« P340死す:その1 | トップページ | アウディTT 1.8試乗:人の感覚はあてにならない? »

P340死す:その2

 という訳で量販店にいって触ってみました。TG5は操作性は問題はありません。レンズが飛び出さないせいか起動もまずまず速いです。が、絞りがちゃんとした羽根虹彩絞りではなく、2段階しかありません。うーん、どうなんだろこれ・・・。カメラとしての基本性能は高いとは言えないようですね。25-100mm(35mm換算、以下同じ)とまずまず広角側も使えて、なかなか良さそうではありますが(ただ、P3x0とSZ-31MRでは、24mmvs25mmとわずか1mmの違いですが、実際にはかなり違う気がします)。まあ、防水性もありますし、壊れにくそうではあります。250gですが体感的には軽く感じました。
 1型コンデジですが、いずれも2000万画素です。キャノンのG9X MarkIIがサイズ的には近いことがわかりました。F2.0ですが、98x58x31 206gなのでほぼP340と同じ大きさ、重さです。ただし、マクロが5cmからとやや弱く、28-84mmと小型のせいでカバー範囲は狭いです。広角で28mmは弱点ですね。そして何よりもキャノン。触ったのですが、やはりまともに使えません(苦笑)。マクロモードにする方法はわかりませんし、MFも使えるそうですが、どうすればいいかわかりません。AUTOモードでそのまま撮影するのならなんとかなるでしょうが。また、タッチパネルなのも操作性を悪化させています。センサーは1型でこのサイズにしても大きくて良いのですが・・・・。これを使うのなら四の五の言わずに、だまってAutoで撮影でしょうね(SZ-31MRの使い方がそうです)。一つ上のG7 X MarkIIは、106x61x42mm、319gと一回り大きく重く、マクロはやはり5cmですが、F1.8で24-100mmとレンズは条件を満たします。また、上位機種なので操作性はかなりましで、なんとか使えます。しかし、半押しでAFあわせようとすると何故かそのままシャッターが切れてしまうことが多く、何故かわからずいらつきます。性能はいいのかもしれませんが、どうにもキャノンのUIとは相性が悪いです。いらいらして買ってもそのうち投げつけたくなりそうです(苦笑)。
 パナのDMC-LX9は操作性は問題はなく、カタログスペックではマクロは3cmとかかれていますが、ズームマクロが使えるので実力はP340もずっと上です。動画録画中にも撮影出来ます(これ、SZ-31MRが出来るのですが、便利です)。24ー72mmで、広角は良いですが、望遠側はやや弱いです。しかし、F1.4なのは素晴らしいです。ただ、106x60x52mm、310gとレンズの飛び出し部分が長く、胸ポケットに入れるのはちときついです。そして何よりも、起動がのろい!ニコンよりものろいです!あー、起動さえ早ければなあ。値段も高いのですけど(苦笑)。
 ソニーは明るいレンズだとDXRX100シリーズ。何故か、初代からM5までまだ売っているという謎のカメラ。最新のM5は4k動画も撮影出来て性能は良いのですが、値段も高く性能過剰。102x58x41mmで、299gとやはり胸ポケットに入れるにはちょっと大きいです。初代の100なら、102x58x36mmで240gと比較的小さく軽く、レンズ部分の飛び出しがやや大きいですが、なんとか胸ポケットに入ります。また値段も安い(RX100シリーズの中では)です。ただ、マクロは5cmからで物足りません。F1.8ですが、30-108mm(4:3時)で、広角が弱いです。そして、It’s a SONY。これまたUIが致命的にあいません。まともに使えませんでした。どうやったらマクロに設定できるのかもわかりません。ソニーとも相性悪いんです(苦笑)。
 広角は必須条件にしていませんでしたが、元々望遠は期待出来ないサイズですから、望遠よりも広角を取りたいです。するとG9XとRX100は脱落。キャノンならG7Xですが、でかく、重く、高いです。パナはとにかく起動がのろいので私には無理です。RX100M5は25-73mm(4:3時)なのでまずまずですが、やはりでかく、重く、高いです。
 そうなると今回見た中では、唯一の1/2.3センサー(他は全て憧れの1型)で、絞りもインチキ(2段のみだし)でカメラとしての基本性能は低そうですが、持ち運んで使うカメラとしてはオリンパスのTG5が条件を満たします。ただ、新型なのでまだ価格は高め。RX100が24mmから、だったらUIは我慢してそれにしたかなあ?なお、TG5は動画記録中の静止画撮影は出来なくなったそうです。残念。LX-9とRX100は出来るようですが。

 F2.0未満をあきらめて慣れ親しんだニコンにするか、と思ったのですが、それでもまともな製品がありません(苦笑)。センサーはいずれも1/2.3(ニコンは今、1型センサーのカメラ無し)です。96x58x20で119gとコンパクトなA300は、25-200mmですが、F3.7!。絞りは2段に過ぎません。更に2000万画素。これではさすがにちょっと無理です。A900は絞り7段でまずまず。24-840mmなのでなかなか良いですが、F3.4。これまた2000万画素。更に113x68x40と大きく、299gもあります。なんとかポケットに入らなくもありませんが・・・どちらかと言えば、SZ-31MRの後継。ただ、P900がいるので望遠はもはやここまで要りません。電池がP3xxと共通のEN-EL12なのは良いのですが。起動の速さは十分でUIは一番親しんだものなので触るとほっとします。
 TG5に近い製品でアウトドア用のW300というのがあり、これは、24-120mmで、F2.8とまずまず。1600万画素。しかし、絞りは3段。ただ、マクロは1cmですし、電池はやはりEN-EL12。112x66x29mmで、231gなので、まあ、ポケットには入ります。ただ、やや大きいです。UIは普通のニコンとは違います。コンセプト的にも野外でシャッター押すだけで撮影するカメラです。起動は問題ありませんでした。ただ、レンズのシャッターはありません。透明のカバーの中にレンズがあるタイプ。TG5も同じです。

 こうしてみるとW300 vs TG5というところでしょうか?も絞りはどちらも簡易式。TG5がF2.0なのにW200はF2.8で明るさで負けています。まあ、24-120mmなので25-100mmより広角かつ望遠も伸びています。一応絞りも3段。ただ、MFは使えませんし、マクロはTG5の方が強そうです。まあ、本気でマクロ撮影するならD40を引っ張りだすのでこれでもいいかなあ??感度はISO6400対12800で負けています。レンズの明るさでも負けているので総合するとかなり落ちます。画素数も1600万と1200万とTG5の方が好みにあっています。価格はW300の方が少し安いようですが。やはり画質、色合いで比較すべきかなあ。ただ、どちらもサンプル画像は綺麗なんですよね(笑)。TG5のマクロは特に素晴らしいです。本当にここまで撮れる?と思う位です。
 まあ、当座はなので、次世代の製品まで待つという手はあります。ただ、ニコンはコンデジのラインナップが縮小しており、先行きが怪しく次世代製品が本当に出るかどうか??応援の意味でW300かなあ?P900を買っていなければA900も買っておいた方が良いのでしょうが・・・。

|

« P340死す:その1 | トップページ | アウディTT 1.8試乗:人の感覚はあてにならない? »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P340死す:その2:

« P340死す:その1 | トップページ | アウディTT 1.8試乗:人の感覚はあてにならない? »