。
 シートはハーフレザーですが、今後入ってくる車はレザーシートになるそうです。現状、シートヒーターがついていませんが、レザーになったらつくかな?

0201201102012010
先日も感じましたが、座面は短め。後、乗り降りでAピラーに頭をぶつけました。シートが高い位置になっていたのもありますが、Aピラーがかなり寝ているためだと思います。XC40と同じ。SUVでこれはちょっとね。
 ともかく試乗です。ワインレッドのリミテッド。

0201201

タイヤは225/55/R18で、銘柄はミシュランのPrimacy3でした。

0201202

内装は黒レザー。先日の明るいのと比べると地味ですね(苦笑)。座面が短いせいか、ちょっとポジションいまいちあいません。足元は良いのですが、シートとステアリングがしっくりしません。なんとか調整。視界は後ろがちょっと見えにくいです。イメージよりもリアガラスが狭いような?
 エンジンかけるとちょっと音量が大きめです。さて発進。敷地から出ると、足回りがかなり柔らかく感じます。走っているとかなり揺れます。突き上げがきついのではなく、ぐらぐらどたどた、。そんな感じです。タイヤホイールが重たいというよりもやはり柔らかい感じです。車が上下に動き続けて、結構きついです。これは我が家の好みにはありません。
 エンジンは動力性能は十分ですが、うるさいです。音量よりも音質が気になります。はっきり言えば、がさつな音です。2L直4ガソリンターボですが、ちょっとディーゼルぽい音です。直噴エンジンだからというんもあるでしょうが。
 ステアフィールも世代が古い感じ。もろ電動パワステという感じで駄目です。ブレーキはまあ普通です。パドル・・・と思ったら実際にはステアリングの上側にだけスイッチがついていて下側にはありません。

0201205

なので、操作はやりにくいです。ポルシェの987/997までのシフトスイッチにちょっと近いです。また、シフトダウンさせていると、まだオーバーレブするような回転じゃないのに。拒否されました。なんだこれ?営業氏によるとトランスミッション保護のためだそうですが・・・・どういうこと?
 シートもやはりなんかいまいちです。長時間は乗れませんね。うーん、ああ、これは大きなコンパスですね。それと似た感じです。
 戻って荷物室の広さを測ってみました。奥行きは84cm、幅な100cmで思ったより広くないです。

0201203

全長は長いのですが。左右のホイールアーチ以外の部分にもう少し入りますが。ただし、営業氏がリアシートがスライドするので前に出すと段差は出来るが奥行きは広がりますよと。なるほど。

0201204


 さて、一応結論。クーガと比べて、リミテッドだとシートベンチレーションまでついていますし、空調機能はチェロキーは圧勝でしょう。しかし、それ以外、クーガに勝てる部分が一つもありません。クルマとしては、クーガの圧勝。勝負になりません(苦笑)。とまっていたら良いのですけどねえ。

 

|

« 2/6/20’:エリーゼどよどよ | トップページ | 2/14/20’:復活のラングラー サハラ!? »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/6/20’:エリーゼどよどよ | トップページ | 2/14/20’:復活のラングラー サハラ!? »