« 新東名の路面 | トップページ | どうする日産!? »

海上輸送部隊

 読売新聞がまずは2000tの中型輸送艦1隻と300tの小型輸送艇2隻を整備、最終的には中型2隻、小型6隻を整備すると報じました。それがどのような船になるかはまだわかりませんが、排水量からすると中型は2000tというとみうら型と同程度のLST、300tは、輸送艇1号型よりも小型のLSUというのが想像されますが、今回はいずれもビーチング能力は不要だと思います。その方が巡航速度が上がります。小型は物資運送中心に考えるのなら純粋な貨物船型でも良さそうではあります。基本的には大型艦が入れない小規模な港に入港して荷物を降ろせれば良いはずですから。また、設備との兼ね合いもありますが、コンテナ船ではなく、RO-RO船が良いように思います。人員輸送も考えればカフェリー型でも良いでしょう。いずれにしても、基準排水量換算で300t程度のカーフェリーもあります。与那国島路線に就航しているフェリーは今は総トン数753トンですが、以前のは500トン程度でした。
 
 小型は貨物輸送に最適化させ(RO-RO船型)、人員と車両は中型艦(カーフェリー型)で運びのが妥当でしょうか?基本的には最前線で使うものではないので、構造は民間船そのままでかまわないと思います。武装は不要で、精々、チャフ、フレア発射機(Mk.36 SRBOCとか)程度で良いかと。乗員数はなるべく減らしたいですから。
 
 ところで、2000tとか300tって、基準排水量で良いんですよね。(^^;

|

« 新東名の路面 | トップページ | どうする日産!? »

戦史・軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新東名の路面 | トップページ | どうする日産!? »