« 今日もAWでお出かけ | トップページ | ピー三郎のお山散歩 »

残念な記事

 オートカーは紙媒体の時から愛読していて他の車雑誌よりは印象良かったのですが・・・今回の以下のMR2(AW)の記事は極めて残念でした。
https://www.autocar.jp/column/2017/04/23/217649/
 きちんと、前に荷重移動しないとアンダーステアが出るのは電子制御が普及する前のMRに共通する挙動でしょう。そうでない車が無かったとは言いませんが、それは気を許すとオーバーステアが出る車でしょう。運転したことはないので、伝聞に過ぎませんが、ランチャ・ストラトスはそういう車だと思います。電子制御が入っていない最後の世代(厳密のはその後も少数生産車にはありますが)はエリーゼでしょうが、そのエリーゼにしてもアンダーは出ます。ニュートラルよりでちらちらオーバーが顔を覗かせはしますが。
 「それを更に無理矢理こじってしまえば、スピンアウトが待っていた。」AWに関して言えば、アンダー出た後にこじったらスピンって、いったいどういう運転をしたのでしょうね?そもそもちゃんと運転したことあるのでしょうか?著者は私よりも年上なのでAWが販売されていた当時に運転していてもおかしくはありませんが、自分で運転した経験を元にこの記事を書いているのか非常に疑問です。「無理矢理にえいやっとコーナーを曲がるスタイル」という運転をすれば、電子制御が普及した今の車ならともかく、その前の世代の車なら、MRだろうとFFだろうとFRだろうと4WDだろうとまともに走らないでしょう。 
 「本当にミドシップらしいコーナリング・マシンになるには、次のSW20型、それも後期型まで待たないといけない」と思うとしていますが、著者はAWとSWにちゃんと乗って比較しているのでしょうか?SWはエンジンが後軸上に傾けられており、MRと言いながらRRよりの車です(RRと呼ばれている現行トゥインゴと大差ありません)。重心も高く、素性はそれほど良くありません。1型に試乗したことはないので、本当のところどれだけ1型が酷かったかはわかりませんが、まあ、トヨタが改良していったのは間違いないでしょう。我が家にいたのは4型で足回りは熟成されていたと言っても良いとは思います。確かにAWほど荷重移動に気を遣わなくても入口でのアンダーは出にくいです。が、アンダーステアに陥れば車全体がアウト側へ膨らんでいきます。AWはそうはなりません。アンダーが出てもそこからまだ舵が効きます。切り増せば車は曲がっていきます。
 またAWは運転者を中心に曲がっていく実にMRらしい挙動を味わせますが、SWではその感覚が得られません。重心は後ろよりにあります。また、車が重たいこともあるでしょうが、タイヤの依存性が高いです。また、ダンパーがへたってくるとSWは街乗りでも怖い位挙動が乱れますが、AWは平気です。これは素性の違いでしょう?車が軽く、横置きMRとして重量配分も良く(極端にリアが重たくない)、また重心も低いと宣伝された86よりも低いのです。素性が悪い車をタイヤの力も含めてなんとか走らせるように仕立てたというのがSWでしょう。SWはABSはありますが、姿勢制御はついていない時代です。それを考えるとトヨタは良い仕事をしたとは思います。
 AWは時代的に前後同サイズなのが問題だという人もいますが、私は公道からミニサーキットでならこのままで不満はありませんし、問題も感じません。SCならリアを太くしたいかもしれませんが、NAならこれで十分です。
 SWがAWに勝っているのは動力性能とブレーキでしょうね。スポーツABSは今でも素晴らしかったと思います。あの時代のABSであの出来はなかなかのものです。当然、NAでも排気量が大きく、馬力トルクとも勝っていたので、速さはSWが圧倒しています。日光サーキットで私が運転してSWはAWよりも2秒から3秒速いですから。40秒台のラップタイムでの2秒3秒差は非常に大きいでしょう。
 でも、ある意味、速いだけ。AWほど楽しくはありません。何せ、4AGEと3SGというエンジンの違いがあります。性能は良くても音とフィーリングでは4AGの敵ではありません。ステアフィールもAWの圧勝でしょう。
 だからAWはまだ我が家にいて、SWは旅立っていったのです。

 そういえば、AWには確かロータスというふりかけがかけられていましたよね。安定志向にすべしと言ったものロータスじゃなかったかな?ま、公式発表している話ではないのでいいのですけどね。

 この記事そのものはAWをけなしている訳ではないのですが、事実誤認、見識不足に我慢が出来ませんでした。既に指摘あったようで訂正されている恥ずかしいミスもありましたが、訂正済みなのでそれについては触れません。まあ、時々そういう恥ずかしいミスをしている編集者や自動車評論家はいますけれど(苦笑)。そういえば、最近、現行X1をFRだからうんぬんと書いている人がいたなあ(苦笑)。

|

« 今日もAWでお出かけ | トップページ | ピー三郎のお山散歩 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

