« 12/29/19’:クーガで清里へ | トップページ | 12/31/19’:2019年の終わりに »

12/30/19’:試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2019

 今年も後わずか。という訳でも第8回試乗カー・オブ・ザ・イヤーです。(^^)前半、現状に満足し、ほとんど試乗にもいかず。今年は中止か?と思われましたが、クーガの車検が近づいた年後半に色々と試乗してきて無事に開催出来ました。今年も色々と試乗させていただきました。ディーラーの皆様方、ありがとうございました。

 という訳で今年の10ベストを発表します。順番はメーカー名のあいうえお順です。

・アウディ Q2 30TFSI Sport
 素晴らしいの一言です。Dレンジで走る人には問題点はまったくないでしょう。車格を考えるとやや高価ですが、この乗り味ならなら納得出来ます。しかしながら、唯一の弱点が私にとってかなり致命的。パドルがなくて、シフトレバーでの変速操作が押してシフトアップの正しくない方向です。Sportにパドルがついていたら、クーガを置き換え決定していたと思います。細かく言えば、ヴァーチャルコクピット要らないとか、中身同じで2020年式で値上げは納得出来ないとかありますが、車の出来とは関係ありません。

・アウディ Q2 30 TFSI Sport S line Package
 ぼろくそにけなしていた?はい、ただし、試乗記にも書いたようにそれはあくまで普通のSportとの比較です。それと40万円アップという価格。車だけを比較すれば、S lineであっても十分乗り心地は良いと言えますし、良い車です。新車で買うには高いと重いますが・・・・

・スズキ ジムニー XC
 まあ、自動車、かというとちょっと違う気がしますが、ジムニーはさすがジムニーだと思います。この価格であの中身は凄いでしょう。ただ、今の我が家には過剰かつ欲しい性能があいませんが。でも、追加できるなら一台欲しいです。

・トヨタ カローラ ツーリング G-X
 試乗車は1.8L NAのCVTで、そのエンジンとCVTには不満が残ります。それとタイヤが少しぼこんぼこんしていて、もしかすると上級グレードの17インチの方が良いかもしれません。後は、良かったと思います。1.2LのMTに試乗出来ると良いのですが・・・。ただ、クーガ後継には色がなく、脱落しました。

・トヨタ ライズ Z 2WD
 ややうるさいとか、エンジンを回すと軽っぽいですが、値段サイズを考えたらとても良く出来た車です。テレスコがないので私にはドラポジがあいませんでした。マイナーチェンジでつかないかな?CVTですがカローラほどは気になりませんでした。これは売れると思います(実際売れています)。
 
・トヨタ RAV4 Adventure
 大きな欠点はありません。基本的には良く出来た車です。ただ、CVTが・・・私には難しいです。それと後部座席が低いのも難点。でも、それが気にならないなら良い車です。

・BMW 118i
 Mスポと違ってスタンダードな118iはまずまず良く出来た車です。ステアフィールがちょっと変なのとロードノイズが大きめな位です。ただし、今のBMWの逆回転タコメーターだけは好きになれません。BMWが好きで、あのメーターで良いなら、良いのでは?


・マツダ CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(FF)
 マツダ3や同じCX-30でも4WDと比べると乗り心地は大幅に改善されます。ドラポジとシートが私にはちょっと合わないですが、慣れれば平気かもしれません。基本的にはとても良く出来た車です。ただ、長距離乗る時に不安を覚えます。あくまで私との組み合わせでの話ですが。

・マツダ CX-5 25S L Package(FF)
 基本的には良く出来た車です。難点は乗り心地。標準の19インチタイヤでは、乗り心地は悪い、と言わざるを得ません。ただい、17インチも選べるので、それから大幅に改善されると思います。後は、クーガほど、後部座席が高くない点ですが・・・まあ、これはあくまでくーがとの比較です。

