« 11/15/19’:SILVER TOP | トップページ | 11/22/19’:防衛装備庁シンポジウム2019 »

11/19/19’:NR-A試乗

 そういえば、最近、ロードスターの試乗車あるのかなとMTで検索していたら・・・なんとNR-Aの試乗車が見つかりました!いやあ、びっくり。という訳で連絡してあることを確認して試乗させてもらってきました。
 見た目は普通のロードスター。タイヤホイールも同じ。内装を見ると・・・余り違いがわかりません。マニュアルエアコンになっていることとナビになるLCDパネルがなくラジオしかないこと位。勿論、レザーパッケージやRSと比べると加飾が少ないので違うのですが、Sとほぼ同じ。S Special Packageと比べても大差ありません。よく見るとシフトノブはウレタンですが。言い換えるとモータースポーツベース車といっても特にチープではありません。普通です。
 違うの走り・・・のはずです。FRなのでペダルは右寄り。あくまで私の感覚では、ですが。クラッチを踏む際にフットレストにひっかかりました。そういえば、FRはちょっと久しぶり。NDはちょっとドラポジ辛いのですけど、これは仕方ないです。NR-A固有ではないですが。いつものごとく、寝かし気味にして調整。
 エンジンをかけて、さて、発進。敷地から外に出たら・・・お?お!良い感じです。ただし、道路にでて走ると凹凸を拾ってかなりゴツゴツします。脚はやっぱり硬いです・・・・かなり硬いです。路面が悪いと、ガツン、ガツン来ます。ただ、ガツンで終わります。個々の路面からの入力により衝撃は伝わりますが、収束も早いです。なので、一回の「ガツン」は不快ではありません。RSだと、結構、きつい「ガツン」でした。ええっと、文字にするとNR-Aが「ガツン」だとするとRSは「ガツーン」位?S Specialだと「ガツーンン」かな?Sだと「ガツーーン」かな?意味不明ですね(苦笑)。ぱっと見、RSと同じようにも思えますが、RSの方が収束が遅く(S Specialはもっと遅い)、ボディがダンパーに負けているようにも感じます。しかし、NR-Aは、ボディが負けていません。路面から大きな入力を受けて、衝撃は伝わりますが、それを受け止めています。ただし、一つ一つの衝撃は大きめ(多分、RSよりも)なので、これがずっと続くとちょっときついかもしれません。路面が荒れた道路をゆっくり走り続けると結構疲れそう。街乗りには向かないように思います。高速巡航は試してみないとわかりませんが、S Specialだと収まりが悪く、ゆれ続けていまいちだったので、改善される可能性はあります。概して一般道よりは路面は良いですから。
 ステアフィールも何か違います。NR-Aの方が良いです。なんとうか、手ごたえがしっかりしているというか、かっちりしているというか。全体的に車がしっかり、かっちりしている印象です。何よりもボディ剛性感が高いです。NDもオープンカーとして低い訳ではありませんが(ロードスター史上最高だとは思います)、やはりエリーゼなどと比べると弱さを感じます。しかし、NR-Aだとかなり良いです。
 まあ、別物ですね。Sどころか、S SpecialやRSと比べてもまったく別の車です。助手席に目隠して乗せられたらこれがロードスターとは思えないでしょう。いやいや、凄いわ、これ。
 ただし、エンジン音はいまいちです。まだ、余り距離が出ていないというのもあるでしょうが、過去、試乗したNDの中で一番音がよくありません。ちょっと気になるのは先日のマイナーチェンジでエンジンの仕様が変わっていることです。トルクは増えているのですが、そのせいで音が悪化していないと良いのですが・・・。まあ、とはいえ、今、新車で買える(私が)NAエンジンの中ではそれでも総合的に見て最良ではあります。

 しかし、なんでこんなに違うのかがわかりません。カタログ上、RSとの違いはダンパーだけです。どちらもビルシュタインですが、NR-Aは車高調整機能付き。後はシートが違いますが、これはRSだけが違うのであり、NR-AのシートはSやS Specialと同じものです。

