« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

快挙!

 やりました!佐藤琢磨がインディ500優勝!!
https://www.autocar.jp/news/2017/05/29/222520/

 残念なのはもはや普通に見られる中継がないこと。F1ですらないので無理なのはわかっていますが・・・。そういう自分も中継あっても見ている時間がないのですが。
 中継の代わりにこれでも。
https://www.youtube.com/watch?v=nUqXwB0ufeQ&feature=share
 なんにしても、おめでとう!いままでの苦労が報われたね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィエスタのライト修理完了

 なかなか部品が来なくて時間がかかりましたが、ようやく部品が届いて修理完了しました。うーむ、やはり明るい。が、しかし、今度は左後のパワーウインドウを一度開けて閉めるとひっかかることに気がついて一緒に見てもらったらやはり部品交換必要ですが、また部品はお取り寄せです(苦笑)。まあ、閉まることは閉まるのでとりあえず、もう開けないので大丈夫ですが。エンジンかけた状態で助手席ドアを開けると時々キーが社内にないという警告が出る病気も時々出るし。走りそのものは良いのですが、マイナートラブルが多い子です(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルピナB5内覧会

 色々忙しく、久しぶりの書き込みです。
 案内状が来ていたので、昨日会社帰りに寄ってみました。会場は二子玉川でした。そういえば、この駅で降りたのは初めて。色々商用施設が出来ているのですね。
1705251
 さて、D3、XD3、B7が展示されていて、
170525d3170525xd3170525b7
本命のB5は奥のカーテンで隠された場所でした。B5 BiTurbo Limousine。展示車はアルピナグリーンでした。
170525b5170525b5r
やはりこの色は良いですよね。いいなあ、これ。なお、この車はこれが終わったらドイツに戻すのだそうです。当然空輸。お金がかかりますね。(^^;サイズは4955x1870x1465mm、1980kg、なので、まあ、5x2mで2tですね。でかい!4.4L V8ターボエンジンで608ps=447kW、800Nの化け物です。
170525b5e
そのせいか、なんと4WDでした。トランスミッションは8速AT。最高速度は330km/h。お値段は1855万円+オプション203.8万円=2058.8万円!!(^^;;今日は見るだけです。(^^;;
 内装は当然レザーです。
170525b5fsheet170525b5fstear
まあ、見た目は当然ながらBMWと大差ありませんが、ドアの内張なども本革のようです。
170525b5door
さすが!後席も当然余裕はあります。
170525b5rsheet
うーむ、これなら運転するよりも後ろに乗せてもらいたいかも?
 タイヤはミシュランではなく、ピレリのP ZEROでした。ちょっと意外です。前は255/35R20、
170525b5ft
後285/35R20。
170525b5rt_3  
ふと見るとリアブレーキが・・・・あれ?対向ピストンじゃありません。
170525b5rtb
なんで??2tで800Nmなのに。フロントは4ポットでしたが。
 気になって展示されていた他の車を見るとB7とXD3も片方持ちです。
B7
170525b7rt
XD3
170525xd3rt
えー。XD3はフロントも!!
170525xd3ft
ところがD3は一番安いのに対向ピストンです。
170525d3rt
不思議です。ちょっと聞いてみましたが性能に不足はありませんという以上の明確な答えはありませんでした。いや、確かに実際にはほぼ見た目だけの話なのですが、一番軽くて安いのだけ良いブレーキというのは不思議ですん。
 それからXD3にアルピナグリーンがないのは何故ですかと聞いたら、XD3はUS工場で作っていて数が少ないので独自色を使わせてくれないそうです。なるほど、そういうことですか。残念だなあ。うーん、それとブレーキ、やはり私はD3かB3がいいなあ。相方はXD3以外あり得ないと言っていますが・・・・。どうかな?D3かB3に相方をともかく乗せてみないとなあ。でも、ATしかないからふんぎりつかないかなあ。なお、MTの要望は結構あるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガ vs MINI CROSSOVER COOPER D

