« サービス業、だよなあ | トップページ | いよいよ選挙 »

LOTUS NEW RANGE in TOKYO MIDTOWN

 仕事が早く片付いたので早めにでて帰りによってきました。今の勤務場所からだと電車で一本でいけたので。
http://www.lotus-cars.jp/news/news/lotus-new-range-in-tokyo-midtown/
 新モデルの日本初公開です。発表発売は6月にされていますが、実車が今日が最初だそうで。

 ミッドタウンの中で迷って(苦笑)到着したのは18時を過ぎていましたがまだトークショー始まっていませんでした。ちょっと見ていたら開始されたので聞きました。その段階で観客は20人くらい。まあ、まだ18時ですから会社帰りによるにはちょっと早いですね。19時過ぎに終わった頃には30人以上になっていましたが。
101117lotus1
 トークショーの前に広報氏による新モデルの説明がありました。
101117lotus2101117lotus3101117lotus4101117lotus5
広報にしてはちょっとしゃべり慣れていない感じでしたが(苦笑)。石井 昌道氏と飯田 裕子氏によるトークショーの内容は、まあ、こういう言い方をするとなんですが、普通です。まあ、こんなものでしょう。最後に中東とアジアのセールスマネージャーのライアンさん(ライアン・ウイリアムズだっけ?ちょっと名字自身なし)を交えて今後のロータスについての話。SUVの話はあるともないとも言えないと。でも、見たことはあると(笑)。ジーリ傘下に入ったことは歓迎しているとのこと。まあ、ボルボを見ればそうなりますよね。エリーゼの次のモデルは2020年頃登場予定は変わらずと。
 終わった後にちょっと直接話をきいてみましたが、高回転型NAエンジンがいいんだけど、マツダの1.5L位しかないよねというとそれはその理解。新型エリーゼは新しいエンジンなので期待して欲しいと言われました。HV?というとHVやEVは考えていないと。あなた好き?と聞かれたので嫌いだと答えましたが(笑)。ぶろーくんな英語ですが話は出来ました。
 さて、後回しになってしまいましたが、展示されていた車。トークショーのステージにおいてあったのは、エアコンレスの最廉価軽量モデルである黄色いエリーゼ。

101117elise

とはいえベースはスポーツなので、まあ、エアコンが無いだけ?もっともサーキット用じゃないとさすがに厳しいかな?
 赤いエリーゼ220スプリント。

101117elise220101117elise2201101117elise220r

あちこちカーボンになっていたりしますが、リアガラス・・・ではあくアクリルだとか。へー。これはこれで良いのですけどね。問題は価格。スポーツとの価格差で20kgほど軽いだけ・・・うーん、正直高い。何せ、トヨタエンジンの前期型は普通のモデルでこれとほぼ同じかもっと軽いのですから。ローバーエンジン時代は当然もっと軽いです。まあ、ファッション的な部分とダウンフォースが増えている面もあるので、これはこれで否定はしませんが、もし、私が買うならスプリントではなくスポーツ。ブレーキはエリーゼには不要とはいえやはりしょぼい(失礼)。

101117elise220fb101117elise220rb

 エキシージ スポーツ380。なんかどんどん凄くなっています。

101117exs380101117exs380enge101117exs380sheet

101117exs380r

けれど、こっちはこの方が良いでしょう。パワーありすぎて私にはいりませんが。ブレーキが前後とも立派なのは良いですね。

101117exs380fb101117exs380rb

 エヴォーラ スポーツ400。これも過剰だけれど、今の生活ではこれが最適。

101117ev410101117ev410r

ただ、ちょっと・・じゃない・・・高すぎ。後車庫に入りません。これもブレーキが立派なのは良いですね。

101117ev410fb101117ev410rb

 これまでロータスを見たことが無さそうな人(聞こえてきた会話から)も相応にいたので、まあ、イベントとしてはまずまずでしょうか?午後のうちにどれだけ来客があったは不明ですが。

|

« サービス業、だよなあ | トップページ | いよいよ選挙 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOTUS NEW RANGE in TOKYO MIDTOWN:

« サービス業、だよなあ | トップページ | いよいよ選挙 »