 マツダのプレスリリースでは、ラジエーターがレースに備えて大容量になっていることはわかりますが、それはこの乗り味には影響しません。
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201509/150924a.html

 他にNR-Aに関する記事をみていくと
https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20160801-20102918-carview/1/
https://www.goodspress.jp/reports/48106/

https://www.d-technique.co.jp/magazine/2015/09/-nd-nr-a.php
 NR-Aは、国内仕様にはある2L版をベースにエンジンを1.5Lに変えて、バネダンパーをよりハードなものにした、車と理解出来ます。クラッチとかドライブシャフトとかパワープラントフレームなどが2L仕様のようです。しかし、それでこれだけ変わるでしょうか?2L版のボディとはほぼRFと同じはずです。しかし、RFはこんなにボディ剛性感は高くありません(ルーフを閉じると幌よりはもちろん高いですが)。明記されていない補強がされているのでは?と思いますが、いかがでしょう?スポット増しをしていたりしないでしょうか?じゃないとあの剛性感の説明がつきません。
 NR-Aに実際に試乗するまでは、ここまで大きく違うとは思っていませんでした。NR-Aの記事ではほめられていましたが、ロールゲージがついたまさにレース仕様の車の記事ばかりです(マツダのメディア向け試乗会がRE-11をはかせたそいういう仕様だったから)。ですから、ロールゲージのおかげだろうと思ってました。まあ、仮にNR-Aを買うならとりあえずそのまま乗ってやはりボディ剛性が不足するなら、ロールゲージをつければ良いかとも思っていました。しかし、これなら不要です(サーキットを走るなら、安全のためにつけるべですが)。

 NDを買うならSかNR-Aという考えが、少なくとも私にとっては正しいことがわかりました。Sはゆるいですが、昔の車、私が若かりし頃の車の雰囲気で、あれはあれで良いです。動きは大きいですが、懐かしい感じがします。NAに一番近いのはSでしょう。さりとて、NAほどボディゆるゆる、テールずるずるでもなさそうです。NR-Aはその反対側です。お山遊びするならどっちかです。が、私の走りの好みから言えば、NR-Aでしょう。

 いやあ、NR-Aは、すんばらしいです。もし、エリーゼに耐えられなくなったら、NR-Aで決まりでしょう・・・・もっとも体力的にエリーゼに耐えられない時にNR-Aに耐えられるかは?ですが(苦笑)。まあ、でも、バネダンパーの交換は可能です。NR-Aの価値はボディにありますから、乗ってきつければ穏やかなバネダンパーに交換すれば良いでしょう。それが究極のNDかもしれません。というSを除けば、ボディは全部これでいいんじゃないかな?何が気に入らないのだろう??攻めた時の限界が上がりすぎる?でも、少なくともRSは同じにすべきでしょう。そっちの方向の車なのですから。

 お山遊びを継続する状態で、何らかの理由でエリーゼから乗り換える場合にも、もちろんNR-Aで決定です。その後、あの硬さについていけなくなったら穏やかなバネ、ダンパーに交換すれば2シータースポーツを維持出来る限りは乗っていられます。

 まあ、NR-Aというか、NDを導入する時がくるかどうか、です。NR-Aでお山で遊べるならエリーゼでも遊べます。あるとすれば、速さが嫌になった時、でしょうか。後はあのステアリングか。真円でないステアリングに嫌になる可能性はあります。ただ、3台に減らすX-Dayが先に来てしまったら、その時は86です・・・。さて、ND=NR-Aが我が家にやってくる日はくるのでしょう!?

|

« 11/15/19’:SILVER TOP | トップページ | 11/22/19’:防衛装備庁シンポジウム2019 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/15/19’:SILVER TOP | トップページ | 11/22/19’:防衛装備庁シンポジウム2019 »