 時間が出来た時に久しぶりにミニに行ってきました。目的は新型CROSSOVERです。もはやAセグでもBセグではなく、完全にCセグサイズです。先代もミニではなく、ミディアムだと呼んでいましたが(笑)。X1と似たサイズですが、当然ながら同じプラットフォーム。乱暴に言えば、内装と皮違いです。むろん、見た目は全然違いますが。
 現時点では2L 4気筒ディーゼルターボのみで、全てCOOPERを名乗っており、FF(D)と4WD(D ALL4)、それに4WDの高出力版(SD ALL4)。1.5LのガソリンターボのONEも追加されるようですが、現段階では未定だそうです。ああ、後、HVもすぐに導入されるそうですが。
 価格は以下の通りで、X1の18dと微妙な関係。なお、以降、MINI CROSOVERを長いのでミニと称しています。
X1 18d:440万
ミニ COOPER D:386万
ミニ COOPER D ALL4:414万
ミニ COOPER SD ALL4:483万
 エンジンは18dとCOOPER Dが同じで150馬力、330Nm。SDは190馬力、400Nmなので、X1の20d(184馬力、380Nm)よりも上です。X3よりも当然軽いので(SDは1630kg、X3 20dは1840kg)、SD ALL4は速いでしょう。もっともこの手の車にそんな速さが必要かは疑問ですが。
 展示車はFFのCOOPER D。
170502mcfff
タイヤは225/55R17で、BSのTRUNZA T0001です。
170502mc17t
基本タイヤは同じだそうです。ランフラットではありません。オプションの18インチはランフラットということです。
 見た目のミニ度は先代よりも上がった気がします。
170502mcffr
先代はミニに似せた車、でしたが、今回はミニを引き延ばした車、に見えます。内装もミニらしいものですが、使い勝手が良いかは別の話です。センターメーターではなくなっているので、まあ、実際には問題は少ないとは思いますが。
 ミニですが、サイドブレーキはなく、電気式パーキングブレーキになってしまいました。ホールドはありません。また、クーパーなのにパドルがありません!前席はちょっと変な硬さを感じていまいち私にはあいません。まあ、ミニのシートはずっとどれでもあいませんが。
170502mcffsheet
助手席はシートリフターがあり、一番上まであれば、相方の望むSUVらしい視界にはなるかな?
 後席は少しは高いもののクーガのような見晴の良さは当然ありません。
170502mcffsheetr
バックレストは寝すぎていましたが起こすことは出来ました。ただ、バックレストそのものは小さ目です。Cセグなので後席用のエアコン吹き出し口はついています。
 トランクは余り広くはありませんが、不満が出るというほどではありません。
170502mcfftrunck
我が家には十分です。オプションで電動に出来ます。
 残ねながらルーフレールは標準です。これがないとSUVらしくないかもしれませんが、使わない我が家には邪魔なだけなんですよね。1595mmの全高はレール込みなので、実際にはそれほど車高が高い車ではありませんね。まあ、最低地上高さは相応にありますが。なお、最小回転半径は5.4と何故かクラブマンの5.5よりも小さいです。
 4WDはあると便利ですが、FFの方が軽いし、安いし、まあ、我が家の使い方ならFFで十分でしょう。SDのパワーも不要ですし。330Nmあればお釣りがくるはずです。FFの試乗車があるということなので試乗させてもらいました。
 用意された試乗車は・・・あれ?なんかホイールが黒いぞ。
170502mcfftestdt
うん?225/50R18で、ピレリのP ZERO?18インチだからランフラットです。(^^;茶色のボディカラーはいいですね。
170502mcfftestd
相方も好きそうです。シートもシートもコンビレザー。
170502mcfftestdsheet
何故か座面がレザーで脇は和ブリック。座面が延長が出るMスポっぽいの。まあ、ミニですけど、 BMWで言えばMスポ仕様です。うーん、何故、一番安くて遅いFFの試乗車をこういう仕様にしてしまうのだろうなあ。なのにパドルはありません。最近、BMW系はパドルに冷たいですよねえ。
170502mcfftestddoor
 シートはこのスポーツシートの方が私にはあっているようです。一応、SUV系の車ですから、高めにセット。ドラポジはOK。視界も特に問題は感じません。エンジンはかかっていましたが、やや振動を感じますが、音も含めて、ディーゼルとしては少ないでしょう。
 さて、試乗です。BMW式ではなく、普通のシフトセレクターを操作して、Mにして発進。敷地から出ると・・・まずまずかなあと思いましたが、タイヤの硬さをやはり感じます。以前、X1の2Lターボで派手にロードノイズが響いた場所でも普通でした。乗り心地は路面がそう荒れていないと悪くないのですが、ある一定以上荒れてくると急激に悪化します。荒いというか硬いというか。ランフラット+18インチ+P ZEROではちょっと評価不能です。17インチのTRUNZAなら良くなるのか、この車は基本的にそういう乗り心地なのか、私にはわかりません。ボディ剛性感は悪くはないさそうですが。
 330NmとX1の18dと同じエンジンなのですが、低速からトルクが出ていてX1よりもずっと速く感じます。踏んだら最近のBMW系ディーゼルエンジンらしくなかなか良い音がします。ただし、2000回転位回さないとシフトアップ出来ないようです。うーん、これだけトルクでていのなら、1500回転でシフトアップしても普通に(遅くなく)走れそうなんですが。
 ステアフィールは普通です。違和感はありません。ブレーキも普通です。乗り心地以外は良かったと思います。ただ、今回は試乗コースがやたら短く、はい、おしまい、だったこととタイヤの影響で評価は暫定的なものです。17インチタイヤでもう少し長めに乗ってみたいです。短かったこともあると思いますが、降りて体が揺れるとか厳しいということはありませんでした。
 しかし、同じエンジンでX1の18dは遅くはないものの330Nmという感じはしないなあと思ったのですが、ミニは逆にX3よりも速く感じました。CX-5のFFよりは速くないと思いますが、低速から中速ならクーガよりも速くと思います。X1より速いのはFFで軽いからなんでしょう。
 という訳で、スペックを比較してみました。トルクウェイトレシオの良い順番です。
CX-5:(XD:2WD):1620kg、175馬力、420Nm:9.3馬力/kg、3.9Nm/kg
CX-5:(XD:4WD):1680kg、175馬力、420Nm:9.6馬力/kg、4Nm/kg
COOPER SD ALL4 :1630kg、190馬力、400Nm:8.6馬力/kg、4.1Nm/kg
COOPER D:1540kg、150馬力、330Nm:10.3馬力/kg、4.7Nm/kg
X3 20d:1840kg、184馬力、380Nm:10.0馬力/kgv、4.8Nm/kg
COOPER D ALL4 :1610kg、150馬力、330Nm:10.7馬力/kg、4.9Nm/kg
X1 18d:1660kg、150馬力、330Nm:11.1馬力/kg、5.0Nm/kg
クーガ::1670kg、200馬力、320Nm:8.4馬力/kg、5.2Nm/kg
 試乗していないグレードも含まれていますが、数字を見ればわかるようにCX-5が一番良くて、ミニはX3よりも若干上、18dとは0.3Nm/kgの差があります。で、クーガはこの中では トルクウェイトレシオは最下位。まあ、ガソリンですので仕方ないです。パワーウェイトレシオは逆にSDよりも上でトップですが。
 こうしてみるとFFの軽さが目立ちますね。それでいて330Nmあるので、ミニならFFのCOOPER Dが最良でしょう(我が家の用途では)。

