« 信玄上洛 | トップページ | ルマンVで200kmほど走行 »

フィエスタのタイヤを交換

 交換終了しました。先日触れたように選んだのはダンロップのルマンV。

19040801904082 1904082

こんな感じでやってきました。例の吸音スポンジはタイヤ全面(全周)に貼られているのかと思いましたが、途切れていますね。

1904081 1904081

まあ、効果はこれで変わらなかったということでしょう。いまだにこれが本当に効果があるのかは疑問に思いますが。19年の8週。生産中のタイヤですからまあ、これはこうでないと。

1904083 1904083

 諸般の事情により、相方が1人で運転して交換してもらって帰ってきました。よく頑張った!と思うけど、よく考えたらフィエスタは相方の車なので当たり前だった(笑)。静かになった、ハンドルに(震動が)こなくなった、乗り心地も良くなった、とのこと。私はまだ少ししか運転していませんが、タイヤは柔らかくなったと感じます。これまた3年2.5万km乗ったタイヤから新品にしたので、当然、全ての面において良くなるのは当たり前ですが。前のハンコックはスポーティーなタイヤでドライグリップも高めで、また剛性は高いものの硬さも感じるタイヤで、その割には乗り心地は悪くなかったのです。ハンコックだからといって性能が悪いとは思いませんでしたし、良いタイヤだと思いましたが、ロードノイズだけは大きかったです。また、普通に乗っているわりには劣化も早めで美味しい部分が少なくは感じました。
 交換後、ロードノイズが大幅に減少すると期待しましたが、これまた思ったほどではありません。うーん、クーガ同様にフィエスタもロードノイズが響き易い車のようです。もちろん、明確に減ってはいますが、路面によっては、抑え切れません。乗り心地は当たりは柔らかくなりましたが、高速道路だとどうでしょうね?ちょっと柔らかい過ぎるかもしれません。
 まあ、何よりも、劣化してざらさらしていたのでそれが解消しただけでも大幅な改善です。クーガ同様に高速巡航テストをしてきたいです。

|

« 信玄上洛 | トップページ | ルマンVで200kmほど走行 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信玄上洛 | トップページ | ルマンVで200kmほど走行 »