« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

エリーゼSC、初宮ヶ瀬、そしてエアコンが・・・

 相方がイベントに出かけていって時間が出来たので、宮ヶ瀬にいってきました。今日は暑かったのですが、エアコンが負け気味。直射日光が入り込んで膝やら腕やらが熱かったです。エアコンの冷気も弱いような?まあ、エリーゼだからこんな物かなあ、と思いました。
 エリーゼの乗り心地は場所・路面状況によっては良いです。我が家から宮ヶ瀬方向へいく途中、あるとても路面が悪い場所があります。ここは981は酷いものでした。フィエスタが一番ましですが、AWでもかなり厳しいですし、クーガですら良くありません。ところが、エリーゼだとここは問題がないのです。逆にエリーゼが一番悪い場所もありますから、常にエリーゼが良いという訳ではないですけれど。
 普通に走っていても5速位までは入ります。2000回転も回さない場合には、ですが。981と比べるとギヤが低いので、変速の頻度は多いです。MTだから、これで良いのです。
 さて、少し踏んでみました。踏めばSCの音がしますね。でも、なんかやはりそんなに速く感じません。が、その原因はわかりました。ギヤ比です。2速で踏んだ場合、加速そのものが遅い訳ではないですが、所謂、伸びがありません。全開加速で、レブまできっちり踏み切って回していけば速いでしょうが、サーキットじゃないんですからそんなことしません。そうした場合、2速だと速度の上がり方が遅いので余り速く感じられません。981だとギヤ比が高いので回しているとあっという間に公道には相応しくない速度まで到達してしまいます。エリーゼSCだとそうでもありません。だから余り速くないように感じるようです。試しに3速で踏んでみたら・・・速かったです(笑)。981の2速がエリーゼSCの2速と3速の間位ですので。
 まだ、慣れていないので、車を信用しきれないというか、おそるおそる走らせている感じはします。まだ、「慣らし運転」が必要ですね。ブレーキパッドがノーマルじゃないせいもあり、ちょっと感触がつかめていません。エンジンの重さはとりあえずまだ感じていません。まあ、そんな走り方をしていないというのもありますが。
 鳥居原に一度とめて一休みして、もう少し走ろうと乗り込んだら炎天下にとまていたので車の中が猛烈に暑いです。窓を開けてエアコンつけて走り出しましたが、なかなか涼しくなりません。気温が高いと難しいですね・・・・と思いましたがそれにしても暑い。あれ?なんかエアコンの吹き出し口から熱風出ていない?窓から手を出すと・・・・涼しい。あれ?あれ?あ、壊れた(爆)。コンプレッサーがおかしくなったのか、ガスが抜けたのかは不明ですが、今から思うと往路で既にエアコンの冷気は弱くなっていたような?するとガスかあ・・・。
 前の111Rでもあったんですよね。あの時は相方を乗せていて大変でした。今日は1人なのでましですが。実はイベント会場まで送ってと言われたのですが、都内だし、何していればいいのよと断ったのです。いや、乗せていかなくて良かった。ガスが抜けたのだとすると多分、到着する前にエアコン効かなくなっていたことでしょう。
 仕方ないのでそのまま窓を開けて走って帰りました。いや、そりゃあもう猛烈に暑かったです(苦笑)。よくぞ生きて帰れたと思う位。まあ、床暖房の程度がS1よりは低いのでましかな?窓から風もそれなりに入るは入るし。ただ、家の近くにきて街中走行になったら速度も落ちるし、信号でとまるし、かなり厳しかったです。
 早めに入院させたいですが、病院まで行けませんね。来週涼しくなるかなあ?しかし、まあ、いつかは起きると思っていましたが、ちょっと早すぎ(苦笑)。さて、原因はどうかな?重病じゃないと良いのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリーゼSC第二印象

 保険の切り替えも無事に終わったので、少し乗ってみました。遠出はしていませんが、高速道路含めてそれなりに走ってきました。
 その前に少し車を見て撮影。やってきた時にはもう夕方だったのでそのまま車庫に入れてしまいました。タイヤは前後2014年の後半生産。まあ、エリーゼなのでまだしばらくは大丈夫でしょう。溝はたっぷり。また、溝が無くなる前に劣化して交換かなあ?SCで馬力トルクがあるので、リアはその前に減るでしょうか?