 さて、クーガと比較してどうか?取り回しはボディそのものが小さいこともあり、ミニが圧勝でしょう。通常の動力性能もミニが勝ちます。シートは標準だとクーガが上。スポーツシートは性格が違うので直接比較しにくいですが、良い勝負かな??ステアフィールはいつものごとく、クーガ圧勝。後席もクーガ。空調は新しい分ミニが勝つでしょう。こう見るとミニは結構良いのですが、今回の仕様では乗り心地で惨敗し、クーガの勝利です。ちょっとこの乗り心地では乗れません。普通の17インチ仕様に試乗する機会があれば再挑戦ですが、今回はクーガの勝利でした。
   なお、相方に話したら、うちにはミニは合わないでしょう、と言われてしまいました。(^^;サイズはちょうど良い位なのと一応英国車なので乗り味さえよければ・・・と思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガでまた小旅行

 北の弾道弾が撃ちあがったようですが、今回は見事に成功したようで。失敗続きのムスダン系列のようですが、改良型は大丈夫なのかな?またまた若旦那の喜色満面の笑み、の写真を見かけました。やっていることはまったく肯定出来ませんが、毎回、本当に嬉しそうに見えるのだよなあ。

 さて、相方サービスで二泊三日の旅行に行っていました。車はクーガです。前から相方が行ってみたいと言っていた新潟の宿へ行ったのですが、うちらしく?急に決まったので二泊目の宿がとれず、どこにするか、家庭内で論争が起きたのですが、結局、変なところにいくよりも実績がある裏磐梯のホテルにしようと押し切りました。高いだなんだ言っていましたが、変なところにとまってストレスかかえるよりも少し高くてもストレスなく過ごせるところにいくべきでしょう。ストレス解消のためなのですから。
 行きは平日なので渋滞は特に無し。4年目のノーマルタイヤですが、いつものようにロードノイズがうるさいことを除けば特に問題ありませんでした。残念ながら雨にも降られましたがなんら問題なく走り切りました。翌日は磐越で会津若松方向へ。ここは対面通行なのですが、途中、反対側で拡張工事していました。交通量からすると片側一車線でも十分には思いますが、安全性の問題があるので片側二車線化するのでしょうか?最初から上下分離で片側一車線、時々追い越し車線という道路で建設していた方が良かったのだと思いますが、将来の二車線化があり得なくなるので反対されるのでしょうね。
 二日目はまずまずのお天気でしたが、三日目は朝から雨。これでは散策も出来ないので、予定を変更して米沢へ行ってみました。山越えで45kmほどですが、交通量は少なく、山を下りるまで時々対向車と出くわす程度で当然信号もなかったので一時間程度で米沢市内に入れました。途中、山にはまだ雪がたくさん残っていました。(^^;
17051311705132
 目的地は上杉博物館。米沢城の隣(というか、城内ですね)。
1705133
常設展は上杉文書館を除けば撮影可能でした。入ったところには米沢へ入部した時の行列のジオラマ。
1705135
ただ、上杉家そものの説明展示は余りなく、「上杉鷹山の戦い」という短い映画を見ましたが、ハイビジョン前の作品なので大きなスクリーンで見ると荒さが目立ちます。で、戦いといっても改革を進めたという話ですが・・・正直いまいち・・・説明不足でよくわかりません。120万石時代の家格を維持しようとする家臣の反対を受けたのですが、お堂にこもって、自分が考える通りにやるべきだと決心したら、何故か、家臣が受け入れて改革が進んだと。いや、実際にはいろいろあったはずなのですけれど?35歳で隠居、しかし改革は推進し続けたと突然言われてもついていけません。これは先代に男子がなく養子に入ったものの、その後先代に男子が生まれて、その義弟に家督を継がせたためなのですけど、ナレーションだけでもいいから説明して欲しいです。改革についてもさらっというだけで余り具体的ではありません。で、終わって、その辺の説明展示があると思っていましたが・・・・結局、ほとんどありません。うーん、よくわからない。上杉博物館なのだから、上杉鷹山で一つの展示室があってもいいと思うのですが・・・・。もしかすると特設展示をやっていない時にはそこでそういう展示があるのかもしれません。
 上杉本洛中洛外図屏風と上杉家文書が展示されていました。
1705134
これらは撮影禁止。原本の屏風はたくさんの人がじっくり見ていて余り見ることが出来ませんでした。
 上杉家文書は中身だけではなく全部そのまま残っているので、どのような折り方をしていたかなどもわかり、貴重なものです。それに絡んで色々なおり方を紹介する展示もありました。火縄銃ゲームもあったのですが、おじさんが子供を押しのけてやる訳にはいかず、横から見ただけでした(笑)。
1705136
 特設展示は、戦国時代展。ここは残念ながら撮影禁止です。少々、テーマがぼやけている印象もありますが、個々の展示は面白かったです。中でも興味深かったのは江戸時代につくられた安芸郡山城の模型。古い形式の山城で建物はありません。当時、そういうものがつくられたのですね。これは写真撮りたかったです。途中で展示の入れ替えもあるそうです。分厚く、高価な装丁の図禄が¥2.5kだったので購入しました。雨だったので米沢城そのものは今回は見ていません。今回は偵察ということで後はまた次回。
 帰りは福島市まで一般道で行ってから東北道へ。といっても市街地を出たら事実上、自動車専用道路でした。対面通行で60km/h規制ですが、信号はなく、時間は余りかかりませんでした。その道にほぼ併走する位置に東北中央道だったかな?高速道路が建造中でした。うーん、いるのかなあ?交通量だけ見れば要らない気もしますが・・・まあ、トラックなどはあった方が良いかもしれませんね。やはりの上り下りは結構ありますし、曲率もきつめですから。
 東北道は最後まで80km/h規制。途中で見ると何故か3号線が三軒茶屋先頭に渋滞していて圏央道から迂回すべきか悩みましたが、結局、解消してそのまま帰ってきました。ただ、トンネルの中で工事が始まったので少し渋滞しましたけれど。 走行距離は約1000kmでした。移動がやや多かったので二泊三日のわりには伸びましたね。でも、クーガなので疲れは最低限度、腕も痛くはありません。やはりいいなあ。でも、空調は・・・。今回も途中で曇がなかなかとれなかったりしました(苦笑)。
 後、雨中走行が多かったのですが、ワイパーを動かすと右側の端にしばしばぶつかるようで音がします。毎回ではないのですけど。うーん、気になる。なんとかなるかなあ?ブレードの位置をすらしてみようかな?タイヤは結局、まだ交換する必要性を感じません。来年の車検前かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原城へ

