« 試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2016 | トップページ | 2017年の始めに »

2016年の終わりに

 最近31日に全車の走り納め出来なくなってきました(苦笑)。ピー三郎は一昨日散歩させたらなんか右後ろからじりじりというかちりちりというかそういう音がしてうるさいなあ、なんだよこれ、と思ってエンジンかけたままとめてドア開けたらエアコンの室外機のような音が(苦笑)。エンジンルーム右側から派手にしています。走行そのものは異常ありませんが、ともかくそれでおしまい。来年早々検査入院かな?洗車しておしまいです。今日はクーガのドアについた縦縞の水垢を除去。もう購入時にかけたコーティングなんて落ちているので、気にしないで水垢取りかけました。
1231161
綺麗に落ちました。よしよし。
1231162
1231163
 最後に年越しコンサートに行かなくなってから恒例の義父の家へおせちを輸送する任務をAWで遂行。寒いので帰りに水温が上がらず、ようやく帰ってきたころにあがりました。AWは最近冷え性です(苦笑)。冬季はラジエーターを塞がないと駄目ですね。

 さて、ピー三郎は慣らしも終わって踏んでみましたが、既に述べたようにギヤ比が合わず、必ずしも楽しめません。駄目じゃないですが、私のお山車には最適とは言いがたいです。かといて高速巡航が得意とも言えず悩ましいです。とはいえ、エンジン音とフィーリングが良いのでこれを超える車もなかなか無いのも事実です。NDはお山にはあっていますが、エンジンはマツダ史上最高とはいえ、981には負けます。なお、踏んだので通算燃費は10km/Lを切って、9.5までおちてきています。本年の距離は3394km。まあ、こんなものかな?
 AWは今年は調子良かったです。アイドリングストップ病も出ませんでしたし。それなりに走り回って、本年の走行距離は1066km。あれえ?おかしいな。昨年よりも走っていません。もう少し走った気がしたのですが・・・寝ている時があったからかなあ?
 ファミリーカークーガでは途中から出番が無くなり、存在意義が薄れていましたが寒くなってきたら走行距離は少し増えてきました。調子は変わらず。本年の走行距離は6196km、お、思ったよりも走っていますね。旅行に三回いきましたからね。

 そして我が家の最大のニュースはフォード撤退とそれによって相方がルーテシアからフィエスタに乗り換えたことです!フォード撤退は本当にショックでした。まあ、おかげでフィエスタがやってきたのですが・・・・。フィエスタについては既に述べたのでここでは述べませんが、さすがフォードです。年内1万kmいかせなようにと思いましたが、オーナーの相方が気にするなと言われて突破。10015kmです。9ヶ月ちょっとなんですけどね。
 と言うわけで、今、我が家の扶養車はこんな感じ。
1231164
 今年は休暇をとってお山にまずまず行きました。2014年ほどではないですが、体力はだいぶ回復したかも?今ならエリーゼでもと思ってしまいますが、無理かなあ?

 家庭家族は大事件なし。株は今年はやられました(苦笑)。ちょっと外れをつかんで大損失。BREXITとトランプのせいで更に混乱。まあ、結果トランプ当選では小銭は稼げましたが・・・その後上がりっぱなしで、買うタイミングをつかめずNISAの枠が残ってしまいました。

 今年の最大のニュースはやはり熊本の大地震。九州出身者としてあそこであんな地震が起きるなんて想像もしていませんでした。ほんと災害はいつどこで起きるかわかりません。それと清原逮捕・・・復活を祈るのみです・・・。そのほか、相模原の大量殺人をはじめとして暗いニュースがまたまた多い一年でした。
 オバマ大統領の広島訪問と安倍首相の真珠湾訪問も大きなニュースでした。色々批判することは出来ますが、素直に画期的なことだと評価しておきます。
 世界を見るとテロ、事件が余りに多く、明るいニュースはありません。UKの国民投票によるEU離脱も衝撃的でしたし、トランプ候補が大統領に当選したのも驚きでした。理性はどこにいったのでしょう??

 ああ、明るいニュースとしては、「シン・ゴジラ」と「真田丸」のヒットでしょう。それと「この世界の片隅に」も素晴らしい作品でした。

 さて、来年はどういう年になるでしょうか?平穏な一年になって欲しいと毎年のことですがそれを願いします。クーガとぴー三郎はそのまま年末まで我が家にいるでしょうか?今のところ、買える(色々な意味で)車の中で両者に勝てるのはいませんが・・・C-HRのMTとか出たらちょっとやばいかな?それでは皆さん、良いお年を。

|

« 試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2016 | トップページ | 2017年の始めに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の終わりに:

« 試乗カー・オブ・ザ・イヤー:2016 | トップページ | 2017年の始めに »