« しかみ像 | トップページ | ディスカバリー・スポーツ試乗 »

エリーゼ・スポーツとエキシージS・ロードスター試乗

 ようやくエリーゼ・スポーツの試乗車が入ったので試乗させてもらいました。ついでにというと変ですが、比較のためにエキシージSにも試乗させてもらいました。確認したい点は以下の三つです。
1.ステアフィール
2.乗り心地
3.エンジン音
  今の顔(私はシリーズ3=S3と呼称)になった時に試乗させてもらった時にステアフィールがおかしく、2ZZ搭載の3SのRの新車を断念して中古のS2のRを選びました。なので、そこが一番気になります。「スポーツ」がついたのでサスペンションの設定も変わったそうですから、それにより乗り心地がどうなったかが次に気になります。そしてもちろん、エンジン音も。まあ、エリーゼはこれは変わりようがないと思いますが、一応。どちらかといえばエキシージSのエンジン音がどうか?が確認すべき点でしょう。

 まず、エリーゼから。
012217e1012217ert
「スポーツ」が従来のモデルとの違いはシート(四点用の穴が開いた確固良いやつ)と内装(ダッシュボードやらシフトレバーの付け根やら内貼りやらがレザー?)、それにサスペンション設定が名前通りスポーツになっているそうです。
 エンジンは変わらず1.6Lの1ZR-FAE。外で聞いているとアイドリング中音は結構しています。前はどうだったか覚えていませんが、まあ、気にもしていないでしょう(笑)。乗り込んだら、いつものエリーゼ。えっと乗り込むのは3年ぶり位?でも、問題なくすんなり乗り込めました。
 ポジションもすんなり出ます。何度も同じことを述べていますが、クラッチの位置だけ半ノッチずらせると本当にぴたりなのですが、事実上は問題ありません。これ以上、ポジションが合う車はそうそうありません。やや振動を感じますが、エリーゼなので普通です。(^O^)視界も実用上の問題はありません。
 とりあえずクラッチをじわっとつないで発進。さすがに低速トルクは豊富とは言えないのでポンとつないでことこと走り出すという訳にはいきません。ベースモデルとしてはエリーゼ史上最重量級(900kg)でトルクは排気量・トルクは最低(従来は1.8Lだった)ですから仕方ありません。とはいえ、あくまでエリーゼ一族としてみればという話であり、自動車として見れば、依然軽量級ですし、発進に気を遣うようなものではありません。ああ、クラッチは軽いです。
 走り出したら・・・残念ながらやはりステアフィールはおかしいです。あの時のあの個体固有ではなく、S3に共通した振る舞いなのでしょう。S3のRを選ばなくて正解だったと思います。どうおかしいかというと、なんというか、手ごたえが変としか表現できません。自然ではなく違和感がある手ごたえです。重いとか軽いではなく、引っかかるというか、とにかく変な手ごたえです。S2以前は運転したことがあるエリーゼは全て問題ありませんでした。正直これだけで、エリーゼ・スポーツは無理だと思いました。
 乗り心地は・・・うーん、こんなものかなあ。路面の応答に応じて車は動きますし、突き上げは強めです。特にリアの動きが大きいように思います。「スポーツ」のせいというよりもタイヤが硬いような気がします。まあ、敢えて擬音化すると前は「ガツン、ガツン」で、後ろが「グァオン、グァオン」という感じです。S2のRだと「ガン、ガン」、S1の111Sは「ガッ、ガッ」という感じでした。
ただし、乗っていて気持ち悪くなったり、疲れたりする感じはしません。長時間乗ったらわからないですが。S2のRと比べてどうなんだ?と言われると・・・うーん、S2の方が良かったような気がします。
 動力性能は数値からして大したことはなく、MR-Sとそう変わりません(軽い前期型ならほぼ同等)。とはいえ大人二人乗っても不満はありません。必要にして十分でしょう。ただ、音はやはり「良い」とは言い難いです。聞くに堪えないような嫌な音ではありませんが、好みで言えば、1ZZ-FEの方が良いです。少なくとも「音」で選ぶようなものではありません。
 1速で上まで回してみました。すると同乗の営業氏に6500回転まででと制止されました。はあ?6500??何それ?カタログには7000って書いてあるし、1ZZだって7000弱回せたよ??え?スポーツモードだけ?常用は無し?はああ??という訳で、終了、です。1ZR-FAE搭載エリーゼは私には買えません。6500で終わりなんて、そんなのNAエンジン搭載のスポーツカーじゃないでしょう。スポーツモードを試す気力も無くなりました。ただし、後から見ると最高出力は6800回転で発揮することになっているので、営業氏の勘違いかもしれません(エキシージSのV6と混同した)。
 ブレーキは特に違和感ありません。シフトフィールも良好。これはS2と同じ。好みあると思いますが、私は981よりもこっちの方が好きです。視界なども普通。シートも良好です。ま、普通のエリーゼのシートでも私は昔から問題はないのですけどね。戻ってきて車から降りても、気持ち悪いとか腰が痛いとかそういうことはありません。ただ、腕だけ少し疲れました。久しぶりにパワステ無しの車を運転したから・・・ではありません。ハンドルの重さ、という点だけで言えば、AWの方が重い位なんですけどね。ああ、後、S3からウインカーの表示が左右分離されたかわりに音が出なくなっていますが、これも同じでした。左右同じ表示で音が出る方が私はいいです。

