« 困ったことになりました、いや、困らないのですが | トップページ | 軍事研究2019年6月号 »

カーナビvsYahooナビ

 クーガには購入当時にディーラーオプションで設定されていたカーナビがついています(エクリプスのSD)。元々はネットで更新出来たのですが、期限が切れたので更新出来なくなっています。なんかずるずると更新版を買い損なって(車そのものの買い替えも検討したりして)今日に至っています。さすがに地図が古くなり、色々と問題が起きています。
 そこで、スマホ・・・正確には通話機能の無いタブレットですが・・・のナビを試してみました。お試しなので基本無料のYahooナビです。アプリを入れて、北海道で両方に同じ場所を案内させてみました。そして色々な違いが分かりました。結論から言えば、通常はYahooナビの圧勝です。

・どこが優れているのか?
 現実的な道路選択をします。カーナビは少し距離があると高速を選びますが、Yahooナビは一般道を選びます。北海道ではかなりの距離でないと一般道と高速で所要時間の差が余りありません。そこを考慮しえいます。カーナビは場所によらず単に距離だけで決めているようです。
 そして、到着予定時刻も現実的です。カーナビは一般道はどこであれ平均時速30km/hで計算しています。北海道では制限速度が60km/hで10-20km信号や交差点がないことも少なくありません。結果、カーナビの到着予定時刻は現実と乖離して余り当てになりません。
 どうも過去に使った人のデータを取り込んで逐次更新して計算しているようです。正直、結構厳しいように感じることもあります。北海道を走る人はかなり飛ばしているような?(^^;なので、Yahooナビが時間がかかると言ってくれば、それは確かにその程度以上はかかると言えるでしょう。
 この通信と過去のデータの蓄積を元に選択される経路と到着予定時刻はカーナビでは達成出来ません。Yahooナビ圧勝です。

 当然、地図の更新という手間もいりません。地図が古くて新しい道路を利用しそこねたり、移転していてナビの地図の場所にはもうなかったりということはありません。通信型ナビでも精々月に一度の更新です。この差は大きいです。

・でも、弱点が・・・
 長所は短所の裏返しでもあります。アプリそのものは表示しているに過ぎず、ナビげーションソフト本体は離れた場所にあるサーバーの中にいるので、通信出来ないとまったく何も出来ません。ナビアプリによってはスタンドアローンでも使えるものはあるようですが。ですので、長いトンネルでは何も出来ません。カーナビはある程度ならGPSの電波を受信できなくても使えます。まあ、カーナビとポータブルナビの差に近いですが、ポータブルナビと異なり、本当に何も出来なくなります。当然、携帯の電波が届かないようにな山奥とかでも使えません。しかし、通信させ出来れば極めて強力です。

 また、これはアプリの問題ではないのですが、手持ちのタブレットをクーガにつけたら画面に光が反射して昼間はみにくいです。これはポータブルナビでも起こりえる問題なので日よけをつければ解消します。
 それとつい車から降りる際にタブレットを外し忘れることがあり、使おうとして、車の中だ!ということがありました。また、その場合、晴れているとタブレットの温度が上昇し、警告がでたこともあり、夏場だと保護回路が作動するかもしれません。まあ、ちゃんと外せばよいですし、日よけでも改善出来るでしょう。

使い分けが必要ですが、通常の走行ルートで通信が常時出来るなら、Yahooナビだけで十分です。そうでないのならやはりカーナビも必要です。

 言い換えると今後、カーナビメーカーは通信機能を充実させる必要があると言えるでしょう。通信出来る間はサーバー側で経路の選択や到着予定時刻の計算をし、通信が途絶えた間はナビのハード(正確にはそこで動いているソフトですが)で案内を続ける、そういう、いわば、クラウド型になっていく必要があると思います。そうでなければ、アプリのナビに駆逐されえます。

 我が家のように複数の車がある場合、ポータブルナビを使いまわしていましたが、これからはアプリナビを使いまわすことになりそうです。ポータブルナビの取り扱いが難しくなりました。通信契約を3年延長したばかりなんですが(苦笑)。その後はないかな?電波が途切れた時だけバックアップとして使えれば良いなら地図が古くても使えますから。

 ポータブルナビの通信契約が切れたら、更新せず、安い(月1GB位の)SIMを買って、タブレットをナビ専用にする手もあります。それなら付けっぱなしで良いです。日よけと夏場の温度上昇対策は必要ですが。その場合、ついでにドライブレコーダーアプリも入れてしまう手もあるでしょう。そうするとマウントキットは各車につけるとして一つのタブレットをつけかえればナビとドラレコがそれぞれの車にいらなくなります。ドラレコそのものは安価なものなので、専用品をつけても良いのですが、我が家のように複数の車がある場合、付け替えるのが面倒です。うーん、まあ、もうそうしてもいいかな?今のタブレット、ちょっとぼろっちくなっているのでナビ専用にして、新しいのを買っても良いかも?

 なお、運転診断もしてくれます。
・加速の安定性
・減速の安定性
・コーナリングの安定性
・ハンドリングの安定性
・ふらつき運転の安定性が
20点満点で表示されます。

Yahoonavi Yahoonavi
 このうち、コーナリングの安定性は点が低い方がより早い速度でコーナーをかけぬけているので、0点を目指すべきです(笑)。まあ、加速や減速も状況によるので、個人的にはハンドリングとふらつき運転の二つが20点であることを目指したいです。それから、これ、サーキット走行でも有効かもしれません。本来は穏やかに安定して運転すれば高い点数が取れますが、サーキット走行でもうまく走れたかどうかの目安にはあります。加減速は難しいですね。サーキットでも滑らかにやった方が良いといえば良いですが、でも、タイムを出すなら急減速と急加速になってしまいます。改良すればサーキットモードも作れそうですが。絶対的な加減速度合いではなく、急激だけどリニアにやると高得点とか?もうそういうアプリがあるかもしれませんね。

|

« 困ったことになりました、いや、困らないのですが | トップページ | 軍事研究2019年6月号 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 困ったことになりました、いや、困らないのですが | トップページ | 軍事研究2019年6月号 »