« ロードスターRF VS試乗 | トップページ | 2018年の終わりに »

試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2018

 今年も後わずか。という訳でも第7回試乗カー・オブ・ザ・イヤーです。(^^)今年も色々と試乗させていただきました。ディーラーの皆様方、ありがとうございました。
 今年はクーガの車検を通し、エリーゼを招き入れた後、ほとんど試乗にいかなくなってしまったので、試乗した数は例年よりもずっと少なかったです。という訳で今年の10ベストを発表します。順番はメーカー名のあいうえお順です。

・アルファロメオ ステルヴィオ ファーストエディション
 気がついたら試乗記を書き忘れていました。20インチタイヤのせいで乗り心地はジュリアに劣りましたが、ステアフィールはジュリアに優っていました。相方はかなり気に入ったそうです。まあ、本命はノーマルでしょう。

・BMW X3 xDrive20d M Sport
 タイヤのせいか先代よりもやや乗り心地が硬く、エンジン音も先代の方が良かったですが、それを覗けば良かったです。ああ、後、Mスポのステアリングが太すぎるのも悩ましいですが。

・ポルシェ 718ケイマン
 昨年試乗した個体よりもずっと良かったです。ただし、エンジン音は除きます。あれはスポーツカーの音ではありません。

・マツダ ロードスターRF VS:AT(マイナーチェンジ後)。
 期待のエンジン音は常用領域ではいまいちでしたが、上は悪くなかったです。それよりも乗り心地がマイナーチェンジ前よりも良くなっていました。

・マツダ ロードスターS Special Package(一部改良後、マイナーチェンジ前)
 マイナーチェンジ後の1.5には試乗出来ておらず、マイナーチェンジ前、一部改良後のものです。乗り心地は余り変わったように思えませんでした。ステアフィールは良くなったように思いました。

・ロータス Elise Sport 220II
 街乗りでは乗り心地が素晴らしかったので、シート固定方法が変わったおかけがと思っていたら、NAよりもSCが良かっただけでした。ただ、高速道路ではエリーゼでした。それとマフラーが爆音なのがちょっと。

・ロータス Elise
 リアが軽くなると乗り心地が悪化するとは思えませんでした。それを除けば、やはりSCよりもNAの方が良いですね。

・レクサス UX200 F SPORT
 街中で乗る限り弱点ありません。荷物室が狭いのと後部座席に余裕が無いこと位だけです。イヴォークの例があるので高速道路でどうかはわかりませんが。

・レクサス NX300 I Package
 基本的には良いのですが、脚がやや柔らかく相方に不評でした。F SPORTだと違うかと思いますが、試乗の機会がありませんでした。

・ルノー トゥインゴGT
 楽しい!タコメーターがなかったり、フットレストがなかったりしますが、それを除けばなんの問題もありません。乗り心地もノーマルよりもずっと良いです。

 さて、試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2018の発表前に各賞を発表しましょう。

相方号候補車賞
 現実にはフィエスタの後継車選びは事件がない限り、当分ないのですが、もし、フィエスタに何かあった時の後継車はどれか?という観点で今年から選びます。トゥインゴGTです。元々、ルーテシアの後継はフィエスタではなくトゥインゴが予定されていたのですが、タイミングがあわずフィエスタになった訳ですので、乗り心地が改善されたGTなら当然、有力候補です。今年は同クラスの車に試乗していないので、次点はありません。

街乗り車賞
 UX200 F SPORT。高速道路ではどうかわかりませんが、街乗りでは乗り心地は一番良かったです。次点はElise Sport 220IIです。え?と思われるかもしれませんが、実際良かったのですから。

ベストコストパフォーマンス賞
 トゥインゴGTです。安くて、楽しい。実用性もあります。次点はロードスターS Special Packageです。

ベストエンジン賞
 今年もロードスターの1.5L 直四エンジン。次点はRFの2Lエンジン(マイナーチェンジ後)。

よく頑張りました賞
 RFの2Lエンジンです。というか、最初からこうしようよ?

ベストメイクス賞
 レクサスです。10ベストに2台入りました。

 

 さて、次は不名誉な賞です。

期待外れ賞
 カジャー。サイズからしてちょうどよいと思ったのですけどね。残念ですた。次点コンパス。安全装備などはともかく、車としての性能は先代の方が良かったです。

最悪乗り心地賞
 Q5。とまっている時は良かったのですけどねえ。次点はコンパス。

悔い改めま賞
 コンパス。車として先代にほぼ全てで劣るのは駄目でしょう。

 さて、いよいよ試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2018のは発表です。トゥインゴGTです。2位はUX200 F SPORTです。車としては欠点ありません。3位はX3 xDrive20d M Sport。もう少しタイヤが厚いと良いのですけれど。

 それから、昨年、「来年(=今年)登場する、登場予定で、試乗が楽しみな車」として取り上げた車で、これまで述べていない車について述べます。

ジャガー E-Pace
 クーガの車検前に登場しなかったので試乗を逸しました。

ボルボ XC40
 クーガの車検前に登場しなかったので試乗を逸しました。COTYも取りましたし、良いのでしょうが・・・どうかな?

ボルボ XC60 ディーゼル
 正直、すっかり忘れていました。

ホンダ CRV
 クーガの車検前に登場しなかったので試乗を逸しました。

マツダ CX-5
 なんとなく試乗に行きそびれて、クーガの車検を通してしまいました。

 さて、最後に来年登場する予定・期待される車で試乗が楽しみな車、また今年試乗の機会を逸した車について述べます。ただ、当座、乗り換えが予定されていないので、試乗に行きにくいのでどうでしょう??

アウディ Q3
 サイズ的にはQ5やQ2よりもクーガに近いので、クーガ後継の候補です。

ジャガー E-Pace
 機会があれば試乗してみたいです。

ボルボ XC40
 来年こそ、どういう車かを試乗してみたいです。

アルピーヌ A310
 変形ステアリング、2ペダル、ターボと趣味車としては難しいのですが、乗り心地が良いらしいので試乗はしてみたいです。

トヨタ スープラ
 2ペダル、ターボ、更にハイパワーですが、ボディ剛性が高いらしく、乗り心地は期待出来ますので、噂通りか確かめてみたいです。

BMW Z4
 スープラの兄弟といいつつかなり違う車らしいです。これも2ペダル、ターボ、更にハイパワーで趣味車には辛いですが・・・・。

  さて、来年はどのような車に試乗出来るでしょうか。まあ、どれだけ試乗にいけるか、が問題かもしれませんが(苦笑)。

|

« ロードスターRF VS試乗 | トップページ | 2018年の終わりに »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2018:

« ロードスターRF VS試乗 | トップページ | 2018年の終わりに »