« AWの宮ヶ瀬お散歩 | トップページ | ロードスターRF試乗 »

オスプレイと米軍機事故

 オスプレイの事故原因は給油完了後、ホースから離脱した際に乱気流でプロペラブレードへ接触したためと発表されました。納得しない人も多いようですが、私には妥当な報告だと思います。残る問題はこれは1.頻度の低い外的な要因によるもの。2.操縦ミス、3.オスプレイだけに起きやすいなにか要因があるのか、のいずれであるかの特定です。恐らく、1.でしょうし、米軍も1だというでしょう。 3.を疑うとしたらまた空中給油中に同様の事故が発生してからになるでしょう。起きる前に対策を、と言われても、1回起きただけでは困難です。手順を変えて少しでも起こりにくいようにすることは出来ますが、急に横風を受けたりするとまた起きてしまうかもしれません。
 もうオスプレイはそれ位でいいでしょう(例の胴体着陸の調査結果は必要ですが)。それよりも問題は最近、在日米軍機の事故が多発していることです。AV-8Bが落ちて、F/A-18が落ちて、オスプレイが落ちて、胴体着陸して、そして今度はP-8が牽引車と接触して破損。さすがにちょっと多いでしょう。事故は連鎖するとは思いませんが、何か共通する問題があるのかもしれません。追及すべきはそこではないでしょうか?
 F/A-18は日本以外でも事故が続いています。また、海兵隊機の事故も他でも起きています(CH-53Eの衝突とか)。何か原因、少なくとも誘発する要因はないでしょうか?例えば、予算不足で整備に周期を長くとってしまっている、訓練時間が不足している、交換部品が不足し、通常なら交換するはずの部品を状態が良さそうだったらそのまま使っている、海兵隊(米軍)のやり方に何か問題があるなどなど。他にも素人に思いつかない要因があるかもしれません。
 オスプレイは危険だ、飛行再開反対、原因徹底究明と目の前の事故だけにとらわれていると本質を見失うのではないでしょうか?またどこかで事故が起きる恐れはあります。そして今度は大きな人的な被害が出るかもしれません。それを考えれば、オスプレイ危険、ではなく、最近事故多すぎ、なんかおかしい、対策しろ、であるべきです。

|

« AWの宮ヶ瀬お散歩 | トップページ | ロードスターRF試乗 »

戦史・軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイと米軍機事故:

« AWの宮ヶ瀬お散歩 | トップページ | ロードスターRF試乗 »