 GW最終日ですね。朝、高速は渋滞していなかったのでちょっと出かけることにしました。今日はこの連休中遠出していなかったフィエスタで、天守閣がリニューアルされた小田原城へ行ってきました。ちょうど藤が綺麗に咲いていました。
170507odc
さすがに人出は多かったです。
170507odc1
天守閣はパネル展示が中心ですが充実しており、見るのに結構時間がかかりました。
 小田原城は何度か災害に見舞われており、宝永二年にも再建されていますが、その時の書状で惣奉行真田六右衛門尹春という名前が(撮影禁止だと思ってので写真は撮っていません)。もしかして、これって、叔父上こと、真田信尹の子孫では??確証はありませんが。なお、そこには、従四位下侍従藤原朝臣兼加賀守大久保長忠とありました。官途と受領名を両方持つこともあるのですね。
 映像も流していましたが、北条のはちょっと。真田丸の後、考証が甘いのが気になってしかたありません。一般的にわかりやすくということだとは思いますが・・・。
 関東大震災で大きく破損し、その後しばらく放置されていたようですね。石垣を見ると下が古く、上が新しいです。
170507odcishigaki
上のが復元された時のものなのでしょうね。
 帰りは東名は海老名と横浜町田ICの間で渋滞の情報があったので圏央道から迂回して帰りました。ほぼ渋滞無く帰ることが出来ました。
 さて、GWもおしまい。明日からまた仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クーガ vs フォレスター

 GWもほぼ終わり、我が家は通常の週末モードです。相方が午前中美容院に行ったので買い物済ませた後、時間があり、某誌でモデル末期だが新型のXVよりも良いと高く評価していたフォレスターを見てくることにしました。教祖様が酷評していたこともあり(後述)、今まで大将に入れてませんでしたが、まあ、教祖様と価値観が違う部分もあるので(特に乗り心地)、実は良いのかもしれません。それにCVTだからのスバルですが、フォレスターにはMTがあります!クーガですら相方は運転しないので、だったら、ファミリーカーがMTでも何ら問題はありません。
 展示車はなく試乗車は特別仕様車のX-BREAKというもの。基本的には見た目の違いですが、シートが撥水加工されたコンビシート(ファブリックだが横部分は合皮)になっています。
170506fssheet
座面は同じなので余り変わらないでしょう。タイヤは横浜。225/60R17。
170506fst
SUV寄りのタイヤかな?M+Sではありませんが。
 まずは義父が乗る後席から。おお、国産車の新車の臭いだ(笑)。そういえば、輸入車はこの臭いがしないですね。足元は広いです。例によってバックレスト寝過ぎていたのですが、これは調整出来ました。起こせばまずまずです。ただ、バックレストの高さはやや低めです。頭上に随分余裕があります。これならもっと高くすればいいのに。まあ、乗り降り考えたらこの高さかなあ?座面は柔らかいのですが、座っていて収まりが悪いです。横の視界は良いです。ガラスが広いです。前方もフロントガラスが広いのでまあまあの視界です。これなら義父も不満は出ないかな?おっと、後席用シートヒーターがついています。てっきり特別仕様車だからかと思いましたが、基本前後についているそうです。ファブリックでシートヒーターは貴重です。調整は二段階だけですが。反面、後席用のエアコン吹き出し口は見当たりません。居住性は余裕があって良いのですが、シートは人によっては相性良くないかもしれません。
 次は運転席へ。やはりシートの座面が柔らかめで、かつ収まりいまいちです。CVTですがパドルはついています。そして、安心のサイドブレーキ。両側電動シートで上げて見るとかなり高くまで上がりました。ガラスが広いこともあり、視界が良いです・・・・が、あれ?上げたら、手が短い私にはシフトレバーがサイドブレーキが遠くなりすぎてしまいました。ステアリングはチルト&テレスコを駆使して合わせることが出来ましたが。更にメーターも見下ろす感じで良く見えません。身体がかなり露出した感じで回りは良く見えますが、運転には向きません。結局、ほぼ一番低い位置にするとしっくりきました。フォレスター現象ですね、これも。
 助手席も同じですが、運転しないのなら、視界が良くて相方受けは良いかもしれません。もっとも何かあるとガラスから身体が飛び出していきそうな位上がってしまうので、怖いと思うこともあるかもしれませんが。シート自体は私にはやはり座面が柔らか過ぎます。相方はどうかなあ?彼女も柔らかいの余り好きじゃないのですが。
 ディーラーオプションのパナソニック製のナビが取り付けられていましたが専用品だそうで左右に操作ボタンが並んでいます。
170506fsnavi
その上にもLCDパネルがあり、温度やら燃費やら色々と表示出来ます。
170506fsmeter2
後で走り出したら、ナビと連動して制限速度も表示されました。サンバイザーは小さめと思ったら横から樹脂の板を引っ張り出せました。こういうのは初めて見ました。
 内装の質感はそれなりです。まあ、Cセグとしては普通かな?加飾は色々ついていますが樹脂などの質感はまあ普通です。値段考えれば悪い訳ではありませんが。
 ルーフレールはオプションだそうです。良かった。使わないから洗車の時に邪魔になるだけなのですよね。これがないとSUVらしくないという人もいますが、オプションが正解だと思います。
 トランクは十分な広さですね。オプションで電動にも出来ます。ただし、MTには設定無し。(^^;まあ、相方でもなんとか手は届くかな?スペアタイヤないようです。