・マツダ ロードスター NR-A
 脚はかなり硬く感じます。街乗りばかりしているとちょっと辛いかもしれません。後は、純正ナビが装着出来ないのとオーディオがラジオだけです。しかし、それ以外は素晴らしいです。普通のロードスターと完全に別物。何故、標準でもこの乗り味にしないのでしょう?少なくともRSはNR-Aの豪華版であって良いはずです。NDを買うなら、NR-Aで決まりです。RFのスタイリングは魅力的ですが、NR-Aがなく、価格差がかなりあります。

 さて、試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2019の発表前に各賞を発表しましょう。

相方号候補車賞
 現実にはフィエスタの後継車選びは、本人曰く、トゥインゴかアバルト595だそうです。後者は小さいという観点から選ばれています。まあ、少なくとも5年は乗るといっているので、乗り換えがアルトしても2021年ですが。今年試乗した車の中で候補に加えられる車は・・・ライズです。いや、これは相方自身がこれでも良いと評価しましたから。次点はQ2。フィエスタよりも一回り大きいですが、元々クーガというよりもフィエスタ後継に相応しい車ですから。

街乗り車賞
 Q2です。もう、これはぶっちぎり。次点はジムニー。小さいというのを買います。まあ、高速巡航がやや辛そうというのもありますが(苦笑)。

ベストコストパフォーマンス賞
 ロードスター NR-Aです。NDの中で二番目に安く(といってもSとの価格差はわずか)、NDの中で最良。86と比べても、購入可能な(条件価格含めて)趣味車候補の中でぶっちぎりにコストパフォーマンスが良いです。次点はライズとジムニーを同点であげておきます。方向性は違いますが、この価格で良くこの内容なら安いです。

ベストエンジン賞
 Q2の1L 3気筒ターボエンジンです。え?おまえが中低速重視のターボエンジンを選ぶの?と言われそうですが、だって、凄いんですもの。仕方ありません。1500回転で走り続けられるトルク、そして高燃費。そりゃもうこれを選ぶしかないでしょう。次点はライズロードスターの1.5L 直四エンジン。次点はライズの1L 3気筒ターボエンジンです。Q2と似た成り立ちですが、音が安っぽいので負けます。でも、これもまたなかなか良く出来たエンジンです。NR-Aのエンジンは印象がやや悪く、NDの1.5Lエンジンの3連覇はなりませんでした。でも、これはQ2/ライズのエンジンを褒めるべきです。

よく頑張りました賞
 ライズ。このサイズできちんと後部座席にも人が乗れて荷物も詰めます。実用上、クーガにそれほど劣りません。そして、1tを切る軽量ボディ。いやあ、よくぞ出来ました。次点はジムニー。実車には初めて乗りましたが、軽でこれは凄いです。これは本物です。

ベストメイクス賞
 マツダです。10ベストに3台入りました。難点もあるにはありますが、どの車も質感向上が著しいです。今、国産車を買うなら、マツダ一押しです。内装はアウディにも負けていません!トヨタは名目上3台ですが、1台は実際はダイハツなので、次点。
 
 さて、次は不名誉な賞です。

期待外れ賞
 マツダ3です。例年よりもちょっと辛めです。今年は試乗した車がそれほど多くなかったこともあり、余り酷いのはありませんでした。マツダ3は見た目は素晴らしいのですが、トーションビーム化され、4WDなら、違うのか?と思ったらこれまたトーションビームでがっかりしたので、期待外れ、です。乗り心地も先代モデルといえるアクセラの方がずっと良かったです。改良され、「よく頑張りました賞」を将来受賞することを期待します。次点はXC-40。乗り心地いまいちだし、SUVなのに乗り降りで頭がぶつかります。ちょっとボルボはもういいかなと思ってしまいました。

最悪乗り心地賞
 もちろん、118i M Sport。論評不能。昔のMスポみたい。パドルもつかないし、Mスポの価値は私にはありません。次点はマツダ3。
 
悔い改めま賞
 BMWの逆回転メーター。さっさとやめましょうよ。どうみても変でしょう。LCDなので、せめて、通常の表示をユーザーが選べるようにすべきです。プログラムで表示は自由自在に変えられるのですから。

