« 10/22/19’:生存報告 | トップページ | 10/29/19’:TMS2019:プレビューデイ青海会場大手自動車メーカー編 »

10/24/19’:クーガvsカローラ

 今年もこの世が終わってしまいました。終わってしまった以上、落ち込んでいても仕方ないので、復活です。久しぶりの試乗記。
 カローラ・スポーツは良さそうでしたが、荷物室が希望よりも狭いので対象外でした。しかし、それベースのカローラが登場し、ツーリング(ワゴン)もあります。これなら、クーガと同等以上の荷物を積めるはずです。
 休暇を取った平時にまず私だけが見に行ってきたのですが、人が足らず、試乗に同行出来る人がいなくて、試乗は断念。後日、リニューアルオープンの人寄せパンダとしてGRスープラが展示されていたので、それを餌にして相方も連れて試乗させてもらってきました。

 おいてあった実車はツーリング(1.8L NAのG-X)とセダン(ハイブリッドのWxB)です。最廉価グレードと最上級グレード。なかなか興味深い組み合わせです。厳密に言えば、セダンがG-X、ツーリングがハイブリッドのWxBだと本当に一番安いのと一番高いのになりますが。G-Xは195/65R15のスチールホイール、

191024c4sg

WxBは215/45R17のアルミホイールです。

191024chb7

 見た目は好みがあるでしょうが、悪くないと思います。

191024c9sg

191024c10sg




191024chb2

191024chb1 191024chb1

リアはセダンの方が好きです。 

191024chb3
 荷物室を見比べると床面積は以外にもセダンの方が少し広いです。こえは、セダンだとほぼ四角なのですが、ツーリングはリアハッチの端が半円形になっているため、左右の奥行きがセダンよりも少し短いです。

191024c1

積めるだけ積めばツーリングの方が搭載量は多いですが、後方視界の邪魔にならない程度に高さを抑えるとどちらも大差ありません。当然ながらツーリングのリアハッチの方が大きいので積み下ろしはツーリングが楽です。まあ、でも、セダンでも実用上は問題ないでしょう。
 板をめくるとテンパータイヤ。どちらもファルケンでした。

191024c2


 ところが後席に座ってみると、我が家の場合、ツーリングにせざるを得ないことが分かりました。セダンの方が開口部が狭く、乗り降りがしにくいのです。カローラのセダンでこれは問題でしょう!!!ツーリングはルーフがより後ろに伸びているので頭上の余裕がありますが、セダンだときついです。

ツーリング

191024c11sgrd

セダン

191024chb5rd

全長はさほど長くはないので、後席に余裕はありません。乗ってしまうとセダンも大差ない・・・と言いたいところですが、頭上の余裕がツーリングよりもなく、ドアのガラスとの距離も狭く、かなり窮屈です。ちょっとよく分からないです。セダンである以上、後席に人は乗せるでしょうに。義父を時々乗せることを考えたら、セダンは不可です。私はセダンの方が好きなんですけど。しかし、後席が広いといえなかったアルテでもこんなに乗り降りしにくくはなかったし、ここまでせまっ苦しくもなかったと思うのだけどなあ。
 前席は十分な広さです。シートもまずまず。

G-Xはベーシックな布、

191024c3sg

WxBは合皮のスポーティーなものです。

191024chb4

トヨタなのでステアリングはまともです。サイドブレーキはやはりなく、電動式。そのおかげでブレーキホールド機能はつています。サンバイザーにバニティミラーはありますが、照明は内臓されていません。まあ、蓋がついていたので、相方的には問題ないそうですが。

191024c7sg

ペダルも普通。

 メーターは普通のメーターで右側にLCDパネルがあります。

191024c5sg

写真取り損ねましたが、WxBだとLCDパネルが中心です。個人的にはこの古典的なメーターの方が良いですね。
 G-Xは加飾はなく、商用車チック。まあ、そういうグレードです。WxBだとダッシュボードなどにステッチ風の柄がついたり、ドアなどの内張りも布やらついて、メッキパーツも増えます。

191024chb6

191024chb5

ただし、基本的な樹脂は、私が「塩ビみたい」というアルテやMR-Sの頃からトヨタが使っている見た目が安っぽいものです。ダッシュボードの上面などはソフトパッドが貼られてはいますが内装の質感は約200万円から、という車にしては寂しいです。これならフィエスタの内装の方がずっと勝ってます。内装地味、質素といわれるフォードのBセグに負けちゃいけないでしょう。Cセグなのですから。WxBは写真で見れば相応に見えますが・・・・。

