« 10/5/19’:桶狭間の戦い 新迂回奇襲説:その2:今川が撤退するとしたら? | トップページ | 10/7/19’:金やん、死す »

10/6/19’:クーガのバッテリー交換に苦戦

 エリーゼを入院させるためにはクーガを動かさないといけないので、先にバッテリーを交換しました。しかし、これが大変。AWなどの経験から準備と後片付け含めて30分程度のつもりでしたが・・・・2時間ほどかかりました(苦笑)。

 新しいバッテリーはボッシュのSLX-6H。1910051

1910052
 ターミナルとホルダーは10mmのナットで固定されていますが、AWの中にいれておいたはずのラチェットがみつかりません。とりあえず、眼鏡レンチで外しだしたものの、ホルダーの反対側が低い位置にあり、眼鏡がとどきません。

1910059

 ラチェット(ソケット)じゃないと無理です。どこにおいたかなあ?探し回ったら車庫で発見。
 これで外れる・・・と思ったら、奥まで入りません。ディープソケットでもまだひっかかり、ナットに届きません。

1910058

 こんなに長い必要ないでしょうに。色々試して、先にソケットをラジペンでナットにはめてから、ラチェットを押し込んだら回りました。完全には入っていませんが、なんとか回りました。

 さて、バッテリーを外して・・・・上にひかかってはずれません。箱に入っているので上に引き出すしかないですが、ひっかかって外れません。よく見ると箱の前面が外れそうです。ラッチを押し込んで引っ張ったら外れました。

1910054

 ふー。何故か虫の死骸があったり。綺麗にしたいですが、時間がないのでざっと掃除機かけてふいただけで断念。

1910056


 新旧並べると・・・ボッシュの方が小さいですね。容量的には同等ですが(SLX-6Hは61Ah、オリジナルは60Ah)。

1910053

とりつけてナットを・・・あう、閉めるのもやっぱり大変。最後にカバーをはめて・・・はまらない(苦笑)。

19100511

 奥でひっかかって入りません。なんで?時間もないので今回は押し込んで終わり。

19100512


 エンジンは無事にかかってエリーゼと入れ替えられました。ふー。

 なお、外したバッテリーの電圧を測定してみたら無負荷といはいえ、11.58V・・・交換しないでもエンジンはかかったかも?

19100510

タフなバッテリーだなあ。救援してエンジンをもう一度かけているのに。寿命はつきていてこれかあ。

 しかし、カバーのついた箱の中に納められていて、ちょっと高級?なのは良いですが、知らないと作業性は悪いですね。出先で交換・・・って訳にはいきませんから、やはり交換して大正解。

|

« 10/5/19’:桶狭間の戦い 新迂回奇襲説:その2:今川が撤退するとしたら? | トップページ | 10/7/19’:金やん、死す »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/5/19’:桶狭間の戦い 新迂回奇襲説:その2:今川が撤退するとしたら? | トップページ | 10/7/19’:金やん、死す »