 さて、問題は乗り味です。試乗させてもらいました。シートは一番低くしました。やはり運転するならこれです。アクセルペダルはFRっぽく右寄りに感じます。操作がやりにくいという訳ではありませんが。エンジンかけると最初はアイドルアップしていてやや音量が大きく感じられましたが、準備している内に青LEDが消えて(水温計はありません)、回転が下がると静かになりました。
 Mモードにして発進。敷地から出たら・・・柔らかいなあ。まあ、60タイヤもあるのでしょうが、サスペンションも柔らかめです。結果、動きが大きくめです。もちろん、突き上げは穏やかで、一般的には乗り心地が良いと評価されることが多いとは思いますが、動いは大きめでかつ収まりは余り良くなく、ばたばたまではいかないけれど、私的には乗り心地が良いとは評価出来ません。少なくともクーガの乗り心地の弱点をカバー出来ません、これでは。ボディも緩く感じます。あくまで、「感じる」だけですが。
 買うならMTなので、CVTは評価対象外ですが、やっぱりCVTなので、マニュアルモードでもやっぱりぬめっとしますし、シフトダウンだと今度は妙にエンブレ効く感じです。まあ、CVTですから。ステアフィールもいまいち。軽いし、なんか変な感じ。遊びはないのですけれど・・・インプレッサとも似ているような?これがスバルの味付けなのかもしれません。
 エンジンは2000回転位までだと静かです。加速しようと踏んで回すと急にうるさくなるというが音が耳につきます。良い音とはやはり言えないですね。動力性能は不満はありませんが、余裕もありません。同乗の営業氏によると新型(現行)インプレッサのエンジンは80%新しくなっていて直噴になっているから別物と考えた方が良いとのこと。 
 アイドリングストップは積極的にします。メーターパネルに停止時間と節約した燃料の量が表示されます。
170506fsmeter
へー。前の車が走り出したらすぐ警告してくれます。右折レーンにいて前は右折したものの赤になったのでとまったままでいたら警告されました(笑)。そのうち信号も見て警告してくれるようになるのでしょうね。
 総じて、視界は良いのですけれど、後はいまいち。シートもやはりいまいち身体に合いません。戻ってきて降りたら、少し身体がゆれている感じがしました。気持ち悪くなったりはしませんでしたが。
 MTだとアイサイトなどの先進装備はつきません。自動ブレーキなどはトランスミッションとの協同制御が必要なのでしょうか?それともエンストするのがまずいのか?でも、アイドリングストップすらありません。何故でしょう??まあ、いいんですが・・・。オートマチックハイビームだけは欲しいのですけれど。

 さて、クーガと比べてどうでしょう。クーガの難点はエアコンが弱いのと小回りが聞かないことですが、エアコンは国産車なのでまあ大丈夫でしょう。最小回転半径は5.3mとこのクラスにしては小さく良好。幅も1795mmと少し狭いのでクーガよりは取り回しは楽でしょう。ファブリックシートでシートヒーターがついているのもいいですね。CVTは駄目ですが、MTがあるのは良いです。 しかし、それ以外の乗り味はシートとの相性含めてクーガ圧勝。という訳で、良い部分もありますが、とてもクーガには勝てません。残念。フルモデルチェンジすれば乗り味は良くなるかもしれませんが、CVTだけになるでしょうから、厳しいです。

 フォレスター現象とは?簡単に言えば、インプレッサを底上げしたのがXVで、更に屋根も引き上げたのがフォレスターです。上げ底による局所剛性の低下により、色々と起きる現象です。SUVにはこれに近い成り立ちをした車は他にもあります。最近の記事では、ティグアンもそうだと教祖様(福野礼一郎氏)はそう評価していました。また、頭上に余裕はありますが、シートとインパネ、ステアリング、レバーなどなどの関係は基本的にはインプレッサのままですから、シートを上げるとドライバーだけが上に突出してしまいます。クーガはそういうことはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高射砲?

