« 981ボクスターvsトゥインゴGT | トップページ | プジョー5008試乗 »

フィエスタ vs トゥインゴGT

 まじめにピー三郎との置き換えも検討していますが、普通に考えれば、2ペダルのトゥインゴGTを相方号であるフィエスタの後継車として導入するのが妥当でしょう。既に述べたように左足の置き場がないのとエンジンのレスポンスが悪いというトゥインゴGTの問題点はDCT(EDC)モデルなら解消すると思われます。楽しさも減るかもしれませんが。
180415twgt10
 では、981ではなく、フィエスタと比較してみましょう。フィエスタはBセグ、トゥインゴGTはAセグですが、それを除けば、正面からぶつかりえる車です。エンジンはどちらも3気筒ターボ。フィエスタが1Lで、トゥインゴGTは0.9L。数値を並べて見ます。車重:最大出力@回転数:最大トルク@回転数です。

フィエスタ:1160kg:100PS@6000:170Nm@1400-4000
トゥインゴGT:1040kg:109PS@5750:170Nm@2000

最大トルクは同じ170Nmで、出力は排気量が0.1L多いフィエスタが少し少なくて少し高い回転で発揮。ボディはBセグのフィエスタが大きく、1160kgに対して1040kgとトゥインゴGTが120kg軽く、トランスミッションはどちらも6速DCTですから、動力性能はトゥインゴGTが上でしょう。ただし、フィエスタは1400回転から4000回転という広い範囲で最大トルクを発揮します。トゥインゴGTも2000回転で低い回転数で最大トルクを発揮しますが、エンジン特性曲線図などもなく、上のトルクは分かりません。
 試乗出来ていないDCTはわかりませんが、MTと比較すると体感的にはフィエスタの方が動力性能は上に感じます。少なくとも街中では。とにかく低速からトルクが出ています。無論、高速巡航中に6速で踏み込んでも大して加速はしませんが、それは恐らくトゥインゴGTも同じでしょう。反面、最大出力を6000回転で発揮することになってはいますが、フィエスタは上で伸びません。タコメーター上は6500回転からレッドゾーンですが、そこまで回してもただ回るだけです。スペック通り、4000回転くらいでシフトアップするのが良いように感じます。トゥインゴGTはタコメーターないので試乗した際に実際どれだけ回したか不明ですが、上(といっても5000回転台でしょうが)まで伸びるような印象を受けました。
 エンジン音は似たような構成ですが、印象はかなり異なります。フィエスタは低回転では静かで、踏んでいくと3気筒というかちょっと水平対向6気筒に近い音がします。トゥインゴGTは3気筒っぽさは余りなく、排気音を響かせます。好みの問題でしょうが、相方はフィエスタの音が好きだといいます。

 ブレーキは似たような感じですが、攻めればFFのフィエスタの方が厳しいでしょうね。まあ、それは「お山」で遊ぶレベルの話です。ステアフィールはFFのフィエスタが上。クーガやフォーカスと比べて文句をいっている電動パワステですが、それは比較対象が最上級の二台だからです(この二台は電動パワステではトップクラス)。トゥインゴGTも標準モデルよりは随分良くなったと思いますが、フィエスタには勝てないように思います。

 シートは好みの問題でしょう。どちらもクラスを考えれば上出来だと思います。ホールド性はフィエスタが上かな?操作性は変な変速スイッチのフィエスタの方がなれないとやりにくいと思いますが、押してシフトアップのトゥインゴGTも問題です。パドルがあればよかったのですが。まあ、引き分けかな?もっども、Dレンジで走ればどちらも問題はないでしょうし、普通はそうするでしょう。相方号としては問題はありません。

 さて、乗り心地です。これは良い勝負です。フィエスタも日本仕様はRSやSTではない標準モデルの中でもっともスポーティな仕様なので、195/45R16という薄いタイヤですが、何度も言っているようにこのクラス最良です(好みによるでしょうが)。トゥインゴGTもそれに迫ります。ボディ剛性感は、フィエスタが上。ただ、トゥインゴGTも街乗りでは不足はありません。

