« トゥインゴGT再試乗 | トップページ | 他のエリーゼ »

思わぬ伏兵が・・・

 まだ正式発表前であり、ネットに書き込むなと言われたので詳細は書きませんが、既に噂が流れているようにロードスターRFのエンジンが変わることがわかりました。噂通り、180馬力位にパワーアップされます。2LのNAエンジンでパワーアップするということは?はい、最高出力が発揮される回転数が上がるということです。最大トルクはそう変わりませんから。ということは?はい、レブリミットも従来よりも高くなるということです。ということは?はい、RFも候補になるということです。

 いやいや参りました。NR-Aの見積もりをもらいにいったら、マイナーチェンジしますと教えてくれました。今から発注すれば納車はマイナーチェンジ後になるとのこと。そういう人がいるかどうかはわかりませんが、現行モデルが欲しくても基本的にはもう買えないようです(展示車やディーラーによっては多少在庫を持っているかもしれませんが)。

 RFの魅力はなんといってもスタイリングです。横から後ろ、特に斜め後ろから見ると、かっこいい!おじさん世代に突き刺さるスタイリングです。以前も述べたように相方もRFは好きで、街で見かけると、かっこいいねといいます。バケット好きの相方は当然のようにRSがお気に入りです。幌と違ってRSでも乗り心地は許容範囲内です(むしろ、RFに関しては標準モデルよりも良いかもしれない)。一応、ルーフも電動で開きます。シートヒーターもついています。

 しかし、唯一の難点がエンジン。動力性能に不満はありませんが、7000回転位しか回せません(実際にリミッターを作動させたことはないので、もしかしたら6500回転位で作動するかも?)。ですので、候補から外していました。そのエンジンが変わります。音やフィーリングは実際に試乗でもしてみないとわかりませんが、スペック的には問題はなくなります。

 相方にはまだ伝えていませんが、知れば、乗り換えるのならRFのRSにしろというのは明白です。それはそれでもちろん良いのですが・・・・問題が一つ。高いんです。いや、S3や2ZZ系のエリーゼよりは安いですよ。ですが、見積もりもらったら500万弱になってしまいました(苦笑)。RSだからとブレンボ+BBSホイールのセットオプションつけたせいもありますし、もう少し細かく削れるものもあります。値引きというほどではなくても、多少のおまけはしてくれるでしょう。ですが、400万にはなりません。

 NR-Aだと300万ちょっと(とりあえずバケットシートやロールバーなしで)。ナビがつかないし、バックカメラもつけないなどつけるものが少ないせいですが、ともかく、中古の1ZZやKのエリーゼよりも安いです。お山車として使うのならNR-Aが最適でしょう。相方が文句を言えば、純正オプションのバケットシートをつければよいでしょう。とりあえず運転席だけつけてみて相方に座らせて気に入れば助手席も交換するという手もあります。NR-Aはサイドエアバッグがないのでシートは交換可能ですが、車とのマッチングでいえばオプションのが最適でしょう。そもそもレース用なのですから、ドラポジなども問題はないはずです。

 私自身はどちらが良いのか?お山車として選ぶのなら、NR-Aです。速さなら100kg近く重たいとはいえパワー・トルクで勝るRFですし、ブレンボのフィーリングも良いです。ですが、繰り返し述べているように速さは要りません。軽さを取りたいです。現状ではエンジンも1.5Lがはるかに良いです。

 その一方で、RFのスタイリングにも魅力を感じます。当初981で想定していた使い方がRFなら出来るでしょう。今後次第に歳を取っていけば、また体力は落ちていきますし、そうなるとNR-AよりもRF RSの方がより良いでしょう。

 当然ながらマイナーチェンジ前の車ですが、再度試乗させてもらいました。前回は気がつかなかったことが色々とわかりました。まず、ブレンボのフィーリングはやはり良いです。性能的には標準のブレーキでもなんら問題ないでしょうが、カチっとした踏み応えはやはり良いものです。それからオープンにするとやはり挙動が変わりますね。乱暴に言えば、幌に似た感じになり、路面からの入力に対する動きが増えます。まあ、これは当たり前ですね。それと意外だったのはルーフが後ろへ格納されるので前後重量配分は後ろ寄りになるはずですが、何故か、ステアリングの手ごたえが増えました。はて?少しとはいえ前が軽くなるので、荷重が減って軽く感じるのならわかりますが・・・・まさか、パワステのアシスト量を変えている?電動ならあり得るのかなあ?どうなんでしょう??お山で開けた状態と閉めた状態で乗り比べればもっとはっきりするでしょうが。なお、10km/hまでなら走りつつ開け閉め出来ることになっていますが、実際にはとまっていないと駄目ですね。そこは981とは違います。まあ、信号で止まってすぐに開け閉めすれば信号が変わる前に完了しますが。

 RSのバケットは幌と比べると座面が明らかに高いです。2cm位は違いそうです。ただ、ドラポジを調整すればどちらも一応、問題はありません。例によって好みよりもバックレストを寝かさないと駄目ですが。

 悩ましい、実に悩ましい。もう数ヶ月前に選択するのであれば、RFはエンジンで対象外でしたが・・・・。ああ、幌も同時にマイナーチェンジされます。RFと違って小改良ですが、個人的には重要な変更があります。自粛して詳細はまだ書きませんが、NR-Aの問題点が減ります、とだけ書いておきます。まあ、「だったらよかったのにね」というのが解消する程度の話ですが。ただ、NR-Aもマイナーチェンジで魅力が増しますから、NDはどちらにすべきかは更に悩ましくなります。

|

« トゥインゴGT再試乗 | トップページ | 他のエリーゼ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ伏兵が・・・:

« トゥインゴGT再試乗 | トップページ | 他のエリーゼ »