 さて、次はエキシージSロードスターです。
012217ex1012217exft012217exrt
こっちはダッシュボードなどの革張りはありませんが、シフトレバーの付け根はファブリックが貼られていて樹脂むき身だしではありません。シートも従来型です。乗ってしまえば、エアバッグ付きのエリーゼそのもの。
 ただし、エリーゼはエンジンをスタートボタンでかけますが、これはキーをひねる旧来のものでした。エリーゼのスタートボタンがついている場所にスポーツとツーリングの切り替えスイッチがついています。ただし、最新の350だとスタートボタンだそうです。
 クラッチが重たいです。もっとも、直前に乗ったエリーゼが軽いだけで、すぐに慣れました(でも、営業氏によると重たいと不満を言う人もいるそうです)。ポジションはエリーゼと同じようにあいますが、相対的にクラッチが重たいので、エリーゼよりもワンノッチ前に出したせいでしょう。半ノッチずらせられるとポジションが完全にあうのですが、そういう調整は出来ませんので、エリーゼはそこから後ろ側、エキシージはクラッチ重視で前側に合わせます。まあ、半ノッチ程度なので問題はありません。
 アイドリングはわりと静かで振動も少な目。3.5Lエンジンですから、クラッチをつなぐだけで楽々発進出来ます。クラッチをつなげばことこと勝手に走り続けるS1みたい。まあ、1.2t級で3.5Lですからね。当然、動力性能になんら不満はありません。エリーゼよりも余裕があり、街中走るにはこっちの方が良いかもしれません。踏めば突進します。音もまずまずです。スポーツにすると音がよりスポーティな音に変わります。排気音の違いですが、意外とちゃんと聞こえています。なるほど、これはスポーツの方が良いですね。外で聞いていたらうるさいかもしれませんが。
 先ほど怒られた?ので余り上まで回しませんでした。踏むと速いのですぐアクセル離さないといけないというのもありますが。出来たら、高速道路で試乗してみたいですね。考えてみたら、SC(スーパーチャージャー)に乗るのは初めてです。4AGのSCは興味無かったので一度も試乗していませんし、エリーゼ系もSCには乗ってません。特に違和感はないです。過給機がついている、ということを忘れれば、必要以上にこだわる(嫌う)ことはなさそうです。ただし、レブリミットは低いですが・・・まあ、SCだからじゃないからなあ、これは。
 残念ながら、ステアフィールはこれもまた違和感があります。ただし、フロントタイヤの幅が広く銘柄も違うせいか、エリーゼよりも手ごたえがあり、結果的にましです。S2以前の方がもちろん良いですが、現行モデルならエリーゼと違って、まあ、なんとか許容範囲内です。
 乗り心地はエリーゼよりも良いと評価しておきます。リアだけの動きは感じられず、車全体で「ガン、ガン」です。柔らかい硬いで言えば、硬いのでしょうが。パワートレインが重たい分、リアの動きが抑えられているのかもしれません。突き上げられても重さによって抑えられている感じです。勿論、ホイールベースとトレッドが拡大されていることも影響しているでしょう。
 ただ、そのリアの重さのせいか、軋み音は色々聞こえます。個体差もあるかもしれませんが、ここはS1を思い出します(笑)。いや、ロータスだからこれは問題じゃないです。エヴォーラでこれだとまずいでしょうけど(苦笑)。
 エリーゼよりも300kg近く重たいのですが、乗っていて重さは感じません。まあ、絶対的に見れば、現代においては軽い部類に入りますしね。
  ブレーキも問題無し。シフトフィールはエリーゼと同じですが、3速に入れる時に時々入りにくく、ちょっとリンケージががたついている感じがしました。これはこの個体の問題でしょう。シートは・・・乗ったら同じですね(笑)。見た目はスポーツの方がかっこいいですが、実用性は同じ。まあ、エキシージSの価格帯で従来のエリーゼと同じシートというのはかなり寂しいですけれど。
 戻ってきてやはり気持ち悪かったり腰が痛くなったりはしていません。ただ、エリーゼ同様に腕は疲れました。今回観察していると大げさに言えば、路面の応答に応じてチョロチョロ動くので知らず知らずのうちに修正しているようです。そのため、AWよりも腕が疲れるように思います。S2のRもその傾向はある程度あり、浜松まで往復した時には腕が疲れました。AWも九州まで帰った時には(一日で片道1100km走行)疲れました。ただ、それよりもずっと短い時間で疲れるので、S2よりもその傾向が強まっているように思います。ステアフィールの違和感の正体もこれかもしれません。何が違うんでしょうね?今回の試乗でS3以降は全て同じである可能性が出てきました。アライメントの設定値が変わったのか、それともステアリングギヤボックスが変わったのか?原因はわかりませんが。
 エリーゼ・スポーツとエキシージS・ロードスターを比べれば、エキシージSの圧勝です。エリーゼが勝っている点がありません。強いて言えば値段ですが、内容考えるとエリーゼの方が割高かも?何せ、このエリーゼ・スポーツだとちょっと前のボクスターベースモデル(MT)とほぼ同じ値段。718ケイマンのベースモデル(MT)との価格差もそれほど大きくありません。確かにエリーゼの価値は軽量なシャシーにあるのですが・・・とはいえ、装備が簡素で普通の1.6Lエンジンでこの値段は正直高いと言わざるを得ません。NVHは大差ないですが、普通に乗るにしてもエキシージSの方がまだ楽そうです(装備は似たようなものですが)。
 981ボクスターと比べてどうか?残念ながら981の問題点の一つである「性能を使い切れない」はエキシージSにも当てはまります。981が事実上、お山に遊びに行くにしか使えない状態ですが、エキシージSだと更にというか、本当にそれしか使い道は無くなります。そして価格は981よりも高いです。
 サイドブレーキが無いという問題点は解消されますが、乗り心地の悪さは性格・傾向が違うだけで解消されません。ピー三郎で行ったので帰りに試乗コースを走って比較してみましたが、こっちも乗り心地は良くはありません。ただ、擬音化すると「ブワン、ブワン」です。角はエリーゼ・エキシージSよりも丸いですが、動きは逆に大きいです。エンジン音はなかなか良いですし、7800位まで回せます。総合的に見れば、エキシージSに乗り換える(かなり高い差額を払って)ほどの良さは残念ながらありません。
 残念ながら今回はロータスの負けです・・・・。もし、Sがつかないエキシージ・ロードスターがあったら?つまり、SC無しで装備は簡素(シートは従来型のまま)で、800万円位(出来たら700万円台だけど、エリーゼ・スポーツ220との価格差も考えないといけない)だったら?それならまだ勝負できるかな?
 後は中古かな、S3のエリーゼはステアフィールの問題で中古でも買う気はしませんが、エキシージS系は色を含めて仕様が好みにあって価格が妥当ならあるかもしれません。もっとも、中古のロータスなら、やはりS2のR(出来たらエアバッグ無し)か、S1の111Sが良いですが・・・・どっちも前に乗っていた車だ(爆)。まあ、S2のVVCエンジンという手もありますね・・・タマは少ないですが(苦笑)。まあ、エアコン無しだと半年車庫で寝るはめになるからS1は難しいかなあ。そうするとやはり、エリーぜならS2のR、ですねえ。困ったなあ。相方に馬鹿かと言われる(苦笑)。
 まあ、これで一度はロータスを新車で買いたいという望みはほぼ潰えましたね。エヴォーラ400が残っているけど、これは買えません(苦笑)。ああ、パワーとトルクは要らないとスポーツ220は候補から外しています。価格は高くはなりますが、性能考えたら、こっちの方がまだ妥当かな。エンジン音は違う可能性はありますが、ステアフィールは同じでしょうね。やはり駄目か。噂のSUVが出たら(笑)。

|

« しかみ像 | トップページ | ディスカバリー・スポーツ試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

試乗基地外ですね。笑笑
一度や2度の試乗程度であまりウンチクたれないほうが良いですよ。

うちにも貴方みたいな方よくきます。笑笑

投稿: 車屋 | 2017年3月30日 (木) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528857/64813600

この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼ・スポーツとエキシージS・ロードスター試乗:

« しかみ像 | トップページ | ディスカバリー・スポーツ試乗 »