 今日も高速の渋滞は酷かったですね。まあ、午後の上りはGWというよりも普通の週末程度のようですが。という訳では今日は電車で出かけて車には珍しく乗りませんでした。まったく車に乗らない日というのは珍しです。
 夕方、TVを見ていたら、2010年に韓国・延坪島(ヨンピョントウ)を砲撃した部隊を北の若旦那が視察したというニュースをやっていました。でも、映像に映っていたのはどうみても高射砲。見たのはNHKですが、
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170505-00000020-jnn-int
これと同じ映像でした。これって、懐かしのソ連製85mm高射砲では?(^^;まさか、現役高射砲じゃないよなあ。数撃ちゃ当たると言ってもさすがにねえ。高射砲としてはお役御免になったのを沿岸砲に転用したかな?小艦艇用にはこれでも有効でしょうし、もし上陸してきたらその迎撃にも使えるでしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリーゼSC試乗

 今日は高速道路の渋滞は酷かったですね。午後には上りの渋滞も。という訳で遠出せず、近所にいっただけでした。夕方はピー三郎の洗車を。先日雨に降られたのでかなり汚れていました。
 さて、その「先日」にオーセンさんに行った時に色々会話して、エリーゼSCの試乗車を下ろしたから乗ってみませんかとお誘いを受けたのでお言葉に甘えて試乗させてもらいました。
170501elise
これが1日の「寄り道」です。SC付きのエリーゼ系の車は生まれて初めてです。ドラポジはいつものごとく・・・なんですが、あれ?クラッチが近い?ストロークが短い?なんでも、長すぎるのでストッパーつけて短くしているそうです。おやまあ。うーん、だいたい問題ないのですが、いつもの半ノッチよりも今度は少し近すぎるような?まあ、他の車と比べると問題はないですが。
 キーをひねってからスタートボタン・・・って、やっぱりなんか変(苦笑)。だったら、スタートボタンやめてそのままエンジンかかった方がいいのに。クラッチは踏まなくてもいいそうです。あら、そうだったんだ。気がつかずに踏んでました。
 さて、発進。まあ、エリーゼなのでクラッチミートだけでするすると発進出来ます。エリーゼにしては950kgと最重量級ですがそれでもAWやZZWの前期型と同程度。1.8L NAなら問題なく発進出来ます。走り出すと何故かステアフィールが先日のエリーゼ・スポーツと違います。こちらの方が重たく感じられます。路面のうねりでこぼこを拾うのは似たようなものですが、S2(エアバッグ無し)にまだ近い感じです。これなら許容範囲内かなあ?後で聞いたらどうやら空気圧が違うようです。先日のはどうも高めになっていたのではないかと。エリーゼに乗ったことがないような人というかパワステがついていない車に乗ったことがないような人が乗った時にハンドルがなるべく軽く思えるように高くしているのではと。こちらは逆に社長の好みでやや低め。結果、重たくなっています。なるほどね!
 乗り心地も空気圧のせいなのかははっきりしませんが、ちょっと違います。S2に近い感じです。乗り比べたらS2の方が良いかなとは思いますが。無論、エリーゼですから、路面変化を拾って車は上下に動きはします。でも、それほど不快ではありません。今回は高速試乗させてもらえたので東名へ。
 踏んでいったら・・・・あれ?なんか余り速くないです。SC付きで220ps、250Nmなので、馬力荷重が4.3ps/kg、トルク荷重が3.8Nm/kgとスゴイ値のはずなんですが(我が家のピー三郎は馬力荷重5.1ps/kg、トルク荷重4.8Nm/kg)、なんかそこまで感じません。うーん、何故でしょう?ターボじゃなくSCですからね。踏みつけ度合いによりそう極端には違わないと思うのですが。
ギヤ比もピー三郎よりは低いですから、もっと速いと思っていました。2速で上まで引っ張ってみたら5000回転位からトルクが出てきました。で、6500回転でシフトアップの警告。あわてて3速に入れたらうまく入りませんでした。(^^;街中走っている時も発進しようとしたら1速から抜けたりして、要調整のようです。うーん、なんだろう?中低速重視型エンジン+SCなのでどちらかと言えば下からトルクモリモリだと思っていましたが、回さないとトルク感じません。不思議です。なんででしょうね??回せば遅い訳ではないのですが、今度はすぐレブリミットに到達してしまうのでちょっとストレス感じます。981ボクスターはギヤ比が高すぎてなかなかレブリミットまで回せない(回す場所がない)のですが、こっちはトルク出てきた!と思ったらリミッターです。
 エンジン音は街中だと低速中心、回しても普通で、残念ながら、これもまた、良い音、とは言えません。ここはS2の2ZZとは比べものになりませんし、音だけなら1ZZの方が良いです。そういうエンジンが入手出来ないので仕方ありませんが。
 高速巡航するとジョイントを乗り越えると当然、突き上げられます。ただ、収まりは981ボクスターよりも良い気がします。一般的に言えば乗り心地は981が良いという評価になるでしょうが、街中の印象よりはずっと良いです。ただ、S2にはやはり少し劣る気がします。ステアリングは色々伝わってきますし、ごしょごしょ動いています。まあ、これはこんなものでしょうね。これは普通のSCなので、先日のSPORTとはサスペンションは異なっていると思われますが、従来型の方が良いのかなあ?
 コーナリングうんうんというほどの試乗ではありませんが、高速入り口の曲がっている部分での感じだとS2と比べて特にリアが重たくは感じませんでした。大人1人くらい重たくなっている(全部がリアでなにせよ、過半はリアのはず)のですけれど。この辺はさすがロータス?S2に乗った時には追い込んでいくとリアが重たく感じましたが(比較対象はS1の111S)。
 ロードノイズだ風きり音だは盛大にしていますが、まあ、でも、エリーゼ一族としては静かな方かな?あ、静かは言い過ぎですが、音量は相対的には低めです。無論、ボクスターの方が静かですが、ボクスターはボクスターで必ずしも静かという訳ではありませんので。
 高速巡航を続けるとやはり疲労はボクスターよりもありそうです。ただ、これならかなりS2に近いので全体的に見て許容範囲内だと思います。ただ、エンジンフィールは・・・・音とそれともっと回りそうなのにレブリミットに到達してしまうのが。これなら、全体的に遅い1.6の方が結果良いのかもしれません。エンジン、エンジン、エンジンです。とはいえ、エリーゼにつめそうな高回転がエンジンはもはやほぼありませんから(敷いて言えばNDのあの1.5Lエンジン)、いっそ、エコブーストのような3気筒ダウンサイジングターボを搭載した方が良いのかもしれません。

