« 11/27/19’:クーガvsライズ | トップページ | 11/29/19’:クーガvsQ2 »

11/28/19’:クーガvs118i

 休暇を取ってエリーゼでお山に遊びに行くつもりでしたが、雨に降られてしまいました。そこで、BMWの営業氏が118iのMスポじゃないスタンダードモデルの試乗車きたので試乗にきてくださいと熱心にいってきたので、連絡したら本人もいて車もあるということなので行ってきました。Playですらない本当のスタンダードモデルです。ナビのパッケージはついていました。なので、メーターはLCDです。

1911265

ということは?そう、右タコメーターがあり、反時計周りのあの変な今のBMWメーターです。
 雨だったので試乗車の写真は撮っていませんが、まったく同じ仕様の展示車があったのでそれをまず見ました。前回余りじっくり見なかった荷物室ですが、70cmx100cmx48cm位。

1911262

ただし、更に下側に深い場所があります。標準ではこのままでストレージパッケージというオプションをつけるとここに板がついて上と下を分けられます。そうすれば、まあ、なんとか必要な搭載能力は確保されそうです。
 後部座席は広さは十分なんですが、SUVと比べると乗り降りする際に頭を少し下げないとぶつけてしまいます。

1911263

うーん、義父を乗せるのはちょっと辛いかな?やはり。ここはSUVが良いですね。もっとも、まっとうなSUVだと今度はよじ登る必要が出てきますが。エアコンの吹き出し口やUSBポートなどはありません。これらはスタンダードモデルにはついていません。
 前部座席まずまず。

19112641911266


やや硬めですが、この位の方が良いでしょう。内装の質感は、まあ、1シリーズというところ。あれ?バニティミラーに照明がありません。これもスタンダードだからのようです。色々簡素です(苦笑)。
 タイヤは205/55R16。コンチネンタルのEcoContact6 SSR。

1911261

このタイヤは初めてです。ランフラットです。詩乗車も同じ。なお、最低地上高は155mmと意外とあります。
 準備が出来たので試乗です。ポジション、視界は問題ありません。エンジンをかけて、いつもながらの面倒なシフトレバーを操作して、Mモードに入れて、さて発進。ふむ、穏やかですね。Mスポの硬い脚と薄いタイヤと違って、あたりはやさしいです。
 敷地から道路で。それから広い道路。ここでX1は盛大なロードノイズを撒き散らしていましたが、路面は荒れているのでやはり相応に音は出ます。でも、X1よりはましかな?ただ、Mスポでは感じませんでしたが、これもX1と同じくなんだかまっすぐ走らないような感じがします。あくまでステアリングへの手ごたえの話ですが・・・。ただし、X1みたいなざらざら感はありません。
 パドルはないのでシフトレバーを操作して2000回転弱でシフトアップしてするする走ります。動力性能は十分です。乗り心地は大きな入力を受けた時にちょっと収まりが悪く、どったん、とする気がしますが、全体的には良好です。細かい動きもほとんど感じません。タイヤがコンチネンタルなのに硬さを感じませんし。
 LCDパネルのメーターを切り返すとMスポではありませんが、やはりGメーターがついていました。でも、そんなのつけるなら、普通のメーター表示も選ばせてくれればいいのに。表示を変えるだけですからいくらでも出来るでしょうに。この逆回転のタコメーターはどうにも気になります。
 乗り心地が穏やかになったせいでMスポでは気がつかなかった点が気になります。ステアリングは今時の車にしては重め・・・と思ったのですが、それは直進状態から切り始めた時だけで、その後は軽いです。なんかこう最初に抵抗を感じます。直進安定性を高めるためにわざとそういう制御をしているのでしょうか??
 ブレーキは問題ありません。ペダルは個人的な好みから少し右寄りですが、まあ、問題はない、真っ当でしょう。シートも試乗レベルでは問題ないというか、結構よい感じです。
 戻りにやや狭い路面が荒れた道を通ったら、ここではMスポの方が落ち着いていて乗り心地が良いと思いました。相対的に柔らかい分、やはり動きはやや大きいと思います。ただ、平均的ユーザーならこれ位がちょうど良いでしょう。
 全体的に見てステアリングとロードノイズがやや大きいこと以外は問題は感じません。ブレーキホールドもついていますし。なんとなくゴルフっぽい感じはします。7ではなく、昔我が家にいた5に似ているような気がします。言い換えるとBMWっぽい感じはしません。良く出来た実用車です。まあ、そういう車なので当然なんですが。ですが・・・欲しいか?乗りたいか?というと・・・なんかねえ。パドルがないのは、BMWなので、引いてアップだからまあいいとしても、楽しさのようなものはまったく感じません。うーん、かけよろ、ではないですね。まあ、1シリーズはそういう車ではなく、ゴルフと正面から戦う実用車になったのでしょうね。
 戻って見積もりをといわれて、カタログなどみたら、クルーズコントロールはオプションでかつスタンダードだと選べません。あらら。ストレージパッケージも駄目。なので、中間グレードのPlayにせざるを得ません。ACCは要らないので普通のクルコンにして、ちょいちょいと選んででてきたのが485万円(苦笑)。フィルム4万、コーティング10万とか乗っていますが、それはそれとしても、私には(あくまで私には)その値段に見合う車ではないです。
 更にカタログを見ていて、致命的な欠点が見つかってしまいました。最少回転半径が5.7mと記載されています。それではクーガとほぼ同じです。まあ、記載ミスの可能性もあるとは思います。展示車のパネルには5.4mとかかれてたので、Mだけ5.7で他は5.4かもしれません。それでも小回り効きません。X2のM35iですら5.1mなのですから・・・。という訳で、クーガ圧勝。ああ、乗り心地だけが現状のクーガに勝っていますが。
 ステアフィールとかこだわらず、快適な実用車が欲しくて、BMWというブランドが好きなら良い車でしょう。ただ、反面、敢えて1シリーズを選ぶ理由が失われた気もします。
 パドルがほとんどつかないし、変なメーターだし、どうにも最近のBMWの車作りの方向性は私の好みから外れています。もう縁がないかもしれませんね。やはりあの時にE46 318のMTを買っておけばなあ・・・・ぼろぼろになりつついまだに乗っていたかも(笑)。

|

« 11/27/19’:クーガvsライズ | トップページ | 11/29/19’:クーガvsQ2 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/27/19’:クーガvsライズ | トップページ | 11/29/19’:クーガvsQ2 »