« ピー三郎、山形へ:8000km到達 | トップページ | ピー三郎12ヶ月点検へ »

日本政治情勢は複雑怪奇

 忙しくてじっくり文章を書いている暇が無く、書きかけのものはあるのですが、いずれも完成していません(苦笑)。白峰新説の話もまとめたいのですが。
 さて、小池新党=希望の登場は予想の範囲内ですが、前原党首の行動は・・・これを驚かなかないのはあらかじめ知っていた人だけでしょう。
 希望と提携とか合流なら理解出来ますが、所属衆議院議員は希望の公認をもらって選挙に出ろって・・・・。一番理解出来ないのはその方針に反対する議員がいなかったこと。異論は出たようですが、最後は全員一致でこの方針を決めたとか。これがまったく理解出来ません。民進は相対的にはリベラルな党だったはずなので、希望とは本来、相容れない人が多かったはずです。それが何故すんなり同意したのでしょう?それらの人はどうするのでしょう?どう見ても希望の公認は得られない人は少なくありません。普通に考えれば、民進が二つに割れるはずです。何故、そうならなかったのでしょう?まったくもって理解出来ません。
 想像するなら、ともかく選挙で生き残れば、数は旧民進が多いから、後でひっくり返せば良い、ということですが、絵踏みを強いられますし、公認が得られるのは小池都知事の言うことを聞く人だけでしょう。それに従来の民進の方針・政策とかなり違いますのでそれで理解が得られるか?

 前原代表の行動は表面上は理解不能で前代未聞としか言えませんが、裏があれば納得出来ます。それは小池都知事が辞任して出馬するかどうかでわかるでしょうね。今は風を読んでいるところで、直前まで動かないでしょうが、天下が取れると思えば出てくるでしょう。しかし、言葉通り、最初から今回は本当に出るつもりがないとしたら、第一党になれれば、前原を首班指名すると約束があれば今回の行動は理解出来ます。でも、政治屋としては小池都知事が遙かに上なので、いいように乗せられているだけかもしれませんが。

 もう一つ理解出来ないのは連合。本質的にはこれまた希望とは相容れないはず。よほど前回の民主党政権時代に味わったものが忘れられないのでしょうか?

 後は公明。希望は公明を味方につけたいと思っているような言動をしていますし、もし、選挙までに自民から引きはがせたら、本当に天下取れるかもしれません。また、自民の中の反安倍勢力が一気に希望につくということもないとは言えません。いずれにせよ、大筋では自民と希望では大差ありません。どっちに転ぶかは蓋を開けてみないとわからないでしょう。では、従来の民進党支持者はどうするのでしょう?無党派層の中でもリベラルな人はどうするでしょう?投票先は共産党しかありません。が、共産党嫌いな人も少なくありません。三つどもえではありますが、その三ついずれにも投票出来ない人はどうすれば良いのでしょうね?まあ、やはりもう一つ出来るかなあ?

 なんにしても歴史上の出来事に例えることも出来ない事件ではあります。さて、どうなるのなら?




|

« ピー三郎、山形へ:8000km到達 | トップページ | ピー三郎12ヶ月点検へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本政治情勢は複雑怪奇:

« ピー三郎、山形へ:8000km到達 | トップページ | ピー三郎12ヶ月点検へ »