 その後、今度は社長にボクスターに乗ってもらいました。2人でエリーゼとボクスターの比較です。3000回転未満でのエンジンのレスポンスとトルクの出かけたが良いということと直進安定性が高く、ほっとくと直進するという2点を感心していました。ただ、回してもらうといつも思ってる中間の不満は確かにあるにはあると。ただ、普通に走っている限りは音も良いし、トルクもあると。私みたいにぶち回すから不満がでるのかなあ。まあ、でも、そのためにわざわざ981を買ったのですからね。
 乗り心地の不満ですが、確かに段差乗り超えたり轍でリアの動きは多いと。ただ、その時でもフロントは安定していて何事もなかったように走るのと高評価です。なるほど。それからドラポジは987よりも良くなったとのこと。これは確かにその通りです。全体的に見て987よりもずっと良いとのことです。ただ、日本で普通に高速巡航すると不満がでるというのは理解出来るとも言ってもらえました。やはり200km/h巡航する車であって100km/hでは役不足なのでしょうね。

 こう比較すると微妙です。エンジンはトルク感含めて981が優って感じられます。うーん、エリーゼSCはやはり難しいかなあ。エリーゼだとやはりS2のRかあな。エアコン無しを選べる体力・生活(夜走りにいけない)ではないので、S1はやはり厳しいでしょうね。UKでは軽量化されたSPRINTというのが出たようですが、41kgの軽量化だから、車重はエアバッグ無しのS2位かな?。
https://www.autocar.jp/news/2017/03/20/211888/
 少なくとも日本に導入されたらそんなものでしょうね。乾燥重量798kgだそうですが、S1初期型は確か乾燥重量で700kg弱だったと思います。車検証重量はS1の111Sで770kg、S2のRは880kgでした。エアコンがついているかよくわかりませんが、ついていないとすると日本仕様は860kgから870kg位でしょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もAW出撃

 いやあ、高速道路の渋滞はさすが連休初日、凄かったですね。東名下りは昨夜から大渋滞。反面、夕方に見た時には解消していましたが。さて、東名は避けて三浦半島へ行ってきました。
170503aw
いつものようにお昼を食べて、野菜を買って、ドライブして帰っただけでしたが。一部渋滞したものの往復の横横などは渋滞はありませんでした。
 慣らしが終わったタイヤの調子は上々です。AWはいつの頃からか高速走行中にステアリングに振動を感じるようになっていましたが、タイヤ交換後、その振動が出る速度領域がかわりました。前よりも10-15km/hほど低くなってしまいました。反面、渋滞振動が出ていた速度領域では振動が減りました。タイヤが変わって重さが違い、固有振動数が変わったからでしょうか??
 交換後、初めて乗った相方の第一印象は、硬い、でした。そうかな?確かに柔らかくはないですね。ルマン5は柔らかいらしいですが。
 多少、コーナリングっぽい走りもしましたが、コンフォート系タイヤですが、特に不満は感じません。
 本日は130kmほど走行。最近、AWの稼働率が上がっています。と言っても梅雨時になったら一ヶ月位寝てしまいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AWのタイヤ交換

 今日も相方は可哀想に仕事。私はタイヤ交換前にAWで宮ヶ瀬行ってみました。
170502aw170502myg
AWはたらたら走っていても楽しいので、ストレスが少なくていいです。仮に遅い車につまっても音で楽しめます。これを超えるのはビートだろうなあ。ビートならそれこそ30km/hでもスポーツ走行の雰囲気を味わえるから(笑)。
 それなりのペースなら今日交換する古いタイヤでも特に問題を感じません。走っている限りではまだ交換しなくても良いのではないかとつい思ってしまうほどです。でも、ちゃんと見ると結構ひび割れが出てきていますし、溝もさすがにへってきているので交換時期は過ぎています。AWはタイヤ依存性が少ないです。
 一応平日で時間が早かったこともあり、鳥居原の駐車場はすいていました。余り面白い車、古い車はいませんでした。残念。ぽつぽつそれらしい車がきましたが。エリーゼとか718とかNDとか。顔見知りの車はおらず、交換には時間がかかる(過半は作業着手前の待ち時間ですけれど)のでお昼前に交換へ。
 予約を受け付けてくれないので待つしかないのですが、GWとはいえ、一応平日、普段の週末よりも来客数は少なく、思ったよりも早く終わりました。待ち時間含めて一時間ちょっとでした。せっかく持って行った本を余り読む時間がありませんでした(笑)。
 新しいタイヤもダンロップのルマンです。
170502awkm170502awkm1
最新の5・・・ではなく4です。理由?5に185/60R14が設定されていないからです(苦笑)。2017年7週生産品。
170502awkm2
パターンを比較すると雰囲気は似ているかな?
170502awlmcomp
でも、古いのは縦溝3本ですが、新しいのは4本になっています。
 さて、走り出した第一印象は・・・ほとんど交換前と変わりません。ただし、少しハンドルが重たく感じました。普段はタイヤ交換すると軽く感じるのですが、今回だけは違いました。何故でしょう?やはり古くなってタイヤのグリップが落ちていたのでしょうか??それ以外は乗り心地はほとんど変わりません。ふむ、やはりAWはタイヤ依存性が低いからかな?
 タイヤの慣らしで走り回っていたら次第になじんできたら次第に良い感じになってきました。乗り心地が良くなってきました。路面変化で大きく突き上げられた時には抑えきれないのはタイヤとは関係無く、サスペンション・ボディ側の問題でしょう。やはり交換した効果はあったようです。まあ、後は慣らしが終わってからですね。
 なお、静かさが売りのルマンですが、元々がルマンであったこともあり、余り変わった気がしません。まあ、4と比べて5は静かになったと評論家の先生方が言っているので、4ならこんなものかな?元々AWはうるさい車なのでタイヤに起因したロードノイズの占める割合は少ないでしょうね(苦笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピー三郎、雷雨の遭遇

 相方は仕事なので1人でピー三郎に乗ってお山へ。しかし、谷間とはいえ、半分休日モードで車、バイク、自転車、更には走っている人?までいて賑わっていました。富士山は休んで見ません。
170501p3
残念。CR-X(ZCのSi!)、SWの3型GT-S、NAと若かりし頃の車に乗った若者集団と遭遇。
170501p3crx
若者はこうでなくっちゃ・・・・が、今、あの位の年代が買えるスポーティーな車は余りありませんね。86もNDもちょっと高いでしょう。それに比較的小型のFFとなると意外にもほとんどありません。FRの方がまだある位で。スイスポ位でしょう。ヴィッツRSやフィットRSもCR-Xと比べると普通の車に過ぎませんし。まあ、NISMOが後あるか。私が今、二十歳台でFFを嫌わないのなら、先代スイスポの中古一点張りでしょうね、国産車だと。まあ、輸入車も無くは無いですが、値段は高いし、あってもターボ。昔はたくさんあったテンログのスポーティーな車はほぼ絶滅してしまいました。NDのエンジンをデミオに搭載したのをマツダは出さないのかな??
 幌を開けて走っていたら急に空気が冷たくなり、あ、やばい、降り出す、と思ったらぽつぽつ来ました。こういう時に50km/hまでなら幌の開け閉めが出来るボクスターは便利です。閉めて引き上げました・・・が、小田原厚木道路に入った位から土砂降り、それと雷。
170501p3rain
目の前で横へ何度も稲光が!トイレに行きたくなったものこれではPAにとまっても車から出られません(苦笑)。結局、海老名SAまで行ってしばらくまっていたらようやく弱くなってきたのでトイレに行けました。ふー、予報通りと言えばそうなんだけど、ちょっと早かったような?
 その後、大和トンネル手間で急に前がとまって渋滞。あー、ぶつかったなあと思ったらやはり追突事故でした。追突した方はフロントがかなり壊れてました。直るかなあ?どうだろう?それから寄り道(この話はまた後日)してから、相方を迎えに。3号線下りがいつものように渋滞しているのとお腹減ったので夕食を食べて帰りました。機械式パーキングにとめたのですが、ドアミラーを畳んで下さいと言われて・・・あ、どうするんだっけ(爆)。窓を開けて触ったら・・・手動で畳めました。すみません、電動でないのでと。左は係の人に畳んでもらいました。そういえば、987含めて機械式パーキングにとめたの初めてかも?ドアミラーを畳んだのも初めて?ボクスターで電動でないのに驚いていましたが(苦笑)。まあ、エリーゼだとそもそも畳むという機能すらありませんが。もっともあれは奥まっていてドアミラー部分幅がないので畳む必要はありませんが。
 帰りも急に渋滞。まあ事故かあと思ったらトラックの故障車でした。やれやれ。首都高は何かあるとすぐ渋滞だよなあ。相方の希望でオープンにして走って帰りましたが、うーん、やはり開けていた方がバランスがいいかなあ?昼間も開けたり閉めたりしていましたが・・・。なお、やたら風が巻き込むなあと思ったら横風でした。(^^;
 本日は330kmほど走行。結構走りました。明日は、AWのタイヤ交換に行かないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »