« FA-18E/Fの価格 | トップページ | 趣味車全滅(苦笑) »

エリーゼ入院決定

 お山にまたまた行って走っていたら、突然ABSの黄色いランプが点灯。
Abs
ありゃあ?ブレーキは正常に機能しますが、試すとABSは死んでいる模様。一度とまって、エンジンを切って再度かけたらランプはつきません。もうしばらく様子を見ながら走っていたら今度は突然、燃料警告灯がついて残燃料を示すバーが一目盛り減った程度だったのが残り二目盛りの表示にかわりました。もう一つ赤が一瞬ついた気がしますがよくわかりません。ABSも点灯(ただし、同時だったかはなんとも言えない)。燃料警告灯は消えて、残燃料の表示は次第に元に戻しました。作戦中止、帰りました。そのまま入院させたかったのですが、病室が空いておらず、空き次第入院の予定です。

 とりあえず走行に支障はなく、エンジンも正常。ブレーキはABSは作動しないものの普通に踏めば普通に効きますし、心なしかフィーリングは帰って良いような?でも、電気系で何か起きているのは明らかなので怖くて乗れません。

 更にまたライト内部が曇りました。
PhotoPhoto_2
またたまにフロントガラスに水滴がつきますし、こっちもどこからか漏れているようです。リザーバータンクを見ても減っているようには思えないので漏れている量は少ないとは思いますが。

 参りました。エリーゼ走りやすい季節なんですが・・・・まあ、過去、我が家にやってきたエリーゼの中では最高齢ですからね。しかも、しばらく寝ていた子なので・・・・仕方ないかなあ・・・・。
 それよりもABSは間欠的な症状なので治るかどうかが心配です。帰りに途中でとまってトイレによった後は現象は出ていません。入院させても再現せず、しばらく様子見になってしまうかもしれません。それが一番困ります。漏れているのは見てもらえばどこから漏れているかは分かると思いますが。

|

« FA-18E/Fの価格 | トップページ | 趣味車全滅(苦笑) »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼ入院決定:

« FA-18E/Fの価格 | トップページ | 趣味車全滅(苦笑) »