« 12/17/19’:三すくみ | トップページ | 12/19/19’:最近読んだ本 »

12/18/19’:秘策はあるか?

 アウディかマツダか、決めきらないのなら、どちらからも1台ずつ買えば解決します(笑)。
クーガ=>Q2
エリーゼ=>ND
という組み合わせです。普通ならお金が・・・ですが、エリーゼを手放せは、まあ、NDを買ってもお釣りは残るでしょう。対象はNR-Aでオプションらしいオプションはありませんから(ロールゲージやバケットシートはとりあえず無し)、単にクーガをQ2に乗り換えるよりは金銭的には楽です(エリーゼの売却価格次第ですが)。
 ただ、やはりクーガを手放しがたいという気持ちはあります。秘策はなくもないです。つまり、クーガが居座って、もう1台追加です。クーガの下取り・買取金額は高が知れていますので、手放さないで追加することは不可能ではありません(111SがきたのにSWが居座ったパターン)。ただし、普通にいくと置き場がありません。でも、ウルトラCとまではいかなくても方法はあります。それは、1台義父の名義にして、義父の家に置いておくことです。義父の家から少し離れた場所に住んでいる義弟は現在車を所有しておらず、必要な時に借りているんで、義父の家に置いてある車を使ってもらっても良いでしょう。もちろん、それは義弟が義父を連れて出かけ、我が家の負担低減につながることを期待しています。義父名義の車を義父の車庫で車庫照明をとって、そこに常時保管することに、違法性はまったくなく、車庫飛ばしではありません。名義上は義父の車ですから。さすがに新車を買ってそれを義父名義にすると贈与でしょうが、かわいい義弟のためなら義父がお金だしてかってくれるかもしれません(笑)。義父の家の駐車場は縦置きですが、二台とめられます。整備した当時、車を所有していた義弟と我が家が同時に車で行ってもとめられるようなっています。
 まあ、でも、2台買って1台を義父、1台を私というのはさすがに難しく、クーガを義父の無償譲渡して、名義変更。になるでしょう。なんなら5万円くらいもらうかな?まあ、あくまで、方法はあるという程度で、現実味は余りありませんが・・・・クーガを残すなら、これです。

 もし、クーガを残すとしたら、CX-5は自動的に脱落します。置き換えと違ってほぼ同じ車はいりません。するとマツダはCX-30、アウディはQ2ということになるのですが、マツダかアウディか、どちらかに決めないといけないことに変わりはありません。また、クーガの下取り、買取分がなくなりますので、出費は嵩みます(新しい車を義父が買ってくれれば別ですが)。

 もちろん
クーガ=>義父宅へ移籍
Q2新規導入
エリーゼ=>ND
という方法もあります。これなら、クーガも残って、アウディとマツダから一台ずつ購入出来ます。(^O^)

 相方が同意すれば
フィエスタ=>Q2
エリーゼ=>ND
という組み合わせもなくはないです。

ただ、フィエスタもクーガに負けず劣らず、手放しがたい車です。Bセグでこれを越える車は早々ありません。乗り味、走行性能なら。Cセグを蹴散らします。そうすると相方号としてフィエスタはやはり残って欲しいと思います。まあ、これは相方次第ではありますが・・・・。

 そうすると
クーガかフィエスタ=>義父宅へ移籍
Q2新規導入
エリーゼ=>ND
でしょうか。

 なお、上記にマツダが全てNDになっているのは、アウディからQ2を買うとしたら、CX-30を選ぶ理由がないからです。今回はアウディはQ2一択ですから。まあ、パドル重視で
クーガかフィエスタ=>義父宅へ移籍
A3新規導入
エリーゼ=>ND
という組み合わせが成立しなくもないですが、基本的にはQ2とNDがやってきて、誰かが出て行くことになるでしょう。

 とはいえ、エリーゼはまだ乗り足りませんし、少なくとも2022年の車検までは乗るつもりですからね・・・。 え?今回、Q2を買って、将来、エリーゼをNDに乗り換えればよいのではないか?普通ならそうなるのですが、今回、そうは行かない事情があります。それは決着した時に述べます。もし、アウディにエリーゼを置き換えられる車があれば、今回マツダ、将来アウディはありえますが・・・そんな車はありません。TTは良い車ですが、エリーゼと置き換える車ではありません。MTがないので。それとUKサイトなどを見ると日本未導入の現行Q3もパドルつきはフラットボトムステアリングになりそうです(なお、UKにはQ3でもしっかりMTがあります)。そうすると将来Q3を買うという可能性も下がります。Q2よりも更に高いのにパドル無し、押してアップは・・・。結局、もろもろの都合でどちらの営業氏からも車と買うとしたら今なんですよ・・・困った・・・・。まあ、CX-5かCX-30を導入して、3年後にそれをQ2かQ3に乗り換え、はありえるかもしれません。この場合、エリーゼは残留。クーガは下取りか、移籍。多分、CX-5ならクーガ下取り、CX-30なら移籍でしょう。

 はー。悩ましい・・・。あれ?ネッツの担当営業氏のうちからも1台買ってください、という声が聞こえてきたような気もするぞ(苦笑)。そういえば、彼からもせめてもう1台買ってあげたいですね。あー、どうすればいいの。え?相方号にQ2、ファミリーカーにCX-5、お山車に86とそれぞれ乗り換えれば良いって(苦笑)。

 うーん、まあ。でも、お金の話などを別にして、一番後悔しない可能性が高いのは
クーガ=>義父宅へ移籍
Q2新規導入
エリーゼ=>ND
ですねえ。現実味はかなり低いですが・・・。将来、再びND=>エリーゼorエキシージは可能です。純粋のお金の問題だけ。ただ、2ZZでエアバッグ無しで下がるとさすがにタマがないでしょうから、エンジンは違うものになる可能性はありますが。

と長々と書いて、はたっと気がつきました。そもそも、クーガvsシリーズは、クーガの不満、問題点を解決する新しいより良い車の導入が目的でした。それが人ににきずられて、車を購入することが目的になってしまっています。これでは本末転倒ですね(苦笑)。これだけ悩むならの、問題点はあってもそれだけクーガが良い車ということなので、車検とってクーガ残留が最適解と言えます。 
 
 まあ、いずれにしても、この問題の決着は年越しです。遅くても3月中には決着する予定です・・・結局、やっぱりクーガ残留かもしれません。

|

« 12/17/19’:三すくみ | トップページ | 12/19/19’:最近読んだ本 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/17/19’:三すくみ | トップページ | 12/19/19’:最近読んだ本 »