 エンジンルームには当然のとうにスーパーチャージャーが見えます。
180819e6
インタークーラーがないのですっきりはしています。まあ、暑い時にがんがん走らせると厳しいかな?まあ、馬力はそれほど要らないのでよしとします。また、前側にあるので重量配分的にはましですね。
 ツーリングパックなので、レザーシート。
180819e4
シフトレバー周りにもレザーが張られています。
180819e3
それとカーペットも。メーターはエアバッグ無しのモデルと違っていて、まあ、新しくは見えますね。
180819e1
ウインカーはちゃんと独立表示で音もします!ステアリングが真円でないのは本当に残念。
180819e5

 小さい古いナビがついていますが、手持ちのを付けようにも場所がないのでそのままにしてもらいました。地図は古いですが、まあ、エリーゼで出かけるときにナビは要らないので。渋滞情報は一応取得してくれます。当座はこのままいきます。純正オーディオ付き。実質的にCD+ラジオだけ。i-podがつなげられるそうですが、持っていませんし、使う気もありません。

 そうそうカップホルダーがついています!
180819e2
相方に1個分しかないの?といわれましたが(苦笑)。これ、実は結構高いんですよね。買うと2万円くらいしたような?まあ、アルミ製でなかなか格好良いですが。ポルシェの華奢なカップホルダーよりもずっと良いです。使うか?さあ(笑)。
 排気口も変わった、よな?確か。
180819e7
ラッパは控えめ。一本だしなのは好感が持てます。

 さて、走り出すと、相変わらず1速と間違えて3速に入れてしまいます。さすがに頻度は減ったのですが、まだ慣れません。SCは小さなリアスポがついていますが、これが意外と後方視界を妨げます。もちろん、エキシージなどよりははるかにましですが。
 ラジオをつけてみました。ちゃんと聞こえます。音質は・・・まあ、気にしてはいけません。FMなのにAMのような音です(苦笑)。高速走行だと風切音がうるさいので音量を上げる必要があります。しかし、111Rではこんなに風切音がした記憶がないのですが・・・リアスポのせいかなあ?外してみる訳にはいきませんが。
 乗り心地の印象は変わりません。一般的に見れば、981の方が良いと評価されると思いますが、車の動きはSCの方が良いです。違いはシート。何せエリーゼ系のシートはほとんど衝撃を吸収してくれませんので、もろに体に伝わってきます。が、その元々の衝撃・車の動きは私はエリーゼの方が不快ではありません。まあ、細かい路面の凹凸も981よりも伝わってきますが。
 高速走行時の直進安定性は気にならなくなりました。もう慣れたようです。981から乗り換えた直後だけでしたね。ふらふらするように感じたのは。まあ、ステアリングへの力の入れ方の問題だったのでしょう。感覚を取り戻せば問題ありません。もちろん、それは300km一気に走れるか?というのとは別の話ですが。
 普通に走っているとエンジン音は良いとは言えません。そして取り立てて速くは感じません。ちょっと踏み込んでも普通です。馬力、トルク共にたいしたことない、という印象です。981の方がずっと上ですね。低回転でもトルクは感じますし、ちょっと踏めば速いと感じました。
 少し踏んで見ました。やっぱり速くは感じません。まあ、絶対的にはSCついているとは言え、210Nm、それも5000回転ですから、過給器付きにしては高めです。最大出力220馬力といってもこれまた8000回転と過給器付きエンジンとは思えないほど高めですから、まあ、2-2.1Lの高回転型NAエンジンに等しいです。2.7Lの981とはやはりそこは違います。確かに車そのものは軽いですが、S1ほど軽い訳でもありません。
 踏んで更に高回転までひっぱってみると相応の加速をします。ただ、体感的にはやはり981の方が速いですね。数字だけで見ればエリーゼSCはかなり速いはずですが、まあ、7000から上まできっちり踏んで回した時の話、でしょうね。まあ、その辺はそういう走りが出来る場所にいかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに本家更新

 車が入れ替わったので本家を更新しました。お暇でしたら覗いて見てやって下さい。
http://moy.car.coocan.jp/
 まあ、ほぼほぼ自分のメモ状態ですが(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車両保険に入れない!

