« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

他のエリーゼ

 エリーゼ系はこれまで対象を基本的には2ZZ-GE搭載車に絞りこんでいましたが(例外はS1の111S)、本当に他のエリーゼ系(エキシージを含む)では駄目でしょうか?再度考えて見ます。

 まず、V6系は981よりも軽いものの排気量は大きく、馬力トルクともに上ですから、やはり消耗は激しいでしょう。まあ、軽いのでブレーキはましかもしれませんが、タイヤは減りそうです。当然ながら981よりも更に速いですからもてあまします。街中で乗るのなら楽ですが、それではこの車に乗る意味はないでしょう。サーキット専用車なら良いでしょうが、それでも日光サーキットなどのミニサーキットではもてあましそうです。そして最大の問題は航続距離。3.5Lエンジンなのに、ガソリンタンクの容量は直4と同じですから、お山で遊んでいるとビート並みに途中で給油にいかないと駄目でしょう。しかし、乗り心地は良さそうですし、高速巡航もエリーゼ系の中では良さそうです(エヴォーラには負けるでしょうが)。現行エリーゼ系の中では音も一番良いですし、格好も良いと思います。乗って見たいという気持ちはありますが、導入含めて981車検よりもコストがかかるというのは難しいです。冷静に考えれば、これなら981の方が良いと思います。
 いつものあり得ない話ですが、2.5L NA搭載の廉価版が出て、燃料タンクも形状を工夫して50L位入るようにしてくれたら欲しいですし、それなら乗り換えられます。ま、燃料タンクは別にして、2.5L NAなんて私以外誰も欲しがらないでしょうが。せめてSCなしを・・・やっぱ無理か(苦笑)。

 2ZRのSCは、やはり速過ぎます。まあ、そういっても踏めない程速い訳ではないですが、981よりも遅いのが良いのでやはり今回は難しいです。それに2ZRを選ぶなら最新のSport220IIにしたいですが、そうなると価格もかなり高く中古V6系並です。爆音マフラーもちょっとね。中古なら値段は下がりますが、だったら、2ZZのSCの方が回せてよいでしょう。2ZRは220IIを選べるというのが最大の長所ですから。最後のエリーゼ(名前はともかく、今のエリーゼ系列の)でしょうから(最後の最後に限定車的なのは出るかもしれませんが)、一度は新車で乗ってみたいという気持ちは強くあります。現行モデルでは最良の選択肢だと思いますが、これまたコストを考えると981の車検を通す方が安上がりですので、厳しいです。
 これまたあり得ない話ですが、Sport220IIのエンジンがNAで7500回転回れば、お金のことは別にして(頑張って)乗り換えますが、SC付で7000回転で終わりというのは、コストを支払うのを躊躇してしまいます。単体で見れば良い車だとは思いますが・・・・。爆音マフラーは交換してしまえばよいですし(220I以前のに)。

 1ZRはSportIIの製造は終わりましたが、SportIの在庫は少しまだあるようです。ただ、SportIを買うとしてもシートが違う程度なので、なら、それよりも前のもう少し安いのでも良いでしょう。しかし、相対的に新しいことと元々エリーゼは値落ちが少ないので、400万円台からになってしまいます。だとすれば在庫のSportI(一応新車)の方が良いかもしれません。3年から6年落ちで新車の100万マイナス程度ですから。SportIIでないのなら、1ZRを選ぶ動機が薄れます。相対的に新しいというのはありますが。まあ、一応NAのエリーゼを新車(在庫車)で買える最後の機会なので、長く乗れなくてもともかく一度買ってみる手はあるにはありますが。981の車検を通す方が当然安上がりですが、下取り価格(条件)次第ではコストの差はそれほどないかもしれません。ただ、エリーゼということを除くと、981に負けている部分が多いのですよね。相方視点で見ればなおさら。追加コストを支払ってそれはどうよ?といわれそう。
 ますますあり得ない話ですが、SportIIのシャシーにNDの1.5Lエンジンが搭載されれば、試乗せずに予約しますが・・・・。物理的には不可能ではないと思いますが(元々横置きエンジンですし)、モデル末期にわざわざ新エンジン搭載はないでしょうね。

 1ZZのS2は意外と良いようにも思います。リアタイヤの外径がZZWよりも少し大きいせいで、2速の守備範囲が少し上へずれてます。ZZWのもう一声!の部分が結果的に解消されるかもしれません。ただ、やっぱり7000弱しか回らないので、ZZWと同様にそこに不満を覚える可能性はあります。やっぱり2ZZにしておけばよかった、そう思う可能性は高いでしょう。それと意外と出物がありません。例えば、gooなどで検索しても、全国でそれほど数はありません。実物を見てみないと程度はよくわかりませんが、出物があれば300万円台では購入出来るようです。変な言い方ですが、ZZWの代わりにお山車として乗るには良いかもしれません。値段は倍以上しますが(苦笑)。

 KのS2はどうでしょう?VVCのつかないKはエンジンが回らない(リミッターの作動回転数は不明だけれど、最高出力発生回転数から考えると6000回転程度)ので対象から外していましたが、ギヤ比から計算すると2速6000回転で100km/h程度と2速の守備範囲はちょうど良さそうです。もちろん、エンジン音、フィーリングなどは好みに合うとは言えませんが、エアコンがついているエリーゼとしては軽量です。ただし、2ZZよりも基本的に古い車になってしまいます。お山車として乗るとどうでしょう?色々と手がかかるかもしれません。まあ、エリーゼなので、そこは余り深く考えなくても良いかもしれません。どうせ全身消耗品なので(笑)。それに981よりは何かあっても安いでしょう。
 そういえばSport135(某氏が乗っていたグレードだよな、確か)だったら7000位回せるのかな?関東近辺で1台掲載されていましたが。

 S2のVVC?出物はほとんどないですね。あればスペック的には悪くはないですが、正直、S2でVVCを選ぶなら2ZZを選びます。軽いのはわかりますが、お山でぶん回すと怖いです(苦笑)。さすがにエンジン壊すと高いですし、VVCはそろそろ部品が。

 S1は・・・・さすがに無理ですね。エアコン無しというか床暖房は。今の生活だと出かけられるのは昼間ですから、半年間は乗れなくなってしまいます。もちろん、111Sの良い出物があれば欲しいですが・・・もう一台別の趣味車が必要になってしまいます。でも、S2のKだったらS1という重いもあります。オリジナルエリーゼですからね。うーん、置き場の話を別にすればS1+トゥインゴGTが最良かも!?でも、さすがにもう1台はおけません。まあ、相方が何らかの理由でフィエスタをトゥインゴGT(DCT)に乗り換えてしまったら、S1もありかな?夏場はトゥインゴGT、秋から春はS1で。ただ、そもそもまともな出物はもうほとんどありませんね。いつぞやの黄色の111Sはエアコンついていることを除けば良かったのですけれど、あれが最後の機会だったかも?

 コストは無視できませんので、総合的に考えると、軽さでS2のVVC付ではないK、または1ZZのどちらかは対象として考慮すべき車に思えます。Kのエリーゼは近隣に出物があり、一台見てきました。程度は良かったのですが、余り走っていない車で、いきなりお山で走らせると倒れそうです(苦笑)。何せ、新車装着タイヤがそのままついていましたから(笑)。いくらエリーゼが大人しく乗っていればタイヤが減らないとはいえ、13年前のタイヤがついているとは思いませんでした。車の性格と状況からからして車庫保管だったと思われ、ひび割れなどもなく、溝も当然のようにまだ十分あるので、普通に乗れば乗れるのかもしれませんし、そうして交換していないのでしょうが・・・さすがに賞味期限切れでしょう。(^^;まあ、基本的には痛みは少ない車でしたから、悪くない選択だとは思います。値段もまずまずでしたし。ただ、やはり6000回転で終わりというエンジンがね。1ZZ-FEの7000弱でも不満は出ましたから・・・・。エンジン馬鹿なんだよなあ、結局。
 まあ、でも、エンジンだけが問題なら、手を入れるという方法もあるにはあるのですよね。ベースの価格は安いので、エンジンチューニングにコストをかけてもまだ981+車検よりも安いです。とはいえ7500回転常用はきついかな?
 レブリミットが知りたいのでぐぐっていたら・・・・自分の書いていた文章にたどり着きました(笑)。111Sを買う前にデビューしたばかりのS2をディーラー(LCIではない、前のあそこ)で話を聞いていて、レブリミットは7000回転だが6500から上は回しても意味はない、と書いています。すっかり忘れていました(笑)。そうか、回すだけならKでも7000は回せるんだ。なるほど。まあ、2速でもそこまで回すことはないでしょうが、1ZZ並みに回すことだけなら出来るのですね。まあ、1ZZはリミッターが作動するまで軽々と回りますが(リミッターなければ軽く7500まで回りそうな勢いで)、18Kだと頭打ちになるのでしょうけど。
 それとS2でもKだとブレーキのサーボはないのですね。当然ABSも!ふむ、ABS無しはどうでしょう?さすがにつらいかなあ??あ、AWにもなかった(笑)。そうか、ABS無しの車には慣れていますね。

