« 日本カー・オブ・ザ・イヤー | トップページ | 現象再現せず »

レクサスUX200 F SPORT試乗

 久しぶりの試乗記です。というか、車を見に行ったのがそもそも随分久しぶりです。エリーゼがやってきてから車が落ち着いてしまっていたので。UXは相方がデビューを楽しみにしていた車なので、レクサスの営業氏がDMを送ってくれたので相方と見に行ってきました。

 展示されていたのはUX250hのversion C。オレンジ色です。
120218ux0120218ux01
オレンジ(ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリングという長い名前の色)。相方が好きそうな色ですが、ホイールアーチの黒い樹脂部分がいまいちだと。黒とオレンジは相性悪くはないと思いますが・・・ただ、ボディ同色にも出来るそうです。色見本を見ているとテレーンカーキマイカメタリック(緑系)かマーキュリーグレーマイカが良いそうです。後者は珍しいですね。

 勝手にわりと小さい車だと思い込んでいましたが(レクサスでは確かに一番小さいですが)、高さを除くとクーガとほぼ同じです。あれ?後で見るとCH-Rも長さが135mm、幅が55mm少ないもののそれほど小さくはなかったんですね。勝手に小さかったように思い込んでいました。

 CH-Rと違って派手な羽根がないのは良いですね。レクサス顔は好みがわかると重いますが。タイヤは215/60R17と今どき珍しく厚いです。銘柄はBSのTRUNZAでした。
120218ux7

 まずは後部座席から。広いとは言えませんが、十分な空間はあります。
120218ux2
ただ、座りと横(窓側)に余裕がなく、圧迫感があり、義父受けは悪そうです。仮にこの車を買ったとしたら、義父を乗せる時には前席に座ってもらうことになるでしょう。内装の質感はまずまずですが、一部樹脂部品の質感が期待ほどではない部分もありました。まあ、レクサスとしてはローエンドですからね。シートそのものは良い感じです。後席用のエアコン吹き出し口もちゃんとあります。
 前席は良いです。
120218ux1
シートの素材はL texという合皮ですが、私は本革よりもこの方が好きです。柔らかいですし。ただ、営業氏によると長時間乗るのなら本革の方が良いかもしれないとのこと。シートヒーター付き。本革だとベンチレーションもつきます。前席は左右電動で、運転席はメモリー付き。
 ステアリングは安心の真円。ただ、残念ながらパドルはF SPORTのみ。まあ、この車でマニュアル操作をしたいというユーザーは少ないでしょうから仕方ないでしょうが・・・。メーターは燃料と水温はちゃんと針があります。
120218ux9
他はLCDパネルのようですが、警告灯は独立したもののようです。ちょっと懐かしい感じ?最近全部LCDパネルの車が増えているので。サイドブレーキはありませんがホールド機能があるので問題はありません。エアコン操作も普通。ナビは最近のレクサス流の手元のタッチパネル。そのナビの画面、横長ですが、個人的には縦長の方が良いです。まあ、ナビ以外の表示も出来るのでしょうけれど。
 サンルーフがついていましたが・・・・小さくてこれだと要らないです。
120218ux8
 リアハッチを開けると・・・あれ?えらく床が高いですね。
120218ux3
シートを倒してフラットになるのは良いですが、奥行き幅はそれなりですが高さがありません。
120218ux6
フラットにするために二重底になっているのかなと床をめくるとパンク修理キットが。
120218ux4
右の蓋を開けるとバッテリー。
120218ux5
うーん、CH-Rもこうでしたっけ??荷物搭載量はさすがに少ないように思います。

 なお、ウインカーは最近一部で?流行の流れるウインカーではないそうで、相方的には大歓迎。あれ、嫌いなので(苦笑)。全体的に見ると良い感じです。
 試乗もガソリンならそれほど待たないというのでお願いしました。しばらく会話したりして、レクサスユーザーよりもベンツ・BMWユーザーが興味を持ってきているとのこと。

 さて、試乗の順番が回ってきていってみると・・・あら、F SPORTでした。
120218uxf1
パドルがつくのはこれだけですから、もし、我が家でUXを買うとしたらこのグレードなのでちょうど良かったです。タイヤは残念ながら17インチではなく、18インチ。225/50/R18ですから、クーよりもちょっとだけ狭い(=薄い)です。
120218uxf2
銘柄はBSのTRUNZA T005Aですがランフラットです。
 シート本革です(オプション)。
120218uxf3
シートベンチレーションもついていて、シートヒーターなどと合わせて、オートモードがあります!ああ、ステアリングヒーターもついているようです。シートそのものはバケット風ですが、表皮はversion Cの合皮の方が柔らかくて良い感じ。まあ、長時間乗るとどうでしょう。
120218uxf6
 こちらはメーターはLCD。このクラスでは今はこれが普通になってきていますね。
120218uxf4

 ドラポジ、視界はとりあえず問題ありません。エンジンをかけると、まあ普通というか静かです。さて、発進。走り出した感じはまあ普通です。敷地から道路にでたら、乗り心地はなかなか良い感じです。「感動」はないが全体的には良いです。その先、路面が荒れてもうまくいなしています。うん、結構良いと思います。一部、路面によってはロードノイズがうるさく感じられましたが、ボディ剛性感が高い、とまでは感じませんが、路面によらず、乗り心地は良いと思います。ただ、F SPORTでこれだと、普通のだと柔らか過ぎるかもしれません。まあ、それも踏まえて、我が家なら、F SPORTで決まりでしょう。
 2000回転程度でシフトアップしても普通に走れます。余り上までは回しませんでしたが、普通に走る分は動力性能に不満は感じられません。高速巡行中の加速だと不満が出るかもしれませんが。なお、アイドリングストップは機能しませんでした。マニュアルモードだと作動しない訳では無いそうなので、寒くて暖房を付けていたせいかもしれません。CVTを10段に切ったものですが、パドルで変速操作をして走るとCVTっぽくはなく、普通のトルコンATと同じような感じです。これならCVTでも問題はないです。
 ステアリングはかなり軽いのですが、その割には悪くありません。無論、クーガほどはステアリングインフォメーションが豊富ではないですが、ジュリアのようにスカスカでもなく、許容出来ます。

 それからヘッドアップディスプレイがついていました。速度だけではなく、回転数やギヤ、読み取った標識も表示されていました。写真はどうしても路面にピントがあってしまうので、うまくとれませんでしたが。
120218uxf5

 もどってきましたが、もう少し乗ってみたいように思いました。出来たら、高速道路でも試乗してみたいです。

 総合的に考えて、良いと思います。走って気になるのはパワステが軽すぎること位です。むしろ、走行性能とは関係無い荷物搭載量がやや不足しているのと後席の居住性の方が気になる位です。相方はかなり気に入っています。

 ただ・・・・クーガの後継になるかというと?ガソリンだとFFしかないのはとりあえず気にしません。けれど、最低地上高は160mmしかなく、SUVとしては物足りません。また、山登りにいく時に使うのもどうでしょう?路面が悪い道路は走る気になりません。無論、普通の降雪ならこれでも十分でしょうし、日常使いから旅行などに使うのなら良いでしょう。最小回転半径も5.2mです。

 UX200そのものは良いのですが、SUVというよりも高級ハッチバックという感じですので、仮にUXが我が家にやってくるとしたら、例えば、クーガをUXにして、フィエスタをジムニーにするように二台まとめて置き換える必要があるように思います。

|

« 日本カー・オブ・ザ・イヤー | トップページ | 現象再現せず »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクサスUX200 F SPORT試乗:

« 日本カー・オブ・ザ・イヤー | トップページ | 現象再現せず »