« ピー三郎のお山散歩 | トップページ | クーガ vs ジープ・コンパス »

トゥインゴ ZEN MT試乗

 MTがカタログモデルになったのですが、まあ、試乗車は無いよなあと思っていました。何せ、ニッチです。が、しかし、さすがルノー!ありました。(^O^)
170420twg
という訳で、試乗させてもらいました。タイヤはダンロップ。sport bluresponse。
170420twgt
前は165/65R15、後は185/60R15です。ZENなので、アルミではなくスチールホイールで、オートライトとかオートワイパー、オートエアコン、バックソナーはついていません。エアコンはどうせ手で操作するので問題はありません。オートライトだけは欲しかったですが。何故かMTですが、クルーズコントロールはついています。まあ、高速道路なら使えるかな??ATでもトップギアに入れている時にしか使わないので。
 後はほとんど同じ。シートは基本同じです。
170420twgsheet170420twgshift
ペダルは今時の車にしては左へオフセットしています。
170420twgpedal
これはRR(といっても、ほぼMRだと思いますが、メーカーがRRだと言っているのでRRとしておきます))で着座位置が前進しているためのようです。MRも似たようなものなのでこれも問題はありません。強いて言えば、フットレストが無いどころか、左足の置き場がありません(笑)。クラッチペダルのすぐ左側に壁があります。高速巡航するとどうでしょうね。まあ、床に足をおけば良いのでしょうが。普段はどうせすぐクラッチ踏めるようにかかとをつけて左足はクラッチペダルの前においてありますから(他のMTでも)。
 NAで馬力、トルクが低く、ステアリングも可変ギアレシオではありません。一番期待しているのはこのステアリングです。DCTは軽くて変な感じがしましたから。クラッチは軽いです。やや近く、クラッチに合わせるとアクセルとブレーキがやや遠くなってしまいます。悩んだ末、アクセルとブレーキに合わせて、クラッチは我慢することにしました。
 エンジンをかけるとやや振動を感じます。うーん、DCTだとここまで振動を感じなかったのですが・・・。スマートのフォーツーみたいです。何故でしょう?心もち、音も大き目。エンジンが違うせいかもしれません。
 さて、発進。少し道路に対して下り坂になっていたのでクラッチつないだだけでするっと発進出来てしまいました。信号でとまって再度発進。アイドリングだけで発進させようとしたらちと苦しく、アクセルも少し踏みこみました。低速トルクが不足しているというよりもクラッチの感覚がよくわからないのが問題です。後半は少し慣れました。
 2速、3速とある程度回して(タコメーターがついていないので回転は不明)、シフトアップしていくと発進時の頼りなさと違って普通に走ります。3速で踏み込んでも相応に加速します。発進を除けば別に問題は感じません。まあ、スマートもそうでしたからね。
 エンジン音はスマートで感じたほど良くはありません。いやな音ではありませんが、良い音とも言えません。音量もやや大きめ。スマートの方が遮音材の類が多いのかもしれません。うーん、期待外れです。スマートは音が良かったんですが・・・・。ああ、酷い訳ではないですよ。アイドリングストップが作動してエンジンが停止する際に最後に振動が出て、ああ、そういえば、3気筒エンジンだったと思い出した位で、振動も少ないです。あくまでスマートと比べて好みの音ではなかった、というだけです。
 さて、問題の乗り心地ですが・・・残念ながら良くありません。DCTよりも全体的に柔らかく感じられ、動きが大きいです。絶対的にホイールベースが短いこともあり、路面が荒れているとそれに合わせて車が上下左右に動きます。また、ステアリングから変な振動も伝わってきます。まるでタイヤにフラットスポットが出来ているかのようです。ステアフィールもDCTと比べて良くありません。やはり軽いです。頭が軽いので仕方ないですが。ボディ剛性感も低く、全体的に車が緩く感じます。 
 車は軽いので、軽快感がない有ると言えばあります。が、なんというか、古いというか、懐かしい感じ。昔の1-1.3Lのハッチバックの車っぽいです(ヴィッツじゃなくて、スターレットの時代。輸入車だと206)。先代トゥインゴも似た感じでしたが、あちらはもう少し脚が硬く、跳ねるもののボディ剛性感はもう少し高かったように思います。後ろが重たいのが裏目に出たのでしょうか??
 それにしてもDCTと比べて乗り心地が悪化しているように感じられたので、比較のために続けてDCTも試乗させてもらいました。こちらはインテンスです。
170420twgdct
ホイールはアルミですが、タイヤの銘柄サイズは同じです。
170420twgdctt
さすがにターボ付きは余裕があり、NAでも不満はないかなと思っていましたが、発進は力強いです。ただ、2速3速とシフトアップしていくとあまり差はないようにも思えます。もちろん、こちらの方が速いですけれど。
 乗り心地は・・・うーん、こちらの方が良いですね。脚がやや硬く感じられ、動きも抑えられています。ボディ剛性感も何故か高く感じます。大きな違いはバネ下荷重とターボとDCTの分リアが重たいことなんですが・・・。フロントの変な振動もありません。これは本当にタイヤかなあ?見た目、フラットスポットは出来ていませんでしたが。ただ、最初に試乗したキャンバストップと比べると乗り心地が悪い気がします。あの時、うっかりタイヤを確認し忘れたのですが・・・。ミシュランとダンロップの少なくとも二種類あるようですが、あれはミシュランだったのかなあ??今となってはもうわかりません。
 もちろん、差があるといってもそんな大きな差ではないです。ただ、比べるとターボのDCTの方が良かったです。パワートレインが重たくなる分何か補強が入っているのかもしれません。
 うーん、残念ながら、厳しいです。RSは排ガスやCO2などの規制絡みでキャンセルされてもう出ないそうですが、GTは年内に導入されるそうです。17インチホイールかもしれないそうですが・・・・MTなら、それに期待するしかないですね。でも、ターボなんですよね。うん?ターボだと何がまずいのかって?だって、何度も書いているように私の趣味車の条件は、右ハンドルMT、前輪を駆動せず出来たらMR、NAで高回転(目安は7500)まで回せて、大きくない車、ですから。トゥインゴのMTなら、「高回転まで」を除けばぴったりでしょう?そう、何のために試乗に行ったのかと言えば、ピー三郎の代わりの趣味車候補としてです!ボクスターと比べるな!と言われそうですが、軽自動車だろうと四ケタ万円の車だろうと評価基準は同じです。でも、残念ながら、ボクスターが圧勝してしまいました(当たり前だろうと言われるでしょうが)。

|

« ピー三郎のお山散歩 | トップページ | クーガ vs ジープ・コンパス »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゥインゴ ZEN MT試乗:

« ピー三郎のお山散歩 | トップページ | クーガ vs ジープ・コンパス »