« ロードスターRF RS:相方試乗 | トップページ | 関ヶ原の通説ずたずた »

大艦巨砲主義は常識ではなかった

 一ノ瀬俊也著、講談社現代新書 「飛行機の戦争1914-1945 総力戦体制への道」の感想です。
 本書では、WWII当時の国民の中では飛行機中心という認識(コンセンサス)があったということをひたすら述べています。WWI以降、軍及び民間から一般国民向けの啓蒙書が出されており、その中では、かなり早い時期から航空機の重要性が説かれ、戦艦は航空機に勝てないというのが常識になっていたと主張しています。
 個々は読んでいただくのが良いですが、一部、軍人側で反論があった場合もあるようですが、全体としては航空機がもっとも重要という認識が軍民と問わずWWIIの段階ではあったと考えられます。それは陸海軍共通です。
 航空機中心は国家・国民総動員もやりやすいという面もあったとしています。航空機は総力戦の象徴であったとしています。そして、松根油も含めて、国民が生産に貢献しやすいのは確かですね。これが戦艦だとそうはいきませんから。そして、航空機が足らないから負けたという認識もあったはずとしています。
 そして、最後に「なぜ大艦巨砲主義の記憶が残ったか」として、戦後、日本は大艦巨砲主義だったから負けたという認識が生まれたのは何故かについて触れています。
 一つは日本人のとって数少ない「世界一」である大和・武蔵の伝説、美化によるものだろうとしています。
 二つ目は戦争指導の「真相」暴露的な報道が航空機に協力した民衆を免罪するため、戦争を戦艦主体として書き換えたためとしています。
 似た事例として戦争末期に日本軍がゲリラ戦を重用しようとしていたことが忘れ去られたとというのもあるとしています。
 これらは極めて重要な指摘だと思います。恐らく、何故戦争に負けたか、その理由が求められたので、「負けるべきして負けた」というのは受け入れられず、「方針が間違えていたから負けた」にしたかった、言い換えると「方針が正しければ勝てた・・・少なくとも負けなかった」と思いたかったのがあったのだと思います。全部帝国陸海軍が悪かったというのも同様でしょう。

 著者の一ノ瀬俊也氏は余り取り上げられていないことを積極的に取り上げて紹介されており、一連の著作は読む価値があると思います。

|

« ロードスターRF RS:相方試乗 | トップページ | 関ヶ原の通説ずたずた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大艦巨砲主義は常識ではなかった:

« ロードスターRF RS:相方試乗 | トップページ | 関ヶ原の通説ずたずた »