こんだけ熱く語っておられるのに、なんで本質突けないんでしょうか…
こういうウンチクが趣味だからかな?やっぱ趣味だからだろうなw

一度か数回乗っただけの車であれだけの試乗記を書いて乗り心地はどっちが勝ち!
とか言っちゃってますが、肝心の空気圧調整して乗り心地の変化を感じたりタイヤ銘柄での考察がなかったりいろいろ抜け落ちてるんだよなぁ。
いろいろ暇な時に他記事も読ませていただきましたが、ディーラーからの借り物+素人さんの限界なんでしょう。
タイヤの空気圧イジってみてくれだとか、そんな厚顔すぎるお願いなんて普通できないでしょうし。=何を書いても検証不足+中途半端って事です。
試乗車はディーラーが管理してるんだから万全でしょ?と思われるかも知れませんが、トンデモ空気圧でなんじゃこれ!!って事なんてザラですよ。
ディーラー試乗車だけじゃなく、メーカー広報車ですら…ね。
ディーラーの試乗車なんていわずもがな。
また、無茶する試乗者もいらっしゃって試乗車のコンディションとしては例え走行3000kmとか程度しか走ってなくても3年オチ3万km走った中古車の方が程度良かったなんてケースも割とザラですよ。
特に雑誌取材とかで広報車として貸し出したりする関東方面のディーラー車に関しては。
私自身の経験としてなんでこんなに試乗車のすわり(安定感や落ち着きと言った方が良いでしょうか)が悪いんだ?
ひょこひょこ、ちょろちょろ動いて乗り心地も悪いなこれは。
イマドキの車として有り得ないほど悪いなぁと思ってGS寄って空気圧だけサッと見てもらったら空気圧パンパンだったwとかありましたよ。あなた程の試乗数をこなしてませんが。
それとイマドキはネットも普及してこんな事は有り得ないでしょうけれども、某走りが売りの高級輸入車に試乗した際にサスペンションの特性と試乗車が履いてるタイヤの相性が良くない。
なんでコレなの?こんなちぐはぐな設定で納車してるの?って営業マンに聞いたら「本国仕様は別銘柄のタイヤです。お客様の様にこだわる方には無償で本国仕様と同じ銘柄(タイヤ)で納車しております」
なんて聞いた時は激怒しましたよw
日本人馬鹿にしてんのか!最初から本国仕様と同じ仕様で納めろよってね。
勿論、そんな舐めた会社の車は生涯一度も購入しておりません。
現在はそんな噂すら聞かないんでまっとうな商売しているでしょうけれど、とても嫌いになったんで絶対にそこの車は私は買いません。
あなたは気付かれましたか。タイヤ銘柄の違いによる、セッティングの違和感。
恐らく一度ならず試乗されてるメーカーと車種です。年式的にも必ず一度以上は触れられておられるだろう車種ですし、グレードです。

新型のエリーゼとエキシージの試乗記も失笑モノでした。
ここでこれだけ後軸荷重の事とか重心に触れてるのに、何故エキシージとエリーゼの試乗でそれらの違いがもたらす街乗り程度でもわかるだろう
挙動だとか操安性がまるっきり記事から抜け落ちていたのでしょうか。
その程度ならあそこまでの断定してる書き方は辞めて欲しい。
勘違いする人も出てくるでしょう。間違いなく。

お金取って責任ある記事書いてないと言われればそれまでですが。

投稿: ほうほう | 2017年4月25日 (火) 09時25分

MOYさんの記事はプロが書いた記事よりも参考になります。
いつも試乗記を投稿してくださってありがとうございます。


投稿: 愛読者K | 2017年4月26日 (水) 00時26分

ほうほうさん、
 意見は賜りました。あくまで個人の感想です、では駄目ですか?人により受け取り方は違うと思いますし、求めるものも違うと思います。「挙動だとか操安性」については、それがわかる試乗でない限り、余り述べていません。普通の試乗でわかるのは、街中での「乗り心地」と操作性、シートとの相性を含む居住性くらいですから。
 タイヤで車が変わることは確かにあるでしょうし、タイヤの銘柄違いで違うと感じることもあります。空気圧も大事でしょうね。とはいえ、普通の試乗でそこまでは無理です、残念ながら。

投稿: MOY | 2017年4月28日 (金) 23時33分

愛読者Kさん
 過分なお言葉ありがといございます。私の基準は世間よりもずれていることも多いので(ゴルフ7系を悪くいう人はほとんどいないけど、私は良いと思えることがほとんどない)、どれだけ参考になるかわかりませんが。

投稿: MOY | 2017年4月29日 (土) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念な記事:

« 今日もAWでお出かけ | トップページ | ピー三郎のお山散歩 »