 色々と考えると、2ZZでないエリーゼだとS2のK、はありに思えてきました。1ZZと違って、上は回らないのですが、それ故に回そうという気にもならないでしょう。1ZZは回りそうなのに回せないというのがストレスを生んでいましたから(あくまでZZWの話)。トヨタエンジンよりもエアコンの効きは悪いという話も聞いたことがありますが、S1よりは乗れる期間は長いでしょう。どうせ、真夏はどのエリーゼでも無理でしょう。K、ありだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わぬ伏兵が・・・

 まだ正式発表前であり、ネットに書き込むなと言われたので詳細は書きませんが、既に噂が流れているようにロードスターRFのエンジンが変わることがわかりました。噂通り、180馬力位にパワーアップされます。2LのNAエンジンでパワーアップするということは?はい、最高出力が発揮される回転数が上がるということです。最大トルクはそう変わりませんから。ということは?はい、レブリミットも従来よりも高くなるということです。ということは?はい、RFも候補になるということです。

 いやいや参りました。NR-Aの見積もりをもらいにいったら、マイナーチェンジしますと教えてくれました。今から発注すれば納車はマイナーチェンジ後になるとのこと。そういう人がいるかどうかはわかりませんが、現行モデルが欲しくても基本的にはもう買えないようです(展示車やディーラーによっては多少在庫を持っているかもしれませんが)。

 RFの魅力はなんといってもスタイリングです。横から後ろ、特に斜め後ろから見ると、かっこいい!おじさん世代に突き刺さるスタイリングです。以前も述べたように相方もRFは好きで、街で見かけると、かっこいいねといいます。バケット好きの相方は当然のようにRSがお気に入りです。幌と違ってRSでも乗り心地は許容範囲内です(むしろ、RFに関しては標準モデルよりも良いかもしれない)。一応、ルーフも電動で開きます。シートヒーターもついています。

 しかし、唯一の難点がエンジン。動力性能に不満はありませんが、7000回転位しか回せません(実際にリミッターを作動させたことはないので、もしかしたら6500回転位で作動するかも?)。ですので、候補から外していました。そのエンジンが変わります。音やフィーリングは実際に試乗でもしてみないとわかりませんが、スペック的には問題はなくなります。

 相方にはまだ伝えていませんが、知れば、乗り換えるのならRFのRSにしろというのは明白です。それはそれでもちろん良いのですが・・・・問題が一つ。高いんです。いや、S3や2ZZ系のエリーゼよりは安いですよ。ですが、見積もりもらったら500万弱になってしまいました(苦笑)。RSだからとブレンボ+BBSホイールのセットオプションつけたせいもありますし、もう少し細かく削れるものもあります。値引きというほどではなくても、多少のおまけはしてくれるでしょう。ですが、400万にはなりません。

 NR-Aだと300万ちょっと(とりあえずバケットシートやロールバーなしで)。ナビがつかないし、バックカメラもつけないなどつけるものが少ないせいですが、ともかく、中古の1ZZやKのエリーゼよりも安いです。お山車として使うのならNR-Aが最適でしょう。相方が文句を言えば、純正オプションのバケットシートをつければよいでしょう。とりあえず運転席だけつけてみて相方に座らせて気に入れば助手席も交換するという手もあります。NR-Aはサイドエアバッグがないのでシートは交換可能ですが、車とのマッチングでいえばオプションのが最適でしょう。そもそもレース用なのですから、ドラポジなども問題はないはずです。

 私自身はどちらが良いのか?お山車として選ぶのなら、NR-Aです。速さなら100kg近く重たいとはいえパワー・トルクで勝るRFですし、ブレンボのフィーリングも良いです。ですが、繰り返し述べているように速さは要りません。軽さを取りたいです。現状ではエンジンも1.5Lがはるかに良いです。

