« いずもにF-35B搭載? | トップページ | ボルボ XC60試乗 »

いずも空母改装、その後

 昨日の防衛相会見では検討を否定していたのですね。
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2017/12/26.html
「Q:護衛艦「いずも」についてお伺いします。一部報道で、「いずも」を空母に改修し、また、最新鋭のステルス戦闘機F-35Bも、「いずも」で運用することを検討していくとの報道がありましたが、事実関係をお願いします。

A:防衛省におきましては、防衛力の在り方に関して不断に様々な検討を行っておりますが、御指摘がありましたようなF-35Bタイプの導入や、「いずも」型護衛艦の改修に向けて具体的な検討は、現在、行ってはおりません。」

 とはいえ、今は検討していなくても、来年検討するかもしれません。火の無いところに煙は立たず、です。海自が固定翼機を搭載する空母の所有をのぞいんでいるのは明らかです。実用性は低くても、一応、いずもを改装すればそういう「空母」には出来ます。予算の問題だけでしょう。ああ、搭載機を誰が買ってどう運用するのかも含めての「予算の問題」です。

 過去のもろもろを考えると海自は自分で運用したがるでしょうね。しかし、全体的に見れば仮にF-35Bを導入するとしたら運用するのはやはり空自でしょう。Pre-MSHIPのF-15J約100機はいよいよ開発が決まると噂されているF-3まで待てないでしょうから、F-35で置き換える他ないと思われます。とりあえず、近い将来にF-15J:4個飛行隊、F-35:6個飛行隊(既定2個+4個)、F-2:3個飛行隊になると推測します。また、RF-4を装備している偵察飛行隊もを戦闘機飛行隊に改編されるようですが、それもF-35でしょう。その先の未来では、F-2とF-15JをF-3で置き換えて、F-3:7個、F-35:7個の14個飛行隊体制になると思います(希望を含めて)。その際に2個飛行隊分をF-35Bにして、艦上または前線基地で運用というのはそれなりに合理的です。

 とはいえ、追加コストを払ってF-35Bを導入するのは効率的なのでしょうか?共通する部分は多いとはいえ、操縦、整備、部品などなど違いも少なくありません。空母を持ちたい、という希望は別にして、陸上からF-35Aを運用するのと比べてどれだけメリットがあるのでしょうか?そこは客観的に検討していただきたいと思います。

 以下は私のあくまで想像です。与太話と思って下さい。

1.まず、いずもで海兵隊機を運用し、やっぱ、最初からそれように作っていないと無理があるよねと示す。
2.離島奪回のためには揚陸艦は不足していて従来から噂のある強襲揚陸艦を整備。どうせ建造するのだから米海軍のと同様に最初からF-35Bの運用能力を持たせる(整備、補給など含めて)。
3.強襲揚陸艦+F-35Bを「空母」として運用(揚陸作戦は実際にはやらない)。

 名目は離島奪回の支援のためにF-35Bがいると称して、海自は念願の「空母」を強襲揚陸艦名目で手に入れる、という訳です。この強襲揚陸艦には当然、航空機運用能力の強化のためとかいって、ウェルドックは設けないでしょう。つまり、アメリカ級です。

 まあ、それはそれで悪くない話でしょう。揚陸にも使えますから(本末転倒な言い方だけど)。予算(人を含めて)があるのなら、それもまた良いとは思います。でも、おおすみ型後継だと3隻ですが、2隻が限度かなあ?それとおおすみ型と置き換えるのなら時期がかなり先になってしまいますから・・・・追加導入し、おおすみ型はまっとうなドック型揚陸艦で置き換え、が望ましいでしょうね。うーむ、空母型が6隻。素晴らしい「自衛力」だ。(^O^)
 輸出出来る(買い手がいる)なら、いっそ、中途半端ないせ型を売却して、強襲揚陸艦と置き換える方が良いかもしれませんね。買い手はいなさそうですが・・・。
 うーん、とはいえ、人と予算をどこからもってくればいいのだろう?そうなると陸自の大規模なリストラしかないでしょうね。当然、陸自は抵抗するでしょうが。

 現状で、本土進攻はほぼありえないので(出来るとしたら米軍位。ま、今から振り返れば冷戦時代もそうでしたが)
 自衛隊の任務を
・弾道弾防衛
・離島防衛
・国際協力
の三本柱として三自衛隊をそれに合わせて改変。ま、海空拡大、陸大幅縮小ということですが。

 陸自は
・弾道弾防衛=イージスアショア
・離島奪回用部隊=機動運用部隊
 水陸機動団、空挺団、空中機動旅団(戦闘ヘリ含む)、機械化部隊(第7師団といくつかの機械化師団または旅団)
・国際協力兼地域警備部隊
 軽装備の旅団を各方面に二、三個ずつ
に再編成。人員は多くても10万人程度まで削減、というところでしょうか。機動運用部隊が4万、地域警備部隊が5万、その他1万。
 マンパワーが減るので即応予備自衛官を拡大し、大規模災害派遣にはそれを動員して対応するほかないでしょう。
  防衛予算のうち半分近くを人件費が占めていますから大雑把に言えば、陸自を4万人減らせば、2000億円程度減らせます(平成30年度の陸自予算は約1兆8千億円、陸自の人件・糧食費の額は出ていませんが、全体で約44%なので、それを当てはめると7920億円。陸自の人数が約14万人なので、7920億*4万/14万=2263億)。空母運用には十分とは思えませんが、海空もそれぞれ再編成して、純増が2000億円ならなんとか?

 まあ、本気で空母が必要なら、いっそクイーンエリザベス級のような空母の方が効率は良いと思えますが。予算は更に必要ですけれど(苦笑)。さて、どうなることやら?

|

« いずもにF-35B搭載? | トップページ | ボルボ XC60試乗 »

戦史・軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いずも空母改装、その後:

« いずもにF-35B搭載? | トップページ | ボルボ XC60試乗 »