« ピー三郎のタイヤが・・・ | トップページ | 諸悪の根源は信玄 »

クーガvsQ2

 アウディQ2の試乗車が用意されていたので相方と一緒に行って試乗させてもらってきました。展示車は1.0のSportです。
170611q27
まあ、これが売れ筋でしょうね。なんか低くみえますね。実際、SUVにしては車高は高くありません。タイヤはミシュランのPrimacy3で、215/55R17でした。
170611q28t
 まず後席に座ってみました(義父の位置)。
170611q25_2
あちゃあ、アシストグリップが後席にはありません。うーん、まあ、シートの高さはクーガよりも低いので無くても乗り降りできるかもしれませんが、大きな減点です。視界はまずまずでしょうが、当然、クーガよりは良くありません。シートそのものはまずまずだと思います。あ、レザーではなくファブリックでした。
 前席のシートも一応スポーツシートという名称になっていますが、まあ普通ですね。
170611q24inte
アウディですが、ステアリングは真円です!やった!でも、パドルはありません。がーん。パドルがつくと楕円になるのかなあ??電気式パーキングブレーキでブレーキホールドがあります。TTなど今のアウディらしくメーターパネルはLCDです。
170611q23meter
オプションでここにナビの画面を出すことも出来ます。ナビそのものはオプションで、標準だと中央のLCDパネルに表示されます。我が家的にはその方が良いです。
 エアコンは左右独立。シートヒーターがついています。これは競合車に対する優位点ですね。レザーなら普通ですが、ファブリックでついているのは少ないですから。内装の質感は・・・うーん、微妙。アウディとしては特別質感が高いとは言えず、A3並みかというとどうでしょう?A1とA3の間位?
 リアハッチを開けたら相方は手が届きませんでした。あちゃあ、不合格?と思いましたが、オプションで電動に出来ます。脚振りでは開けられませんが、リモコンで開けられるので良いでしょう。荷物室の空間はまあボディサイズなり。不足はないと思います。
170611q26trunck
 そうこう見ていたら、試乗車が今空いているということなので、試乗させてもらうことにしました。
170611q21
試乗車も1.0のSportsですが、タイヤは異なり、BSのTURANZA T001でした。サイズは同じ215/55R17です。
170611q22t
運転手は私、相方は助手席、後左席に営業氏と義父を乗せた時の配置です。ポジションは問題ありません。相方はシートを上げたら、クーガに近い感じになったとこれまた問題はないそうです。エンジンかけると静かで振動も感じられません。
 メーターパネルの表示を変えたら、ODOとトリップ、それに燃費系データを同時に表示させることが出来ました。よしよし。TTはこれがうまく出来ませんでした。ナビが別LCDパネルの表示されるおかげです。
 さて、いつものようにマニュアルモードで発進。1Lの3気筒ターボですが、発進はスムーズです。トルクが不足する感じはありません。走り出しても全体的に静粛性は高いです。1500だとシフトアップは出来ず、2000回転回す必要はあります。まあ、普通です。7速のDSGでこれまたなめらかです。ただし、押してアップ引いてダウンなので何度か間違えてしまいました。クーガと逆なので。(^^;
 乗り心地は悪くはないです。動きは落ち着いています。硬さは感じませんが・・・でも、これって、世間では硬いと言われるかもしれません。我が家的には良い感じです。エンジンは回すと三気筒らしい音がしますが、回さない、踏まないでそろそろと走っていると静かですし、三気筒っぽくありません。大人しく走っていると乗り心地も良く静かで、なかなか良い感じです。踏んで回すと相応に加速して動力性能は我が家的には不満はありません。
 予想外に良かったのがステアフィールです。アウディらしくなくというと怒られますが、電動パワステにしてはなかなか良い感じです。手ごたえそのものはやや薄めですが、でも、合格です。真円のステアリングと合わせて、ここは余り期待していなかったので良かったです。
 路面が荒れても車の動きは落ち着いているのですが、妙に振動を拾う時があり、上の方でびびり音は出ていました。あくまで振動を感じるだけですが。
 ブレーキの感触も良好です。ホールドがあるのは便利です。ただし、マニュアルモードに入れているとアイドリングストップしません。これは残念。せっかくブレーキホールドあるのに。まあ、致命的な問題ではありませんが。
 全体的に見て、想像していたよりもずっと良かったです。そして、フィエスタに似ています。エンジンが同じ1Lの3気筒ターボというのもありますが、乗り心地やステアフィールもなんか似ています。車高が高いフィエスタという感じ。そのせいか相方はかなり気に入ったようです。動力性能は出力はフィエスタよりも上ですが、200kg位重たいのでフィエスタよりも大人しめです。ただし、不満はありません。
 しかし、問題がありました。それはシートです。試乗した程度で、腰の裏が圧迫されて痛くなってしまいました。最近、出ない車が多かったのですが、でちゃいました。うーん、これだと私は厳しいかなあ。クーガの代わりに長距離巡航は難しそう。相方は問題はないそうです。
 戻ってきてもう少し車を見てから、営業氏と色々会話。4WDは現状、ディーゼルしかないので日本には入らないようです。1.4Lはエンジンしか違わないので不要でしょう。1.0だとやはりSportsですね。364万。色はオレンジかな?青もいいですが、クーガと入れ替えたら青が2台並びんでしまいます。6万。オプションはまあアウディなので、ハイテクセットはつけるべきでしょう。13万円。それとオーマチックテールゲートも要りますね。7万。ナビは・・・・まあ、センターにLCDパネルがあるのでつけるしかないでしょう。35万(わお)。合計425万。う、高い。(^^;装備の違いがあるとはいえ、X1のFFと似たような価格です。うーん、1L3気筒ターボで400万超えはねえ。うーん、さすがアウディです(笑)。

 さて、クーガと比較してどうか?先に言えば、これはクーガと比較したり置き換える車ではないでしょう。どちらかと言えば、フィエスタと比較すべきでしょう。フィエスタと比べると静かでトランスミッションも滑らか(フィエスタみたいにシフトダウンで、バコン、バコンと大きな音を立てないし、すっと発進する)です。反面、動力性能はフィエスタの方が上だと感じます。最低地上高は180mmあるので、まあ、普通の雪ならFFとはいえ問題ないでしょうが。
 そう、フィエスタに何かあって新しい車が必要になったら、その時はクーガとも統合してQ2にするというのは良いと思います。が、クーガとは違う車です。という訳で、不戦勝というよりも、試合が成立しませんでした。Q2そのものは、値段に納得出来れば、とても良い車だと思います。

|

« ピー三郎のタイヤが・・・ | トップページ | 諸悪の根源は信玄 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーガvsQ2:

« ピー三郎のタイヤが・・・ | トップページ | 諸悪の根源は信玄 »