 その一方で、RFのスタイリングにも魅力を感じます。当初981で想定していた使い方がRFなら出来るでしょう。今後次第に歳を取っていけば、また体力は落ちていきますし、そうなるとNR-AよりもRF RSの方がより良いでしょう。

 当然ながらマイナーチェンジ前の車ですが、再度試乗させてもらいました。前回は気がつかなかったことが色々とわかりました。まず、ブレンボのフィーリングはやはり良いです。性能的には標準のブレーキでもなんら問題ないでしょうが、カチっとした踏み応えはやはり良いものです。それからオープンにするとやはり挙動が変わりますね。乱暴に言えば、幌に似た感じになり、路面からの入力に対する動きが増えます。まあ、これは当たり前ですね。それと意外だったのはルーフが後ろへ格納されるので前後重量配分は後ろ寄りになるはずですが、何故か、ステアリングの手ごたえが増えました。はて?少しとはいえ前が軽くなるので、荷重が減って軽く感じるのならわかりますが・・・・まさか、パワステのアシスト量を変えている?電動ならあり得るのかなあ?どうなんでしょう??お山で開けた状態と閉めた状態で乗り比べればもっとはっきりするでしょうが。なお、10km/hまでなら走りつつ開け閉め出来ることになっていますが、実際にはとまっていないと駄目ですね。そこは981とは違います。まあ、信号で止まってすぐに開け閉めすれば信号が変わる前に完了しますが。

 RSのバケットは幌と比べると座面が明らかに高いです。2cm位は違いそうです。ただ、ドラポジを調整すればどちらも一応、問題はありません。例によって好みよりもバックレストを寝かさないと駄目ですが。

 悩ましい、実に悩ましい。もう数ヶ月前に選択するのであれば、RFはエンジンで対象外でしたが・・・・。ああ、幌も同時にマイナーチェンジされます。RFと違って小改良ですが、個人的には重要な変更があります。自粛して詳細はまだ書きませんが、NR-Aの問題点が減ります、とだけ書いておきます。まあ、「だったらよかったのにね」というのが解消する程度の話ですが。ただ、NR-Aもマイナーチェンジで魅力が増しますから、NDはどちらにすべきかは更に悩ましくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥインゴGT再試乗

 カジャーを試乗した後、再度、トゥインゴGTを試乗させてもらいました。今度は相方は乗らず、営業氏と2人だけです。
 前回、左足がちとつらかったのですが、よく考えるとZENのMTを試乗した時には問題を感じませんでした。それでポジションを調整しなおしたら、うまい位置を見つけることが出来ました。クラッチペダルの手前にかかとをつけておいておけば大丈夫です。高速巡航の際にはペダルの下にでもつま先を入れておけばよいでしょう。
 さて、発進。最初に乗り心地が良いと思っても、二度目の試乗ではさほど良いとは感じなくなることもあるのですが、今回は問題なく、やはり乗り心地は良いです。ロードノイズも少なく、直前に乗ったカジャーよりもずっと静かで快適です。本来は逆であるべきですよね。
 さて、再試乗の目的は前回うまく出来なかったシフトダウンが本当に難しいのかどうかを確認することです。いつものNAエンジンのつもりでアクセルペダルを踏んだら回転の上がり方が遅くてうまく回転が合いませんでした。今回は意識してやってみましたが・・・出来ました!タコメーターがないのでどのくらい回転が上がっているかわかりませんが、何度かやってうまくシフトダウン出来るようになりました。慣れれば問題はなさそうです。
 営業氏の同意を得て、1速で引っ張ってレブリミッターが作動する速度を調べてみました。すると45km/h位で作動しました。ギヤ比から計算するとやはり6000回転位。アナログ表示の速度計から読み取っていることと誤差があることからぴたり何回転とは言えませんが、6000-6200回転位でレブリミッターが作動するようです。
 で、やっぱりこうして試乗しているだけでも楽しいです。前回気にしていなかったブレーキですが、感触を確かめつつ踏んでみましたが特に問題は感じません。ステアフィールも問題なし。ちょっと突っ込ませてもやはり良い感じ。楽しい。うん、楽しい。いいなこれ。

