« クーガ vs マカン | トップページ | 大艦巨砲主義は常識ではなかった »

ロードスターRF RS:相方試乗

 ちょっと忙しくて間が開きました。先週末、出かけた帰りに相方が寝ていてかつまだ時間があったのでマツダに連れて行って相方にロードスターを見せました。RFを見た相方は色が白だったこともあり、トヨタ2000GTみたいで恰好が良いと言います。なるほど、リアは横から見るとそう見えなくもないですね。まあ、昔懐かしいFRクーペのデザインですから。
 座ってもらうとシートリフターがないと。相方がチビなのでいつも気にします。86で運転席にあるのに助手席に無いため怒っていましたが、今回は運転席にもありません(苦笑)。まあ、シート前縁だけ確度を変えられますが。ただ、相方が座っても無事に外は見えました。86だと潜り込んで外がろくに見えないのでダメだと言われましたが、これだとちゃんと見えるのでリフターなくても大丈夫です。。シートそのものは、容易に予想出来ましたが、RSのレカロが良いとのこと。幌のファブリックシートはちょっと座って座面が柔らかすぎてダメとのこと。まあ、相方の好みだとそうなるでしょうね。内装などはとりあえず問題ないようです。グローブボックスが無いのには驚いていましたが。
 最初、営業氏が運転席側を開けて相方を座らせたのですが、左側の床の張り出しが気になってこれで運転できるのと言われました。なので、ポジションを合わせてもらうと・・・大丈夫だと。そう、確かにかなり床が盛り上がっていますが、ちゃんとドラポジ合わせれば気になりません。
 さて、試乗ですが、営業氏が先導するので二人で後からついてきて欲しいと。なので運転は私、助手席に相方です。さて、発進。最初、相方は乗り心地が良いねと。ただ、しばらく走ると、ちょっとコツコツくるかなあとも。長時間乗るとどうだろうと少し硬さを感じたようです。
 エンジン音は特に不満はないようです。エアコンの効きは良好。走っていて、相方が車が軽いと言い出しました。軽い?ふむ、幌と比べると軽快さは薄いのですが、まあ、絶対的に見れば重たい車ではないし、これだけ乗れば、「軽い」と感じるのは不思議ないです。そういう私も前回よりは軽く感じたのも事実です。まあ、前回、RFに試乗した際にはAWで行ったのでRFの方が重たいですが、今回はフィエスタなのでRFの方がある程度軽いです。なので、これは乗り手の感覚による違いでしょう。それとフィエスタは車格、車重よりもどっしり感じる車だということもあります。
 先導する営業氏が結構踏んでくれるので、こちらも踏んでおいかけていく羽目に(笑)。結果、前回よりもエンジン回して乗りましたが、これはこれで悪くないかなあ?2000回転も回らずに走らせることも出来ますが。
 全体的に見てRFは相方の印象は良く、楽しい車で乗ってみたい(所有して乗るという意味)と思うということでした。まあ、ND系だと幌じゃなくRFを選ぶよなあ。シートの違いもありますけれど、脚も相方は硬めが好きですし。反面、7500回転!というのは興味ありません(笑)。
 シートと脚は幌のRSでも良いのかもしれませんが、RFで、コツコツくるといっているので、幌だと厳しいでしょうね。カタログを見ていてVSの内装もいいねと言っていました。ノーマルのMTの乗り心地がどうかわからないのですけれど、相方の好みから言えば、それもまたありでしょうね。それとボディカラーはマシーングレーも良いねと。まあ、これも予想通り。それと年取ったらボケないようにMT運転出来るようにするのもいいかなと言っているので、相方がMTの練習するなら低速トルクがあるRFの方が良いでしょう。クラッチもステアリングも重たくありませんし。幌でも大丈夫じゃないかとは思いますが、やはりエンストしにくいのはRFでしょう。

 という訳で、相方に選ばせれば、RFのRSかVSになりそうです。幌にも一度乗ってもらって比べてもらう必要はあると思いますが、それはまだ先の話かな。それとそもそも981vsNDの結論が出てからでしょう。

|

« クーガ vs マカン | トップページ | 大艦巨砲主義は常識ではなかった »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードスターRF RS:相方試乗:

« クーガ vs マカン | トップページ | 大艦巨砲主義は常識ではなかった »