« フィエスタのタイヤを交換 | トップページ | これまで使ったタイヤ »

ルマンVで200kmほど走行

 タイヤを交換したフィエスタで200kmほど高速道路主体で走ってきました。印象はPROXESと似ていて静粛性は向上していますが、ある程度以上路面が荒れるとやはり抑えきれなくなります。また、乗り心地も高速道路だとタイヤが柔らかく感じます。柔らかいおかげで当たりは柔らかいのですが、ちょっと柔らか過ぎて動きが大きく感じます。大げさに言えば、ぼよんぼよんとした感じです。また、一般道で大きく路面が荒れているとどたんばたんとした動きになります。悪く言えば、ちょっと中古車っぽい動き。一般的に言えば、乗り心地はよくなっていると言えるでしょうが、好みとはちょっと違います。フィエスタの乗り心地の良さはタイヤに依存していた割合が高かったかもしれません。当たりは硬めですが、剛性感が高くて動きは落ち着いています。ルマンVは当たりは柔らかいものの、剛性感は相対的に低く動きがやや大きです。
 ただ、ロードノイズは大きいですし、消耗も早かったですから、全体的に見ればルマンVの方が良いと言えるでしょう。また、同じタイヤ(ハンコックのVENTUS S1evo)はもう日本では市販されていないのでどうしようもないですが。
 もう少し走ってみるとかわるかもしれません。

|

« フィエスタのタイヤを交換 | トップページ | これまで使ったタイヤ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィエスタのタイヤを交換 | トップページ | これまで使ったタイヤ »