« 718ケイマン試乗 | トップページ | エリーゼのエントリーモデルはどうなる? »

本白根山の噴火

 昨日の噴火ですが、動画を見るとまるで迫撃砲か何かで攻撃されたかのよう。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011299531000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
 残念ながら12旅の隊員一名(陸曹長)が噴石の直撃を受けて亡くなりました。お悔やみ申し上げます。しかし、よくそれだけにとどまったと思える位です。ちょっと間違えたらもっと多くの犠牲者が出ていても不思議ありません。
 噴火口は鏡池と呼ばれる場所だそうですが、ここは3000年は噴火していないため、監視の対象とされていなかったとか。それを非難する声もあるようですが、日本には非常に多くの活火山がありますから、それら全てで手厚い監視態勢を取ることは予算上不可能です。可能性が高い場所を重点的に監視する他ないでしょう。いかんせん、日本はもはやお金が足りません。やるべきことは山ほどあるのに、出来ることは限られます。
 そうなると出来るのは、もし、噴火したらどうするかという計画を立てておくこと位でしょうね。ハードは無理なのでソフトでなんとか。

 我々は火山ではいつこのようなことが起きるかわからない、起きるかもしれないと考えておく位しか出来ませんが。我が家も山に良く行くので要注意。まあ、火山にはほとんど行ってはいませんが。

 

|

« 718ケイマン試乗 | トップページ | エリーゼのエントリーモデルはどうなる? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本白根山の噴火:

« 718ケイマン試乗 | トップページ | エリーゼのエントリーモデルはどうなる? »