 さて、いよいよ試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2019のは発表です。勿論、Q2・・・・ではなく、NR-Aです!何故?だって、乗って、なんじゃこりゃと感動した度合いでQ2に優ったからです。一般的な絶対的評価をすればQ2が上でしょうが。という訳で2位がQ2 30TFSI Sportです。これも、なんじゃこりゃ度は高かったです。NR-Aには少し負けましたが。ちょっとだけ気になるのはあの試乗だけ特別良いのではないかという疑念があることです。まあ、仮にそうであったとしても、普通?のQ2でも十分良いと思います。3位は悩みましたが、CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(FF)。恰好だけならマツダ3ですが、中身を考えればこれでしょう。うーん、この3台。買うならこれかで取り上げている車ですね。こういうパターンは珍しいです。まあ、次に私名義の車を買うとしたらこの3台のいずれかである可能性はかなり高いです。
 
 それから、昨年、「来年(=今年)登場する、登場予定で、試乗が楽しみな車」として取り上げた車で、これまで述べていない車について述べます。

アウディ Q3
 入ってきませんでした(苦笑)。来年はさすがに入りそうですが。

ジャガー E-Pace
 行きそびれました。燃費は余り良く無いという評価なのとQ2と比べて勝てるのか?という点があり、後回しになったら年末になってしまいました。クーガの車検までにはいってみたいです。

ボルボ XC40
 期待外れでした・・・。ボルボはもういいかな、と思ってしまいました。

アルピーヌ A310
 見には行ったのですが、試乗は予約必要とか言われ、予定がなかなか確定出来ず、そのまま終わってしまいました。なんというか、事前に予約と言われると行く気がしなくなる、というのが正直なところです。いや、車が無かったり、予約でいっぱいだったらわかるんですが・・・・。

トヨタ スープラ
 実車は見る機会はありましたが、試乗は出来ていません。というか、試乗車はほとんど無いようで・・・。さがすとある程度離れた所に無くは無いですがちょっと気が引けます。エリーゼでの現状を考えるとスープラを購入する可能性はかなり低くなっていますので・・・。

BMW Z4
 2Lターボを試乗しました。悪くはないのですが、2ペダルだと私には操作しにくいです。MTが入れば考えますが・・・・前述のメーターがねえ。
 

 さて、最後に来年登場する予定・期待される車で試乗が楽しみな車、また今年試乗の機会を逸した車について述べます。ただ、当座、乗り換えが予定されていないので、試乗に行きにくいのでどうでしょう??

アウディ Q3
 こんどこそ入っているくるはず。

ジャガー E-Pace
 これは近々行ってきます。

レンジローバー イヴォーク
 E-Paceの方が良いかなという気もしますが、同じお店にあるので、見て良かった方を試乗しましょう。

ランドローバー ディフェンダー
 イヴォークよりもこの方が良いかも?実車はまだ先のようですが。

ルノー トゥインゴGT
 ベースモデルがマイナーチェンジしてカタログ落ちしており、登場するかどうかわかりませんが、入ってくれば乗ってみたいです。

トヨタ ヤリス
 あ、普通のやつです。1.6Lターボの凄いのは好みから外れますので、精々みるだけでしょう。TNGAの一番小さいモデルであるヤリスは能書き通りの出来か?一応、相方号候補として。


トヨタ カローラ 1.2LターボMT
 試乗の機会があれば、一度は乗ってみたいです。メガウェブにいけばいいのかな?

VW T-Cross
 ステアリングが真円ではないのですが、小型SUVなのでそのうちいってみます。

スズキ エスクード
 近隣に試乗車がまったくないのですが、どうも来年フルモデルチェンジするらしく、もし、試乗出来るようならしてみたいです。


  さて、来年はどのような車に試乗出来るでしょうか。まあ、どれだけ試乗にいけるか、が問題かもしれませんが(苦笑)。

|

« 12/29/19’:クーガで清里へ | トップページ | 12/31/19’:2019年の終わりに »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/29/19’:クーガで清里へ | トップページ | 12/31/19’:2019年の終わりに »