« 快挙! | トップページ | ピー三郎のタイヤが・・・ »

国衆の戦国史

 洋泉社 鈴木 将典 著「国衆の戦国史 遠江の百年戦争と「地域領主」の興亡」の感想です。これも、まあ、女城主直虎、便乗本の一つと言えなくもないでしょう。大河ドラマが直虎でなければ世に出なかった可能性はありそうです。そういう意味では大河ドラマのおかげで私が読むことが出来たので感謝すべきでしょうね。

 タイトル通り、遠江の国衆について書かれた本です。一口に国衆といっても、今川一族から元守護の吉良氏の家臣など、土着系など様々です。徳川勢の攻撃を跳ね返した天野氏なんて余り知られていないでしょう。もちろん、井伊氏も登場します。著者は直平以降はそれ以前の井伊氏の主流とは違うのではないかとしてます。まあ、資料が少なく何とも言えない部分が多いのですが、直平から(大河ドラマでの反今川姿勢と異なり)今川に従属したようです。
 そして、直虎が女性であったと考える根拠はないとしています。次郎法師は恐らく幼名(幼名をxx法師とする例は他にもありますので)であり、元服して次郎直虎と名乗ったのではないかとしています。残されている書状は漢文調であり、次郎法師のものは黒印、直虎のものは花押が書かれています。当時の女性の手紙は基本仮名で印判を使ったもので、花押を使ったものは残されてないそうです。今川の寿桂尼もそうです。もちろん、直虎が例外であった可能性を完全には否定出来ませんが、当時の常識からすれば男性です。直盛が討死した段階で、嫡男次郎法師は元服前でその後、元服して直虎と名乗ったとすれば辻褄はあいます。ただ、その直虎が直盛の実子か養子なのかは資料なく不明ですが。
 では、何故、直虎は女性とされ、直親の子、直政の後見人とされたのでしょう?ここは推測になってしまいますが、徳川が遠江を攻めた時に井伊氏の主流は敗北して没落(か死亡)し、傍流の子だった直政があたかも嫡流であるかのように見せかけるために作られた話ではないかとしています。直虎とされる女性は存在しており、死亡した記録はあります。これは井伊氏の誰かなのでしょう。そもそも次郎法師が法名であれば戒名が祐円なのはおかしいでしょう。一度還俗したからと言えばそうかもしれませんが。
 また、著者はそもそも直親が実在した証拠はないとしています。そう、書状などが残っていないのです。もちろん、残っていないだけで実在していた可能性はありますし、今後発見されることもあるかもしれませんが、現段階では後世につくられた資料にしか登場しません。前述の通り、直政(というか、その子孫というべきか)が正当性を主張するために作り出した話の可能性があります。私はそれが正しいのではないかと思えます。直虎の祖父とされる直宗も実在した証拠はないようです。このように後世に作られた系図ではしばしば誤りや架空の人物が登場していることがあります。直親の父親である直満は弟直義と共に小野の讒言により今川に誅殺されたとされている訳ですが、この話の信ぴょう性も疑わしいです。小野父子は親今川派だったのでしょうが。
 井伊氏の男子は大河ドラマでは虎松=直政しか残っていないように描写されてますが、実際には例の徳政令の時に反対する井伊主水佑という一族と思われる人物がいたことを示す書状が残っています。
 その辺も考えると小野父子は実際には忠臣(大河ドラマでも必ずしも奸臣として描かれていない)であり、徳川に逆らったので奸臣扱いされてしまっただけかもしれません。むしろ、弟の家系の方が井伊氏から離反して徳川へついた=直政側についたということやもしれません。当然、井伊谷三人衆も裏切り者でしょうね、それが正しければ。
 徳政令の関しては、今川が悪く言われ過ぎているとしています。全体的に見て、今川は強権的で国衆を力で従わせたように言われていますが、必ずしもそうではなく、基本的には国衆の自主性を認めているとしています。徳川は今川から離反して独立した訳ですから、江戸時代に今川氏は悪く言われても仕方ありません。
 感想は井伊氏中心になってしまいましたが、比較的マイナーと言える遠江の国衆について書かれた良書です。(^^)

|

« 快挙! | トップページ | ピー三郎のタイヤが・・・ »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国衆の戦国史:

« 快挙! | トップページ | ピー三郎のタイヤが・・・ »