 レブリミットが6000から6200回転位だとするとそこまで回した時の速度をギヤ比から計算すると
1速:45km/h前後
2速:70km/h前後
3速:110km/h前後
です。5速MTと6速DCTの違いはありますが、1速から3速まではフィエスタとほぼ同じと思われます。レブリミットが違うので単純な比較は出来ませんが、守備範囲で言えば、2速で981の1速と同じ守備範囲(苦笑)。3速でも981の2速以下、AWやZZWと比べてもかなり低くいです。ビートよりは高いですが(3速で約100km/h)、全体的に低いです。色々な要素を考えると2速レブリミットで100km/h前後のギヤ比率だと乗りやすいのですが、これだとほぼ3速主体で走ることになるでしょう。フィエスタと同じですね。MTなのでシフトダウンを受け付けないということはありませんが、気をつけないとオーバーレブさせてしまうかもしれません。また、シフトダウンしてもまたすぐシフトアップすることになりそうです。そうするとやはり基本3速で、タイトコーナーなどでそれだと回転が下がりすぎて立ち上がりが遅い時だけ2速に落とす運転になりそう。
 もちろん、例えば、日光サーキットを攻めるという場合なら2速3速をきっちり使って、バックストレートでは4速に入るという走りになるでしょうが、普通に走っているとほぼ3速でしょうね。それが楽しいのかどうか?微妙。
 トルクはあるからもう少しファイナル下げても良いと思いますが・・・そう簡単にはいかないので、リアタイヤの外径を大きくすること位しか出来ません。それもODO/TRIP、速度が狂いますから、ちと面倒です。

 もう一つ。205/40R17というリアタイヤは良いのですが、185/45R17というフロントタイヤは特殊で調べた限り見つかりません。S2以降のエリーゼのフロントタイヤ、175/55R16も特殊ですが、横浜で調べるとNeova AD07が新車装着タイヤとして出てきますが、新車装着タイヤとしても出てきません。うーん、タイヤの選択肢がまたまたありません。まあ、フロントなので、多少違っても問題は少ないですが。しかし、SWのリアといい981のリアといい、特殊サイズの車が多いです(苦笑)。まあ、リアだと外径が変わると面倒ですが、不幸中の幸いなのはフロントということですが。いっそ、16インチか15インチにインチダウンしてしまう方が良いかもしれません。リアの外径さえ合わせればいいでしょう。このクラスで17インチは無茶区茶ですよ。

 トゥインゴGTの問題はターボを受け入れれば、その2点かな?タイヤは当座は純正タイヤが供給されるので問題はないでしょうから、低すぎる2速の守備範囲が実際に問題なければなんとか。まあ、MTだからなあ。

 ただ、本来は次期相方号であるべき車なんですよね。オープンに出来ないからお花見車にはならないし。まあ、それはクーガのグラスルーフで代用できますが。DCTの試乗車を見つけて乗ってみるべきかなあ?それでDCTでも楽しければ、次期相方号としてやってくるのを楽しみにするべきか?もっともフィエスタは事故か酷い故障で修復不能にならない限りは乗っていないのでそれもまた難しい。うーむ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガvsカジャー

