« 11/23/19’:久しぶりに富士山が見えた+エリーゼvsNR-A:プチ比較 | トップページ | 11/27/19’:クーガvsライズ »

11/25/19’:クーガvsCX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(FF

 お山の帰りに、平日に予約すれば、高速道路で試乗させてくれるというので、CX-30を試乗させてもらいました。試乗車は20S PROACTIVE Touring Selection。内装はグレージュという明るいものです。

1911218

前回は四駆でしたが、これはFFです。現状、もし、CX-30を買うならこの仕様です。
 タイヤは四駆と同じくTURANZA T0005。

1911217

まあ、仕方ないです。駆動方式の違いでどれだけの違いがあるかが分かって良いと考えます。走行距離は418km・・・でいいのかな?

1911219


 さて、ポジションを合わせて・・・うーん?なんかいまいちかな?とりあえずシートは前回と違って下げてセット。こんなものかな?で発進。敷地から道路に出ると、あれ?なんか前回よりも随分良い感じ。広い比較的舗装状態の良い道路を走っている限りは滑らかでとても乗り心地は良いです。おや、これはどうしたこと?いや、良いので良いのですが、随分印象が違います。
 四駆よりも80kg軽いですが、まあ、1400kgと1480kgで、2LのNAですから、体感的には余り変わりません。余裕があるとは言えませんが、不足もありません。ただ、この前の個体と比べると低回転低負荷走行時にエンジンルームから何か高周波ノイズのようなものがして気になります。個体差かも?踏んでいくと今どきの車にしてはエンジン音は大きめです。まあ、加速感を出すために結構スロットル開いているのかも?
 さて、本題の高速試乗。高速道路に乗ってちょっと踏んで加速。まあ、普通に加速します。私はこれで十分です。さすがに6速巡航から踏みつけても即加速とはいきませんが、我が家の車でそれが出来る子は他にもいないし(エリーゼでもちとつらい)、問題ないです。うん、エンジンは2LのNAで良いです。ディーゼルは我が家はいりません。回した時の音はちょっともーもー感がありますが・・・まあ、この車で高回転を維持して走り続けることはないので平気です。ロードスターだとこういう音がするのは困ります(嫌)ですが。
 直進安定性は問題ありません。ステアリングも薄味ですが、まずまず。ちょっと腕が疲れた気がしたのはこの車ではなく、恐らくエリーゼのせい。ただ、ちょっとゲインが高すぎる気がします。切ったら即反応・・・悪いことではないのですが、スポーツカーではなく、ファミリーカーとしてはちょっと過敏過ぎる気がします。まあ、「ハンドリング」は、普通に走った範囲内では、結構良くて、いけます、まあ、ここもファミリーユースのSUVというよりもスポーツカー寄りです。
 一度高速を降りて、少し一般道を走って折り返し。路面が荒れるとやはりトーションバーらしい動きが出てきますが、それでも四駆と比べるとかなり穏やかで不快感はありません。いやあ、随分違います。再度高速乗って戻ります。こっちの方が車が多く、速度は下がります。車線変更などは特に違和感もありません。高速降りる時にちょっと突っ込ませて見ましたが、さらりとこなし、安定しており、不安感もありません。GVCのおかげかどうかはわかりませんが、とりあえず、今回の試乗ではGVCが悪さしていると感じたことはありません。
 ただ、シートがいまいちです。お尻が痛いというか違和感があってあいません。どうもポジション調整にも失敗しているようです。その後、上げてみたりと何度か調整しましたが、うまくいきません。短距離試乗だと気になりませんでしたが・・・。最終的には一応SUV系の車ではありますが、シートは一番下に下げてそれでなんとか。まあ、上げるとAピラーが結構寝ているので(ボルボも同じですが)、乗り降りで頭をぶつけやすくなってしまいますから、これで正解かな?ただ、ぴたりと問題なくポジションが合うとは行きません。最終的にCX-30ならこれかなあ?というのにたどり着いたのはディラーに戻る直前でした。少しその辺を遠回りさせてもらって確かめましたが、100%満足ではないものの、まあ、これならいけるかな?
 なお、i-DMというのがついていました。

19112110

ただ、評価は5点満点みたいですが、その下のはいまいちよくわかりませんが。諸々の安全装備、前車との間が詰まると警告音がなったり、曲がっている時にどこかに何かあるらしく警告音がなったり、ちょっと賑やかすぎる気はします。もう少し鈍感でもいいかな?
 戻ってきてバックさせてみたら、バックカメラが交換レンズでそれを補正しているようで、なんか見にくいです。結局、いつも通り、ミラーを見てバックさせました(笑)。
 ああ、それからHUDが標準でついていますが、私の場合、視界の下側に何かちらついている感じでじゃまで役に立ちません(苦笑)。位置の調整は出来ると後で聞きましたが・・・やっぱりじゃまかなあ?カバーをすれば消えるので、調整して駄目ならカバーして消しましょう(笑)。

 乗り心地はこれならまずまずです。4WDとは随分違います。リアが重たいと乗り心地が悪い車みたいです。トーションビームって、そういうものでしたっけ?まあ、何にしてもCX-30で乗り心地重視ならFFでしょう!
 難点はドライビングポジションとシート。これがどうも私に合いません。まあ、最終的にはまずまずあいましたが・・・・長時間乗るとどうでしょう?最初にちゃんと合わせきらないで乗ってしまったのが失敗でした。
 もう一つ、前述の通り、かなりスポーティです。一応、SUV系の車なので、もう少し、穏やかで良いと思います。スポーティーな仕立てにしたいのはわかりますが、それはマツダ3に任せて、CX-30はもう少し違う仕立てで良いのでは?と思います。確かにクーガもSUVとしてはスポーティですが、ここまで尖っていません。私自身、ステアリングゲインが高い車は余り好きではありません。遊びは少ない方が良いですが、少しだけ切った時には少しだけ動くだけが良いです。ステアリング切って、荷重移動させて車が動きを変えて、という感じ。AWはそうですし、エリーゼもそうです。クーガもそう。フィエスタはちょっと動き出すのが早め。CX-30はそれが切ったら即向きが変わり出します。これがGVCの効果なのかもしれません。

 さて、クーガとの勝負です。高速巡航の乗り心地はCX-30が優っています。ただし、現在のクーガとの比較、です。タイヤ交換して改善されたのですが、最近、乗り心地が悪化したように感じています。そろそろブッシュやダンパーの劣化が始まってきたように感じます。元々タイヤが大きく重いので、どたどたすることがあるのですが、そういう風に感じることが増えました。それと比べるとFFのCX-30は動きが落ち着いています。高速巡航に関してはスポーティな仕立てが良い方に効いているかもしれません。今回は高速巡航は合計で20分かそこらでしたが、あのステアリングだと、数時間連続で走ると疲れるかもしれません。装備は勿論、CX-30の圧勝・・・と言いたいのですが、シートヒーターは3段階。クーガは一応5段階、実際はアナログっぽいので無段階ですから、これはクーガの勝ち。後は勿論、CX-30の勝ちです。内装の質感、デザインもCX-30の圧勝。外装は好みあるでしょうが、まあ、CX-30の勝ちですね。エアコンも当然CX-30の圧勝。
 トランスミッションはCX-30の圧勝。6速ですし、ATでもパドルがついています。更にMTも選べます。5速ATのクーガでは勝負になりません。動力性能は微妙。数値だとクーガが優っていますが、普通に走っている時には似たようなものです。不満はないので、全力加速だけクーガの勝ち、後は引き分けです。
 後部座席の居住性と荷物搭載力はクーガの勝ち。とはいえ、それほど大きな差ではありません。視界の良さだけはクーガですが。前部座席はシートはクーガの勝ち。CX-30の見た目は良いのですが、前述の通り、ちょっと私には合っていません。前方視界はどちらも問題ないですが、後方視界はクーガの勝ち。
 勿論、ステアフィールもクーガの勝ちです。エンジンフィーリングは好みの問題ですが、クーガの勝ちです。動力性能もスペック上ではクーガの勝ち。必要ないですが、不整地走行能力もクーガの勝ち。最低地上高はカタログスペックだと10mmしか違いませんが、どうみても実力はクーガが圧勝。
 ハンドリング、運動性能はCX-30の勝ちでしょう。クーガも結構いいとこいきますが、相対的な重心の高さの差が効いてきます。
 
 総合的に見てどうか?どSUVであるクーガと最近の言い方だとクロスオーバーというべき(X1に対するX2のような違い。まあ、SUV系ではありますが)CX-30なので車の性格が違います。そこは必ずしも、どちらが勝っているか負けているで評価すべきではないでしょう。それらを加味するとかろうじてクーガの勝利、とします。CX-30が僅差で破れた敗因はドラポジと運転席シート、つまり、現状では運転手の疲労はクーガの方が少ないと考えられるからです。ここが変われば、総合点でCX-30が優ると言えます。調整と慣れによっては問題は無くなるかもしれません。クーガですらやってきた当初はドラポジがちょっと馴染めなかったり、ステアリングが長時間乗ると疲れそうという感想を書いていますから。
 CX-30は四駆では駄目でしたが、FFで残りました。暫定的に現段階ではクーガの勝ちとしますが、クーガ後継車候補から脱落はしません。最終的に乗り換えるかどうかを決めるまで、暫定第一候補とします。今後、より良い車が現れなければ、最終的に乗り換えるかどうかの決断をCX-30を選ぶか、またクーガを乗り続けるかで決めることにします。うん、FFはよく挽回しました。

 後はディーゼルだとまた違うか?ですね。どうもこのシャシーは四駆はいまいちっぽいので、ディーゼルFFで更に頭が重くなったらどうでしょう?価格差程の違いはないかもしれませんが・・・試してもみたい気はします。ただ、試乗車のディーゼルは四駆なんですよね。さて、どうしたものか?一応試乗させてもらうかな?

 なお、クーガの査定をしてもらいましたが、ゴミかと思ったら(精々諸費用分程度)、もう少しでて、オプション代と諸費用を払ってもまだお釣りがそこそこくる程度の値段でした。絶対的にはたいした金額ではありませんが、6年半落ちのフォードなので、もっと低いと思っていました(笑)。まあ、ある程度値引き代わりの意味合いはあるでしょうが、買うからもうちょっと頑張ってと言えば、もう少しいけそうな雰囲気。まあ、問題は車そのものデキ、相性であって、価格ではないですが。

|

« 11/23/19’:久しぶりに富士山が見えた+エリーゼvsNR-A:プチ比較 | トップページ | 11/27/19’:クーガvsライズ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/23/19’:久しぶりに富士山が見えた+エリーゼvsNR-A:プチ比較 | トップページ | 11/27/19’:クーガvsライズ »