 ハンドリング・コーナリングはトゥインゴGTはまだ評価不足ですが、感触からするとかなり良さそうです。ですが、フエスタもなかなかのものです。

 意外なものでフィエスタがトゥインゴGTに負けます。それは静粛性。FFvsMRで、本来、フィエスタの方が静かだと思いますが、ロードノイズが非常にうるさく、フロアに響きます。路面との組み合わせでかなり変わりますし、タイヤの状態にもよると思いますが(今は劣化してきて更にうるさく感じる)。タイヤそのものがうるいさいというのもあるとは思いますが、現状では、総合的に見て、トゥインゴGTの方が静かです。

 装備はBセグのフィエスタがほぼ勝っていますが、それほど大きな差はありません。シートヒーターはトゥインゴGTだけについていますし。フロントガラスの熱線はフィエスタにしかありませんが、そもそもこれはSUV系でないと普通設定すらありません。バックモニターが標準なのはフィエスタの長所です。

 値段はほぼ同じです。ま、フィエスタは日本ではもう新車は購入出来ませんが。Bセグ対Aセグと考えるとトゥインゴGTは高いとは言えますが。

 甲乙付けがたい好勝負だと思います。おまえはどっちが良い?うーん、トゥインゴGTの高速巡航を試してからでないと判定は難しいです。フィエスタはロードノイズを除けばBセグとは思えない走りを見せます。数時間連続走行すると腕が疲れますが、それも巡洋艦クーガと比べての話です。フエスタは駆逐艦ですから、それは仕方ありません。水雷艇というべきトゥインゴGTはどうでしょう?

 あくまで、今、この瞬間、目の前にフィエスタとトゥインゴGT:EDCが並んでいて、どっちかを選べといわれたら?多分、フィエスタを取るでしょう。え?ミッションの違いはあっても981からトゥインゴGTに乗り換えてもいいと思っておきながら、何故フィエスタ?いや、だって、それだけフィエスタは凄い車です。ロードノイズがうるさく、時々クラッチミートがへたくそですけれど、問題点はそれだけ。後はスーパーBセグですよ。私の基準と経験から言えば、Bセグ以下で総合的に見てフィエスタに勝てる車はありません(実用5ドアハッチバックの中で)。乗り味という点で言えば、Cセグ以上でもフィエスタに勝る車はそうそうありません。

 それはフィエスタは981ボクスターに勝るという意味は?まあ、それはまた評価基準が違いますからね。フィエスタはあくまで実用車であってスポーツカーではありませんから。でも、目の前にフィエスタとボクスターが並んでいて、どっちかを選べといわれたら?フィエスタ選んじゃうかな?もうそれが最後の1台で他の車には乗れないとしたら。性能では勝負になりませんが、運転した際のストレス度合いが違いますから。え?そこにクーガも並べて、3台の中から1台を選べ?それはまた難しい(苦笑)。クーガの方が欠点は多いですが・・・うーん・・・クーガかも!?

 変な言い方ですが、フォードが撤退してくれたおかげです。そうでなければ、フィエスタは良いと思っても我が家に来ることはなかったでしょう。相方はトゥインゴが導入された後、ルーテシアからトゥインゴに乗り換えていたでしょう。そして恐らく、最初の車検のタイミングでトゥインゴGT:EDCに更に乗り換える可能性が高いと思います。それはそれでも良かったかもしれませんが。

 という訳で、フィエスタ vs トゥインゴGTは、暫定的にフィエスタの勝利です。何故、「暫定的」か?それはEDCのトゥインゴGTに一度も乗ったことがないのと高速巡航がどうかが分からないからです。実際に乗ってみたらひっくり返るかもしれません。トゥインゴGTも凄いと思いますよ。Bセグ王者にAセグながら迫っている訳ですから。

|

« 981ボクスターvsトゥインゴGT | トップページ | プジョー5008試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィエスタ vs トゥインゴGT:

« 981ボクスターvsトゥインゴGT | トップページ | プジョー5008試乗 »