« 11/6/19’:TMS2019:2回目(平日):南4階編:その他 | トップページ | 11/8/19’:クーガ vs CX-30 vs CX-5 »

11/7/19’:ジムニー試乗

 あれ?クーガvsジムニーじゃないの?と思われたかもしれませんが、ジムニーは単純にクーガの置き換えにはなりません。あるとしたら、フィエスタ+クーガをジムニー+セダンかワゴンと置き換えです。街乗り、義父のところに週末行くとき、それと登山はジムニー。遠出はセダンまたはワゴンという使い分けになるでしょう。ですので、今回は単純にジムニーがどういう車を確認に試乗させてもらいました。
 
 ます最初に納期は1年ですと告げられました。あれえ、まだそんなにかかるんですねえ。(^^;;まあ、慌てないので良いのですけれど、もうそろそろ落ち着いたかと思っていました。

 試乗車は最上級グレードのXCです。ツートンカラーなので、メーカー出荷ではジムニー(軽)の中ではもっとも高い車です。

1910261

タイヤは軽自動車とは思えない直径です。これはもちろん、ジムニーが本来活躍すべき場は不整地だからですね。このボディカラーは綺麗で良いですね。ツートンカラーは要りませんが、もし、ジムニーを買うなら色はこれでしょう。
タイヤは175/80R16。BSのDUELER H/Tです。まあ、ダート用かな?

1910265
 リアハッチは横開き。トランクは・・・床面積だけならビートにやっと勝てる程度(苦笑)。ですが、後席を倒せば、クーガの荷物室程度の床面積は確保出来そうです。まあ、通常は二人乗りなので、十分な広さです。義父のところにいく際にも搭載力は十分ですが、逆に広すぎて、このままだと圧力鍋を載せたら動くので何か工夫はいりますね。

 前席のシートそのものはまずまず。

1910262

視界はとても良いです。ドアミラーが大きくてよく見えます。バックミラーによる後方視界は並ですが。XCなのでシートヒーター付。豪華装備はありませんが、必要なものはついています。内装は簡素ですが、ジムニーだからこれで良いのです。
 助手席に座ると目の前につかまることが出来るとってがあります。ダートを本気で走る時には必要ですね。助手席は倒してスライドできるので、後席に乗る時はこちらから。乗り降りは楽ですし、座ってしまえば結構広いです。荷物はつめませんが、4人乗ることは問題なく出来ます。

 さて、試乗です。ポジションは問題ありません。足元は狭いですが、操作するには困りません。

1910264

フットレストはさすがにないので、クラッチペダルの下に左足はおいておくしかありませんが。あ、そうそう、試乗車はMTです!(^O^)

1910263

だって、1tで660ccターボだと4ATでは辛いでしょう。買うならMTです!え?相方号の置き換えでMTはないんじゃないか?まあ、そうなんですけどね。そちらはセダンまたはワゴンでなんとか。

 エンジンをかけると今時の車にしては珍しくはっきりとエンジンが存在感を示します・・・まあ、要するにアイドリングでも結構うるいさいということですが(笑)。クラッチだけで発進出来た・・・と思います。実は余りはっきり覚えていません。苦労はしていないので、多分、アクセルは踏んでいないと思います。
 敷地から道路に出た時の感触は思ったよりもずっと良いです。道路を走ると乗り心地はまずまず。やや細かい震動を感じますが、タイヤが厚いせいもあり、不快ではありません。2000回転程度でシフトアップして普通にするすると走ります。まあ、ギヤ比が低いせいもありますが・・・・とりあえず動力性能に不満は感じません。クラッチミートは少し慣れが必要かなと思いますが。シフトフィールはいまいち・・・まあ、でも、これはこういうものでしょう。ブレーキは特に何も印象に残っていませんから、違和感や不満無しだと言えます。
 ちょっと引っ張ってみるとエンジンの音は響きます。まあ、でも、ジムニーですからね。普通です。当然です。これでいいんです。アルテよりは静かかもしれないし。意外とロードノイズは気になりませんでしたが・・・エンジン音に隠れているだけかもしれません(苦笑)。
 ステアリングはなんともいえない感触です。軽すぎるとか、スカスカというのとは違いますが、ステアフィールがとても良いとは言えません。なんだろう?うーん、独特の感触です。ダート走行時にキックバックを低減させるためにダンパーが入っているとカタログに書かれていたので、その効果なのかもしれません。
 問題はハンドリングというか、ステアリングを切った時の挙動です。大げさに言えば、車体がぐらっと傾いて曲がります。重心が高いという感じでもなく、ともかく、ぐらっと傾くとしか言い様がありません。サスペンションが大きく動くとでもいいましょうか。すみません、私の語彙では説明出来ません。とにかく、これは過去味わったことがない感じです。普通の車とは別の乗り物と言って良いでしょう。
 試乗コースは残念ながら短めだったので、「こんな感じ」という程度ですが、前述の通り、ステアリングとハンドリングはなんともいえない、独特のものでした。格好だけで買うと多分長続きしないでしょう。我が家は?うーん、義父の家まで主に自動車専用道路を走りますが、まあ、その程度の巡航はこなせそうです。ただし、エンジン音はかかり大きめでしょう。もっとも渋滞が無ければ片道30分程度ですから、許容範囲内ではないかと思います。街乗りは視界・取り回しは良いので問題なさそうです。ただ、乗り味は独特なので、相方にの乗ってもらわないとなんとも言えません。

 では、フィエスタ+クーガをジムニー+セダンかワゴンと置き換えはありえるのか?うーん、ジムニーそのものは悪くはないのですが、このダート走行性能は宝の持ち腐れになりそうです。登山といってもほとんどは舗装された道路しか通りませんし、駐車場は未舗装の場合もありますが、最低地上高は13-14cmあれば問題ありません。まあ、SUVで十分でしょう。乗り物としては慣れれば面白そうです。ですが・・・うーん、あるとしたら追加かなあ、やっぱり、これだと。まあ、後は相方次第。ただ、やっぱりMTではなく、ATになるのかなあ?ATにも試乗してもないといけないでしょうね。という訳で、保留、です。これは駄目だという訳ではないですが、これだ!ということでもありません。
 

|

« 11/6/19’:TMS2019:2回目(平日):南4階編:その他 | トップページ | 11/8/19’:クーガ vs CX-30 vs CX-5 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/6/19’:TMS2019:2回目(平日):南4階編:その他 | トップページ | 11/8/19’:クーガ vs CX-30 vs CX-5 »