« ピー三郎、夏のお山へ | トップページ | ロードスターRF RS:相方試乗 »

クーガ vs マカン

 お山遊びが終わった後、相方を迎えに行く前に、ちゃんとした試乗をし損ねていたマカンに試乗させてもらってきました。いったら、GT3のカップカーが展示されていましたが、やはり凄いですね。
072417gt3
それからマフラーをスピーカーにしたもの?が展示されていました。
072417mfsp
面白いけど、狭い我が家にはおけません(苦笑)。
 さて、マカンです。Sでもターボでもない2L 直4のベースモデル。
072417macan
タイヤはハンコック。ventus S1evo2 SUVで、サイズ235/60R18と大人しいものです。
072417macanrt072417macant
 さて、オプションは余り細かく見ていませんが、スポーツクロノ、シートメモリーなどがついていました。運転席に座ってポジション調整・・・・うーん、あれ?この車ってそうだっけ?ペダルが全体的に右寄りで、左側に余裕がありません。まるでフロントミッドシップのFRのように大きく張り出しています。フットレストもありますが、余り意味がありません。
072417macanpedal
アクセルとブレーキにペダルを合わせればフットレストに足が届きません(苦笑)。ステアリングを調整すると下半身が右へねじれます。
レブリミットは7000回転。
072417macanmeter
 さて、発進。乗り心地は良好。滑らかで姿勢変化が少ないです。街中ではとても乗り心地は良いと思います。発進時にもう少しトルク感が欲しい気がしますが、不満がある訳ではありません。踏んだ時の速さを比べると出足だけが期待ほどではないというだけです。それより低回転(概ね2000回転未満)でエンジン音が変です。変というか好みでないというべきでしょうか。ヒューヒューというかそんな音がします。タービンの音ではないと思いますが・・・。なお、高いギアでは聞こえませんでしたが、これは速度が上がっているのでロードノイズや風切音などにより聞こえなくなっただけかもしれません。
 エンジンは踏めば速いですし、特にSport/SportPlusにすると期待よりもずっと速いです。ただ、回しても音は良いとは言えません。まあ、実用車のそれ、という感じです。音を望むならマカンS(V6)にしろ、ということかもしれません。
 ステアフィールはこのクラスとしてはまずまず。ただ、このクラスの車にしては珍しいですが、少し振動を感じます。特にアイドリング中や低速走行中に感じます。ブレーキは特に不満、違和感は普通に走っていてありません。
 マニュアルモードでパドルで操作していましたが、これも良好です。なお、マニュアルモードだと自動的にシフトアップせず、リミッターが作動します。ポルシェも色々かわりますね。昔はPSMを解除しないとSportPlusですら自動的にシフトアップしましたが。不便と思う人もいるかもしれませんが、私はマニュアルモードはかくあるべきだと思います。ま、マカンの場合にはある意味ではどうでも良い話ですが。普通に乗っていてリミッターが作動することはないでしょう。あくまで1速で試しに引っ張ってみたらそうなったというだけです。
 アイドリングストップがついていてホールド機能もあります。ただ、再始動する時の振動がやや大きめです。それとSportPlusだとアイドリングストップは機能しません。ま、これもそういうものでしょう。
 試乗そのものは首都高(C1)から湾岸へ出てみようと乗ったら・・・大渋滞。結局、試乗時間の3/4は渋滞の中にいました(苦笑)。ペダルが右へオフセット(私の感覚)しているせいで、次第に腰が痛くなり、結構きつかったです。うーん、短時間だと平気でしたが・・・。
 それとナビ。もうこれはどうしようもないですね。世界共通のナビに変更されていますが、高速道路モードはなく、色が少し違うのですが、どこが首都高でどこが一般道が分かりにくく、渋滞情報も表示はされていますが、首都高のどの辺が渋滞しているかが最初わからず、渋滞に突入してしまいました。画面をタッチしてもスクロールしないので先の状況を見ることも出来ません。ナビにセットして誘導してもらうだけなら良いかもしれませんが、道路と渋滞情報表示装置として使う私には使いにくいどころかまったく使えません。仮にマカンを買ったとしたらせっかくナビは標準ですが、ポータルブルナビか何かをつけないとストレスたまって仕方ありません。
 高速走行時の乗り心地もまずまずだと思いますが、湾岸にやっと抜けた段階で残り時間が半分切っていたのですぐ戻らないといけなかったため、ちょっとだけしか高速巡航出来ませんでした。なのでイヴォークのように腕が疲れたりするかどうかはわかりません。後から考えたら、3号線から逆に東名へでて川崎か青葉までいって引き返してくれば良かったと思います。そのコースなら往復でも1時間かからなかったでしょう。ま、仕方ありません。
  C1へ戻ってきて流れているとジョイントを乗り越えた際に、大げさに言えば、ぐしゃっとします。これは60タイヤがたわんでいるのかなあ?素人にはわかりません。乗り心地で気になったのはそういう大きな入力を受けた時だけでした。
 それからちょっと曲がっているところで踏んでみましたが、そうすると外にはらんでいく感じがします。あくまで「感じ」です。クーガだとそういう時には後輪にも駆動力がかかって回り込んでいく感じがするのですが・・・。アンダーステアというよりも前後外側に引っ張られていく感じです。
 ああ、後、とまるとナビの画面がカメラに切り替わるのですが、最初はおもしろかったのですが、段々いらいらしてきました。
072417macannavi
 戻ってきてエンジン切ってキーを抜こうとして抜けず、しばらく苦戦した後、この車はキーレスエントリーがついていたのでキーを差し込んでいた訳ではないことに気が付きました。
キー本体は物入れの中にいました(苦笑)。ポルシェはスタートボタンではなく、ひねってエンジンかけるので、キーがささっていると勘違いました。(^^;なお、渋滞ばかり走って燃費は8.6km/Lでした。まあ、悪くはないかな??
072417macannenpi

 さて、クーガと比較してどうでしょう?乗り心地、装備(オプション代は支払わないといけないけれど)、静粛性などなど、ほぼマカン圧勝ですが、前述の通りナビは駄目です。が、クーガも後付けなのでこれは勝負の対象外。ステアフィールはいつものようにクーガ圧勝。ハンドリングは微妙です。今回の試乗ではマカンはそれを評価出来ませんが、感触ではクーガの方が好みにあっていると思います。エンジン音はクーガの方が好きですが、動力性能はマカン圧勝でしょう。
 が、ドラポジ問題で勝負になりません。マカンで旅行・長距離巡航は不可能です。20分程度で腰が痛くなってしまいましたから。なので、今回はクーガ圧勝です。折角試乗させてくれた営業氏には悪いですが、マカンを選ぶことはありません。V6でもドラポジは同じでしょう。弱点はそこだけなのですが・・・。
 ナビのことはとりあえず忘れて(車の本質とは関係ないので)、この車でドラポジが合う人なら、良い車だと思います。が、私は致命的にそこが合わないので無理です。

 しかし、このポルシェのナビ、ずっとこれなのかなあ?来年位から評判悪くて、日本は別のナビにならないかなあ??まあ、マカンが合わなかったから、718の音が劇的に改善されない限り、ポルシェの新車を買うことはもうまずないので、関係ないと言えば関係ないですが・・・。え?GT4?まあ、買えれば欲しいですね!もっとも、991も含めて、981で性能持て余しているのでそれはないかなあ。

|

« ピー三郎、夏のお山へ | トップページ | ロードスターRF RS:相方試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーガ vs マカン:

« ピー三郎、夏のお山へ | トップページ | ロードスターRF RS:相方試乗 »