« 優れた選挙戦略 | トップページ | エリーゼの12ヶ月点検終了 »

緊張高まる?イラン情勢

 タンカーが攻撃を受け、イランが米のUAVを撃墜し、米が核合意から離脱し、イランはウランの濃縮度を上げて、英がイランのタンカーを拿捕し、米がイランのUAVを撃墜し、今度はイランが英のタンカーを拿捕。英フリゲートとの間の会話が公開されています。
https://www.bbc.com/news/uk-49061675
と、まあ、緊張が高まっている・・・はずなんですが・・・・なんか、変なんですよね。なんか八百長臭いというか・・・あくまで私の感触であって根拠はないんですけどね。
 ただ、エスカレートしているといえばしているんですが、どちらも抑制されているとは言えると思います。イランによる拿捕もまず臨検して、口実になるものを見つけられなかった船は解放したようです。イランによる迎撃も計画してちゃんと目標を選んで撃墜しています。

 それに対して、米は有志連合による対応を提唱。が、英は欧州は欧州でやると。なんだろうな、これ。従来なら英は米と協力してやるはずなんですが・・・色々と裏、背景がありそうです。いずれにしても、日本もなんらかのかたちで参加せざるを得ないのですが、法的根拠をどうするか?これ用の法律を作るのが最良だとは思いますが、できるか?更に言えば、建前としては、対イラン包囲網ではないとしているので、イランにも参加を要請すれば良いのではないでしょうか?タンカーを攻撃したのは正体不明です。ホルムズ海峡の安全はまずは周辺各国が担うべきですから、UEA、オマーン、イラン、サウジアラビアなどが連携して警備するのが筋でしょう。それに米や日本のように海峡を利用する各国が協力。ですから、イランを巻き込むべきです。それなら日本も参加しやすいでしょう。さて、正式にはどういう話になるか?
 ただ、ソマリア沖の海賊対処もしているので、戦力に余裕はありません。当座は最低限度の戦力を参加させるにとどめるしかないでしょうが。まあ、船ではなく、航空機という手もありますね。

|

« 優れた選挙戦略 | トップページ | エリーゼの12ヶ月点検終了 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優れた選挙戦略 | トップページ | エリーゼの12ヶ月点検終了 »