« タンカー攻撃事件 | トップページ | エリーゼSCが少し分かってきた »

ホットバージョンDVD最終号とステアリングの持ち方

 先日、書店に行った際にホットバージョンでA110を取り上げていたので買おうかと手にとったらがDVD最終号と書かれていました。あちゃー、ついにその時が来てしまいましたね。まあ、ベストモータリングよりは長生きできましたが・・・・。
 時間が取れたので見てみたら、web化=Youtubeの有料チャネル化だそうです。ホットバージョンというか、ベストモータリングのチャネルなので、応援の意味もかねて登録しました。月490円です・・・まだ専用のコンテンツは何もありませんでしたが(苦笑)。どこまで続くかわかりませんが、頑張って欲しいです。期待しています。

 A110の評価は、グンサイでは、タイヤのグリップが高くないこともあり、やや安定性にかけて「怖い」ようですね。それに対して718ケイマンはべた褒めでしたが・・・音は相変わらず酷いですね(苦笑)。音を考えたら、982よりも961が百倍ましですね。多少性能は982が高いにしても。まあ、何故かスペックほどパワー感を感じないのは、シャシーが勝っている証拠なのかもしれませんが。

 で、ホットバージョンを見ていて、はたと気がついたのですが、登場するドライバー達(全員レーシングドライバー)はステアリングを基本的に持ち替えていません。ヘヤピンみたいなタイトコーナーでも左右の腕を交差させてそれもう限界ではという状態ですが、直進状態で握ったままです。そのやり方の是非は別にして、今はスポーツドライビングではこれが主流なんでしょうね。なるほど、だから、最近のスポーツカー系の車(に限りませんが)は変なステアリングが多いのですね。その持ち方なら、下が欠けてようと楕円であろうと関係ありません。また、直進状態で握る部分が妙にくぼんでいたりするのも納得出来ます。
 一方、私は最初に所有した車=AWのステアリングは、パワステ無し、相対的に見てステアリングギア比がスローで、細身で直径も大きめだったので、大きく切る時は持ち替えます。握ったまま切っていくと切り足らなくなりますし、力も入りません。そういう操作ですから、ステアリングが真円でないと操作しにくいのです。
 今の車はパワステが付いていますし、相対的にギヤ比もクイック(ポルシェなどのように可変の場合もある)ですから、握ったままでも相応の舵角を与えることが出来るでしょう。ですから、ああいいう操作が主流になるのはわかります。仮にカウンター当てるとしたら握り替えない方が良いでしょうしね。

 お前が無知なだけだと言われると返す言葉がないのですが、今までずっと謎でした。何故。あんなへんちゅくりんなステアリングで問題ないのか。その謎が解けました。でも、普通の車まで変形ステアリングを使うのはなあ。

 なお、私のやり方は古くてもはや適切でないとしても、この年で今更操作方法は変えられません。もう無理です。それに体格に対しても私は腕が短めで手も小さめ(指も短め)です。なので、BMWのMのステアリングは太すぎてうまく握れません。持ち替えないと現代の車であっても(981でも)実際に辛いです。また、AWに乗っている限り、AWに合わせた操作をしないといけません。AWと同じ操作を現代の車ですることは問題なく出来ます。だから、このまま続けるほかありません。なので、ステアリングが真円ではない車は買えません(乗れません)。選択肢は減りますが・・・。

|

« タンカー攻撃事件 | トップページ | エリーゼSCが少し分かってきた »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タンカー攻撃事件 | トップページ | エリーゼSCが少し分かってきた »