« これぞ、プロ | トップページ | 86/BRZを買うとしたらどれ? »

もし、車を減らすなら?

 相方の状況は落ち着いて、一時期危惧したように近い将来に再編成は必要とは思えない状況にはなっていません。なので、今回は、単なる「話のネタ」、思考実験です(笑)。

 想定はファミリーカーと趣味車を統合、想定時期2022年頃、です。エリーゼSCを買った時に諸般の事情により、こういう車で走れるのは後4年位だと述べたのですが、統合があるとしたら、その時です。1年経過したので、後3年後、概ね2022年の半ば頃=エリーゼに乗り続けていたら2回目の車検の頃です。

 条件は
1.クーガと概ね同等の荷物室の床面積(80x100cm程度)
2.後部座席がある(基本的に人は乗らないので居住性は問わない、いざという時に3人乗れればいい)
3.右ハンドル
4.MT
5.ステアリングが真円
6.ある程度のスポーツ走行に耐えるシャシー
7.高速巡航に優れる
8.シートの出来含めて乗り心地が良い
9.エアコンが真夏でもちゃんと効く
が必須。可能なら
10.サイドブレーキがある
11.高回転まで回る
12.相応の動力性能
13.後部座席に義父を乗せられる
14.車庫の中に納まる(AWの隣に収まる)
です。

 前回との違いはサイドブレーキを必須条件から外したことです。いや、諦めたくないですよ。でも、まあ、MTにこだわったら、そこは妥協するしかありません。現実、選択肢がほとんどないですから。

 性能ではないですが、予算は、概ねエリーゼとクーガ(ゴミみたいな金額でしょうが)の下取り額の合計です。基本的には運用コスト削減のためのリストラですから、贅沢は出来ません。

 どっちに重点を置くかですが、常識的に考えれば、ファミリーカーでしょう。

 カローラスポーツワゴンは日本にはそのまま導入されず、それベースの新型カローラが導入されるようですね。国内専用のナローボディになるようです。ただ、5ナンバー枠ははみ出し、既存のモデルも併売されるとか。新型カローラは1.2LターボにはMTが設定されるようです。これは、お年寄り、向けモデルという意味合いも当然あるでしょうね。そろそろ減ってはいるでしょうが、ずっとMTにのっているのでMTじゃないと困るという人はいて、それでカローラにはスポーツモデルじゃないにもかかわらずMTが残されていたのだと理解しています。

 新型カローラは、カローラスポーツよりはスポーツ色は減るでしょうが、従来のカローラよりはよさそう=私の要求仕様に合いそうです。お年寄りのため、サイドブレーキが設けられるとなお良いのですが、それは難しいかな??何度も述べているようにパワーは無くても良い=遅くても良くて、コーナーさえ楽しめれば良いです。1.2Lターボだとエンジンは回りませんが、この想定では贅沢は言えないです。荷物が積めて旅行に行けて=高速巡航が快適に行える、時々、お山で遊べれば良いです。
 
 サイドブレーキを諦めれば、マツダ3も同様に候補になりえます。MT前提なのでハッチバックで1.5Lか、2Lか。詩乗した限りではMTなら1.5Lでも酷くはありません。新しい2Lは、実用性は高いでしょうが、スポーティなものではないので、通常走行時の余裕を求めるかどうかでしょう。変な話ですが、スポーツ走行時は遅い1.5Lでもいいのです。競争する訳ではありませんから。車重を考えるとかなり非力ではありますが。カローラの1.2Lターボよりはぶん回して乗るなら良いかもしれません。

 両者の最大の違いはリアサスにあります。トーションビームだから悪い訳ではなく、トーションビームでも素晴らしい車はあります(ルーテシアRSとかフィエスタとか)。しかしながら、やっぱり、トーションビームはトーションビームです。大きな入力を片側に受けた時の動きはどうしても好きになれません。

 まあ、新型カローラに実際乗ってみないとなんともいえませんね。乗り心地がマツダ3以下なら、マツダ3が有力候補です。

 CH-RにMT追加の噂もありますが、あれは荷物が積めないので無理です。それに余りに売れすぎ。運転すると必ずどこかで出会います。ちょっとね。(^^;また、現行のカローラスポーツも荷物室の床面積が不足します。

 サイドブレーキを諦めたので、アテンザも候補に入るのですが、これは車庫に収まりません。CX-3やデミオだと荷物室の床面積が不足します。CX-5はさすがにお山で遊べないでしょう。車庫にも入りませんしね。

 M2ならほぼ条件は満たせます(乗り心地だけも微妙)が、速さが過剰でかつ完全に予算オーバー。リストラ目的でこれはちょっとじゃなく完全に無理。(^^;
 ミニの限定車で5ドアにMTがあるそうですが、荷物室が狭いので不可です。メガーヌRSは荷物室はぎりぎりセーフかもしれませんが、ステアリングが駄目ですし、速過ぎ。シビックType-Rも同じ。候補はないですね。

 でも、ほぼ条件を満たす車があります。86/BRZ(以下、86と呼称)です。前にも述べたように最悪、相方を後ろに乗せれば、前に義父を乗せることは可能です。7.の高速巡航はやってみないとわかりませんが、素性からすると問題はなさそうです。それ以外はMTがないか、2シーターか、荷物室が狭すぎるかで、候補になりえません。3年後、86はフルモデルチェンジしている可能性がありますが、排気量以外はほぼ同じでしょうから、候補になることは変わらないと思います。

 現状、サイドブレーキにこだわると86しかもう候補はないに等しいです。現行カローラはさすがにお山で遊べませんから。86の場合、フルモデルチェンジが確定して、噂通りに排気量が増えるとわかった段階で、先行して、エリーゼから乗り換えておく手もあります。クーガのリストラはその後です。予算?ほとんど影響はないでしょう・・・という程度の下取り額ですよ(苦笑)。保険、税金の節約の方が大きいかも(笑)。

 エリーゼー>86先行乗り換えだと、86がファミリーカー足りえるかの検証が出来ます。後部座席に人を乗せられないという点を除けば問題ないとしたら、クーガをリストラできます。駄目だったとしてもまだやりようがあります。
 もちろん、逆にクーガから新型カローラなりマツダ3に乗り換えてファミリーカーとして使い、お山で楽しめるか試すという手もありますが、この場合、予算の問題が出てきます。クーガの下取り分なんて諸費用にも足らないでしょうから、お金を用意しないといけません。もちろん、後でエリーゼを手放して補填は出来ますが。それと実際に使ってみて、クーガに乗り味・高速巡航性能が大幅に劣った場合、困ったことになってしまいます。86がファミリーカーになりえない場合には、クーガは残っていますから、まだやりようはあります。単に趣味車が替わるだけですみますから。

 そう考えると、まず、エリーゼから86に乗り換えて、問題ないければ、クーガをリストラがもっとも失敗が少ないと思えます。え?86がファミリーカーにもならず、趣味車としても失格だったら?その時は86をまた別の車にすれば良いでしょう。なんにしても、自由度は高いです。

 という訳で、今回の結論は、86が次期人員輸送車=ファミリーカーとして最適、でした。なんか変だな(笑)。

|

« これぞ、プロ | トップページ | 86/BRZを買うとしたらどれ? »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これぞ、プロ | トップページ | 86/BRZを買うとしたらどれ? »