« いよいよ選挙 | トップページ | 快挙! »

今川・家康の最新研究

 今回は 内容に関連性がありますので以下の同じシリーズ二冊の感想をまとめて。

洋泉社 歴史新書 大石泰史編「今川氏 研究の最前線 ここまでわかった「東海の大大名」の実像」
洋泉社 歴史新書 平野明夫編「家康 研究の最前線 ここまでわかった「東照神君」の実像」

 これは色々な人がタイトル通り、最新の研究成果を紹介する文章を一冊の本にしたものです。

 まず一番は「おのれ、にっくき戸田康光め!」が幻だったらしいということ。ああ、これは小学生の時にエジソンの次に買ったのが徳川家康の伝記で、それに出てきた竹千代を戸田康光に奪われた時に広忠が言ったセリフです。子供の時から妙に気に入っていて、誰かにむかついた時に独り言で良く言っていました(笑)。通説では。家康は今川へ人質としていく途中、戸田康光により織田へ売られたということになっていますが、どうやら、松平が織田に降伏して最初から織田に人質として差し出されたようだということが分かってきたそうです。これはまったく知りませんでした。いやいや家康ファンを名乗っちゃいけませんね。

 面白いのは三河一向一揆は、「今川」側では反今川、親今川の戦いという側面が強調されているのに「徳川」では、最近そう言われているが、とはいえ、宗教的側面が大事と主張されています。

 最近ようやく従来よりは今川氏は評価されてきていますが、氏真は何もせずに領国を奪われた無能者ではないということが言われてきています。領国を失い、徳川に身を寄せた後にも旧臣が仕官してきたりしており、それなりに慕われています(仕官するに値すると思われている)。実際、三河こそ奪われたものの、遠江は一度は反乱を鎮めています。武田の裏切りがなければどうなったかはわかりません。

 徳川(松平)と織田の同盟も現代のわれわれがイメージするものと異なり、境目の確定と精々不戦条約程度のものだったと考えられるようです。ただし、ある時から、家康が信長に従属しているのでそこからはかわっていますが。いずれにしてもそれまでは家康は独自の外交を展開していますので、納得出来ます。ドラマなんかでは(女城主直虎もそうですが)、早い時期から信長に従属しているように描かれることもありますが。

 松平の系譜についてもだいぶわかってきているようですね。信光の業績は通説に近いようですが、英雄とされている清康は実際にはそこまでの業績を残していない模様。家康との関係で、持ち上げられていたのでしょうね。なお、最初は清孝だったとか。父親の法名から取られたようで、兄弟三人x孝だったようです。へー。

 信光の時代には伊勢氏(そう、所謂、北条早雲の家)の被官だったそうで。京都とのつながりがあったようです。それも踏まえて、所謂、初代とされる人物は、新田の血を引く人物では勿論なくて、京都方面から流れてきた(京都に人脈のある)人物でそれを養子に迎えたことで、一土豪だった松平氏が発展したのではないかと推測されています。

 全部は紹介しきれませんが、新書でそう高くも厚くもないので、一読をお勧めします。

 さて、平凡社から最近出た「徳川家康」と「武田勝頼」を読まないと。読む終ったら同シリーズの他のも!

|

« いよいよ選挙 | トップページ | 快挙! »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528857/65921995

この記事へのトラックバック一覧です: 今川・家康の最新研究:

« いよいよ選挙 | トップページ | 快挙! »