 スープラに張り付いていた相方を連れてきて試乗です。買うとしたらツーリングなので、試乗もツーリング。シートは少し柔らかいですが、相方にはちょうど良かったようです。最廉価グレードですが、エンジン始動はボタン。アイドリングだと静かです。CVTですが、マニュアルモードはあります。ただし、押してアップ、引いてダウンなので、フォードとは逆です。
 さて、発進。敷地から出た時の感触はなかなか良かったです。乗り心地は良好、ボディもまずまず良い感じ。ただ、路面が荒れているとちょっとボコンボコンとした感じがします。タイヤに起因しているように感じます。我が家の好きな厚いタイヤですが・・・銘柄がBSのエコピアだったせいかもしれません。空気圧はディーラーの試乗で調べる訳にはいきませんが、かなり高いような?エコタイヤですからねえ。これは普通のにして、少し空気圧を落としたらかなり良くなりそうです。
 ただ、なんかうるさいです。ロードノイズかと思いましたが・・・・どうもエンジンです。2000回転でシフトアップしようとしても出来ません。あれ?結果的にエンジン回転数が2000回転位で走り続けることになったのですが、この位だと妙にうるさいです。音量が大きいというよりも耳障りな音です。ためしにDレンジにしたら、回転数が下がり静かになりました。Mに戻して引っ張ってみると3000位回すと音量は増えますが、音質は普通になって気になりません。まあ、エンジン音を楽しめるようなものではありませんが。
 ステアリングは軽めです。トヨタだなあと感じます。アルテもMR-Sもこんな感じでした。駄目ではないですが、好みからは外れています。後はブレーキなどは違和感はありませんし、視界も良好。動力性能も普通に走る限りは問題ありません。シートは私にはちょっと柔らか過ぎる気がしたので長時間乗るとどうでしょうか?
 CVTはやっぱりCVTでマニュアルモードもなんかどろんとしていて駄目ですね。これがまともなら、15インチ狙いで1.8L NAもありかなと思っていましたが無理です。タイヤも標準装着のものだと好みにあいませんし。それを除けば、問題点はステアリングが軽すぎることだけです。
 相方の評価も高く、不満はマニュアルモードで運転していた時にうるさかったことだけだそうです。シートはこれで良いと。乗り心地はとても良いとのことです。

 まあ、元々本命は1.2LターボのMTですから、このエンジンとCVTは関係ないし、タイヤも必然的に215/45R17です。銘柄は不明ですが、ここにあったセダンのは横浜のブルーアースGTでした。確かこれはトゥインゴGTと同じ銘柄だと思うので、もし、1.2Lターボもそれかそれと同等のタイヤなら問題ないでしょう。15インチが良いですが、バランスからはなんか17インチの方が良さそうにも思います。
 という訳で、もし、カローラを購入するとしたらツーリングのMTです。え?相方?大丈夫。クーガを一度も運転していないので、MTで問題ないです。サイドブレーキがないのは不安ですが・・・ホールドはありますし、スイッチも中央にあるのでなんとかなるでしょう。
 相方はシートはG-Xの安い方が良いといっていましたが、個人的にはWxBの方が良いようにも思います。まあ、MTを選んだ時点で、WxBしかグレードがないので、これで決まりです。
 が、しかし、その後、思わぬ事態が・・・・色がない!WxBというグレードはその名前の通り、基本白と黒しかありません。カローラの場合、もう一色ありますが、暗いパープルメタリック(スパークリングブラックパールクリスタルシャイン)で、ほぼ黒。私は明るい水色のようなシルバー(セレスタイトグレーメタリック)が良かったのですが・・・・。相方はダークブルーマイカメタリックが良かったと。赤(スカーレットメタリック)も普通の赤ではなく、ブロンズに近い色なのでこれはこれで良いかもしれません。が、白と黒ではどうにもなりません。カローラ失格(苦笑)。
 カローラスポーツだとMTでもグレードは複数ありますし、色ももっと多いのに、何故にカローラだとこんなに限定されてしまうのでしょう。あーあ・・。という訳で、クーガと勝負する前に終わってしまいました。

 一応、比較しておくとツーリングが明らかにクーガに劣っているのはステアフィールです。これはいつものことながら惨敗。まあ、クーガに勝てる車は現在の新車にはないので仕方ないですけどね。高速巡航は不明。シートがまけるかもしれませんが、WxBのシートで試乗していないのでなんともいえません。後席の居住性も負けていますね。は燃費、小回り、もちろんエアコン、荷物の搭載力も勝っています。乗り心地は一長一短。同じ銘柄のタイヤならツーリングが勝つかもしれません。エンジンは1.2Lターボに試乗出来ていないので評価不能です。
 カローラスポーツのようにツーリングでもグレードや色が選べるようになったら再試合、が今回の結論です。その時は1.2LターボMTにも試乗しないと駄目でしょうね。エンジンが嫌な音だと困りますから。それ位ならメガウェブでもいいかな?

 おまけでスープラ。

191024sp3

191024sp4

191024sp2

相方はリアは気に入っていましたが、私はちょっと好みから外れます。TVRとかマーコスぽい感じで。フロントは良いですね。トランクはまずまずですが、ファミリーカーに使えるほどの広さはありませんね。

191024sp1

まあ、3泊4日の旅行が限度でしょう。お土産控えめで。スープラを買うことがあるとしたら、基本的にはお山遊びをやめた後、ファミリカー兼用、になるはずなので、これだとちょっと辛いかな?
 エリーゼ=>GRスープラ
 クーガ+フィエスタ=>CセグクラスのSUVかワゴン
という体制なら、問題ないでしょう。ただ、フィエスタは相方号ですし、何かあったらほぼトゥインゴに乗り換え決定しているので、この組み合わせはないかな?いずれにしても、合計3台以下に減らす時でしょう。MTがAWしかなくなるのが問題ですが・・・。まあ、なんにしても乗り心地次第です。さて、いつ試乗出来ることやら?

 さて、元気を振り絞ってTMS2019に行ってきます。

|

« 10/22/19’:生存報告 | トップページ | 10/29/19’:TMS2019:プレビューデイ青海会場大手自動車メーカー編 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/22/19’:生存報告 | トップページ | 10/29/19’:TMS2019:プレビューデイ青海会場大手自動車メーカー編 »