 連休ももう終わりですね。さて、連休中に前回試乗出来なかったカジャーに試乗してきました。試乗前に営業氏が浮かない顔をしてます。出足がちょっとと。はて?まあ、ともかく乗ってみないと。
180415cajer1180415cajer2180415cajer3
 その前にどんな車か。大雑把に言えば、メガーヌのSUV版でしょうか。サイズはクーガとほぼ同じ。最低地上高は20cmありますから十分です。キャプチャーよりは一回り大きく、荷物室に余裕はあります。
180415cajer6
二重底になっていて底板を立てられるのは便利ですね。後席の空間やシートはまあまあ。
180415cajer5
クーガよりは乗り降りしやすいですが、当然、その分、視界は負けます。前席のシートもまずまず。
180415cajer4
ステアリングは下が欠けています。普通の車で何でこういうことをするかなあ。レザーシートで二段式のシートヒーターがついています。電動式パーキングブレーキですが、ブレーキホールドはありません。給油口は普通ですが、外した栓をひっかけられるのは便利ですね。
180415cajer9
まあ、フォードみたいに栓無しの方がより便利ですが。 
 日本仕様は225/45R19という恰好重視?のタイヤですが、ラベルを見ると215/60R17も設定されています。
180415cajer8
そのうち、この仕様のも入ってくるかなあ??試乗車のタイヤは我が家の嫌いなコンチネンタル。ContiSportContactって、ちょっと何これ?なんでルノーがこういうタイヤを選ぶかなあ??SUVなのに。
180415cajer7
 ともかく試乗です。ドラポジはとりあえず問題ありません。シートはやや硬め。運転席だけ電動です。エンジンをかけると静かです。まあ、今どきのCセグですからね。メーターは完全にLCDパネルですね。
180430cajer11
面白いのはアイドリング中ちゃんと?針がふれています。
 さて、発進。とりあえず普通です。敷地からでたら・・・うーん、乗り心地は悪くはないですが良くもないですね。やや硬いですが、タイヤかなあ?やっぱり。あれ?走り出したらやたらエンジン音がうるさいです。ミッションからも何か音が出ています。更にロードノイズもうるさいですし、少し速度を上げる風切り音まで聞こえます。とまっている時には静かですたが、走り出したらえらく賑やか。なんだこれ?遮音性が低いのでしょうか???
 タイヤは硬いし、19インチのせいか重たく感じます。路面が荒れているとどたばたしています。やっぱり重たい感じ。トランスミッションは7速湿式DCTです。まあ、普通。パドルはなく、シフトレバーは引いてダウン、押してアップの逆方式。エンジンは1.2Lターボで、131馬力、205Nmですが、動力性能には不満はありません。普通に走るには十分です。まあ、FFなので1410kgとこの手のSUVにしては軽いおかげでしょう。
 なんだか良くわからない車だなあと思って、あれ?もしかしてとコーナーにつっこませたら・・・あら、さらりとクリア。なるほど、そういう車ですか。ペースを上げればスポーティに走れます。SUVというのを忘れてスポーティーなハッチバックという感じ。重心の高さも感じません。しかし、そういう車ならパドルが欲しいね。踏んで回してコーナーに突っ込ませると良いですが、普通に走ると乗り心地が良く無い、色々とうるさい車です。コンセプトが良くわかりません。
 戻ってみたら、助手席側のドアミラーの下に巨大な補助ミラーがついていました。
180430cajer10
あー、風切り音の原因はこれか?クーガはカメラなので小さいですが。大きい割に結局、死角は結構残っていて意味不明なミラーでした。
 215/60R17のもう少しコンフォートよりのタイヤをつけて、脚ももう少し柔らかくすれば良くなりそうですが、現状の変にスポーティーな仕様ではちぐはぐな車です。パドルもありませんし。営業氏が気にしていた出足のタイムラグは私は気になりませんでした。まあ、フィエスタもそんな車だし(苦笑)。
 クーガと比較して?何か勝っていることがあったかな?ああ、今どきの安全装備がついていたり、パーキングアシストやらオートマチックハイビームなどの装備が充実していることかな?まあ、エアコンも効くかな?ああ、ハンドリングそのものはクーガに匹敵するかもしれません。ただ、それはSUVにとっての優先準備は低いですね。という訳で、少なくとも現状では「クルマ」としては勝負になりません。クーガ圧勝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィエスタでお山へ