 前述の通り、今回は珍しく下取りに出しました。買取の場合には問題にならないのですが、下取りに出す場合、保険の切り替えタイミングに悩みます。実際には問題はないとは思うのですが、手続きしてから納車されるまでの間にもし何かあったらと不安になってしまいます。
 今の保険はネット保険なので、だったら、着いてらタブレットを使って車両入れ替えしようと思いました。実質的には事前にやっても大差ないと思いますが、今回の乗り換えは何かと問題が起きているので、不安要素を取り除きたかったのです。
 ところが、納車当日、迎えに行く前に念のために予行演習をしてみるとなんとエリーゼでは車両保険に入れません。電話して色々聞いたのですが、料率が9なので駄目だとのこと。えー、前は入れたのに!どうもその時は9ではなかったようです。結局、時間もないので、車両保険無しでとりあえず切り替えて、後から車両保険に入れる保険に入りなおすしかなくなりました。
 納車されて帰ってくるときはどきどきでした(苦笑)。もちろん、何もなく戻ってきましたが(自分で車両保険使ったのははるか昔のNAをぶつけた時が最後)。
 調べてみるとネット保険は全滅。あう・・・。知らないやつが悪いと言われればそれまでですが、これまで経験が無く、そんなことがあるとは思いませんでした・・・・。めんどくさい。料金がネット(ダイレクト)保険の方が安いというのもありますが、私の場合、紙を書かないといけないというのがとにかく嫌なんです。手で字がまともに書けないので・・・。なので更新でも変更でも全部ネット出来るのはとても便利でかつ助かります。

 結局、保険はネット保険に行こうする前に入っていた会社扱いのに入ることにしました。団体割引率が下がってメリットが無くなってネット保険にしていたのですが、こういう状況だから仕方ありません。料率9の威力?は素晴らしく車両保険はかなり高価でした(苦笑)。一般条件にせず、車対車だけにすればかなり下がりますが、自損事故を考えると安心のため一般条件にしました。20等級で団体割引効かしても保険料金が二桁万円に乗っています(苦笑)。更にネット保険じゃないので手続きが紙で時間がかかります。ずっとネット保険だったのでこの紙ベースで手続きしないといけないというストレスは相当なものです。更新はネットで出来るらしいですが・・・・。まあ、手で各部分はわずかだったので助かりました。それとネット保険では保険料はカード払いでしたが、今回は懐かしの銀行口座引き落とし。銀行印が見つからず大騒ぎする羽目になりました。最後に使ったのがいつだかよく分からない位使っていなかったので。結局、自宅にはなく、何故か会社の引き出しで発見されました(苦笑)。

 ともかく保険の切り替えが終わったのでこれでようやく安心してエリーゼに乗れます。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリーゼSC第一印象

 という訳で、2008年式のS2 エリーゼSCが我が家にやってきした。まだ家に連れて帰っただけで長くは乗っていませんが、第一印象を。

 ドラポジはいつものように問題なく決まります。クラッチも特に重たくもありません。真円ではないエアバッグ付きのステアリングは気になりますが、まあ、とりあえず実用上問題はありません。あからさまなD型でもありませんしね。

 リモコンでドアをロックできますが、リモコンでロックするとリモコンでしか解除できません。これはエリーゼは全部そうですね。キーを差し込んで回るメカとリモコンのロックのメカが別物なので。なので怖いから使いません(苦笑)。111Rの時も相方に今度のエリーゼはリモコンでロックできるよとデモした時だけでした。なお、解除は一度押すと運転席、もう一度押すと助手席が解除されるそうです。

 相方もすっと乗り込めたのには驚きました。無論、以前何度も乗ってはいますが、もう4年前のことなので、てこずるかと思っていました。

 さて、エンジンをかけて発進。エンジンのかけ方が前のS2と違います。キーを差し込んで右に回して、それからキー中央のイモビ解除ボタンを押して、スタートボタンを押してかけます。あー、めんどくさい。エアバッグ付きのはエアバッグが嫌いというよりもこのスタートボタン式がめんどくさいから嫌いです。キーを差し込んで回すのなら、なんでわざわざスタートボタンにしないといけないのやら?
 発進は普通に出来ます。走り出すとまあ普通のエリーゼですね。S3の1ZRエンジンのようなリアの変な動きは感じられません。それなりに走らせると今度はリアが重たく感じるとは思いますが、街乗りではわかりません。
 走り出すとエリーゼらしくステアリングは軽め。違和感はありません。S2エアバッグ付きはウインカーは一番まともです。メーターパネル内での左右独立して点灯しますし、音もちゃんと出ます。普通じゃないか?それが普通じゃないのがエリーゼです(笑)。エアバッグ無しのエリーゼは左右一つのライトが点滅します。S3だと独立していますが音が出ません(爆)。
 シフトレバーはニュートラルでやや左に傾いています。以前の111Rはどうだったかなあ?もう余り明確に記憶していません。ミッションは同じはずですが。そのため、何度か3速発進をしてしまいました。なんか発進が苦しいなあと思ったら3速だったのですが・・・・まあ、3速でも発進出来てしまうのがエリーゼですね!リバースはレバーについているリングを操作していれますから、1速のつもりでリバースに入っていたりその逆はありません。

 高速に乗ったら・・・まあ、いつものエリーゼ(苦笑)。段差(ジョイント)乗り越えると、ドシャンとゆれます。ただ、それを除けばそれほど乗り心地が悪い訳ではありません。981も段差で結構ゆれましたし、路面によって車がかなり動きました。ロードノイズと細かい振動は多め。まあ、これもエリーゼです(苦笑)。
 それから風切音が随分大きく感じます。あれ?111Rもこんなにうるさかったかなあ?S1と比べてS2は随分静かでラジオも聴けると思ったものですが・・・・S1はもっとうるさいということですね(爆)。まあ、しばらく981に乗っていたというのはあるでしょうね。
 高速走行時の直進安定性は981よりは低いです。ふらふらする訳ではないのですが、自然と細かい修正を加えています。長距離巡航は当然ながら981よりも疲れますね。まあ、そういう使い方をするつもりはないので問題ないですが。
 エアコンは一応効いていますが、S1よりはましとはいえ、やはり床暖房入ります。真夏はきついですね。981ならへっちゃらですが。
 久しぶりの薄いエリーゼのシートはちょっときついかな?衝撃吸収ってなんですか?なシートなので(笑)。まあ、そのうちなれるでしょう。

 という訳で、乗り心地を別にすると981が圧勝しています。「乗り心地を別にすると」が問題なのですけれどね。本来は981が圧勝すべきなので。

 自宅に無事たどり着いて、車庫に収めて、車から降りて・・・あー、やっぱり、エリーゼだと楽です。車庫での乗り降りはエリーゼ圧勝ですね。これも普通は逆ですけどね。我が家の車庫は狭いので、981だとぎりぎりでかなり難しい姿勢で乗り降りしないといけませんが、エリーゼだと普通に乗り降りできます。この乗り降りのストレスも相当のものでした。これだけで乗り換えた意味があると思える位です。

 とはいえ、ちょっと腰の様子がおかしい気が(苦笑)。さて、いつまでエリーゼに乗っていられる体力があるでしょうか。体力によらず、エリーゼをエリーゼらしく走らせられるのは以前から述べているように後4年位ではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サヨナラ ピー三郎

 最後に相方を乗せて普通に出かけました。その前に、お昼を食べるために車をとめた時にリアバンパーをこすってしまいました・・・・。車が悪いのではなく、私が悪いのですが、この子は最初から最後まで何か悪い、気分が落ち込むことが起きます。傷の後始末で余計な手間が増えました。もちろん、費用負担も。落ち込みます。

 まだ時間があったので一度帰ってざっと洗車と室内の清掃をしました。出来たらもう少しちゃんとやりたかったのですがそこまで時間は取れませんでした。洗車するとこのソリッドなイエローは塗装が柔らかく、小傷が目立ちます。メタリックカラーにすべきだったと改めて思いました。仕方ありませんが。

 相方を再度乗せて新しい子を向かえに行きました。最近というか、元々車を乗り換える時に下取りに出したことが少ないのですが(NA->AW2号、ピー太郎ー>ピー次郎の時位)、今回は下取りに出すので、まさに、交代です。並べて記念撮影。場所の都合でちょっとずれていますが。という訳で、後継車=F車はエリーゼです。ぴーの後はエリーゼとやっぱり歴史は繰り返すでした(笑)。
18080510

 写真を見る人が見れば分かると思いますが、オーセンさんから買いました。また、お世話になることになりました。やはり安心できます。何よりも会話がちゃんと出来ますから。これまで何度も行って話ばかりして時間を費やさせて申し訳なかったのですが、これですっきりしました。まあ、時々、どんぶり勘定が気になることもありますが(笑)。どんぶり勘定といえば今回もあったんですが・・・・それは、まあ、今はやめてきます。もし、このエリーゼを手放す時が来たら、もろもろの顛末の詳しい話と一緒に書きます。

 で、エリーゼの何か?見れば分かる通り、S2です。年式は2008年。エンジンは2ZZ-GE。ただし、SC付。そう、私の趣味車基本ポリシーからまた一つ外れてしまいました。まあ、SCそのもが発する音を除けば、過給器っぽくないので、よしとします。今回はレブリミットを優先しました。色は・・・・白は避けたかったのですが、中古車なのでこればかりは仕方ありません。白そのものは嫌いではなく(AWが白だし)、単にありふれているから避けていただけです。まあ、エリーゼの白はそう多くはないのでよしとします。もっとも、クーガも白と考えると私名義の車は全て白になってしまいましたが(苦笑)。SCなのでエアバッグ付です。これもステアリングや内装はエアバッグ無しの方が好きですが、エアコンの吹き出し口などはこの方が良いでしょう。

 ピー三郎は最初から最後まで色々あって、正直ストレスを感じることが多かったです。最初に我が家に来る時から揉めましたから。後継車選びでも既に述べたように色々と不快な出来事がありました。今回の乗換えでは最後にまた事件も起きてしまうし(これはエリーゼに起因した話です)。もちろん、それらは車が悪い訳ではないですが、流れというか、なんというか、ともかく、楽しかった思い出よりも不愉快だった思い出の方が多い車になってしまいました。

 ピー三郎の走行距離は1115km、通算燃費は8.9km/l。平均時速43km/hでした。
180805sc1 1808059812

 ピー三郎には申し訳なかったと思います。新しいお家では楽しく過ごせますように・・・・でも、その前になんかオーセンんさんがしばらく乗るとかなんとか、ゲフン、ゲフン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FX選定2018:決め手は「人」

 という訳で、前々から色々書いてきましたが、最終的に981ボクスターの後継車が決まりました。色々な出来事があり、そのほとんどが不快な、ストレスが溜まるもので、考えましたが、今は具体的には書きません。あえてぼやかして考えます。
 最終的には6台が候補に残りましたが、以下のように問題があり、そのほとんどが脱落していきました。

A車:途中まで最有力候補でしたが、販売店の対応で致命的に許せないことが起きて脱落。仕様・程度で言えば今回の候補の中で最良でしたし、その車そのものは今でも欲しいと思いますが、あのお店からは買えません。どうせ買った後は付き合いはないのだし、そういうつまらない気持ちは飲み込んでこれを選べば良かったかなと思わなくもないのですが、賢くないのでそういうことは出来ませんでした。

B車:A車脱落後、本命に浮上しましたが、縁が無く流れました。週末時間が取れないので会社帰りに行こうとしたのですが、前述のように本業が忙しくなり、なんとか行けそうだった日は担当営業に外出予定があり、その後は時間が取れず、結局、そのまま時間切れ。一部の対応に不満があったのも要因ですが、どこがどうといわれると具体的に言えないのですが、何か、こう違和感がある車であったというのもあります。まあ、やはり、一言で言えば、縁が無かった、のでしょう。本業がここまで忙しくなっていなければ、これを選んでいた可能性は十分ありました。

C車:車自体の程度には問題ありませんし、販売店の対応も極めて良かったです。ただ、車そのもの性能・性格を比較して最終的に別のを選びました。将来、また車を乗り換えることがあり、この販売店に希望・好みにあう車があれば、今度はここで買いたいと思います。それ位対応は良かったですし、営業氏自身も付き合いたいと思える人でした。。

D車:仕様的には最良でした。が、車そのもの程度が納得出来ずに見送りました。販売店の対応は問題はありませんでした。

E車:今の状況を考えるとこれを選ぶべきだったかなと思うのですが、ここも販売店の対応が致命的に悪く、まったく買う気になりません。

F車:仕様からすると希望からずれています。ただ、販売店の対応は極めて良く、車は別にしてもここで車を買いたいと思えました。ただ、車は希望からずれているので、有力候補にならなかったのですが、C車以外が脱落し、最後にC車とF車が残り、比較検討した結果、F車に決めました。まあ、A車とB車が脱落したため、繰上げ当選、です。

 これまでの書き込みからどれがどれかは分かるかもしれませんが、前述の通り、あえて今回は具体的には書きません。結論として言えることは、やはり、車は人から買うものだということです。いくら車が良くても買う気になれない営業・販売店からは買えません。もちろん、人が良くても車が合わないと買うことも出来ませんが。今回は車の難点(他との比較で)人が補ってくれたのでそれを選んだと言えます。

 いくつか後日談があります。何度もやり取りをしていたB車、C車、D車の担当営業には他の車を買うことになりましたとメールしました。その反応です。
 B車:返信無し
 C車:また遊びに来てくださいという趣旨の返信がすぐにあり
 D車:また機会がありましたらよろしくお願いしますという趣旨の返信あり
対応通りですね(苦笑)。結局、売れなかったのですから、そりゃ、「くそ、手間だけかけさせやがってむかつく」と思っても不思議はないでしょう。でもね、営業なんですから、「次回はお願いします」と返信して損はないですよね。それで本当に次回につながるかもしれないのですから。逆にB車のようだともう次はありません。
 やはり、人、は大事です。

 で、F車は何かは次回。文章を書く時間が余り取れないんです。すみません。まあ、ちょっともったいぶっていますが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピー三郎、ラスト宮ヶ瀬

 車検まで二ヶ月を切り、ピー三郎(981ボクスター)を手放すことを決めました。その前に出来れば休暇を取ってお山に行きたかったのですが、本業忙しくて取れず、結局、相方が美容院に行っている間に宮ヶ瀬に行ってきました。ほぼ行ってきただけ、でしたが(苦笑)。
 暑かったのですが、オープンにしてみました。日差しは別にすればエアコンは効くので耐えられますね。シートベンチレーションの効果も絶大です。オープンはやはり良いです。50km/hまでなら走りながら開け閉め出来るのも助かります。
 ただ、やはり手放すべきではないかと思うよな気持ちは残念ながらわいてきませんでした。エンジンは音・フィーリング共に良いです。ブレーキも良いし、ステアフィールも悪くはないし、シフトフィールも良好。もちろん、性能に不満もありません。
 でも、乗るといらいらすることが多いです。やはり乗り心地はいまいちでどたばたして、タイヤが重く感じられます。軋み音もします。エリーゼなら許せてもボクスターでこの音は許せません(ダブルスタンダードだけど)。なんというか、こう、乗るだけで楽しい!ではなく、ストレスがたまってしまいます。何故でしょうね。
 速度が上がると乗り心地は改善されますが、普通に街中を走るのは辛いです。シートは良いので、それで疲れたりはしませんが・・・・。
 まあ、結局、ポルシェは合わないということなのでしょうね。エンジンに惹かれて、NA最後(正確にはGT4/スパイダーが残っていますが)なのでもう一度と思って三年弱乗りましたが、私はやはりポルシェの人ではないようです。
 相方は気に入っていましたが、いかんせん、私の趣味車で、私がストレス感じるようではどうにもなりません。

 結局、987と同じやんけ!と言われると返す言葉がないのですが・・・・。歴史は繰り返す、です(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きています

 そろそろ死んだかと思われていたかもしれませんが、生きています(苦笑)。本業がやたら忙しく、また、私生活でも色々忙しく、またストレスがたまることが多く、文章を書いている時間と気力がありませんでした。最大のストレスの元は取り除かれ、仕事も一段落してきました。書きたいネタは色々あるので、時間を見つつ書いていきます。とりあえず、生存報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »