« 12/14/19’:まだ走れた | トップページ | 12/17/19’:三すくみ »

12/16/19’:Q2 TFSI Sport S line試乗

 Q2は車の性能、乗り味、乗り心地は良いのですが、一番高いのに装備で見劣りするのが難点です。電動シートではないのは、実害はないにせよ、パドルがないのは困ります。S lineならつきますが、40万円のオプションパッケージな上に18インチタイヤに「スポーツサスペンション」と乗り心地が悪化するとしか思えない内容です。
 ただ、クーガも18インチと17インチを試乗させてもらって、18インチの方が乗り心地が良かったですし、最近の車は薄いタイヤの方が良いものも時々あります。18インチといっても駄目だというのは予測に過ぎません。また、18インチといっても45とか40ではなく、215/50R18ですから、酷く薄い訳ではありません。という訳で、S lineの試乗車を探して試乗させてもらいました。 
 タイヤは、ミシュランのPRIMACY3です。S lineといっても特別スポーティなタイヤではありません。これなら意外と悪くないかもしれません。ステアリングは、真円ですが、S lineらしいスポーティなもので、お目当てのパドルはちゃんとついています。ノーマルよりも少し太く感じます。シートはレザーコンビになりますが、ほとんどかわりません。後はスポーツスペンションを除けば見た目だけ。問題はそのスポーツサスペンションです。SUV系の車なのに車高が1cm下がります。これがどうか?です。18インチタイヤなら大差ないと思いますが・・・・。
 さて、発進。敷地から道路に出た時は、まずまず。酷い突き上げはありません。が、道路を走っていると硬いというよりも、なんだか重心が高くて、上がぐらぐら動くように感じます。うーん、実際には1cmとはいえ、重心は下がっているはずです。路面からの入力をうまく受け止めていなせないので、結果的に動きが大きくなり、ぐらぐらと動くように感じるのかもしれません。その後も、例えば、先日の118iのMスポのように、硬い!乗り心地が悪い!という感じではなく、硬くはないものの、動きが大きくて乗り心地が悪い感じがずっとします。路面によっては、突き上げも大きく感じますが、収まりが悪い方が気になります。タイヤというよりも「スポーツサスペンション」に起因している気がします。これって、要するに「ダウンサス」なんでしょうねえ。
 それとS lineだからといって関係ないはずですが、なんだか、トルク感がありません。普通に走っていると2500回転位でシフトアップしていました。タコメーターを見つつ、意図的に1500回転ちょいでシフトアップさせればシフトアップは受け付けられますが、なんかのろいです。また、少し引っ張ってみても余りパワー、トルク共にいつもの「スポーツ」の試乗車と比べると落ちる感じがしますし、音もより3気筒っぽく感じます。なんでしょうね?個体差?
 パドルはやはり良いです。2ペダルなら、パドル+ブレーキホールド付きの電動バーキングブレーキがやはり良いです。3ペダルならもちろん、サイドブレーキが良いですが。なんか全体的にしゃきっとしません。メモを忘れましたが、そんな走行距離はそんなに多くはありませんでした。なんでしょうね。
 まあ、個体差、かもしれません。これだけでS lineは駄目とは言い切れませんが・・・とはいえ、やはりパドルがつくこと以外はS lineにメリットはなく、車の性能を大幅に引き下げます。人により好みは違うので、他の人がどう思うかはわかりませんが、私にとってはS lineは「40万円のパドル」ではすみません。パドルのオプション価格は精々5万円程度でしょう。原価はもっと安いはずです。一応、スポーティなステアリング(これも本当は要らないのだけど)であること、アウディというブランドを考慮しても、最大限度評価して、10万円です。残りの30万円は意味も無く高くなります。更にそれだけではなく、S lineによって、あの素晴らしいQ2の乗り心地が悪化します。そうですね、30万円分位は価値が下がります。つまり、40万円のS lineパッケージをつけたら、例えば、元々が440万円(他のオプション代込み)だったとすると額面価格は480万円になりますが、440+10-30=420万円に価値が下がります。なので、もし、S lineを納得して買うことが出来るとしたら、少なくとも60万円値引きしてもらってそれでやっと普通のスポーツと同等です。そんなことはありえないので、現実にはやはりS lineは無理です。

 なお、試乗車はたまたまヴァーチャルコクピットがついていませんでした。いやあ、やはり普通の針メーターがいいですね。ここにナビを表示させることはありませんし、ヴァーチャルコクピットはいりません。5万円のオプションですが、逆に5万円位車の価値がさがります。もし、ヴァーチャルコクピットがついている在庫車を買うなら、10万円は値引きしてもあわないと(苦笑)。

 なお、ぼろくそに批判しているように思えるかもしれませんが、Q2のS line単体で見れば、決して悪くはありません。絶対的に評価すれば、A3のS lineよりもずっと乗り心地は良いです。CX-5の19インチやCX-30の四駆よりは良いですし、CX-30のFFと比べても良い勝負・・・どっちが上かと言えば、優っているかもしれません。ただ、Q2のSportの乗り心地がとても良いので、それと比べると相対的に悪いというだけです。例えば、最初に試乗したQ2がたまたまS lineだったとしたら、18インチのわりに悪くないと評価したでしょう。40万のオプションは高いもののパドルはつくし、乗り心地もまずまずだと思ったでしょう。しかし、普通のSportに先に乗ったら、もう駄目です。S lineは改悪オプションとしか思えません。
 しかし、18インチホイール含めて、S lineのあのスタリングが好みに合うのなら、選んでも大丈夫だと思います。普通の乗れます。

 なお、相方に聞いたら、マコウブルーが良いかと思ったら、ナノグレイが良いとのこと。ちょっとナノグレイは地味かなと思いましたが・・・。ナノグレイだとMY19でヴァーチャルコクピットありとMY20でヴァーチャルコクピットなしの在庫があり、見積もりもらいました。年末なのでお得なキャンペーン中。車体価格が安いので、MY19の方が安いです。言い換えると針メーターを選ぶと4万円ほど高くなります。針メーターオプション代4万円ですね(苦笑)。まあ、メーターは我慢してMY19の方が安いし、年内登録ならかなりお買い得なんですが・・・・結局、時間切れ。決着は来年に先送りです。パドルがないのはやはりねえ。

|

« 12/14/19’:まだ走れた | トップページ | 12/17/19’:三すくみ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/14/19’:まだ走れた | トップページ | 12/17/19’:三すくみ »