 昨日も行きましたが今日も相方は仕事なので行ってきました。ただし、車や人が多かったので、今日は相方号のフィエスタで。
「180502-fiesta.jpg」をダウンロード
一度、真面目に走らせたらどうなるかを試したかったのと・・・もう一つ、トゥインゴGTのシミュレーションをしてみたかったのです。車重は100kgほど重く、エンジンは似ており、3速以下のギヤ比もほぼ同じです。レブリミットが低く、ややローギヤードなトゥインゴGTでいつものコースを走るとどんな感じになるのかの参考になると考えました。
 今日もやはり車、バイク、自転車は多かったです。珍しい車はそれほどいませんでしたが箱スカとか、古いゴルフGTiとかいました。
180502hakosuka180502gti
後はNDがぞろぞろと。やはりここには多いですね。下り坂でしたが富士山は見えていました。
180502mtfuji
 さて、ピー三郎よりも車が遅いのでそれなりに走れました。結論から言えば、やはりギヤ比は低すぎて、3速主体で走らざるを得ません。タイトコーナーで2速に落としますが後はほぼ3速。まあ、高回転型エンジンではなく中低速のトルクは厚いので、それが適してはいますが、好みの走り方ではありません。悩ましい。
 またフィエスタはAT(DCT)なので運転者の思い通りに変速操作を受け付けません。どうやらシフトダウン後5000回転位になるような場合には受け付けないようです。なので、コーナーでブレーキを踏んで、シフトダウンして・・・も実際には下がらず3速のまま。逆に勝手にシフトアップもされます。そのため、かなり走り難いです。
 無論、MTであれば問題はないですが、とはいえ、オーバーレブさせる訳にはいきませんので、自由度はやはり下がります。結果、MTであっても3速主体で走ることに変わりはありません。ちょっと厳しいかなあ。うーん・・・。
 動力性能は上が伸びないことを除けば、フィエスタでも不満はありません。これで速さは十分。トゥインゴGTならこれよりも速いです。コーナーは・・・さすがフォード!いやいや、これで十分というか、結構速いです。ドノーマルの街乗り車の走りじゃないでしょう。まあ、日本仕様はRS/ST以外で一番スポーティーな仕様で入っていて、タイヤもスポーツよりなものがついているというのも大きいとは思いますが。ハンコックタイヤ、なかなか良いです。ちゃんとグリップしているし、フィーリングも良いです。
 前輪を駆動しないことをずっと条件にしていましたが、フィエスタをある程度真面目に走らせて、別にFFでも良いかと思えました。ただ、ヘアピン見たなかなりきつい下りコーナーでブレーキ踏みつつ切り込んで行った時にはちょっと厳しいですね。まあ、AWでもそういうところは厳しいし、FFだからフィエスタだからという訳でもないかな?ふむ、ルーテシアRSの出物があれば、趣味車に出来るかも!?
 トランスミッション以外で気になったのはブレーキ。フェードしたり感触がおかしくなったりした訳ではないのですが、真面目に踏んでいると途中で効き方がかわる感じがします。踏むと結構ガツンと効いて、そこから途中甘い感じがしてまた急に効き出すそうな、そんな感じ。全体的に思ったよりも効いてしまうことが多かったです。まあ、この辺は慣れもあるかな?
 シートは思ったよりもずっと良くて身体が極端に動くこともありませんでした。なかなか良かったです。総じて、お山のフィエスタ、ブレーキがやや気になったものの問題点はミッションだけです。MTでもう少しハイギヤードまたはもっと上まで回せると良いのですが。タコメーター上は6500からレッドの表示ですが、実際には6000回転せシフトアップされます。これが額面通り6500、出来たら7000回せれば。
 そしてその問題はトゥインゴGTも持っているのですよね。MTなので勝手に変速はされませんが・・・。やはり3速主体になってしまいます。そこがストレスになるかもしれません。ハンドリングやブレーキは実際に走らせてみないとわかりませんが、100kg重たい普通の街乗り車が平気なので大丈夫でしょう・・・多分。欧州フォードなのでちょっと別の意味で怖いですが(苦笑)。まあ、MTだともっとペースが上げられてその結果、ブレーキがきつくなるかもしれませんが。やはりギヤ比がなあ。うーん、難しいかなあ。
 ああ、そうそう、帰りにフィエスタが20000kmに到達しました。1年目よりもペース落ちています。180502fiesta2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10000km到達

 相方は仕事ですが、私は会社が休みなのでお山に行ってきました。谷間とはいえGWなので半休日モードで、車、バイク、自転車が多かったです。仕方ないですが。そこそこ。色々な車がいましたがロータスは少なめ。ポルシェは多かったですね。それと元気なNCとNBのコンビに遭遇。
180501ncnb
ノーマルではなかったものの、コーナー速かったです!NBからNCに乗り換えてまだ一ヶ月位だそうですが、しっかり乗りこなしていました。若くて元気でうらやましかったです。(^^)今や珍しいスタリオンにも遭遇。
180501stron
 途中、10000kmに到達しました。
180501p310k
えっと、約二年半。概ね、年4000kmペースです。で、左リヤタイヤはかなり減ってしまいました。
180501p3lrear
右よりも左が厳しいですし,前よりも後が減りますね。うーん、後半年持たないかも(苦笑)。ブレーキパットも前はそろそろ。感触もちょっとおかしくなってきました。
 車検を通すのならタイヤとフロントブレーキパッドは先に交換かな?うーん、さて、どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »